アドベンチャー・トライアスロン

2019年2月17日 (日)

全日本ミドル4位

全日本ミドル4位
 今日は昨日よりは天気が良かったです。

Sunp0439



 大きなミスはありませんでしたが、小さなミスはあちこち。結果は4位でした。

Sunp0424


息子はユニバ部門で3位でした。

全日本ミドル4位

 今日は大鰐町の教育長が来てくださいました。

Sunp0434

 大鰐(青森県自体も)でスキーオリエンテーリングが行われるのは初めてでしたが、大会運営も一般参加者も良い雰囲気で素晴らしい大会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

全日本選手権スプリント3位


全日本選手権スプリント3位
 午前中とはうって変わって猛吹雪の中でスプリント。

Sunp0438


 コースが消えてしまっているところが多いので、地形や林などを参考にサバイバル的に対応する必要がありました。

Sunp0405


 全く初めての場所だったので、大変でしたが、面白かったです。

Sunp0407


 結果は選手権部門3位。

Sunp0416


 1位から4位まで世界選手権代表選手が占めていました。

全日本選手権スプリント3位 
 息子はユニバ部門で3位でした。
 大鰐町長がわざわざ表彰式に来て下さいました。

全日本選手権スプリント3位
 私の商品は大量のポップコーンみたいなおかしでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

SKIMO BAN.K 秀岳荘カップ

 今日は午前中仕事、午後から旭ヶ丘のサッカー場でクロカントレーニングを行いましたが、大雪で辛かったです。
 余市に帰って、軽自動車のバッテリー交換後、札幌に向けて出発。
 後志自動車道を初めて走ります。盤渓スキー場まで1時間かかりませんでした。
Sunp0215
 盤渓にはMさん、しょーきちさん夫婦、Nさんとお会いできました。そして皆さん私の世界選手権出場を祝福して下さいましたが、嬉しいやら後ろめたいやら。
Sunp0228
 レースは19:30分から。山岳アドベンチャーのレースですが、私はサロモンのアドベンチャースキーで参加です。
 スタート前の様子です。
Sunp0218
 ライトとザックは必携です。
Sunp0217
 皆さん、きちんと山岳アドベンチャースキーを装備しています。
Sunp0219
 スタート。シールを付けて登ります。心拍がすぐに上がりました。アップ不足です。10番くらいまで順位を落としました。
 シルキーウォーキングコースをほぼ登り切ったところから、一旦シールをはずしてポケットに入れ、モーグルバーンを下ります。
 私のアドベンチャースキーは、かかとが固定されていないので、硬いバーンは怖くて斜滑降しかできませんでした。下りで二人に抜かれました。
 もう一度シールを付けて二度目の登り。抜かれた二人ちの距離を徐々に詰め、一人をかわし、もう一人も最後の20mくらいで何とか抜き返しました。
Sunp0227
 
 ゴール直後の写真。心拍はバクバクです。
Sunp0221
 さて、ゴールは頂上なので、滑ってスタートまで戻りますが、私は斜面が怖くて、シールを外さずに下りました。それでもアイスバーンではグリップが効かず、さんざんな体で凄い時間をかけて戻りました。
Sunp0231
 表彰式。参加賞のバンドと抽選で賞品があたります。私は9位で靴下でした。
Sunp0233
 クロカンの練習をしているので、登りは何とかなるかと思っていましたが、甘かったです。いつもの違う筋肉に疲労を今感じています。ポールもスケーティング用のにしてしまいましたが、クラシカル用の少し短いのにするべきでした。下りはスキー性能の差があるので仕方がないとしても、もう少し登りで精進したかったです。でも楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

スキーオリ世界選手権出場決定

Sunp0161
 今日はスキーオリエンテーリング北海道選手権兼世界選手権選考会兼ユニバーシアード選考会の二日目。
Sunp0170
 少し気温が上がりましたが、まずまずの天気でした。
 
Sunp0186
Sunp0188  
 スキーオリの世界選手権は2年に1回開催されます。今年は3月にスウェーデンで行われます。ユニバーシアードは、今年初めてスキーオリがユニバの種目になりました。2月にロシアで行われます。
 ユニバに出ることが出来るのは概ね大学生です。今回はユニバ予選だけにエントリーした大学生、世界選手権予選だけに出た私など、ユニバと世界選手権の両方の予選に出た者がいました。
 そのため、選手権部門(MEクラス:私が出たクラス)とユニバ部門(MUnivクラス:下の息子が出ました)は表彰のカテゴリーは別ですが、地図とコースは同じものとなりました。
 ユニバの代表は男女各1名、世界選手権の代表は男女各4名が上限です。
 世界選手権の選考基準は、2日間のスプリントのレースで1位と2位の者が確定で、2日間のレースで1,2位が同じ人になった場合は、選考委員会が追加推薦するというものでした。
 息子は、1日目のレースではあまりうまくいかず、2日目はユニバで3位でした。
Sunp0196
 1日目のレース、私はMEクラスでは優勝でしたが、ユニバも合わせると3位でした。今日のレースはMEで3位、ユニバも合わせると5位でした。
Sunp0198
 ユニバ部門で男子は東大のI君が、女子は筑波大のSさんが代表となりました(ユニバの代表は男女1名)。
Sunp0200
 そして世界選手権の代表には男子は東大のI君、岩手大のI君、北大を今年卒業したK君と私、女子は監督権選手の第一人者Sさん、札幌国際優勝経験もある若いTさん、筑波大のSさん、京大のHさんになりました。
 私と監督兼任のSさん以外は全員20代。しかも男子の3人は一昨年の世界選手権を経験しているメンツです。今回は1日目のレースでK君に勝てたのが推薦された最大の理由かもしれません。また、若者ばかりの選手団なので、監督のSさんをサポートする副団長的な意味合いもあるのかもしれません。
 それでも、自分の人生の中で、まさか世界選手権なるものに選手として参加出来ることになろうとは…。大変嬉しいです。恥じない様、さらに精進しなくてはと思っています。
 世界選手権は3月19日から24日まで、スウェーデンの北部、ルレオの近くのピーテオPiteå)で行われます。
https://www.wsoc2019.com/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

スキーO世界選手権選考会

スキーO世界選手権選考会

 この一か月はこの大会に向けてひたすらダブルポールを中心にクロカンのトレーニングに励んできました。上腕三頭筋など、体もほぼ出来てきていました。
スキーO世界選手権選考会
  1日目は、自分なりには納得出来るレース内容、結果でした。明日もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

全日本リレー反省

  今回の私の軌跡です。

Rire1

 地形図はここです。

Rire5  

 航空写真だとこんな感じです。

Rire4

Sunp0014_2

 スタートから、1、2、3までは、スピードは遅いし少し蛇行しているものの、コンパスできちんと方向を取り、沢や尾根を突っ切ってほぼうまく行けています。

Rire2

   3から4は、ご丁寧にも林道を行って遠回りしていますが、ショートカットすべきでした。後で5→6の時にまた林道を使うので先に見ておこうという気もあったのですが、小さなミスです。

 そして大きなミスは5から6。道路のカーブからほぼ真南に突っ切る筈が、2kmのあたりから少し西にずれています。本来は黒の↓の様に進みたかったのですが。さらに、この時1→2の時に通った場所を通過していて、K谷君などはその時に覚えた地形を利用して尾根を走ったと言っていましたが、1→2の時の事を私は全く覚えていませんでした。

全日本リレー反省

Rire3

 その後も小さなミスはありますが、大きなミスは11→12です。11から少し尾根を上がって小さなコルになっているところから、黒い→の方に進むべきところを、近くにいた他の選手に惑わされ手前の尾根へ。戻って下か上か迷って上に行ったら、ほぼピークまで登ってしまい、そこから尾根を慎重に降りるとありました。ちなみにここでは、3つのポイントに(そのうち2つは自分とは関係ない自分にとってはダミーのポイント)たどり着いています。等高線を正確に読み込んでいなかったミスです。

 パークオリと違って、人工物の少ない山の中のオリエンテーリングは難しいです。私の場合、「木を見て地形を見ず」という感じになってしまっています。木や葉っぱを除いたとしたらどんな沢や尾根があるのか地形図と常に一致させないといけません。難しいけれど、面白いです。

 おまけ。帰りの飛行機から見えた富士山。

全日本リレー反省

※今回の遠征の記事に写真等をそれぞれ追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

全日本リレーオリ終了




全日本リレーオリ終了
 リレーのバトンタッチはいろいろなカテゴリーが入り乱れて、なかなか壮観でした。

Sunp0500
 3走の私はずっと待つことになり、でもその間走る前の2走のYさんや走り終わった1走のK君と話たりできますので楽しいです。

Sunp0498

今回は北海道から1チームだけでしたが、他県のように複数チームが参加したいると待っている方も大集団となり楽しそうです。

Sunp0502
 私がスタートしたのは13時近くなっていました。

Sunp0014

 ティレインは小さな起伏が沢山あり、道はほとんど無いので難しいです。初めての場所なので、土地勘もありません。籔はあまり得意ではなく全体的遅かったのですが、6番と12番でかなり迷ってしまいました。何となく55分から60分くらいで戻れると思っていたのですが、80分以上かかってしまいました。

全日本リレーオリ終了

 もう表彰式が始まっていました。

全日本リレーオリ終了

 チームの足を引っ張ってしまいましたが、面白かったです。

 終了後はあまり時間がなく、自転車で岩手まで帰るK谷君に芦原温泉駅まで送ってもら全日本リレーオリ終了

い、駅前でおろし蕎麦を食べ特急しらさぎで福井に戻りました。

全日本リレーオリ終了

 福井からハイウェイバスで名古屋に向かっています。今回のJRバスは電源はあるけどwifiはありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本リレーオリ第1走スタート

全日本リレーオリ第1走スタート

  全日本リレーオリエンテーリング選手権大会。会場は福井県芦原温泉駅の近くです。
全日本リレーオリ第1走スタート

 最初にMEとWEクラスのスタート。それだけでも36チームあります。
全日本リレーオリ第1走スタート

 スタートまで地図を開くことはできないのですが、全員走りながら地図を見ています。私だったら、立ち止ってまず自分が地図上でどこにいるのか確かめてしまいます。
全日本リレーオリ第1走スタート

Sunp0486
 この10分後にその他のカテゴリーもスタートしましたが、人数はもっと多かったです。私は第3走ですので、2走のYさんと1走のK谷君が戻って来るのを待ちました。

Sunp0496

 だいたい7割くらい一人が走ったところで、一度本部前に戻って来るコース設定になっています。観客の間を通るので応援しやすいし、次の走者が待ちに入る目安になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

ウルトラオリエンテーリング松本城ー上田城 その2

 今回、地図は2万5千分の1がA4版で6面。
Sunp0418
それを2面ずつ背中合わせに厚手のビニールの中にきちんと入れてくれています。大変使いやすい地図でした。
Sunp0420
 地図の中にピンクのラインで推奨ルートが書かれており、そして丸印でチェックポイントが表現されています。
Sunp0424
そのポイントは欄外に小さな写真が付いてり、同じアングルで撮れば通過証明になるという仕組みです。
 
 さて、レースは最高地点の保福寺峠(1350m)を越えて下りに入りました。
 ショートカット出来るところはしながら、林道を下りますが、前後に参加者はいなくなります。この状態は実はゴール近くまで続きます。
Sunp0381
 そして、別所温泉へ。北向観音堂でトイレを借ります。
Sunp0385_2
 それから「石湯」を探しますが、かなり観光客も多く、それまでの誰もいなかった山の中とは風景が激変です。
Sunp0386
 別所温泉駅近くに第2エイド。ここで、今、4番目の通過と知らされます。厄除まんじゅうとリンゴを頂きました。
 ここからは、塩田平の平地です。と言っても結構傾斜があります。ため池があちこちにあります。
20181016_2mae
 コースはちょうど観光ルートにもなっている、中禅寺、塩の池、塩田の館、塩田城址、前山寺、無言館などの近くを通ります。
Sunp0391
 推奨ルートを行きましたが、必ずしもそれが最短ではないと思いました。また、わかりずらいポイントは、地元のおじいちゃん、おばあちゃんに聞くとすぐに教えてくれました。
Sunp0390
 天気は晴れてきて、お昼近くなり、暑くなってきました。
 40km過ぎからペースが落ちました。最初の方で若者を引き離そうと登りでペースを上げたせいでしょうか、単にトレーニング不足でしょうか。
 
 平地の畑の中を走っていると、前から3番手だったUさん(ゴール後に名前を伺いました)
が逆走してきます。ルートを行き過ぎた様でした。まさか追いつくと思っていませんでしたが、そこからまた徐々に離されました。
Sunp0400  
 神社を通り、交通量の多くなった通りを通り、ついにゴール。
Sunp0402
 スタッフの方とちょっと前にゴールしたUさんをはじめ、1番、2番の人もいました。
 この写真を撮った瞬間が私の記録です。
Sunp0408
 その後、1kmほど離れた確認会場へ三々五々向かいます。
Sunp0411
 私は上田城も初めてだったので、長野県出身のUさんに少し案内してもらいながら、城内を歩いて移動しました。
 主催者は全員にGPS発信装置を持たせていましたので、レースと同時進行でネットでは誰がどこを走っているのか見ることができました。また、終了後には選手ごとの軌跡を今でも見ることができます。
 青い線が私の総行程です。
20181016_2
 エプソンの時計でも約55km、6時間40分でした。1番手の選手はギリギリ6時間切りをしていました。3番手のUさんとは3分以内の差でした。
Photo
 昨年の優勝タイムが50kmで6時間20分くらいだったので(逆コースなので条件違いますが)、私は密かに優勝を狙っていました。3分縮める根性もなく表彰台も逃してしまい悔しかったです。でも、大きなミスはしていないので、満足でもあります。
yamamoto氏は別所温泉後に大きなミスをしたそうですが(軌跡にもはっきりでています)それでも7位で、男子チームでマケドンスコとして出ていたら優勝していました。
 その後、3時から開くやたら熱い銭湯に入り、4時からの表彰式に出て終了。この3人にかないませんでした。
Harvest cafe
 yamamoto氏と歩いて上田駅まで行き、小諸に向かうyamamoto氏と別れて、新幹線ー羽田で帰って来ました。家に着いたのは深夜2時過ぎでした。
 前半の天気は曇りで日本アルプスを見ることが出来ず残念でしたが、とっても面白かったです。また、運営も大変スムーズで感心しました。ありがとうございました。
 今は、この大会が終わってしまい、目標を喪失した感が少しあります。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

ウルトラオリエンテーリング松本城ー上田城2018 その1

 14日に松本城ー上田城のウルトラオリエンテーリングに参加しました。
 朝、5時受付。まだ、外は真っ暗です。気温は10℃ちょっとで曇り。少し肌寒いけれど、私にはちょうど良い感じがしました。
Sunp0349_2
 6時のスタートに向けて、スタート地点の松本城へ。まだ暗いです。
Sunp0351
 記念写真のあと、6時にスタート。参加者は男子ソロ23名、その他、女子ソロやチームも合わせると、全部で67名でした。
44043236_1959308710774653_654152901
 スタートしてすぐに先頭に出ましたが、300mくらいで一人に抜かれました。
44153227_1963346340370890_374650449
 
 少しづつ離されていきますが、信号待ちで追いつきます。逆に一人後ろから追いついてきます。松本市内と言っても、大通りの裏の、少し狭く自動車の少ない道を走ります。
181014_045
 チェックポイント1、2、3くらいまでは、3人がほぼ見える距離でいました。
 
Sunp0356
 チェックポイント3からは狭い峠の登りに入ります。2番手の人と一緒に途中のシングルトラックのショートカットに入りましたが、林道をロストして二人してロスしました。
 今、冷静に地図を見ると、もう少し西側だった様です。
 道に戻り、そのまま私が少しリードして稲倉峠(標高約1000m)を登りきります。
Sunp0358_2
 峠からの下りのつづらで、私は道路を外れたショートカットを2回しましたが、いずれも成功。差を大きくできました。しかし、先頭の一人はさらに前の様でした。
44139297_1963347427037448_447706367
 チェックポイント5は難しい。まさか民家の横に道があるとは。先行していた私がしばらくして間違いに気づき、戻ってきたところで3番手と4番手の選手が一緒に来ました。
Sunp0363  
 私が戻ってきたことで、正しくない道だとわかり一緒に正しい道に行くことになりました。(私にしてみると差を詰められてしまいました。)
 そのあとは広い保福寺エイドまでの道。少しまた、リードを広げます。
Sunp0365
 17km地点のエイド1には2番手で到着。少し遅れて3番手、4番手の選手も着きました。
Sunp0370
ここには、ミニトマト、キュウリ、焼いた切り餅、なしがありました。
Sunp0368
ミニトマト美味しい。それ以上に餅が美味しいのですが、のどに詰まります。
Sunp0371
 餅は1個だけ食べてすぐに出発しました。 
 チェックポイント6は神社。
Sunp0372
 3番手の人と一緒に着きましたが、そこから神社を直登する道に私は気づきましたが彼はそのまま道を行ってしまいました。
20181017_2
Photo_2
 
 そこで100mくらい私の方が先行することになり、そのままずっと保福寺峠の長く細い登りの舗装道路を登ります。このあたりで、差を付けようと本来の自分のペースよりも少し無理していたのかもしれません。それが後半に響いた気がします。
 そしてチェックポイント7。私はずっと白い看板だと思い込んでいましたが、実はガードレールに逆さまに「S53→」と書かれたものでした。
Sunp0373
 私と3番手の人がともに見つけられずにもう一つ上のカーブまで行き、おかしいと思い引き返して来たときに4番手の選手が見つけて抜いて行きました。痛恨のミスです。
 そこからは順番が入れ替わり、私は今まで2番手だった人をすぐ後ろから追って4番手になりました。
Sunp0375  
 保福寺峠のショートカットシングルあたりから霧の中です。
Sunp0376
 峠では、日本アルプスは残念ながら見ることは出来ませんでした。チェックポイント8です。
 ここからは林道や登山道の下りになります。ランシューズのひもを結び直しました。
Sunp0378
 下ってしばらくして舗装された林道からシングルトラックに入ります。その途中にチェックポイント9があります。
Sunp0377
 チェックポイント9は見落としやすいものでした。
 そこから迷っている3番手の方に追いつきましたが、森か道かわからなくなり別々の方向へ行きました。(私は一応コンパスで確かめながら行きましたが、それでもわかりませんでした)。
 急斜面をトラバース気味に降りたら道が見えたので降りました。随分ロスしたかなと思いましたが、もうカーブは残っていないところへ着いたので、それほど大きなロスではないと思いました。
Sunp0423
 ピンクが推奨ルート、青い細い線が私のたどった軌跡です。
Photo
 あとで、大会主催者の公開しているGPSログを見ると、1番手はショートカットせずに林道を走り、2番手、3番手は上手にショートカット、私は少しずれてショートカットをした様です。
 ここで、3番手を抜いたかもと思っていましたが、結果的には逆に3番手と私の間で差が広がった様でした。
 長くなったので一旦切ります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧