アドベンチャー・トライアスロン

2018年4月22日 (日)

パークO中島公園2018

 今日は、北海道オリエンテーリング協会の総会が行われ、その後、パークオリエンテーリング第1戦が中島公園で行われました。

 参加者は25人くらいでしょうか。

 会場にはオリエンテーリング関係はもちろんですが、yamamoto氏とH井氏(チームマケドンスコ打ち合わせしていないのに揃いました)、N中さんご夫婦、そして東京勤務から札幌勤務に変わったF君も来て、楽しい事になりました。

 私の折り畳み自転車ダヴ+を見せたりしました。

 オリエンテーリングはM21Aクラス。勝手知ったる中島公園ですから、頑張って走りました。

パークO中島公園2018

 途中、川を4回ほど渡りました。くつはびしょびしょです。

パークO中島公園2018

 結果は6km弱で30分ちょっと。4位でした。1位はスキーオリで北大第一人者のK君。2位はK本君、3位はK谷さん。2,3位とは1分以内の差だったので、川を渡るのを躊躇して一カ所橋へ遠回りしたのが悔やまれました。

 終了後はシャワーを浴び、南風自転車でエンドバーの付いたグリップを購入し、ダヴ+談義で盛り上がって帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

スキーオリリレー2位


スキーオリリレー2位

 今日はスキーオリ全日本選手権のリレーでした。選手権部門の他、4つの部門に分かれて大会は行われました。

スキーオリリレー2位

 私は北海道1チームの第2走。そらちゃんとA井さんがチームです。ショート、ミドル、ロングのどれを誰が走るかは各チームの作戦です。私はロングを担当しました。

 1走の選手からタッチされ、スタートですが、タッチしてから自分の地図を初めて見るので、実はすぐにはスタート出来ません。

スキーオリリレー2位

 自分の地図上の位置を確認し、1番のポイントを(の方向を)見つけて、初めて走り出します。

スキーオリリレー2位

 マップホルダーの根元にコンパスをくくりつけておき、どうしても整地(地図の方向を合わせる)のが必要になった場合だけコンパスを使います。

 22分、実装距離3.3kmほどで第3走にバトンタッチしました。

スキーオリリレー2位

 北海道チームは1分ちょっとの差で東京都に及ばず2位でした。しかし、個人種目とは違う楽しさがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

スキーオリ全日本選手権ロング2018

スキーオリ全日本選手権ロング2018

  今日はスキーオリエンテーリング全日本選手権ロング部門が留寿都で行われました。A井さんや応援に来てくれた?yamamotoさん、そして、本州組は昨年一緒にフィンランドに行った面々など、多くの方とお会いすることが出来ました。
スキーオリ全日本選手権ロング2018

 私は選手権部門(Eクラス)に出場しました。曇りの予報でしたが、時折晴れて、とても気持ちよかったです。

 世界選手権組の東大のI君、岩手大のI君、北大のK君に加えて、ここ何年か出場していなかった実力者長野県のKさんも参加しています。

 スタートはリフトに乗って標高450m地点から。

 雪は先日の雨が凍り、その上に新雪が、所によっては深く、所によっては風に飛ばされてほとんど無いという状況でした。

 Eクラスはマップが3枚。1枚目はユニバ(大学)選手権と同じマップになり、大学生で選手権部門(Eクラス)にもエントリーしている選手は、1枚目のタイムも記録されてユニバの表彰対象にもなります。

 1枚目では、私は大きなミスは無く、逆に北大のK君や長野のKさんは小さなミスをしたようで、彼らよりも早かったのがスタート順のタイム差などからも分かりました。

 これはうまくすると、3番目に入れるかもと思った心の隙が焦りになり、2枚目の地図の緩やかな沢の中に複数のモービル道があるポイントで、完全にロスト(自分がどこにいるのか分からなくなってしまう状態)しました。

 ちょっと冷静に立ち止まって位置を確認すれば、何とでもなった場所です。ひょっとしたら3位に入れるかもという心の乱れが、自分のレースにミスをもたらしてしまいました。

 リザルトを見ると、その区間で何と19分もかかっています。競り合っていた選手は5~6分台で通過していますから、13分くらいのロスでした。

 その後もあきらめること無く淡々とレースを続けました。3枚目の地図も結構移動距離が多かったですが、トラバースを多用したりして、攻めました。

 結果は2時間6分で4位。岩手大のI君が途中でDISQになっていましたので、優勝は東大のI君、2位が長野のKさん、3位が北大のK君でした。2位と私は約9分差、3位とは約7分差でしたので、やはりあの一カ所が悔やまれます。

 距離は、地図の直線では11kmですが、私は16kmほど走っていました。

 それでも26カ所あるポイントのうち、私は2カ所でトップ、4カ所で2位、5カ所で3位をとっていました。

 何年か前は巡航スピードで長野のKさんには全然かないませんでしたが、昨年、今年とダブルポールを中心にトレーニングした成果か、巡航スピードはほぼ同じになっていました。このことは私の大きな自信になりました。

 過酷なレースの結果かペルトネンのビンディングのネジが取れかかっていました。レース中に完全崩壊しなくてラッキーでした。

 明日はリレーが行われます。北海道代表チームとして頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

全日本選手権ミドル中止

全日本選手権ミドル中止
 大変な大雪のため、残念ながら中止となってしまいました。

 大会は中止になりましたが、来週エストニアで開催される学生選手権参加者たちと吹雪の中、遭難しない様に1時間くらいトレーニングしました。優勝したI君にずっと付いて行ったのでレースと同じくらいきつかったです。

 大会会場に行くまでに、5台の自動車のスタックを押して救出しました。本州の人はなぜにあんなにエンジンをふかしてタイヤを空回りさせてしまうのでしょう?

全日本選手権ミドル中止

 上の写真はささき亭というパン屋さんで、本大会の協賛店です。コーヒー券を頂いたので、前日のトレーニングの時に頂きました。素敵なお店でした。

Dscn4125

 これが、幻となった選手権部門ミドルのマップです。県道を挟んだ反対側にもテレインがありました。走りたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

スキーオリエンテーリング全日本選手権スプリント

スキーオリエンテーリング全日本選手権スプリント
  吹雪のためスタート時刻がどんどん変更され、待機中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

スノーゲイン2018

 今日はルスツでスノーゲインが行われました。スキーで行うロゲイニングです。

スノーゲイン2018 

 4時間の部にyamamotoさんとのチームで出場しました。

スノーゲイン2018 

 二人ともサロモンのアドベンチャースキー(シール無し)です。

Cid_160f37d8fb63c727c3e1

 最初少し雪が降ったりもしていましたが、総じて天気最高でした。

スノーゲイン2018

 4時間の部には男性2チーム、混合2チームのみの参加でした。

スノーゲイン2018

 私達は3時間41分で約17km、全ポイントを取って終わりましたが、MさんとA井さんの山岳スキーチームはもっと早くに全てをとってフィニッシュしていました。

Dscn3976

Dscn3977

 取り方は、私達が大きく言うと反時計回りなのに対し、山岳チームは時計回りでした。混合になりますが、しょーきちさんのサムニダチームも私たちと似た反時計回りでした。

 表彰式の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

スキーOスプリント優勝

スキーOスプリント優勝

 今日はルスツでスキーオリエンテーリング北海道選手権スプリントの一日目でした。気温の低いパウダースノーの中で行われました。

スキーOスプリント優勝

 ペルトネンの板で出場しました。結果は選手権部門で優勝でした。
スキーOスプリント優勝

 ただ、学生選手権も同時に行われ、昨年世界選手権に出た三人にはタイムでかないませんでした。

スキーOスプリント優勝
  明日はスプリント2日目で、1日目のタイムと合計したパシュートも行われますが、仕事のため参加できません。残念です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

パークオリ旭山公園2017

パークオリ旭山公園2017

 今日は旭山記念公園でオリエンテーリングの大会がありました。パークオリも今シーズン最後となります。
パークオリ旭山公園2017

 スタート前は少し雨が降っていましたが、スタートする頃には止みました。

 初心者も多く参加し、結構な人数で11時に一斉スタートです。

 私は8番→9番のところで、笹薮の沢をショートカットしようと思い、それが裏目に出て、とんでもないところまで降りてしまい、10分以上ロスしたと思われます。

 それで気持ちも終了。あとは大きなミスはありませんが、スピードもあまり出ませんでした。

 しょーきちさん、A井さん、スナフキンjrさんの後にゴール。なぜかyamamotoさんは私の後にゴール。1か所隣のポイントと見間違い、やり直してループをもう一周したそうです。

 今回はマケドンスコは負けどん尻でした。

Dscn3873

Dscn3875

 大失敗した8→9の所。道なりに行けばよかった。藪に入るのであれば、磁石で最初の方向をしっかり確認するべきでした。

Dscn3874

Dscn3876

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

旭川ロゲイニング優勝

旭川ロゲイニング優勝

 今日は旭川ロゲイニング大会でした。

 4時間の部と2時間の部があり、私はyamamoto氏とマケドンスコとして4時間の部に参加しました。

 4時間の部男子には、北大オリエンテーリング部から2チーム参加しています。そのうち一つは、北大で最速のチームです。短距離では絶対に勝てません。

 4時間混合の部にはしょーきちさん夫婦、ルスツのK谷さんと若いS女子なども参加しています。

 スタート10分前に地図を配布されますが、ポイントを書き写さなければなりません。これに時間がとられますが、3万分の1の地図なので、いい加減に○印を書き写すと、現地で路頭に迷うこととなってしまいます。

 11時のスタート時刻になっても、どのチームもスタートできていませんでした。私たちは100点以上のポイントだけ強調し、大きく時計回りのコースを想定してスタートしました。

 最初は西側に向かいます。気温は一桁で、長袖でもけっこう寒いです。

 富沢に向かう途中の神社などは、全く初めての場所です。少し登ります。面白いです。神社から富沢に抜ける道で、ショートカットのつもりの砂利道でミスコース。10分くらいロスしてしまったかもしれません。下はその時のログです。9km地点からミスをしています。

 富沢、サンタプレゼントパークと得点し、市内に戻って春光台方面に向かいます。

 ここは距離がけっこうありました。

 春光台では迷うことなく順調に得点し、残り1時間半くらい。もうあとは200点のポイントのみ目指して、時間内に帰るしかなさそうです。

 途中無駄なく取れるポイントだけ取り、今回のロゲイニングで最高ポイント200点のケーキ屋さん「カトルカール」へ。ここは、旭川トライアスロン連合の本拠地で前田さんのお店です。

旭川ロゲイニング優勝

 店の中にコントロールポイントがあるのは初めてです。

旭川ロゲイニング優勝

 残り時間が少なくなっていたので、何も購入せずに出発してしまい、申し訳ありません。

 あとはひたすら市街地をゴール目指して走りました。

 残り時間10分ほどでゴール。時計では38km走っていました。K谷さんやしょーきちさん達もゴールしていましたが、いずれも32kmほどということで、距離では勝っています。

 北大チームはまだ帰っていません。遅れて大幅に減点になれば勝てるかもと、また他力本願していたら、時間内に帰ってきました。

 結果は、男子の部で優勝。北大生は、2時間過ぎたあたりから、ペースが落ちてしまったそうです。スタミナでは我々の方が勝るかもしれないと思っていましたが、その通りになりました。

旭川ロゲイニング優勝

 混合の部を含めても、しょーきちさん夫婦に今回は勝つことが出来ました。走行距離も含めて完全優勝です。4時間で38kmは、ルスツの6時間とあまり変わらない距離ですから、我々は今回良く走ったと思います。

旭川ロゲイニング優勝

 トレースを見ても、きれいな時計回り一筆書きですから、無駄は無かったと思います。ただし、今回は100点以下のポイントで60点や50点が結構市内に多くあり、それを丹念に取った方が短い距離で高得点出来たかもしれません。富沢まで行ったのは小さなミスだったと思います。

 優勝賞品は、カトルカールのお菓子の詰め合わせでした。前田さんありがとうございます。

 旭川でロゲイニングが行われるのは初めてでしたが、出張で来ていたりしてある程度土地勘はあったものの、やはり初めての場所でのロゲイニングは面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

ロゲイニングとオリのトレース

Dscn3572

 ロゲイニングのGPS時計のログです。
Dscn3583
 若干の折り返しはありますが、基本的にはあまり無駄の無い一筆書きになっていると思います。地図はありません。
Dscn3585
 橇折山の新しい登り道です。
Dscn3570
 断面図を見ると、やはり尻別岳の起伏が際立っています。
 下は、オリエンテーリングの地図です。
Dscn3580
 ログです。ミスはほとんどないと言っても良いのではないでしょうか。
Dscn3577
 バタフライ方式なので、1-8-15の所にトレースが集中しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧