アドベンチャー・トライアスロン

2017年4月24日 (月)

千歳オリエンテーリング2017

千歳オリエンテーリング2017

 昨年末に企画されていた大会ですが、雪のため延期となり、年をまたいでの開催となりました。
千歳オリエンテーリング2017

 午前中には北海道オリエンテーリング協会の総会も行われ、会長である堀江学氏を間近で見ることもできました。
千歳オリエンテーリング2017
 午後には天気も良くなり、楽しめました。本州からの参加者もけっこういて、北大生も年々速くなっており(おじさんとは伸びしろがちがいます)参加者のレベルが高かったです。

 yamamotoさんやスナフキンjrさんご夫婦も参加していました。

 私は、スキーオリに比べると、手袋はないし、ストックはないし、マップホルダーに地図を入れる必要もないしでやりやすいとおもいました。

 また、コンパスと地図で進む方法も積極的に取り入れ、大きなミスは無く終えることが出来ました。

 しかし、結果は9位?。yamamotoさんにも18秒負けていました。振り返ってみると小さなミスを沢山していました。また、今回は、遠くの目印として「雲」を一時設定しました。やっている途中で、「そうだ、雲を目印にすれば、目標物が無くても方向を間違わないじゃないか」と発見し、得意になっていましたが、雲は風に流されるものでした…。

 スキーオリに比べて、フットオリはなかなかトップ争いに絡める様なことにはなりませんが、自分自身の伸びしろは、学生ほどではないけれどもまだまだあると思いますので、今後も精進していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

安比スキーオリ2日目

安比スキーオリ2日目

 2日目は昨日の時間差でスタートです。複合の距離と一緒で、トップが最初にスタートし、トップからの時間差でどんどんスタートしていきます。ゴールした順位がそのまま2日間の総合順位になります。

安比スキーオリ2日目

 私の前後は20秒ほどの間に女子のトップも合わせて四人の選手が固まっていて、終始抜きつ抜かれつを繰り返し、ゴールまでもつれました。

 私は、今日の最初のポイントで大胆なショートカットが当たって四人の先頭にしばらくいましたが、ちょっとしたミスで順位を落としました。しかし、最後の登りでショートカットに再び成功し、一枚目の地図が終わって地図交換の時には四人のトップでした。あとはよく覚えていないくらいの混戦でした。

 ゴールもEカードチェックの順番待ちに近い状態。結局今日も5位でした。

 リザルトを見ると、スタートから最初のポイントは(あともう一カ所も)、全選手の中でトップを取れていました。

安比スキーオリ2日目
 集団から一分以上遅れてスタートした息子は、終始一人旅で、はまってしまったようでした。

安比スキーオリ2日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安比一日目地図

Image

Image_2

昨日の地図と朝の様子です。


Image_4

Image_5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

安比スキーオリエンテーリング

安比スキーオリエンテーリング
安比高原スキー場にはすごい数の自動車がとまっていました。最後の滑りを楽しんでいる人々です。
安比スキーオリエンテーリング
今回もペンションmiwaさんにお世話になります。

安比でスキーオリエンテーリングの大会が行われています。
1日目は地図二枚ですが、スプリントよりも短い距離でした。世界選手権に出た三人も皆参加。
私は5位。息子は7位でした。トップ三人が集団でミスった時一時トップになっていました。

安比スキーオリエンテーリング

レース後、少し時間があったので八幡平まで行き、岩手山を見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

全日本選手権2017ロングも3位

 今日はロングディスタンスでした。天候は今ひとつで晴れ間は無く風も少しあります。

全日本選手権2017ロングも3位

 ロングは一斉スタートとなりました。選手が徐々に集まっているところです。
全日本選手権2017ロングも3位

 選手権部門は地図が3枚でした。スノーモービルのレースも行われていたため、例年よりも少し範囲を狭めた中で、地図交換を多くして対応したようです。

 私は以前よりはシングルトラックで片足スケーティングやダブルポールを多く使うことが出来るようになっていましたが、北大のK君は世界選手権に向けて特訓を繰り返しているようで、私以上に片足スケーティングが早くなっていました。

 ミドルの1/10000から1/15000に地図の縮尺が変わったため、老眼には少し厳しかったですが、大きなミスはなく終えることができました。

 結果は3位。1位はH君、2位はK君。

170219_144504_2

 賞状とメダル、副賞を頂きました。 

全日本選手権2017ロングも3位

全日本選手権2017ロングも3位

 これで、この二日間の結果はミドル3位、リレー(チームで)2位、ロング3位。全日本選手権は1月に安比で行われたスプリント(4位)も含めて個人種目は3戦が終了しました。結果は4位、3位、3位。

 安比は現在の有力選手が全て参加していましたが、今回は東大のI君と岩手大のI君が参加していません。実力としては5番手くらいと思います。

 来年は世界選手権の無い年なので、ワールドカップが最高峰になります。どうなるのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

リレー

リレー

  リレーは様々なカテゴリーの様々なチームがエントリーしています。

リレー 

 第1走を見送ります。結構すごい吹雪になってきました。午前中にコースになっていたところも雪の原野に近くなっていました。

 私は第2走。選手権部門では東京代表チームと、私たちの北海道1チームが一騎打ちの感じでしたが、結果は残念ながら2位。東京には勝つことができませんでした。3位は長野県。

 リレーは3人でチームを組み、順番と走る距離がそれぞれ違います。私は2番手でミドルを走り、1番手はショートのA井さん、3番手はロングのK君でした。

 ミドルだけのリザルトを見ると1番早かった様です(H君などアンカークラスはロングを走っていますので…)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーオリエンテーリング全日本選手権ミドル2017、3位

スキーオリエンテーリング全日本選手権ミドル2017

 今日はスキーオリエンテーリング全日本選手権ミドルとリレーが行われました。

スキーオリエンテーリング全日本選手権ミドル2017

 けっこう雪が降り、曇ったり吹雪いたり一瞬晴れたりしました。

 スキーオリエンテーリング全日本選手権ミドル2017

 全体としては滑りやすかったです。第一人者のH君に以前よりは付いていける時間が長くなった気がします。地図もフィンランドに比べて、簡単に感じました。

 結果は3位。1位はH君、2位は北大のK君でした。東大のI君と岩手大のI君は出ていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

最終日ミドル、リレー

   最終日はマスターズのミドルディスタンス二日目から始まりました。私9時半スタートのトップスタートでした。

Dscn1841

 スキーオリはかなり狭く木の茂った下りなども滑りますので、怖いです。中にはポールやスキーを折る選手もけっこういます。

 今日はマイナス5度ととても暖かく感じました。最初少し雨っぽい雪も少しだけ降っていました。

Image

   レースは中くらいのミス二つと小さなミスは沢山しましたが、それは私のスピードが全体的に速くなったためもあります。

Image_2

   結果はミスなしで完走出来ました。一日目も二日目も22人中18位で総合でも18位でした。最後の二つのポイントはスピードを出すことが出来たので、レース全体をそのスピードで通せるようになるとさらに速くなると思います。

Dscn1826

   午後からはジュニアとかのリレーでした。日本のジュニアは一人だけですがエントリーさせてくれました。かなり緊迫感がある中での出走は大きな経験になったのではないでしょうか。

Dscn1831

 オーロラビジョンでは、選手のスタートや途中の動画を流したり、GPSを装着した選手たちが今地図のどこを走ったりしているかを映し出しています。(したがって、息子などリレーに出場する選手は、オーロラビジョンの見える区域への立ち入りが禁止されています)

 表彰(フラワーセレモニー)の子供たちです。

Image_4

   会場でsnsのビンディングが付いたフィンランドメーカーのスキーが売っていたので、値段を聞くと150ユーロという事で、思わず買ってしまいました(青いやつ)。どんなスキーなのでしょうか?そんなに悪い感じはしませんが、早く乗ってみたいです。街中もそうですが、クロカン商品はこの国では豊富で安めです。

Image_3
   走り足りなかったので湖の上の高速クロカンコースを12km走りました。キロ3:35というかなり早めのスピードで走る事が出来ました。

   その後、選手村になっているリゾートホテルのスパに入りました。選手は無料ですが、札幌ガトーキングダムを小さくした感じでけっこう凄かったですが、客はロシア人ばかりでした。(選手は無料ですが本来は18ユーロかかります)

Dscn1911

   今日はこれからバンケットが予定されています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

ミドルディスタンス1日目

Image_3
今日は各カテゴリーともミドルディスタンスでした。写真はジュニアのスタートやゴールの様子です。
息子はミスなく完走しました。制限時間の設定も日本のレースと比べてかなり厳しいのですが(世界一を決める大会ですから当然ですが)三つのレースとも全て時間内に完走した事は評価してあげたいです。


Image_4

ジュニアなどは午前中でしたが、マスターズは午後からです。しかもマスターズは今日の結果と明日の結果を合わせた合計タイムで順位を競います。
今日はマイナス8度ほどとこちらとしては暖かかったので、レーシングスーツで挑みました。
一昨日のレースで板が痛んでしまっていますので、今日は気にせずどんどん行けました。スピードもそれなりに出すことが出来ましたし、大きな地図読みのミスは無かったと思います。
ゴールでもコンピュータの画面でOKが出て、大会役員も喜んでいました。
結果はヨーロッパと日本の力の差を再認識するものではありますが、私の下に何人かタイムが遅い人やミスをして失格の人がいました。トップは考えられないタイムで戻ってきています。
明日は朝からレースで私は一番スタートです。できる限りの力を発揮したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

ロングーイマトラ

Image

Image_2

   今日は各カテゴリー全てロングディスタンスです。ユースとジュニアのスタートは朝バスで移動したところからです。このクラスはマススタートです。写真は男子のジュニアとユースの様子です。

 スキーオリでは、1分毎に一人ずつスタートする方式と、ロングやリレーの時に行われる一斉スタート方式があります。いずれにしても、スタート1分前に地図が配られ、選手は左手で持って後ろにしてみないようにしておき、15秒前に「マップス」という号令で一斉に地図を見てホルダーに挟み、15秒後にスタートします。地図が読めないと、15秒経っても自分が今地図上のどこにいるのか判断できず、スタートしてもふらふら地図を見ることになってしまいますが、この大会の選手は10秒ほどで最初に行く方向を完全に把握し、号砲と同時に全速力で走り出します。

Image_3

  ロングでは途中でマップ交換が三回ありますから、計四枚の地図を使います。(地図の順番は選手によって違います。そのためマススタートが可能になります。)

 ジュニアをオフィシャルとして応援しながら待っている間に、カザフスタンのコーチとロシア語で知り合いになりました。

Dscn1663

   寒い中応援しているうちに、昼からスタートの我々のクラスもスタート時刻が迫ります。マスターズは一分おきに四人ずつのスタートです。

   今回の大会は最新のパンチングシステムで行われています。チェックポイントのフラッグの近く三十cm以内くらいを通るとタグが光って通過証明された事がわかります。立ち止まらなくてもいいのでスピードも落ちません。

    さて、いつも最初でミスしやすいので、最初の方は慎重にいきました。雪が少なく細かい氷で滑ります森の中のアップダウンはかなり怖いです。七ヶ所くらいのポイントを通過しスタートに戻ってマップ交換。二度目はさっき通った所もあるので、少し速くなります。ところが、ポイントにきても私のタグが途中から光らなくなってしまいました。ランプだけの故障で通過記録は残っているかもしれないと思い、そのまま続けました。三枚目の地図で一箇所だけ十分くらい迷ってしまいましたが、あとは大きなミスは無くゴールしました。
   しかし、私のエミタグは完全に壊れていたようで、最初の頃の光っていた記録もありませんでした。抗議しましたが、私たちにはどうにも出来ないと言われてしまうのみでした。最も手元の時計とリザルトを見比べると一人以外には負けていました。日本との差はやはり大きいです。

Dscn1785

   息子はミスなく戻っていましたが、制限時間ギリギリに近かったです。
   明日は大会全体の休養日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧