ランニング

2018年6月10日 (日)

八雲ミルク  ハーフマラソン

  今日は八雲でミルクロードレース大会があり、参加しました。天気は八雲らしく?曇り。参加者名簿を見ると、圧倒的に函館からの参加者が多かったです。

八雲ミルキー ハーフマラソン

 種目はハーフマラソンです。北海道マラソンに向けてトレーニングの一環として入れましたが、苦しいレースとなりました。

 参加賞はスポーツタオル。参加者それほど多くありません。しかも年齢で男女を3つのカテゴリーに分けて、それぞれの種目で10位まで表彰するので、入賞はできるのではないかと思っていました。

 スタートして400mトラックを1周半し、道路に出ますが、200mくらい工事中で砂利道です。その情報があったので、シューズは軽いズームストリークにはせず、いつも履いている練習用のトライバル6にしました。それでも時折砂利が痛かったです。

 今日は行ける所までキロ4分で行って後はつぶれるか、少し抑えて行くか迷いましたが、入賞も目指し無理はしないことにしました。

 スタートしてからずっとキロ4分12秒くらいで行こうという作戦でした。ただ、どんなコースか全く予備知識が無かったので、スタートで集まっているときに他の選手に聞いてみると、結構アップダウンがあるとの事でした。

 スタートして3kmまでは快調にキロ4分10秒前後で走りましたが、4kmから5kmにかけての緩い登りで、4分30分代までペースが落ちました。ペースだけで無く、順位もどんどん落ちます。

 最初の下りでも思ったほどにペースは上がらず、その後の平地からまた長く緩い登りでも4分30秒以上かかっています。

 何だか今日は体も重く感じました。

 後半になっても下りでは少しペースをあげても4分15秒くらいまでしか上がらず、登りでは4分40秒台。順位もぽつりぽつりと落として行きます。

 結局最後までペースは上がらず、1時間32分53秒でゴールしました。ペースはキロ4分23秒まで落ちていました。その割に疲労感は強く残りました。

八雲ミルキー ハーフマラソン

 余市の平地練習で、20kmペース走をキロ4分25秒とかでもっともっと楽にできているのに、大会でこんな形になってしまったのは意外でした。

 ただ、周囲の話を聞いていると、このコースでタイムを出すのはやはり難しい様です。感じとしては伊達とニセコの中間くらいより少しニセコに近いです。

 終了後は全員がゴールしてから表彰式と抽選会を行うと言うことだったので、一旦町に出てラーメンを食べ、戻ってきました。

八雲ミルキー ハーフマラソン

 私はハーフ50歳以上で8位に入賞していました。表彰はカテゴリーが多いのでどんどんいきますが、それでも時間がかかります。賞品は八雲産ジンギスカンのたれで、これは1位も10位も全員同じでした。

八雲ミルキー ハーフマラソン

 抽選会では、町の花屋さん提供の小鉢が当たりましたが、私は「花より団子」系の人間なので、ちょっとがっかりでした。妻がどう思ってくれるでしょうか。

■1km毎の記録

348,412,410,429,435,409,407,414,434,444

447,424,409,409,420,420,448,420,423,447

432,036     トータル1:32:53(avg4:23)

Imga0538_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

5kmペース走をトレーニングのベースに

 洞爺湖マラソンの不甲斐ない結果から、北海道マラソンに向けて戦略を再考しています。
 
 洞爺湖マラソン前週に行ったペース走は、インターバルよりもパフォーマンスを伸ばしてくれそうな予感がありました。
 
 今週は、火曜日に朝6km、夕方4km5分半くらいでゆっくり走りました。
 そして木曜日に6kmペース走をキロ4:08で走りました。全部全力でした。5km地点では20分43秒(キロ4:08)
 金曜日は7km弱を5分を少し切るペースでゆっくり。
 今日は最初の5kmを全力で20:19(キロ4:04)で走り、その後9kmほど5分を少し切るペースで走りました。14.2kmで1時間05分18秒(トータルではキロ4:35秒)でした。
 木曜日と今日の最初の5kmをほぼ全力で走るトレーニングが、今後につながってくる気がします。
 今まで時々やっていたインターバルトレーニングではキロ4分と5分半を繰り返す感じですが、しょせん1km。それを5km続けるのは、42kmにより繋がる気がします。
 
 しかし、5kmだけでは短いので、今日の様に最初の5kmが終わったら、その後はペースを落として距離の練習も加えるというのが、一番効率が良い気がします。
 
 5kmが終わってペースを落とした時点で、今日は4分55秒くらいでしたが、それが自然に4分30秒くらいになれば、4分半でフルを走ることが出来るようになる気がします。
 
 また、5kmの内訳も、最初の3kmくらいまでは4分フラットに近いのですが、その後4分10秒近くに落ちています。そこも全て3分台にしたいです。
 今のところ、足が故障しそうな雰囲気もありません。無理はしませんが、少しこのトレーニングを続けてみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

洞爺湖マラソン2018

 今日は洞爺湖マラソンでした。6時過ぎに余市をスクーターで出発し、いつもの場所にいきましたが、留萌走ろう会の面々がいません。そのうち、yamamoto氏と風船氏に会えました。

洞爺湖マラソン2018

 駐車場が入れなくなっていて、留萌の人たちは上の駐車場にいました。

2018052008423809

洞爺湖マラソン2018

 天気は最高です。日焼け止めを塗らなければなりませんでした。

 スタートは9時半。スタートしてから、本当のスタート地点までは1分ほど。人が多くてスタート直後はなかなか走ることが出来ませんでしたが、1km過ぎから少し走れるようになりました。

 ペースは4分30秒から4分40秒の間を保つように意識しました。少しペースを上げすぎるとすぐに4分20秒台になってしまいます。

 5km、10km、15km、20kmと順調です。20kmまでは1週間前に4分34秒でペース走が出来た自信があります。

 22km~25kmの財田の登り、向かい風か横風ですが、好調でどちらかというと周囲の選手を抜いています。ペースは落ちましたが、4分台はキープしていました。

 しかし、そのあたりで無理がたまってきたのかもしれません。

 折り返しからの下りは下りなのに4分35秒くらいしか出ていません。

 27kmから30kmまではそれでもペースを維持しましたが、30km付近からペースが落ち、4分40秒台に。あれれ、いつものパターン?

 さらに35km過ぎからは5分半、最後の4kmくらいは6分台に突入です。

 天気は良かったのですが、風は少し冷たく感じる状態だったので、暑さにやられた訳ではありません。やはり魔の30km、35kmです。長距離練習の不足か、単に年を取ったのか…。

 ゴールは3時間27分。3時間15分くらいを狙っていたのに、またいつものタイムでした。グロスタイムは3時間26分30秒。

 今回、エプソンのGPS時計は、なぜか少しづつ短い距離で1kmを表示していました。従って、キロ4分30秒で走っていると思っていた区間は実際にはもう少しかかっていたのかもしれません。最後は500mくらいずれていました。

 これは、実はやる気をそがれました。自分の時計だとハーフ時点で1時間40分を切っているのに、実際にはそのもう少し後に本当のハーフ地点が現れ1時間40分以上かかっており、倍にしたら3時間20分切りが難しいことになってしまうのですから。

 ゴール後はかなりダメージがありました。一人で温泉に入ってしまおうかなと思っていたら姫吉にみつかり、「留萌の人たちを応援しないんですか!」と怒られてしまいました。

洞爺湖マラソン2018

 今は便利な時代で、姫吉が持っているスマホで、だれがいつ30km地点を通過したかなどがわかり、ゴールタイムを予測できるのでした。応援するにはありがたい文明の進歩です。

 珍念さん、yamamoto氏、走るシェフ、S石君とゴールしたところで、yamamoto氏と一旦食事をとりに表彰会場へ。カレーとぐるぐるソーセージを食べました。

洞爺湖マラソン2018

 風船氏は善戦していましたが、36km地点で回収バスに。いとこさんはゴール閉鎖ギリギリセーフくらいに見事にゴールしていました。

洞爺湖マラソン2018

 3人で温泉に入り、また、スクーターで帰りましたが、やはりスクーターに乗るととても寒かったです。

■1km毎のラップ

547,433,434,439,440,432,429,444,429,429

434,443,436,431,501(トイレ),435,436,435,425,431

439,441,457,455,451,434,434,434,431,453,

444,451,437,449,505,526,521,536,532,607

626,557,530(時計では0.5km)

■反省

・1週間前に20kmのペース走や5~8kmのペース走をしたのは、疲れも残らず、刺激も入って良かったのではないかと思います。

・35kmからの失速は、4分半のペースが楽になる様に普段の練習の強度を上げて4分15秒くらいでいつも走ることが出来る様にすれば、4分半がゆっくり感じられるようになり、落ちなくなるのではないかと思います。(本当?)長い距離の練習時間はなかなか確保できないので、密度を上げて(怪我だけはしないようにして)いきたいと思います。

・自転車だと、短い距離や中くらいの距離で密度を上げた練習をすると、長距離でもそれが持続するのに、どうしてランだとたった35kmで失速してしまうのでしょう?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

洞爺湖マラソンに向けて

洞爺湖マラソンに向けて

  明日は洞爺湖マラソン2018です。

 明日の朝、スクーターで行く予定です。

 今年は、どちらかというとランの練習を中心にここまで来ました。

 距離はそれほど多くありませんが、密度は濃い目です。

 トレーニングを振り返ると、日常でほぼ毎日6~10kmほど走っていますが、15km以上は

4/21 21km(伊達ハーフ)avg4:15

4/25 15km

4/30 16km

5/3  30km 結果的ペース走 avg5:04

5/6  27km(ポロト湖BBQ)

1週間前からは、

5/12 20km ペース走 avg4:35

5/13 6km avg5:04

5/14 5km avg5:27

5/15 8km ペース走 avg4:34(5km過ぎから若干ひざ裏に違和感)

5/16 6km ペース走 avg4:26、最高3:51

5/17 5km ペース走 avg4:19、最高3:41

そして18,19の2日間は完全休養しました。

今年はインターバルではなくペース走で直前に備えました。1kmのラップ最高記録も1kmを一回だけインターバル的に走ったものです。

4分20秒台が短い距離であればそれほど辛くなくなっているので、明日は、今考えている計画では4分30秒~40秒の間でずっと行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

BBQランポロト湖2018

BBQランポロト湖2018

  今日は白老のポロト湖で、昨年も参加したBBQランが行われました。

 昨年は知り合いが少なくて寂しかったので、今年はyamamoto氏と風船氏をお誘いし、3人での参加となりました。

 会場に着いてみると、雨予報で止めた方が多かったのか、昨年の3分の1ほどの人数です。実際に走った人は20人いませんでした。

 しかし、スタッフはしっかりとおもてなしをしてくれます。

 1周約6.5kmの湖一周コースを走りだします。yamamotoさんや風船氏、yamamoto氏のジムの知り合いの方、昨年一緒に走った白老町役場に勤める若者などと一緒に、ゆっくり目のペースで走りました。

BBQランポロト湖2018

 1周終了時のご褒美は肉汁たっぷりのソーセージ。これ美味しかったです。

 2周目から雨がそこそこの強さで降って来ました。しかも、冷たい雨でした。

BBQランポロト湖2018

 2周目終了後のご褒美は、焼き鳥。ただし、冷凍ものではなく、鶏を丸ごと焼いた?ものを切って串に刺したもので、これも美味しかったです。

 雨も降っているので2周くらいで止める人が多かったですが、yamamotoさんと私は3週目に。雨はどんどん降ります。

BBQランポロト湖2018

 3週目終了後のご褒美は、すでに2周目の時に焼いているのが見えたスペアリブ。これまた絶品でした。

BBQランポロト湖2018 

 もうほとんどの方々は雨を避けてテントの中でバーベキューの準備をしていましたが、私とyamamoto氏は4周目に。一人だったら行かなかったと思います。それほど冷たい雨が降っていました。手袋越しの感覚は雨のブルべ。寒かったです。

 結局、ランは約27km、2時間45分ほど走りました。

 急いでキャンプ場のシャワーをお借りし、カッパを着てテントの中へ。肉は白老牛と豚のカルビが入ったパックとおにぎり二個、野菜セットと骨付きソーセージが各自に配られました。

 そのほかに、下の写真の牛肩ロース(これはステーキみたいで一番おいしかった)、生ラム肉、ホルモン(これも脂たっぷりで美味しかった)、牛中落ちなどが取り放題。

 飲み物も飲み放題で、至れり尽くせりです。

 さらに、最後は余ったワインやチューハイなどを皆さんで持ち帰らせてもらい、雨は残念でしたが大満足で帰りました。これで参加費4500円は破格だと思います。

 風船氏は「来年も是非参加しましょう」と言っていましたが、同感です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

ペース走30km

 今日は午前中仕事の筈が、雨で無くなりました。しかし、余市にいたら10時頃に雨があがったので、ランを始めました。

 最初は雨の合間を縫って5,6kmくらい走るだけのつもりでしたが、いつまでたっても雨が降ってこないのでどんどん距離が延び、結局30km走ってしまいました。
 ネットタイムは2時間32分08秒。平均ペースは5分04秒/km。前半はゆっくり目で、後半はずっと5分切でしたが、26km過ぎから少し疲れてきました。
 家に帰ると、妻が「永遠に帰って来ないのかと思った」と言っていました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

伊達ハーフマラソン2018

伊達ハーフ2018

伊達ハーフ2018
  雨が降っています。体調も風邪気味でしたので、走るかどうか、少し迷いました。

 いつもの場所に留萌走ろう会の面々はおらず、めずらしくほとんどどなたにもお会いしませんでした。

 寒いけれど下半身は短パン、上半身は長袖シャツにしてスタート地点へ。

 スタートの頃には雨は小降りになっていました。

 スタートしてからは、ほとんどアップしていませんでしたが、一生懸命走りました。

 最初の3kmはキロ4分ペース、その後キロ4分15秒以上に落ちます。

 トンネルの前の登りはゴボウ抜きにして10kmから11kmのラップが登りなのに4分15秒と頑張りましたが、その後の2kmはその反動でペースが落ちました。

 下り基調の後半はまたペースをあげます。残り3kmで2時間18分、2時間半切ギリギリです。最後の3kmも一生懸命走りました。

 タイムは1時間29分47秒。何とか1時間半切りが出来ました。

 知人もあまりいないので、早々に帰りました。

 途中、洞爺湖のキツツキ何とかのログハウスで昼食。

 ロコモコにしました。

 装飾品が沢山あって不思議なお店でした。

 その後は倶知安で仕事をしてから帰りました。

■1キロ毎の記録

404,355,407,416,418,423,417,419,420,403

415,449,438,421,415,359,423,400,412,352,020(最後の100m)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

北海道マラソン申し込み完了

 2018年の北海道マラソンに申し込みました。今年は10分くらいで繫がり12分くらいで申し込み完了しました。しかし、参加料金は高いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

古平マラソン2017

 今日は第42回古平ロードレース大会でした。
 私は今まで数回10kmの部に参加していましたが、今年は初めて15kmにエントリーしました。
Dscn3680
 10kmは記録更新を目指して参加していましたが、今年は黒松内駅伝にも参加しない事になったので、スピード練習はほとんどしていません。従って、10kmでの記録更新は無理なので、自分としては参加賞の明太子などをもらって、15kmをゆっくり走るつもりでエントリーしました。
Dscn3679
 会場では、元上司のKさん、走るシェフ、速いKさん、ソフトテニスで知り合った若いNさんそして、古平町職員となったI平君にもお会い出来ました。
Dscn3681
 うす曇りで気温は14℃くらいだったため下は長袖スパッツ、上はTシャツにしましたが、スタート前に晴れて来て、短パンの方が良かったと少し後悔しました。
Dscn3682
 ローカル大会ですので、スタート30秒前になっても緊張感がほとんどありません。
 スタートしてすぐに飛び出し、2番になりましたが、何せスピード練習はほとんどしていないので、どんどん抜かれます。
 シェフにも1km付近で抜かれます。
 往路は向かい風の緩やかな登り。3km付近から38番の選手と前後しながら少しペースを上げました。
 そして、折り返し前にシェフや数人を抜きました。
 しかし、下り追い風はどちらかというと私の不得意とするところです。
 復路は少しずつ前の選手から遅れ、残り3km付近でまたしてもシェフに抜かれてしまいました。
 そこで気持ちは切れ、足裏にまたもマメが出来たこともありペースダウン。
 ゴールは手元の時計で1時間05分13秒。平均キロ4分20秒でした。
 終了後は午後一番に倶知安で用事があったため、参加賞などをもらい速攻で帰りました。
 短い距離のレース、なんだかんだ言っても頑張ってしまい、終了後の疲労感は、長い距離を比較的ゆっくり運動した時とはまた違う爽快感があり、これはこれで辛いけれど楽しいです。
■1kmごとの記録
359,426,425,417,426,427,424,414,407,413,417,423,437,426,415

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

新しいシューズ「ナイキズームスピードライバル6」

Dscn3560

 新しいトレーニングシューズを購入しました。ナイキズームスピードライバル6です。
 今まで履いていたズームスピードライバル5のヒール部分が片減りしてきたため、足を痛める前に交換です。
Dscn3564
 ソールは減っていますが、アッパーはまだ新品の様な状態なので、職場での内履きなどに再利用する予定です。
 ちなみに、なかなか古いシューズを捨てることが出来ず、3代前のソールがほとんどなくなったズームスピードライバル4で、一昨日尻別岳を滑りながら下りました。
Dscn3562
 今度のスピードライバル6は、ソールのパターンが今までのナイキのどのタイプとも違います。
Dscn3561
 凸凹は柔らかいゴムで、すぐに減ってしまいそうです。逆に体育館とかでの使用でも良くグリップしそうです。
Dscn3563
 そして、このくらいの凸凹ならば、オリエンテーリングでもグリップするのではないかと思いました。重さは200gを切っていますから、スピードにも対応しそうです。フルマラソンの勝負シューズにもできそうです。
 さきほど、6kmほど走ってきましたが、空を飛ぶ様なズームの特徴は良く出ています。ただ、筋肉痛が激しくて、あまりスピードは出せませんでした。
 ヒールもしっかりしているし、軽い割にソールが厚く、少し砂利の所も走ってみましたが痛くありません。ソールが減らない様にもう一足購入して、オリエンテーリング専用にしようかなと思ったほどです。
 ところで、気温も下がった中走りましたが、夜空を見上げると、西の空に夏の大三角形が残るものの、南の上にはペガサスの四角、そして東にはスバルやカペラが昇って来ました。寒い季節の到来です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧