クロカン

2019年2月24日 (日)

湧別クロカンスキー大会北大雪コース2位

湧別クロカンスキー大会北大雪コース2位

  5時に上川を出て、5時半には一列目にスキーを置きました。−9℃。それほど寒くはありません。私は今年も湧別原野コース(80km)ではなく、北大雪コース(56km)にエントリーです。


湧別クロカンスキー大会北大雪コース2位

  スタート時に、ルスツのKさん、スキーオリのI君兄、Wファミリーの奥さん、紋別のT中さんにお会いできました。

 スタートして最初の登りで一時2番手に。
 その後少しずつ順位は落としますがスキーは周囲の選手と同じくらいは滑っています。下りの途中で何故か腰が痛くなり(すぐに治りました)クラウチングスタイルをしっかりはとれませでした。その時に、北大雪コース(56km)の若者に抜かれ、スキーオリエンテーリングのI君兄にも抜かれました。
 平地に入ってから女子のトップに抜かれ、はじめさんにも抜かれましたが、その後は前後に選手がいない状態が長く続きました。
 スキーはずっとよく滑りましたし風も追い風だったので楽でした。
 残り15kmくらいで一人抜かれました。残り8kmくらいで一人抜かしました。残り3kmくらいでもう一人抜かし、さらに前方にペースが落ちてきた選手が一人見え、そのゼッケンが青色の北大雪コースだと気付いた時にゴールを迎えてしまいました。

湧別クロカンスキー大会北大雪コース2位

 3時間を切ることはできませんでした。1位との差は25秒。帯畜の大学生でしたが後半相当消耗したようで、あと1kmあればかわせたのにと思いました。あるいは15km手前で抜かれた人に必死で付いて行けば(ずっと背中は見えていました)かわせていたのにとも思いました。それほど私にはゴール後に余裕があったというか、ほとんど疲れていませんでした。

湧別クロカンスキー大会北大雪コース2位
 それでも2位で表彰され、賞品も頂いたのでありがたい話です。

Sunp0467

Sunp0456

Sunp0465

Sunp0459

 ゴール後は、多分北海道のスキーマラソンのエイドとしては一番品ぞろえが豊富なのではないかと思われる遠軽エイドで、帰りのバス時間まで80kmの選手を応援しながら遠軽高校のボランティアのから色々頂いて過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

大滝国際スキーマラソン2019

 昨日はルスツでスキーオリエンテーリングの講習会が行われ、世界選手権メンバー8名中6名も加わり、内容の濃い講習となりました。

 今日はおおたき国際スキーマラソン大会でした。

大滝国際スキーマラソン2019

 朝になってワックスをかけましたが、伊達市と壮瞥町、洞爺湖町の予想気温が-6℃程度だったので、それに合わせたワックスを塗ったのですが、現地に着くと-12℃。

 着いたのが遅く、スタートまであまり余裕の無い状態となってしまいました。

565ccafacd19221e38dac6287da21150

 10時に15kmはスタート。滑り出しはコースが良く、良く滑る様に感じましたが、周囲の選手はさらに良く滑っているようでした。

 登りでは差を詰め、下りで離されるいつもの?パターンです。順位を徐々に落とします。

 1周目が終わった時点で27分52秒でした。

 会場のアナウンスで私の後に余市のYさんがいることがわかりました。

 2周目も状況は変わらず。最後に足に何らかのトラブルが起こった雰囲気の札医大生だけ抜かしてゴール。2周目は28分05秒。

 ゴールタイムは55分57秒くらいでした。(GPS時計で距離は15.1km、avg3分42秒)

 私のゴール直後に、余市のYさん、この間おおたきキャンプで同室だったY本さん、ニセコランナーさんが立て続けにゴールされました。

 表彰は、かつては6位まで表彰されていましたが、今は3位までになっていて、3位の選手は51分台でしたので長芋はゲットできませんでした。(6位までにも入っていないと思います)

大滝国際スキーマラソン2019

 ゴール後は、無料のきのこ汁とかまくら内で提供されていた無料のミルクと赤いハチミツをいただきました。

大滝国際スキーマラソン2019

 会場に来ていたニッセンのブースでクラフトのオーバーウエアが40%オフだったのでTOKOの手袋と共に購入しました。

 それから、参加賞に入っていた無料入浴券で「かわせみ」という温泉旅館に行きましたが、ここは凄かった。

 大滝国際スキーマラソン2019

 内風呂は小さくて「何じゃこりゃ」と思いましたが、手作りの長くボロい渡り廊下の果てにある露天風呂は素晴らしい。2つありますが、下の方は川にすぐに入ることが出来るような場所にあります。気持ちの良い露天風呂でした。小綺麗になってしまったホロホロ山荘とかよりずっと風情があると思いました。

 帰りがけに大滝本町にあるお食事処「わらく」で昼食を取りました。

大滝国際スキーマラソン2019

 かきあげ定食(830円)。かかげのボリュームにうなってしまいました。美味しかったです。メニューも豊富でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

札幌国際スキーマラソン2019

 今日は札幌国際スキーマラソンでした。
 余市から高速道路が繋がったので楽に行けるかと思いましたが、札幌に入ってからけっこうかかりました。
 着いたら受付をせずにスキーを置きに行かなければならない時刻になっていました。
Sunp0385
 最前列から5列目くらいに置きました。自分の力からしてちょうど良い位置かと思います。
Sunp0388
 天気は晴れ。気温は―6℃くらいでしょうか。
Sunp0391
 その後、ドームに戻り準備。渡辺ファミリーもいつもの場所に。旦那さんはいなくなってしまいましたが…。
 あまり時間もなく、急いでスタート地点へ。今年はロシア人が多いようで、そこここからロシア語が聞こえてきます。
 スタートで余市のYさんにお会いしました。
 スタートして登りが続きますが、スーパーにすると楽です。例年ほど心拍が上がっていない気がします。ところが、焼山近くの登りで転倒者がいたため右のレーンに出て抜いたところ私のスキーのも引っ掛かり、激しく転んでしまいました。20人くらいに抜かれました。
 スキーは、やはり下りでは周囲の選手より少し滑っていません。登りでもけっこう疲れます。
 15km付近から、札幌医科大学のオレンジのユニフォームの選手を含む集団と相前後しました。基本彼らの方が速いけれど、私は給水を短時間で済ませていたのでまた前に出たりという感じでした。
 10km、20km、25kmとラップを見ると、3時間切りは絶望的な数字が刻まれていました。滑り方は悪くないのに、雪が滑らないのかとも思いました。
 周囲の選手も例年より滑り方が上手な選手が多い(クイックがほとんどいなくてスーパーが多い)気がしましたので、順位はそれほど悪くないのではと自分を励ましながら滑りました。
 白旗山を過ぎて、前後にあまり選手がいなくなります。日向は滑るところもありましたが、日陰は相変わらず滑りが少し渋かったです。
 最後の焼山の登りも速くも遅くもなく登りました。
 焼山からの下りはとにかく漕ぎました。カットに入ってひたすらダブルポールで漕いでいたらスーパーの選手を抜ける場面もありました。
 下りの最後で札幌医大の選手に追いつき、集団の先頭に出て最後の緩やかな登りをスーパーで快調に飛ばしていたら、突然両足のモモが攣りました。クロカンで今までの人生で経験の無い攣り方でした。25kmの選手にも抜かれながら、数分足を一切使わずにコースに入ってダブルポールで緩い登りを押しました。給水所での水分補給が不十分だったと思われますが、その分タイムも稼げていたのでそこはどちらを選択するかという問題だと思っています。
 3分くらい経ったでしょうか、攣った足が少しだけ曲げることが出来るようになったので、そこからはだましだましですが復活しました。
 ゴールタイムは3時間19分09秒でした。
 GPS時計では距離が50.8kmあり、avgはキロ3分55秒でした。
 10kmごと(大会の標識の10kmで、GPS時計で見るとけっこう距離はバラバラです)のラップは
10kmまで42分41秒
20kmまで37分03秒
30kmまで42分10秒
40kmまで39分57秒
50kmまで37分16秒
でした。
 ゴール後は札医の子と話をしたり、サンクトペテルブルクから来ているというロシア人二人と一緒に写真を撮ったりしました。
Sunp0392
 ゴールでスナフキンjrさんご夫婦がいましたが、途中で奥さんが応援しているのはわかりました。下の娘さんが25kmに出ていたそうです。
 さらに倶知安のW山さんや、天塩の鉄人とも会えました。また、スキーオリで一緒に世界選手権に行く東大のI君、岩手大のI君ともシャワー室で会えました。
Sunp0399
 シャワーを終えると、ちょうど女子の50kmの表彰をしているところでした。
■課題と反省
・今回はあらゆる意味で万全の態勢で臨んだため、課題はありません。これほど努力したのに、今より技術的には未熟だった過去の自分に勝てなかったことが一番悔しいです。年齢による限界という事かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

HBCハウス歩くスキー大会2019

 今日は白旗山競技場でHBCハウス歩くスキー大会でした。
 ドラカメの電源が入らず(メインスイッチがオフになっていただけでした)写真はありません。天気は曇りでした。
Sunp0354
 着くとすぐに山根あゆみさんがいたので挨拶しました。
 スタート前のアップで10kmほど走りました。今日はスキーはそこそこに滑るけれど、周囲の選手に比べて、私のスキーは滑っていませんでした。
 11時01分に5分スタート、11時07分に15kmスタート。スタートダッシュしましたが、20人くらい速い人たちがいます。この大会、参加料無料だし、他の大会と重なっていないので、意外にトップ選手も沢山来ているのかもしれません。
Sunp0355
 私のスキーは他の選手より滑らず、登り以外では少しずつ順位を落としました。
 それでも14.2kmを52分ほどでゴールしました。avgはキロ3分40秒でした。昨年よりはかなり速いです。
Hbc
 参加賞のハウス製品などを受け取り、ホットミルクとシチューを頂きました。
Sunp0352
 先日の大滝キャンプで一緒だった人やオリエンテーリングのS鳥さん、自転車系のK野さんに会えました。
 帰りは三井アウトレットモールに寄り、モンベルでダウンパーカー、ナイキでスパッツやウエストバッグなどを購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

倶知安で51km

 今日は休み。倶知安でも天気が良く、旭ヶ丘のお墓周り2.5kmのコースを20周しました。
 途中、おにぎりを食べたりしたときには時計を止めましたが、全部で3時間43分ほどでした。このコース正確には1周2.55kmほどあるようで、GPS時計では20周の合計51.4kmになっていました。avgは4分21秒/kmでした。札幌国際で3時間を切るためには、とんでもないペースで走らないと無理なのですね。(50kmはキロ4分で3時間20分…)
 1周11分15秒くらいでキロ4分半のペースになりますが、今日は雪の条件もよく、ずっとそのくらいのペースでした。1周一番速かったのが2回あり、キロ3分50秒(1周9分50秒くらい)ですが、それは3周目と19周目でした。最後までペースが落ちなかったの評価できます。しかし、走り終わった後は疲れて温泉で服を脱ぐのにとても時間がかかりました。
 2.5kmのコースは登りが2回あって、起伏が激しいコースです。札幌国際に向けての良いトレーニングになりました。以下、コースを写真で紹介します。
Sunp0317
スタートしてすぐに少し下り。
Sunp0320
右にカーブしてホテルようていの横を登ります。
Sunp0322
登りながら右にカーブし、さらに傾斜がきつくなります。今日はエゾリスの子供がいました。
Sunp0324
一度目の登りを終え、急な下りです。正面にワイスホルンが見えます。
Sunp0328
傾斜の緩いところ(1.5kmコースとの分岐付近)が続きます。
Sunp0329  
一度大きく左にカーブした後、右にカーブします。正面にニセコアンヌプリ。
Sunp0330
長く緩やかな上りと右カーブ後緩やかな下りが続きます。スーパーの練習に最適です。
Sunp0335
お墓に向けて二度目の急な登りです。若干片斜面なので、片足スケーティングすることもあります。
Sunp0339
登りきるとさらに登りながら右に大きくカーブします。正面は羊蹄山。
Sunp0342
松林の陰を通って、最後の登り。この後は長く下りが続くので、いつも全力を出して飛ぶように登ってしまいます。
Sunp0349
カーブしながらの長い下りを経て、最後の緩やかな下り。正面がスタート地点です。
Sunp0350
こんなに条件の良い日は滅多にありません。このコース、町が旭ヶ丘スキー場と一緒に圧接車で午前9時頃にコースを付けてくれますが、倶知安の場合、午前11頃でも新雪が15cm以上積もってしまう場合があります。夕方から夜に行くとアウトの事が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

大滝合宿二日目

大滝合宿二日目

 1日目の夕方は座学。クロカンのトレーニングや体幹トレーニング、阿部さんのツッパリ時代のビデオなども見ました。

大滝合宿二日目

 食事はバイキング。食べ過ぎない様に注意です…。

大滝合宿二日目

 その後は懇親会、2次会と日付が変わりそうになるくらまで飲みました。「K点越え」で盛り上がりました。

 二日目は6時半から早朝ランニングでしたが、私は少し寝坊して遅れてしまいました。

Sunp0300

 午前中、昨日の復讐トレーニングをします。私はやはり左足に完全に体重を乗せることが出来ていないようです。

 その後、下りの姿勢のトレーニングを行いました。

Sunp0307

 そして10時半ごろから10kmと5kmに分かれてタイムレース。

Sunp0309

 終了後、一人ひとり阿部さんから記録賞をもらいます。

Sunp0311

 私は10kmで1位でした。

Sunp0312

 一緒に記念写真も撮ってもらい、大満足でした。

8ec6a9c9f17f674d2b5aa83ddff080e1

0c7529948c1c1acb1ab8fcbc61445e52

 研修会終了後はちょうどトレーニングに来たSさんとかとも会い、さらに25kmほど走りました。とにかく天気が良く、気持ちの良いコースでした。

 湯本名水亭(名前が変わっていましたが)の無料券も参加賞に入っていたので入り、伊達の道の駅の買い物補助券も参加賞に入っていたので牧歌のチーズなどを買い、職場に戻って少し仕事をしてから帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

クロカンキャンプ大滝1日目

クロカンキャンプ大滝
今日と明日は大滝でクロカンスキーの講習会に参加しています。

クロカンキャンプ大滝

講師はリレハンメル金メダリストの阿部雅司さんです。

クロカンキャンプ大滝

大変ためになり楽しい1日目でした。このあとホロホロ山荘で座学と夕食、交流会です。

クロカンキャンプ大滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

京極でクロカン練習

 昨日も今日も午前中はお仕事。

 午後から昨日は倶知安のサッカー場で20kmほどクロカントレーニングをしました。倶知安少年団の方々がモービルで踏んで下さったコースを使わせてもらいました。ダブルポール中心です。雪がけっこう激しかったです。

Sunp0104

 今日は午後から京極に行ってみました。京極もまだピステが動けるほどの雪はなく、でもモービルでけっこう綺麗に1kmほどのコースが出来ていました。

Sunp0105

 天気は最高。午前中からしたかったです。今日は16km滑った後、京極温泉、京極町図書館といういつものパターンでした。

 ダブルポール中心に練習をして、体はクロカン用に結構出来てきました。まだ少し体重が多いです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

旭岳合宿3日目

旭岳合宿3日目

  合宿3日目です。今日は午前中のみ。
旭岳合宿3日目

 クロカンの基礎トレを行いましたが、その後はフリー滑走。

Photo_2

 午前中で33km滑りました。
旭岳合宿3日目

 しかし、体重はどんどん増えます。合宿ごはん、すごい量です。今日の昼はソースかつ丼みたいなものとシューマイですが、どんぶりのごはんの量が初めから大盛です。

 写真はありませんが、昨晩はチキンステーキ、巨大あじの開き、巨大ソーセージに、あとは千切りキャベツとグレープフルーツのみ。美味しいのですが、タンパク質と炭水化物のえさを食べている様な感じもします。

 ホテルベアモンテのレストランはスキー合宿飯と一般のお客様のバイキングが完全に分かれていて、向こうの世界は大変美味しそうでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

旭岳合宿2日目

  合宿2日目です。

旭岳合宿二日目

 午前中はクロカン練習。LSDの後、片方ずつのポールでクイックやダブルポールの練習をしました。午前中で24kmほど滑りました。

旭岳合宿二日目

 午後はスキーオリエンテーリングの練習。この合宿、人数は少ないですが、全日本スキーO委員長の下、ユニバーシアード代表最有力者、世界選手権代表最有力者も参加しています。

 上のロータリーからさらに奥に皆で二つの楕円を組み合わせたようなコースを皆で踏み、指導者が作成した手書きの地図を見て回るタイムトライアルを行いました。参加選手は8名です。

旭岳合宿二日目

 短いコースですが柔らかく狭いコースで滑りずらく、またルート選択も近い方を選ぶかUターンを避ける方を選ぶかで一瞬の判断を迫られます。

旭岳合宿二日目

 結果は東大のI君が圧倒的に早かったのですが自己申告で不通過のポイントがあり失格、岩手大のI君が1位、私が2位で柿の種をいただきました。

Photo

 その後上のループを少し滑って、午後は13km。今日のトータル37kmになりました。けっこうくたくたです。

 夜は地図読み講習会が行われる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧