クロカン

2018年1月13日 (土)

スーパー走法が進化?

 昨日京極でクロカンの練習をしていて、ふと、スーパースケーティングの時にダブルポール(スキーをコースに2本とも入れたまま、ストックだけで進む走法)でやっている様に上半身を前後に揺らしたらどうなるだろうと思ってやってみたら、ぐっと速くなりました(登りで無理にスーパーを使っている時は自然にそうなっていることもありました)。
 一昨年までだったら、そんなことをしたら100mくらいで疲れてしまったと思いますが、昨年から(特に今年は)ダブルポールの練習をかなりしているので、腰の部分があまり疲れません。
 今日は余市のジャンプ台周辺の周回コースで、色々な走り方でタイムを計ってみました。結果は、遅い順に、「楽なクイック」<「楽に新しいスーパー」<「今までのスーパー」=「きついクイック」<「しっかり新たしいスーパー」 という感じで速くなります。新しい走りを1kmくらい続けても疲れませんが、やはり負担は来ます。
 スキーの板に片足が乗っている時間も新しいスーパーはかなり長くなります。それだけ効率の良い滑りだということだと思います。
 昨年までは、登りは周囲の選手よりも速いけれど(筋肉で登っているので…)平地や緩い下りでは周囲の選手に抜かれることが多かったのですが、ひょっとすると今年は平地でも少し早く滑ることが出来るような気がしてきました。
 昨日から始めた滑り方ですが、もう少し慣れるともう少ししっくり出来そうです。  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

大滝でクロカン45km

大滝でクロカン45km

 今日は大滝まで行ってクロカンのトレーニングをしました。
大滝でクロカン45km

 大滝は5kmコースとFISの5kmコースがオープンしていたので、合わせて約6.5kmのコースを滑りました。
大滝でクロカン45km

 スウェーデンの合宿が来るようです。
大滝でクロカン45km

 このキートスマヤという施設は無料でトイレも休憩もお湯も使わせてもらえます。ワックスルームも隣にあります。
大滝でクロカン45km

 午後になって一瞬晴れました。少し雪が積もったら、午後にちゃんとピステが一度入りました。素晴らしい施設です。

 ここで今日は北海道女子の第一人者Yさんと男子でもかなり速いFさんがトレーニングをしていて、2周一緒に回りましたが、私にはギリギリのペースでした。それでも何とか付いて行けたのは、私も少しは技術が向上したからかもしれません。

 午後はとても速い外人が一人いて、すぐに抜かれました。

 6.5kmコースを6周+αで合計45km、約3時間半滑りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

初すべり

Dscn3934

 元旦、起きたら予想に反して晴れていたので、近くの空き地に昨日作ったコースでクロカンをしました。

Dscn3936
 1周約300mのダブルポール用のコースと対角線のスーパー、クイック用のコースです。
Dscn3938
 今日は約30分、6kmだけです。
Dscn3937
 今年もよろしくお願いします。
Dscn3943

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

旭ヶ丘でクロカン練習

旭ヶ丘でクロカン練習

 今年は雪が多く、12月なのに倶知安の旭ヶ丘、パークゴルフ場のコース1.3kmが完全に整備されました。

旭ヶ丘でクロカン練習

旭ヶ丘でクロカン練習

 お墓の方も1.5kmのコースが整備されています。お墓の1.5kmは、最も起伏の激しいコースとなり、昨日は8周しただけでかなり疲れました。2.5kmがオープンした方が、平地が多くなり実は疲れません。

 土日も午後に仕事が入っているので、午前中にトレーニングをしています。今年は私の体もほぼ仕上がっています。

旭ヶ丘でクロカン練習

 ペルトネンの板、良く滑ります。一周目は練習用の古いフィッシャーの板でしたが渋かったです。ペルトネンに変えるとワックスかけていないにも関わらず、良く滑りました。滑ると楽いです。

 サッカー場の平地はダブルポールの練習。下の平地はスーパーとカーブは片足スケーティング。緩やかな登りはスーパーか、クイック。クイックは板を前に縦に出すイメージで登ります。大腿部と体幹がきついですが、昨年までよりそれで登ることの出来る距離が増えています。

 登り切ったところからすぐに全力でダブルポールをやっても行けます。クイックと使う筋肉が少し違うのでしょう。これはレースでも応用できそうです。

 今日はパークゴルフ場のコースを20kmほど走りましたが、終始キロ4分台前半で走ることが出来ました。ダブルポールを含んでですから、そこそこ速いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

スキーO合宿2日目

スキーO合宿2日目

 旭岳温泉周辺は結構な降雪で、ピステはグラウンドとその下の2.5kmコースしか圧雪していませんでした。

スキーO合宿2日目

 そこに様々な団体が来ますから、結構混雑していました。

スキーO合宿2日目

 今日も基礎トレーニングから実践的なものまで色々なトレーニングをしました。

 自由滑走も含めて今日トータルで29kmほど滑りました。疲れました。

スキーO合宿2日目

 フィンランドで購入したペルトネンの板、少し短く軽いので、新雪の登りは速いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

スキーO合宿1日目

スキーO合宿
  旭岳温泉でスキーオリエンテーリングの合宿です。

 バランストレーニングや片足スケーティングを片手ポールで行う練習(4パターンある)など、シーズン初めの基礎的なトレーニングから入りました。

スキーO合宿

  全日本スキーO委員長や昨年の世界選手権代表も参加しています。とはいえ、小規模な合宿です。ここには韓国選手なども同じ宿です。

スキーO合宿

 夕食後は、過去の世界選手権の地図を見て、一番良いレグはどれかを考えるトレーニングも行われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

クロカン始動

  今年は11月なのに考えられないほど雪が降り、余市でもクロカンスキーに乗ることができました。

 6日の日に30cmほど積もったので、朝、飛行場、夜近くの空き地で計8kmほど滑りました。ダブルポールが辛くて、身体は全くできていませんでした。
 昨日は15kmで2時間弱、今日は20kmで2時間20分以上かかりました。
 ダブルポールは筋肉がまだ全然で、辛いですが、少し慣れてきました。クイックやスーパーは、とても遅く、キロ7分くらいかかっています。まだLSDという感じです。
 風呂で上腕三頭筋を見てみたら、2月3月の自分とは全く違ってぶよぶよです。これでは漕げません…。
 でも、11月に余市で乗れるなんて考えられない事です。1か月早まった感じです。その点はラッキーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

初めてのローラースキー

  今日は、実は生まれて初めてローラースキーに乗りました。

 春から手元にはあったのですが、雪が無いのでランや自転車の方が自然で、何となく乗る気になりませんでした。

 北海道マラソンも終わり、そろそろ冬のスキーオリの準備に入ろうかなと思いました。

ローラースキー

 場所は家から2kmほどの道。自動車で行きました。

ローラースキー

 乗ってみると、クロカンスキーとインラインスケートの中間みたいな感じです。すぐに乗りこなすことが出来ました。

ローラースキー

 慣れてくると、クロカンスキーにより近い感じです。

ローラースキー

 ダブルポール、クイック、スーパー全て出来ます。舗装が少し古い所は振動が大きくてダメです。

ローラースキー

 ダブルポールでほぼ進んだ最後の瞬間に片方の足だけを軽く外に出す走法(私が勝手にトレーニングに入れている走法です)だけは、キックした板の力が雪の時と違ってアスファルトに伝わらず出来ません。もう少し角度を入れると、アスファルトでも推進力に変えることが出来きます。

 最初の1kmくらいはスーパーの時に右足がフラットに乗り切らない悪い癖が出ていましたが、慣れてくるとフラットに出来ました。

 そうなるとスピードも出て来て、最後の方は平地でキロ4分を切り始めました。スピードとしては、普通の圧雪のワックスが合った状態に近く、けっこう速いです。

 10kmほどで止めました。あまりやると足が蒸れるかもしれないと思いました。グローブはちゃんとクロカン用のを使わないとまずいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

安比朝のお散歩

安比朝のお散歩

安比朝のお散歩

安比朝のお散歩
とても気持ちの良い朝です。

安比朝のお散歩
ペンションのごはんも美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

北大雪コース(60km)で優勝

  湧別原野クロカンスキー大会、60kmの北大雪コースで優勝しました。ヤッター!

北大雪コース優勝
 タイムは3時間06分24秒。金メダルと副賞のお米やソーセージを頂きました。

北大雪コース優勝 

 誰も知り合いがいなかったので、表彰式の写真はありません。後で台だけ撮りました。

北大雪コース優勝

 速い人達は85kmの方に参加しているので、途中まで一緒に走って60kmで止めて、尚かつ表彰されるのはちょっと複雑な心境です。

 今回は夜に仕事が入る予定があり、85kmだと間に合わなけれど、60kmであれば10時半くらいにゴールし、戻って仕事することも可能と思い60kmにエントリーしました。結果的に仕事はなくなり、また、あったとしても高速が途中通行止めなどもあり間に合わなかったと思います。

 85kmと60kmは同時に白滝からスタートします。85kmの集団の中でも、10km付近まではトップ10位くらいの集団についていました。

 今日はスタート地点で-10℃で時折激しい吹雪。コースは一部吹き溜まりで、先頭集団でも引っかかって転ぶ選手もいました。

 奥白滝のあたりからは滑りやすくなりました。丸瀬布から瀬戸瀬までは、今年だけ開通直前の高速道路を走ります。しかし、圧雪が間に合わなかった様で、モービル一本分の所も。こうなるとスキーオリは強いです。片足スケーティングしたり。それに対して一般の方々はスキーの先をひっかけて転んだりしていました(結構速い選手でもです)。

 瀬戸瀬から遠軽は、追い風基調でコースも良く、大変速いペースで走ることができました。

 そして、私だけ遠軽でゴール。遠軽の時点でも85kmの中で25位くらいで走っていたと思います。ゴールでは1番だと言われ嬉しかったです。

 スキーオリエンテーリングの練習でダブルポールを中心にやった事が功を奏し、スーパー走法が最初から最後までスピードが落ちませんでした。クイック走法は5%くらいしか使っていません。ダブルポールも5%くらい。あとはほとんどスーパー走法です。

 スーパー走法では、昨年まで右足のスキーが若干体重をまっすぐに乗せることが出来ずにいましたが、自分で言うのもなんですが、両方の板に長くフラットな状態を保って滑らせる事が出来ていたと思います。技術が向上したということです。

 また、場所によってはダブルポールでクイックやスーパーの選手を抜く局面もありました。スキーオリのためにも、順クロカンのためにも、夏場のローラーも含めてさらにダブルポールの練習をしようと思いました。

北大雪コース優勝

 表彰式までの間、遠軽の給食所でお汁粉を食べたりうどんを食べたり、85kmの知り合いを応援したりしていました。

北大雪コース優勝

 優勝すると、それなりに注目されるのですね。ワックスは何を使っているのかとか、何人かの人に聞かれました。

質問「やっぱりベースの上に3層ですよね。ベースは何を使われているのですが?」

私「すいません、ベースワックスはぬっていません…。いきなりガリウムを1回ぬっただけです」

別な人「やっぱり今日みたいな新雪が混じる時は○○ミックスのワックスが良いですよね?」

私「すいません、そのワックスの名前初めて聞きました…。」(しかもその○○も今の時点で忘れてしまいました)

 湧別原野クロスカントリースキー大会、3年前から60kmの「北大雪コース」が新設された様ですが、今回初めて出ました。85kmの場合、この遠軽からの25キロが、平坦で向かい風で疲れがたまって大変なのですが、60kmで止めてしまってなおかつ表彰されるって、どこか後ろめたいけれど、こんな楽な話は無いので癖になりそうです。

 でも、力を出し切ったという満足感はあまりなく、「もう終わってしまったの?」という感じです。やはり出るなら85kmに出たい気持ちも大きいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧