自転車

2018年9月30日 (日)

羊蹄山3/4ツアーひやかし

 余市マラソン終了後、JRニセコ駅にDove+を自動車に積んで向かいました。
 南風自転車主催の羊蹄山4分の3ツアーにも出てみたかったのですが、終点となるニセコ駅から逆走すれば、途中で会えて少しは一緒に走れるかと思ったのです。
 ニセコ駅に着いた段階で、すでに何人かはゴールされていました。店主のAさんはまだということでしたので、Doveに乗ってニセコの坂を登っていくと、ちょうど信号の所で、女性2名とA店主が来ました。
Sunp0238
 一緒に走れたのは、最後の下り坂300mだけでした。
Sunp0241
 ニセコ駅前で自転車を折りたたむ皆さんと少しお話をし、列車へお見送りをしました。
Sunp0245
Sunp0249
 泥人形さんはリアカーみたいなのを牽いて走ったそうです。
Sunp0252
 私もJRに乗ればよかったでしょうか?
 そのまま帰るのももったいなくなり、綺羅の湯の回数券もあったので、15kmほど有島農場などをDove+で走りました。
Sunp0270
 天気は曇りで、雨は降りそうで降って来ません。
Sunp0261
 弥照神社。農地解放宣言のすぐ近くです。
Sunp0256
 走りながら子供用デジカメで撮れます。動画も取れました。
Sunp0258
 このカメラ、けっこうきれいに撮れています。
Sunp0265
 フクロウの木彫りが沢山ある家。走りながらでも写っていました。
 
 綺羅の湯に入り、倶知安に戻って少し仕事をした後、余市に帰りました。
 今回、子供用デジカメに防水処置としてサランラップを巻いてセロテープで止めていましたが、レンズがサランラップで曇ることもなく、結構うまく撮れていました。
Dscn6111
 立ち上がりもそこそこ早いし、バッテリーも動画を撮らなければ持ちそうです。
Dscn6113
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

アタック三国峠300、12時間切りで完走

 昨日はR札幌主催のBRM901アタック三国峠300でした。

Daitai300

 このコース、本当はスタート後に然別湖を登るのですが、幌鹿峠通行止めのため、昨年に続いて代替コースとなり、少し上りが減ります。それでもけっこうな山岳コースです。

Daitaihyoukou

 仕事を終えてから高速道路で移動。スタート地点の新得町くったり温泉には夜10時前に着きました。温泉に入り、車中泊しました。隣にもう一台車が泊まっていました。

 車の中は小さなマットと薄い布団で快適。熟睡して起きると5時。少し寝坊です。隣の車はチームニセコのW山さんでした。

 受付5時、ブリーフィング5:15です。R札幌のKさんのほか、うまかつさんもスタッフとしてお手伝いされていました。こういうAJHとR札幌の垣根を小さくすること、良いと思います。

アタック三国峠300を終えて

 さて私は、準備がギリギリ。mugenさんご夫婦にお会いできましたが、あまりゆっくりお話しする余裕もありませんでした。ブロンプトンで参加のOTKさんには、折り畳みでないのですかという表情をされてしまいました。

 車検も遅くなり、ほぼ最後尾。スタート時刻は5:30ですが、私がスタートしたのは5:32でした。

 スタートの遅れを取り戻すべく、ガンガン抜きます。2kmほど走ると結構急な上り。ここも時速15kmほどで抜きまくります。朝一番元気な時だから出来ることです。登り終えたところでまだまだ前に10人くらいは走者がいると思っていましたが、後で考えるとこの時既に2番手になっていたようです。

 瓜幕の下りは追いついてきた十勝のI澤さんとHさんの3人で走りました。少し何故か雨が降ってきて軽く濡れてしまいました。ブルベ2回目というI澤さんにけっこう引いてもらいました。

 40kmほど走り上士幌からは単独になってしまいました。三国峠への緩い登り、時速30km以上出ています。踏むだけでなく引き足を使うとどんどん進みます。

 糠平温泉を超え、さらに進みます。天気も良く、景色も最高。自転車に乗らせてもらっている喜びに浸ります。どこまででも行けそうな感覚です。

 三国峠の急な登りでも時速14~17kmくらい出ています。そのうちに前方に一人ブルベライダーが見えました。先行しているT口さんではないかと思いました。三国峠の頂上でやっと追いついたと思ったら、全く別の方で、しかも、仕事があるため三国峠でDNFし、来た道を戻って帰宅されるとのことでした。

257705173_624v1535923544

アタック三国峠300を終えて

 三国峠はPC1になっていて、スタッフのKさんがチェックしてくれましたが、私たちが先頭とのことでした。三国峠は99.4km地点。標高1080m。この登り中心の道約100kmを4時間切りで来ています。これはひょっとすると12時間切れるかもと思いました。

 三国峠からの下りは道路が悪かったのですが、サスペンションステムの効果で、私はストレスなく走ることが出来ました。

 石北峠(標高980m)の上りは傾斜があまりに緩く、さすが二けた国道だと思いました。

 そこから長い下り。この区間だけ緩やかな向かい風でした。

 PC2は温根湯のセブン。丁度12時に到着しました。ここで170km地点。ミートスパゲティとコールスローサラダを食べました。晴れていても標高1000mの峠付近は寒かったのですが、下に降りて直射日光を浴びると暑いです。

アタック三国峠300を終えて

 温根湯から置戸に抜ける温根湯峠は生まれて初めて通りました。ここが傾斜としては一番きつかった感じがします。

 さらに、芽登に抜ける道道88号線の登りがだらだらと長く、今回精神的に一番やられました。ここも結局標高700m近くまで登るのでした。せいぜい標高500mくらいだと思っていました。

 ここの上りで100km4時間ペースを超えてしまい、12時間切りは無理かなと思いました。芽登への下りはスピードは出ましたが、なぜがまた一時雨が降ってきました。

 芽登から国道241に出ると、追い風です。これは行くしかない。平地時速36kmくらいでガンガン進みます。ちょっと背中を丸くして、踏み(引き)続ける感覚好きです。

 PC3も飲み物の補給だけですぐに出発し、最後の通過チェックかみしほろ豊岡見晴らし台公園へ。

アタック三国峠300を終えて

 12時間切れそうな感じがしてきました。瓜幕の緩い登りも追い風基調なのでフロントアウター(50)の21くらいで走ることが出来ました。

 最後の下りはかなり急で思ったより長い。朝、よくあんなスピードで登ったものだと思いました。結果的には朝のこの登りでほぼ全員抜いていたことになります。

 そして300km。あれ、まだ着かない。キューシートを見ていなかったので気づきませんでしたが、このコース303kmでした。それでも何とか17時25分にゴール出来ました。11時間55分。サイコンのavgは27.3km/h、ライドタイムは11時間15分でした。

 風呂に入り終わって出てくるとゴールした方にお会いしました。暗くてよくわからず、お話しできませんでしたが、T口さんだったそうです。さらに行きで引いてもらったI澤さんがゴールされていました。

 山岳コースの300kmで12時間切りは、自分としては上出来だと思います。というか、よく覚えていませんが、300で12時間切ったの初めてかもしれません。追い風基調だったことが大きいと思います。久々のブルベ、走ることのみに集中して堪能することができました。スタッフの皆さんありがとうございました。

■反省

・サスペンションステムは、単純な構造ながら、素晴らし効果を発揮しました。十勝や北見、釧路地方に多いアスファルトとアスファルトの間の継ぎ目の横の割れ目をほとんど気にすることなく走ることが出来ました。サスが無いと、継ぎ目の中でも最もダメージのなさそうな所を選び、段差を超える瞬間には漕ぐのを止めて場合によっては立ち上がったりしていました。しかし、今回は段差が来てもどこを通るか全く考えませんでしたし、段差を無視して漕ぎ続けていました。全身への疲労も少なかったと思いますし、スピードアップにもつながったと思います。

・フロントサスに比べて、リアサスは効果があったのかもしれませんが、あまり効果を感じませんでした。シムをかませてスペシャのカーボンサスポストに変えてもいいかもしれません。

・今回は300なのでミニDHバーを外しました。プチプチは巻きました。DHバーを付けるなら、DHバーを握って100kmくらいは走れるトレーニングをしておかないとあまり意味はない気がします。   

・今回もコースは全てストリートビューなども使って暗記していましたので、キューシートは一度も見ませんでした。

・エプソンのGPS時計、ラン用に1kmでオートラップ状態にしたままでした。これは1kmごとに「ピッ、ピッツ」となってうるさいのですが、ラップの順番がそのまま距離数になるので、距離が少しずつ狂ってしまうサイコンよりも信頼性がありました。意外な発見でした。

・北海道マラソン1週間後の大会となりましたが、襟裳岬1000、パノ3試走、花園ヒルクライムの貯金が使えました。8月29日の夜中にも80kmほど冷水、樺立、稲穂の3峠を攻めるトレーニングをしました。2日間休んだ超回復が来ると信じて走りましたが、割とうまくいったようです。それにしても、マラソンと自転車のトレの両立、難しいです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

ゴールしました

ゴールしました
 11時間55分で、単独1番目のゴールでした。最後まで回し続けました。

ゴールしました

 サスペンションは快適でした。

ゴールしました

 特にフロントサスステムは効果が大きかったです。

ゴールしました

 暗いとわからなかったけれど、とてもきれいな堰止湖がすぐ近くにあったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温根沼

温根沼

 三国峠、石北峠を超え、約半分の温根沼まで来ました。
温根沼
 単独で先頭の様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三国峠

三国峠

 最初ちょっとだけ雨が降りましたが、その後、最高の天気になりました。

三国峠

 三国峠がPC1です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

BMCにサス付きステム

2 BMCのステムを付いていたイーストンEA90から、サスペンション?付きのものに変えました。

Dscn6020

 サスは、中のプラスチックが縮むだけという、驚くほど原始的な構造のサスです。固さは縮むプラスティックの部品を替えることで一応調整出来ます。

Dscn6021

 重さは130g→270gに増えました。合わせてサドルもスペシャライズドの一番柔らかい物に付け替えました。

 今朝、冷水峠のトンネルまで走ってみましたが、乗り心地は格段に良くなりました。グラベルロード並みです。これで長距離ブルベはストレスがかなり少なくなると思います。

 ダンシングした時にすこしだけ踏み込みのロスを感じますが、シッティング状態では特にパワーがロスされる感じもありません(私にパワーが無いだけかもしれませんが)。

 スペシャライズドのサス付きフロントヘッドパーツのバイクを数十万円で買わなくても、とりあえずある程度速いまま快適になるような改造が出来た気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

BMCにサス付きシートポスト

 BMCに付いていたEC70のシートポストをサス付きのZOOM 31.6×350mm 油圧サスペンション シート ポストに変えました。
Imga0542
 重量は225g→573gへと増えました。数字以上にずっしり重いです。

Imga0543
 サスは調整可能なので、軟らかめにセッティングしてから付けました。
Imga0545
 これで、舗装の継ぎ目とかどんな感じになるのでしょう。三国峠300で試したいと思います。ちなみに商品はまだ届いていませんが、ステムもサス的なものに変更する予定です。

 さて、明日は北海道マラソンです。ここにきて実は、先週のオリエンテーリングの最後の方で左足の膝の裏の筋を少し痛めてしまいました。今週は本当に軽いジョグを1回7km走ったきりです。
Imga0547

 毎年同じようなミスを繰り返しています。それでも、無理せず最善を尽くしたいと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

ニセコ花園ヒルクライム2018

  今日はニセコ花園ヒルクライムでした。

 私は小径・クロスバイク部門でエントリー。自転車は14インチのDove+にしました。

 会場では運営の人も、参加選手もかなり多くの知り合いがいて、わくわくしました。

 南風自転車のブロンプトン軍団です。

 こちらは、何故か重い自転車にこだわりシングルの優勝候補totty君のバイク。

 最初にエリートなどロードの速い選手たちがスタートします。

ニセコ花園ヒルクライム2018

 第2スタート、第3スタートと続き、

ニセコ花園ヒルクライム2018

 小径・クロスは、第4スタート。その中でも南風のブロンプトン軍団は最後尾からのんびりスタートします。

 倶知安町内のじゃが祭り会場をパレード走行。でも、私とカズ君はちょっと意識して前に出がちでした。

 農高の前から本格スタート。平地ではブロンプトンにかなわないだろうとカズ君に付いていましたが、Dove+でも回せばもう少し行けそうな気がして、30km以上ケイデンス多分100以上で先行します。

 若いY君がすごい勢いで抜かして行きましたが、登りに入ってしばらくすると減速していましたのでかわしました。その直後にいとこさんもかわしました。

 今日は薄曇りで気温も20℃台前半、しかも追い風基調。先日の試走の時は下で31℃もありました。今日は何だか上りに入っても14~15kmではなく、17~20km位でています。要は引き足と踏み足のバランスです。無理すると続かないので、続く程度で一番スピードが出る状態を維持して進みます。少しペースが落ちると、ダンシングを少し入れてペースを戻します。基本はシッティングで行きました。

Imgp5202


 遅いロードの選手をかわしながら、ゲートへ。ここまで27分台。思っていたより早いです。

 狭くなってからは、先日はほとんど12kmを下回ていましたが、何とか14kmくらいを維持してロードをどんどん抜いて行きます。

 一番きついカーブも何とかロードを抜きながらダンシングできました。

 最後の2kmは少しだれた感じで、最後はダンシングで頑張りました。

 何とか47分台でゴールしました。

ニセコ花園ヒルクライム2018

 ゴール後は、ボランティアの高校生にガリガリくんをもらい、あちこちで談笑していました。

ニセコ花園ヒルクライム2018

 totty君ははるか先と思っていましたが、3分ほど前のゴールだったようです。その他、小径とクロスバイクは一緒のカテゴリーなので、速いクロスや小径がいたのかどうかその時点ではわかりませんでした。

 最終選手がゴールした後、皆で登ってきたコースを下ります。私は、途中のポイントポイントにいるボランティアがほとんど全員知り合いだったので、立ち止まりながら降りました。

 倶知安に戻り、自動車に一旦戻ってからリザルトを見に行きました。残念ながら小径・クロス部門で5位。totty君でも3位(彼は40分切りを目指していたので調子が悪かったようです)。1,2位の人はどんな人なのか良くわかりませんでした。

 クロカン少年団の店で豚串などを食べ、表彰式会場へ。今年はMTB部門が4人しかエントリーなく、ねらい目でした…。

ニセコ花園ヒルクライム2018

 男子は招待選手で昨日筋肉をさわらせてもらったGOKISOの森本選手がアダムをかわして優勝。女子は昨年のリベンジでコースレコードを出したY田さんが8回目の優勝でした。

 じゃが祭り会場は例年のごとく知り合いの嵐。懐かしい知人にも多く会えました。

 帰りの車を運転しながら、こんなことをさせてもらって、幸せなことだとなぜかしみじみ実感していました。

 途中で風呂に入ることもなかったので、家に帰ってただ風呂に入るのもなんだなと思いました。どうせ中途半端に筋肉痛が残れば明日はあまり何もできなくなる、であれば、とことん筋肉を痛めた方が良いと考え、夕方25kmランをしました。5分半より少し速いくらいのLSDでした。

■反省

・追い風ということもあったけれども、何とかそこそこのスピードを維持できた点は評価できると思います。昨年より2分近くタイムがよくなりました。引き足が良かったと思います。

・重いギアは筋肉は悲鳴を上げますが、ケイデンスは低いので心臓にはそれほど負担が行っておらず、昨年もそうでしたがゴール後に真っ白になるあの感覚がありませんでした。そういう意味ではどこか不完全燃焼でした。

・出し切るという意味では、もう少しダンシングを入れても良かったかもしれません。試走の時に腰が痛くなりそうだったので、自然とセーブしてしまったと思います。

・昨年のブログを読むと、前日に20kmランをしていて、その影響もあってか足が攣ったようです。今年は2日前に20kmランをし、1日前は完全休養日、さらに当日は塩分・水分を多く取りました。結果的に気温も低く、攣ることは全くありませんでした。北海道マラソンの準備もあるので、バイクとランの練習の両立は工夫が必要です。

・やはりDoveK3(三段変速)が欲しいなあと思いました。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

花園ヒルクラコース開通


花園ヒルクラコース開通

  昨日10時に倶知安から五色温泉の道道が開通したとラジオで言っていたので、今日は午後に休みを取って、Doveプラスで行ってみました。
花園ヒルクラコース開通

 ホテル羊蹄に車を置き、農高前からタイム計測しました。
花園ヒルクラコース開通

 ゲートまでの部分では、まだ何とかなったのですが、ゲートを超えて細くなると、かなりきつい。

 ペースが落ちます。頑張るとその後に反動でさらに遅くなります。絶えてシッティングで引き足重視で乗るのが、なんだかんだ言って一番持続的にスピードを維持できます。

 でも、時々、辛くなるとかなり頻繁にダンシングしないとスピード復活しません。

 ダンシングも、一番きつい左カーブの所では止まりそうでした。そして、急な上りでダンシングを続けると、腰が痛くなってきます。

 一番急な所はスピードが7km/hくらいまで落ちてしまいました。ここだけで30秒以上差を付けられてしまうのではないでしょうか?

 ゴールのニセコのカントリーサインまで、農高前から53分40秒もかかってしまいました。大会当日は、本番の雰囲気もあってもう2,3分は速くなるかもしれませんが、入賞は厳しそうです。

 本番はめげずにDove+で出ようと思っていますが、ブロンプトンの方がいいのかなあ?でも、今更なので、Doveで玉砕します。

 外装3速変速の付いた、DoveK3欲しいなあ…。

 がけ崩れの所は、土砂は取り除かれていましたが、重機が動いたためか少し舗装が傷ついていました。

花園ヒルクラコース開通

 また、電柱はまだ復旧しておらず、新しい電柱が道路わきに置かれていました。

花園ヒルクラコース開通

 走行には問題なさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

パノラマ昆布岳通過チェック

パノラマ昆布岳通過チェック


 昨日はパノラマ昆布岳300のスタッフとして、スタート、神仙沼での通過チェック、ゴールを担当しました。

パノラマ昆布岳通過チェック

 雲一つない天気で、下界は30℃、神仙沼は24℃ほどでした。

パノラマ昆布岳通過チェック

 日差しは強く、日焼け対策を怠った部分がかなり焼けました。

 最終走者を確認するため?に神仙沼で少しだけDove+に乗りました。

 ずっとのむさんと一緒で色々お話出来て面白かったです。

 参加者は、暑さと坂と向かい風の部分にかなりやられている様でした。

 夕方からはゴールでHOさんとのむさんと3人で完走者を待ちましたが、皆さん想定より少しずつ遅かったです。

 それでも、スタート直後にメカトラでDNFされた方を除いて、全員が時間内完走したのは素晴らしいです。

 私は日付が変わるころ、自動車で逆走して走者を確認しながら、先に帰宅させてもらいました。

 早朝から深夜まで、長い一日でした。自動車の走行距離は354kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧