自転車

2017年8月26日 (土)

島牧400スタッフ

島牧400スタッフ

島牧400スタッフ

島牧400スタッフ
島牧400スタッフ
  五色温泉手前で通過チェックをしています。24名の参加者が通過して行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

ニセコ花園ヒルクラ2017小径クロス2位

 今日は花園ヒルクライムでした。年々タイムの落ちる私は、今年は「小径車・クロスバイク」部門にエントリーしました。カテゴリーのエントリー数は20名弱です。

ニセコ花園ヒルクラ2017小径クロス2位

 そして、これがブロンプトン軍団。一番手前のバイクが私のです。南風自転車さんを中心に、ワイシャツにネクタイというドレスコードで参加している方々。私はチームニセコのバイクジャージです。私のバイクは15年ほど前に買って、完全ノーマル状態です。 
ニセコ花園ヒルクラ2017小径クロス2位

 ブロンプトンにも年代などで様々な違いがあるようで、南風さんの解説を聞いているととても楽しかったです。タイヤも少し細いのをはいていたり、クリートを付けていたり。スタート時間になっても、ブロンプトン軍団は最後尾からのんびりスタートです。

 駅前通もブロンプトン集団で最後尾を堂々と走りました。

 農高前の本当のスタート地点から少しずつスピードを上げます。ブロンプトンの中でも速い人たちに付いて行きましたが、ホテル羊蹄を過ぎたあたりで前に出てしまいました。

 それからはひたすら踏みます。遅いロードレーサーの方々を抜いて行きますが、抜いた時の反応が「えっ、そんなバイクに抜かれるの?」という感じで面白かったです。

 花園のあたりでいとこさんを抜きました。要所要所のボランティアをしていただいている方々も、ほぼ知り合いです。声援も含めてありがたかったです。

 私のブロンプトンは内装3段変速です。簡単に言えば、ママチャリと似た感じです。一番軽くしても、39-19くらいの感じです(正確にはわかりません)。従って、傾斜が少しきつくなると回すことは出来ず、ひたすら踏みます。クリートもついていないので、引き足も無し。

 ゲートのあたりで両足のふくらはぎが攣り始めました。急いで水分を全部飲みました。昨日炎天下20kmランをしてしまったので、その影響もあったのかもしれません。でも一番はただ踏んでいるために起きたと思います。

 激しく攣らないように気を付けながら、ぐいぐいハンドルを引きながら(DHバーを引いている感じに似ていて力が入ります)踏みます。するとどんどんロードレーサーを抜けます。

 途中でクロスバイクを2台発見しました。平地ではロードやクロスの方が断然速いです。私が踏める傾斜の登りではブロンプトンの方が速いので1台目を抜きました。

 しかし、例の最も傾斜のきついカーブの所では、シッティングができなくなり、ダンシングにしました。すると遅くなってさっき抜いたクロスバイクに抜き返されました。

 最後の2kmで、もう一度2台のクロスバイクに近づきました。しかし、後ろを振り返ると別のブロンプトンも迫っていました。最後の少しきつい登りは残っていた余力を出してぐんぐん行きました。クロスを1台抜き、最後のゴール直前に2代目のクロスもかわしました。

 ゴール後は、ガリガリ君を食べたり飲んだりして、いろいろな人とお話しました。

ニセコ花園ヒルクラ2017小径クロス2位

 チームニセコの知人はもちろんですが、地元の知り合い、レースやブルベで知り合った人たち、そして、ブロンプトン軍団。

 足はふくらはぎ以外にモモの付け根のあたりも両足ともダメージを受けて、しばらくしゃがむ事が出来ませんでした。

 坂を下りる時もブロンプトン軍団で最後尾から降りました。

 その時点では順位は分かりませんでした。小径車は私より4分ほど速い人が一人いましたが、クロスバイクも同じカテゴリーなので何人前にいるか分からなかったのです。

 リザルトを見ると、私は2位。ブロンプトンで1,2フィニッシュです。クロスバイクに勝てた事は大変嬉しかったです。タイムは50分をやっと切ったくらいで、決して速くないです。

ニセコ花園ヒルクラ2017小径クロス2位

 表彰式ではブロンプトンを宣伝しようということになり、折り畳んで二人で表彰台に持っていきました。
ニセコ花園ヒルクラ2017小径クロス2位
 商品は綺羅の湯回数券、お茶一箱などでした。

 じゃがまつり会場では、今年も(地元だから当然ですが)沢山の知り合いに(しかも懐かしい知り合いに)多く会うことが出来ました。

 今回のヒルクライムは、ブロンプトン乗りの方々とも知り合いになることができ、いつもとは違った雰囲気で楽しめました。

 ブロンプトンで登ると、軽いギヤがないので回転数は低いままです。従って心拍はそれほど上がっていなかった気がします。その分筋肉が悲鳴をあげていましたが。従って、全体としては何だか楽なレースでした。そういう意味でもブロンプトンでの参加は楽しめるのかもしれません。

 来年の事はまだ分かりませんが、小径で出るのなら少なくとも1ヶ月前くらいから小径で練習をすれば、もう少し楽に速く行けるようになる気はします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

ブロンプトンで通勤

ブロンプトンで通勤

 今日は午後から仕事。
ブロンプトンで通勤

 朝14kmほどゆっくりランをした後、ブロンプトンで余市から倶知安まで行きました。
ブロンプトンで通勤

 3時間くらいかかるかもしれないとお思いましたが、行きは2時間10分、帰りは1時間55分。いずれもアンタレスよりも15分ほど余計にかかっているだけです。
ブロンプトンで通勤

 遅いからその分辛いかとおもいきや、道路の段差などは吸収してくれて乗り心地が意外に良く、ストレスなく走ることが出来ました。

 花園ヒルクライムを小径車で申し込んだのでその対策ですが、1週間前から始めるのは遅すぎますね…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

北見300

 今日は北見300でした。前半は昨日ほどではないものの暑さとの戦い。後半は雨でびしょ濡れで寒さとの戦いでした。

北見300

 スタートしてしばらくすると、私、T口さん、網走の方、旭川の方の4人集団で先頭を走りました。

 津別から阿寒湖抜ける峠で私と旭川の方二人が前に出てしまいました。この旭川の方、登りはダンシングで約18km/hをキープします。私も何とか着いていきました。

 阿寒温泉から弟子屈への横断道路は、かつて何度も自動車で走った道ですが、自転車で走るのは初めてです。双湖台、双岳台と暑い中15km以上のペースで登りました。

北見300

 下りのダウンヒルは爽快でしたが、コーナーは少し怖かったです。

 弟子屈から開陽台までは、昔釣りで何度も自動車で走った道。旭川の方に7割方引いてもらいながら、「雨降る予報なのにどんどん暑くなりますね」などと話ながら走りました。

 開陽台への登りはシッティングは無理。ダンシングで時速8km。きついです。

D81_2179

 開陽台は通過チェックなのでM藤さんとうまかつさんが待機していてくれました。

北見300

 開陽台から計根別に戻る途中で、T口さん、網走の方とすれ違いました。30分ほど差がついていました。

 しかし、計根別手前の農道の真ん中で私がパンク。旭川の方には先に行ってもらい、一人で修理。ところが、チューブを替えても全く空気が入りません。替えチューブのバルブが壊れていてた様です。それ以上の替えチューブもパッチもないので、どうしようもありません。自動車も全く通らない所です。

北見300

 後続のT口さん達をただ待っていました。そしてT口さんから予備のチューブを頂き、網走の方のボンベで空気を入れてもらいました。感謝です。ただ、このパンクで計40分ロスしました。それで気持ちが切れてしまいました。

 計根別のセイコマでマーボ丼を食べ、裏摩周への登りへ。ここからポツポツ雨が降ってきました。

 裏摩周に着くころには完全な雨。最後の登りもきつかったです。

 摩周湖を見たのは何年ぶりでしょう。

北見300

 下りではT口さんにはかないません。雨粒が顔に痛く、道路も危険なのでペースダウンして一人になりました。

 緑から小清水に抜ける道でミスコースをして札弦から清里、斜里の手前まで行ってしまいました。20キロ以上のミスコースです。

 さらに雨は冷たくなり、短パンTシャツ以外一切持っていなかった私はとてつもなく寒くなってきました。原生花園の道で正規ルートを通って私の前に出ていた札幌の方を抜きました。途中の温度計は17℃でした。

 網走のコンビニではホットコーヒーと焼き鳥と合羽を購入しました。

 合羽を羽織ってからは少し寒さは無くなりました。でも、ダラダラと走ってしまいました。

 最後の登りは時速20km近く出ていたので追い風だったのかもしれません。

 ゴールは四番目で13時間28分でした。トップの旭川の方から約1時間遅れでした。疲れました。

D81_2193

 ゴール後は、お風呂に入り、1200でも好評だったお疲れー(おつカレー)を3杯も頂きました。

 そして、スタッフやゴールした参加者と、未だゴールしていない人たちを待ちながらのプチ後夜祭を楽しみました。

 200と300の連続は思った以上にきつかった(200を走って300を棄権した人がかなり多くいました)ですが、北見の施設の素晴らしさもあって、AJ北海道のお祭りの様な素晴らしい3日間を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

中夜祭

  この北見保養センター、1200の時にも利用させてもらいましたが、素晴らしい施設です。

 ラクビー合宿などでも利用されている様ですが、安く宿泊できるうえ、とにかく職員の方々が親切で頭が柔らかいです。

Img_0091

 これは朝食。(写真はM藤氏)

中夜祭

 200が終わった夕方、200の打ち上げと300の決起を込めた焼肉中夜祭。隣のログハウスが会場です。

中夜祭

 暑かったブルペ談義で盛り上がりました。

中夜祭

 肉は食べ放題ではなかったのですが、ブルべ人が大挙しても食べきれないほどのボリュームでした。

中夜祭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北見200ゴールしました

北見200ゴールしました
 暑かったです。網走で35℃を表示していました。

  PC1からはT口さんに引いてもらいながら高速で走りました。女満別から清里まで美しい丘陵地帯を進みます。当然細かなアップダウンの連続となります。(写真M藤氏)

Img_0099

 平地・下りではT口さんの鬼引き、登りでは私が前に出る展開で、さらに前を走っていた先頭の札幌の若者に追いつきました。

 そこからは、札幌の若者、私、T口さん、北見のH田さんの4人で絡みながら走りました。

 気温が高く、凍ったペットボトルを買っても30分ほどで全部溶けてしまいます。

 網走市内で3人になっていましたが、あまりに若者が速いのでT口さんと私はこのままではつぶれると思い、ペースを落としました。

 網走から常呂までは、二人で走りましたがあまりの暑さにペースが落ちました。

 常呂のPCのセブンにいると、見たことがある女性が買い物をしていました。誰だったかしばらく思い出せませんでしたが、カーリングの本橋選手でした。美しいオーラがありました。

 常呂からはT口さんH田さんと私の三人で、灼熱の自販機もない50kmを帰ってきました。

北見200ゴールしました
 若者は網走でコンビニに入ったり端野で水浴びをしたりしていたそうで、いつのまにか抜かしていて三人でトップのゴールとなりました。7時間53分でした。

 明日は300ですがダメージがかなり残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北見200

北見200

 AJ北海道のブルべ715北見200に参加しています。PC1に着きましたが、10名以上がオープン前。みんなめちゃくちゃ速いです。

北見200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

余市豊浦210km

  今日はチームニセコと羊蹄サイクリングクラブの練習会でした。

余市豊浦210km

 私は余市から倶知安を経由して集合場所の昆布へ。赤井川とか、とても気持ちの良い天気です。

 練習会そのものは昆布ー豊浦インディアン水車往復の66kmです。私は余市発が少し遅くなってしまい、集合時刻に5分ほど遅れて昆布に到着しました。

 あぶかわさんの奥さんなど、ゆっくり走って途中で引き返す人たちがいましたが、先発組はすでにスタートしたとのこと、慌てて後を追いました。

 本当は昆布で補給する予定が、余市からノンストップになってしまいました。

 昆布から豊浦の道も気持ちが良いです。

余市豊浦210km

 結局、インディアン水車まで追いつかず、付いたら5人の仲間がいました。

 いつもの練習会は20名くらいになる事も多いのですが、今回は定山渓でのレースと重なり、速いメンバーはそちらに行っています。

 残ったメンバーは私とほぼ同世代。これは帰りゆっくり一緒に走れると思ったのですが、どうしてどうしてペースが速い。というより、私の自転車の足が出来ておらず、付いて行くのがやっと。無理して坂を登っていたら塩吹き出しました。

 豊浦でも水道水しか補給出来ず、140km無補給。水分、糖分、塩分いずれも足りなかった様です。

余市豊浦210km

 頂上で小休止していると、先頭の3人ODさん、OGさん、私は同じ38年6月生まれであることが判明。OGさんと私は誕生日1日違いでした。

 そこからは下りなのに、その途中のちょっとした登りでなんと両足攣りました。デュアスロンとかで足が攣ったことはありますが、自転車単独で足が攣るというのは初めての経験です。

 皆さんから遅れてゆっくり昆布に戻り、温泉の売店でとりあえず水分などを補給し、数キロ離れた日の出ガーデンまでゆっくり登ります。

余市豊浦210km

 そして焼肉懇親会。いつもより人数が少なく、年齢も高めでしたが、楽しかったです。2時間以上焼肉を楽しみ、肉とコーラで十分に補給して余市に戻ります。

 足の攣りは復活していましたが、ペースはゆっくり目。樺立の登りも通勤で13分くらいなのに16分かかっていました。

 夕方余市到着。合計210km。ライド時間8時間41分、avg24.1km/h。ブルべ時間(グロス、焼肉含む)11時間14分。

余市豊浦210km

 今日は十勝200のブルべも行われていましたが、200kmで11時間って平均時速が遅いとそれほど楽でもないのですね。

 このコース、補給場所が少ないけれど、とても気持ちの良いコースでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

自転車通勤開始

自転車通勤開始

 今日は、今年度初めて自転車で職場に行きました。天気は最高です。

自転車通勤開始

 例年よりずっと暖かく、初日から短パンTシャツです。

自転車通勤開始

 GWとはいえ、朝は交通量も少なく快適でした。自転車の足はまだできていないし、昨日までのランの足を休める目的もあったので、ゆっくり目に走りましたが、それほど遅くはなりませんでした。

自転車通勤開始

 業務を終えたらすぐに帰路につき、途中赤井川の道の駅でカツカレーをいただきました。メープル食堂。880円。カツが厚くてジューシーで美味しかったです。

 道の駅の奥には桜が満開でした。

自転車通勤開始

 道の駅は当然込んでいましたが、帰ろうとすると昨年度まで同僚だった方が声をかけてくれました。トイレに寄ったら入り口に自転車があり、私だと思って探してくれたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

inainaさん追悼

 オダックスジャパン代表の稲垣さんがニュージーランドで13日に亡くなりました。日本のブルベ界にとって、そして世界のブルベ界にとっても貴重な人を失いました。世界中から哀悼のメッセージがどんどん寄せられています。

http://www.audax-japan.org/

 私は2011年の長万部400、2012年のロッキー1200、昨年の北海道1200でご一緒させてもらい、常にinainaさんからは刺激を受け続けていました。

 哀悼の意を表したいと思います。そして、inainaさんが様々な形で示してくれていたことを少しでも受け継ぎたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧