書籍・雑誌

2017年3月13日 (月)

『マイグランパ』新渡戸稲造

51rqavm3gbl_sx338_bo1204203200_

『マイグランパ 新渡戸稲造』 加藤武子・寺田正義 著 朝日出版社2014☆☆☆
 新渡戸稲造の孫である武子さんへのインタビューとその補筆からなる本です。生身の新渡戸稲造が大変に勤勉で読書家で、かつ国際感覚に優れた人であったこと、同時に家族思いでもあったことが孫の言葉を通して実感できます。私ももっと勉強しなくてはいけないなと言う気持ちに少しだけなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

『熊撃ち』

61hatbpotl

『熊撃ち』 久保俊治 著 小学館2009☆☆☆☆☆京
 これはすごかった。面白いです。こんな人が北海道にいたなんて。小樽出身です。知床の付け根の崎無異川と薫別川の間で牧場を営みながら、いまだに熊猟をいしている方です。
 文章も読みやすいです。自然の描写も素晴らしいです。なによりも、熊との駆け引きは手に汗握ります。そして最良の友狩猟犬フチとの日々と別れ。あくまで謙虚な生き様。
 崎無異川と薫別川は私の長男が生まれる時に妻が里帰り出産をするのをいいことに、ヤマメ釣りにキャンプなどをしに入った所です。私でも一日中人間には一人も会わず、オショロコマを昼食にして釣りあがり、背中に熊に見られている気配を感じた(私の場合は気がしただけだと思いますが)所です。
 私が入ったのでは1990年代の終わりですが、そのころでも自然の深さはかなりのものでした。1970年代の知床は、それこそ手つかずの大自然だったのでしょう。そこで視覚や聴覚だけでなく、あらゆる感覚を研ぎ澄まして熊を追う日々は、ある意味最高の贅沢だったのかもしれません。
 本当に凄い人がいたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

『ヴァラエティ』

51nmvwj4il

『ヴァラエティ』 奥田英朗 著 講談社2016☆☆☆京
 奥田さんの短編を脈絡なくあつめたもの。一つ一つはそれなりに面白いですが、途中の対談は私には不要でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

『サハラに死す』

 

511y901krl_sx352_bo1204203200_

『サハラに死す』 上温湯隆著-長尾三郎構成 ヤマケイ文庫1975-2013☆☆☆☆高
 小学生だった頃から、この本の存在は知っていた気がしていました。しかし、読んだことはありませんでした。
 1975年と言えば私は小学5年でモスクワ滞在1年目。そんな時にほとんど金も計画もしっかりしないまま、ラクダ1頭だけで3000kmも横断したのは、驚きです。冒険と言うより無謀に近い感じがします。逆に言えば、金が無くてもそこまで移動できるものなのですね。
 1頭目のラクダが死に一旦は旅を諦めるものの、ナイジェリアのラゴスで日本人社会を頼り、またお金を借りて、ニジェールに戻り、新たなラクダを購入して、1頭目のラクダが死んでいる所を探しに行った直後に、(たぶん新しいラクダから振り落とされたことによって)あっけなく死んでしまいました。
 植村さんの本を読んだ時よりもずっと危うさを感じ続けていました。やはり無謀。正直、何やってるんだと思う場面が沢山ありました。同時に、何かに惹かれてしまいます。それは時代への懐古の様な気もします。それとも、私にもまだ若さが残っているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』

51zs2xmntnl_sx353_bo1204203200_

『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』 渡邉 格 著 講談社2013-16☆☆☆☆高
 この本は面白かったです。大きく二部構成になっていて、前半は自分の人生と重ねあいながらマルクス経済の説明、後半は麹菌にこだわった千葉→岡山での田舎のパン作りです。
 資本論の部分はけっこうアバウトな分析だなと思いますが、麹菌のために有機栽培ではなく自然栽培の大切さに気付く部分(正直、私も自然栽培のことは知りませんでした)、麹に出来た様々な色の4つカビのうち、どれが使えるものかを知るために本とかで調べるのではなく実際に全部自分の口に含んでみて人間の感覚で探ろうとしたことなど、感心しました。
 生き方としてもなかなか凄いと思いますが、ニセコ周辺にも似たことを実践している人は多くいると思います。その正しさをマルクスを使って説明しようとしている所が、無理がありながらある部分は納得します。
 ここで作られているパンを食べてみたくなります。本にはあまり書かれていない(奥さんの担当)けれど、どうやって販売しているのでしょう?「タルマーリー」というお店です。
 HPはみつかりました。
https://www.talmary.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『なぜフィンランドの子どもたちは「学力」が高いか』

412eg7cwxyl_sx345_bo1204203200_

『なぜフィンランドの子どもたちは「学力」が高いか』 教育科学研究会 編 国土社2005☆☆☆京
 フィンランドの教育の本は随分読んだので、その予備知識があったので面白く読めました。学者を中心に8人の方がそれぞれ書いているのですが、その統一性はあまりありません。最後の庄井先生の書いていることは、全くわかりませんでした。
 フィンランドで読解リテラーシーが高いのは、スウェーデンやロシアに長く占領されていた反動からフィンランド語を大切にしようとした伝統が良い影響(図書館の充実など)を与えていることや、普段シャイと言われているフィンランド人が、子供に対しては(自分の子供でなくても)真剣に行動的になる事などは新たな発見でした。
 今更ながら、教育費は全額国庫負担、大学も全額無料という部分だけ見ても、見習うべき事は多いと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『希望の資本論』

51vqgiuvf3l_sx339_bo1204203200_

『希望の資本論』 池上彰・佐藤優 対談 朝日新聞社2015☆☆☆高
 資本主義社会を生きぬために資本論を読んでみようというトーンの本です。私も学生時代全部は読み切れませんでしたがほぼ読んだので(読んだ気になっているだけですが)、納得できる部分も多くありました。佐藤さんの『いま生きる「資本論」』や池上さんの『高校生からわかる資本論』も読んでみたいなと少し思いましたが、読まないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

『フィンランドを知るための44章』

51iiqus7lil_sx298_bo1204203200_

『フィンランドを知るための44章』 百瀬宏・石野裕子 編著 明石書店2008☆☆☆☆☆京
 このシリーズの本を初めて読破しました。それぞれの専門家が一つの章の中に合わせて、それぞれの専門の立場からフィンランドの事を書いているので、大変勉強になりました。同じ歴史的な事象も様々な角度で繰り返し出てくることになり、自分の知識として定着してきました。そして、フィンランドの事がどんどん好きになってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

『写真アルバム 小樽・後志の昭和』

小樽・後志の昭和

『写真アルバム 小樽・後志の昭和』 矢吹俊男監修 いき出版2015☆☆☆☆京

 表題の通り、昭和に限定した小樽、後志の写真集です。大変懐かしい気持ちになります。写真の数が多く、分野ごとに分けて編集し、全てに解説がついています。

 私の父も写真が好きだったので、似たような写真は子供の頃からよく見ていました。中には、「この角の曲がったところに自分がこの時いたはずだ」とか「この子同級生かも」と思えるものもあって、特に倶知安、余市、真狩、積丹の写真は親近感がありました。

 また、かつては赤井川の轟鉱山や黒松内の大金鉱山など、今は跡形も無くなった所にも千人単位で人が住んでいた事を示す写真には驚きました。轟鉱山跡は、山女釣りですぐ近くまで行っていたのに気づかずにいました。

 共和の学芸員磯崎さんが取り上げてくれた前川茂利のコーナーもあり、それも興味深かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『探検家、40歳の事情』

611eqnpzgwl_sx347_bo1204203200_

『探検家、40歳の事情』 角幡唯介 著 文芸春秋2016☆☆☆☆京
 40歳になった角幡さんのエッセイです。今までの失敗談などを面白く綴っています。アグルーカの行方の時に、致命的な忘れ物をしていたことなどもこの本で初めてしりましたが、あの格調高い本に載せてしまっては雰囲気が変わってしまうので、書けなかったのでしょう。
 野生動物の味ランキングなども面白かったです。犬と人間の関係など、深いなと思う文も所々にあります。
 それにしても、奥さんは大変ですよね。植村さんの奥さんに向けた手紙を読んだときにも思いましたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧