旅行・地域

2019年3月25日 (月)

スウェーデン7日目(3月24日)

 今日はリレーでした。
 日本チームはI君兄、I君弟、私の3人です。
 参加14チーム中、12位でたすきを受けた私。後ろにはアメリカとオーストリア。とにかく間違わない様に、スピードよりも確実性を重視して走りました。
 何とか12位をキープしてゴールしましたが、すぐ後ろに13位のアメリカが迫っていました。世界選手権、これで競技は全て終了してしまいました。
 大会当局?が撮った写真が手に入りました。
ミドルのマススタートです。
私です。
夜は表彰式とバンケット。
女子ユース(14~17歳)の表彰の様子です。
男子世界選手権の表彰の様子です。第一人者のラモフ(ロシア)ら。
フィンランドのジュニア?
チェコ選手団の仮装
後はどんどん乱れています…。
明日帰国の道につく予定です。

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

スウェーデン6日目(3月23日)

 今日はミドルディスタンスの競技でした。
 朝、日本選手の若者たちが、ニシンの発酵缶詰をベランダで開けました。くさいのなんのって…。私もちょっとだけ食べましたが、午前中ずっとゲップに苦しみました。
 開場に着き、ワックスを完成させ、quatantineという競技者隔離区域から、GPSを背中に入れられてタグのチェックをし、歩いてスタート地点へ。スタート地点はスキー場の頂上に近い所でした。
 ロングやスプリントは1分や2分間隔の一人ずつのスタートでしたが、今日は全員一斉のマススタートです。
 整列し、2分前に地図を渡され、15秒前の「マップス」という号令で地図をホルダーに入れて現在地とスタートフラッグ、1番コントロールを確認し(これを15秒間でやります)、「ゴー」でスタートします。
 2分前に地図を配布するときに、私の一人置いて左隣の日本人選手に地図が渡されていなかったので、私が「マップス…」と役員に言ってしまったところ、周囲に異変が起きました。
 私の言おうとしたのは、「マップス ノット イエット ギベン ヒム」だったのですが、私の「マップス」に近くの選手が役員の号令かと反応してしまい、大混乱に陥らせる所でした。「何だよ、違うのかよ」みたいな感じで、事なきを得ました。冷汗が出ました。
 本当のマップスのあと、スタート。この時、一斉に皆走り出しますが、ここで自分が地図を読み切れていないのに一緒に走り出すと、第一コントロールからミスをすることになります。最後尾になってもいいので、1番をまず間違えないように進みました。
 ミドルはマップ交換が3回もあり(計4枚)、狭い範囲に細かいモービルルートが沢山です。 
 私は一番の後も、現在地をロストしない様にスピードよりも確実性を重視で行きました。結果、大きなミスはないけれど、スピードが全体に遅い結果になりました。
 最後はスタジアムに戻ってきますが、人に見られているという意識が地図読みに影響を与えたのか、考えられないくらい簡単なところで迷ってしまいました。
 トルコ人やアメリカ人には勝てましたが、失格になった選手を除いて、ほとんどの欧州の選手には勝てませんでした。
 日本人選手の中でも4番目でした。
 その後は、女子のゴールを少し見ていました。
 オーロラビジョンにも山の中の様子やGPSレグが映し出されます。
 宿に戻り、スパに入って夕食。今日の夕食は豚肉ロースのローストを厚さ2cm以上に切ったとてもボリューミーなものでした。
 競技説明の後、いつものように日本選手団でミーティングをして一日が終了します。
 明日は最終種目のリレーです。私は第3走です。若者たちの足を引っ張ってしまうことになりそうですが、精進します。 
(penさんコメントありがとうございます。何故か、海外からはコメントできなくなっていますのでこちらに書かせてもらいました)

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

スウェーデン4日目(3月21日)

(写真が小さいサムネイル状態でしか表示されません…)
この日は、試合本番、第一戦目はロングディスタンスです。
全ての試合はIOF(国際オリエンテーリング協会)のHPから、
ネットライブ中継と、GPSログ(こちらは終了後も見ることが出来ます)が見れます。
https://orienteering.sport/
ロングは直線距離22km、最良距離28kmの設定でしたが、優勝者でも30kmを越え、
私は36kmを越えていました。時間制限は3時間でしたが、私は全部回って完走したものの
時間は3時間37分もかかり、失格かと思っていましたが、何故か順位は付いて、ワールドランキング
ポイントも付いていました…。
急な登りでスキーを脱いで走っていたら、後ろからスキーを履いた選手に抜かれましたが、後でGPS
を見ると、優勝したラモフでした。
また、コースの途中で私はヘラジカらしき動物と遭遇しました。威風堂々としていました。
ゴール後はワックスを仕上げ、一旦宿に戻った後、ピテオの中心街でオープニングセレモニーが行われました。

| | コメント (0)

スウェーデン3日目(3月20日)

 思い出しながら書いていますが、この日はモデルイベントでした。
 モデルイベントは、大会会場とは少し離れた場所で、大会と似た環境のコースを作り、1/5000,1/7500,1/10000,
1/15000の4つの縮尺の地図をもらい、エミットカードが50cmと言っているけれど本当に作動するか、ロング、ミドル、スプリント、リレーでそれぞれ違う縮尺の地図を使うので、それぞれの縮尺の地図と、実際の地形に慣れたりする公式練習日です。前日とこの日でいずれも15kmくらいスキーで走りました。
 明日はロングなので、午後はワックス作業を大会会場の日本チームブースで行いました。
 

| | コメント (0)

スウェーデン2日目(3月19日)

(4日前の事です)
選手村になっているリゾートホテルの朝食は美味しいです。
午前中はワックスルームの下見など準備をして過ごしました。

 昼食で出たサーモングリル。今までの人生で一番厚く、一番柔らかかったです。骨は全部抜いてあります。タルタルソースにもエビが入っていました。
 午後は、日本選手団専用の大型バスで、宿舎とも大会会場とも離れたモデルイベントコースに行きました。
 モデルイベントは翌日ですが、日常的に公園の中に、4.9km、3.5km、2.3kmのコースが常設されています。ピテオの街だけでも数か所こういう所があるようですが、フィンランドほど多くない気もします。
 コースの中には時計、日付、気温が順番に入れ替わる電光掲示板があったり、クラシカルとスケーティングと人を分ける看板があったり、道路を横断するトンネルが数か所あったりして、さりげなく充実しています。
 その後、大会当日用の昼食などを購入するためスーパーに立ち寄ってもらいました。空港の値段が異常に高かったことがわかりました。
 大会会場には日本選手団で借りたワックスルームが用意されていました。ワックスマンはいないのでI原ゆ君のアドバイスを元に各自で塗ったりはがしたり。それ以外の選手は競技会場の立ち入り禁止出ない部分を下見したりしました。
 夕食は、残念ながら合宿メシみたいな感じで、バイキングですが品数が異常に少なかったです。
 受付でパンチングシステムを渡されました。SIASカードというシステムだそうで、コントロールから50cmまで離れていても感知するそうです。コントロールでいちいち止まらなくてもよい、別な言い方をすれば、次のコントロールに向かって引き返さないで済む方向から侵入する戦略が有利と言えます。

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

スウェーデンへ

 今日は羽田まで移動しました。
Img_0096
 宿泊先は、羽田空港内のファーストキャビンです。
Img_0102
 倶知安にも出来ましたが、広い方の部屋にしたので、カプセルホテルとしては快適です。6300円はしかたがない出費です。大浴場もありました。
Img_0101
 明日早朝に羽田の国際線ターミナルに日本選手団は集合です。羽田から北京経由でストックホルムへ飛び、さらにルレオまで飛んで、ルレオからバスに乗り選手村のあるピテオまできます。明日は早朝から時差の分も加えた夜遅くまで、移動だけの長い一日になると思います。
Img_0099
 大会のブリテン4が出ました。公式発表物です。28ページもあります…。大会に関わる事なので、英語ですが、意味していることはほぼわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

釧路朝自転車

釧路朝自転車
 折り畳み自転車ダヴ+で朝少し走りました。
釧路朝自転車

 夜はじっぴーで焼き肉でした。

釧路朝自転車

 食べ過ぎました…

釧路朝自転車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

釧路出張

Img_0035
 釧路に来ています。釧路と言えば泉屋のスパカツですが、最近の私の胃袋には少し量が多かったです。でも美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

上川 池乃屋旅館

上川 池乃屋旅館


上川 池乃屋旅館

高梨紗羅選手は上川町出身です
上川 池乃屋旅館
明日の湧別クロカンスキー大会のために前泊です。
文化村ロッジが取れなかったため、こちらにしましたが、上川駅から一分、食事も美味しく思いの他良い宿でした。客も少なく個室なので、よく眠れると思います。一泊夕食で5700円。16時頃余市を出ましたが、すぐに高速にのり高速を降りたらすぐに宿なので、十分夕食に間に合いました。
同宿の若者も明日の大会に帯広から参加しているM田さんという方でしたが、ブルベ仲間のA楽さん、S野君、F島君と同じサークル出身。さらにチームニセコのM上さんとも職場で顔見知りとか。狭い世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

青森ワイナリーホテル

 大鰐スキー場のゲレンデの上にあるホテルです。

Sunp0419


 夕食バイキング。のっけ丼とか、食べ放題。

Sunp0420


 夕食、朝食ともバイキング美味しかったです。

Sunp0422


 私が食べたのではなく、大学生です。

青森ワイナリーホテル

 朝食のバイキングも良かったです。特にパンがおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧