« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

2019年1月のトータル

1月のトータルは
ラン28km、クロカン476km
トータル313(ラン換算km)でした。
クロカンの月間476kmは、今までの月間自己最高記録です。
世界選手権に向けてのプレッシャーか、真面目に励んでいる様です。
体重も正月から4kgほど落ち、暴飲暴食も無くなりました。
食べるために走っていたのに、速く走るために食べるのを控えています。
それは、自分的には本末転倒ですが、3月までは精進します。
今週末の札幌国際スキーマラソン、天候やワックスもありますが、そこそこの記録が出そうで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

『物語 スウェーデン史』

51vm9brz3tl_sx321_bo1204203200_
『物語 スウェーデン史』 武田達夫 著 新評論2003☆☆☆京
 国王に焦点をあてて、16世紀から20世紀までのスウェーデンの歴史を書いている本です。王の歴史なんて面白くないだろうと思っていましたが、一人一人の国王が様々なエピソードによって人間的に描かれているため、想像以上に面白く読めました。
 最も面白いのは創造期のグスタフ・ヴァーサ(クロカンのバーサー大会の元になった)と19世紀後半のビスマルクに対応した時期でした。
 この本でスウェーデンとデンマークの関係、フィンランドとの関係、ノルウェーとの関係も大変理解が進みました。
 また、いまだ王国であるスウェーデンは、激しい革命もないまま徐々に立憲君主制へ移行していく過程も理解できました。現代では国王が市営駐車場の一角に特別スペースを求めたら、「国王といえども公務以外では法の下の平等に服すべきである」として断られたとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

『鳥が好きすぎて、すみません』

41rlshy46ml_sx347_bo1204203200_
『鳥が好きすぎて、すみません』 細川博昭 著 誠文堂新光社2018☆☆☆☆京
 セキセイインコ1匹とオカメインコ3匹と暮らしていた著者。すごい観察力です。愛情にあふれています。学術的でもあります。鳥類は誤解されているけれど、哺乳類に劣らず、違う進化の過程を経た(エイリヤンの様な)知的な生物であるということが一貫しています。
 私もずっとインコを飼ってきて、何となく感じていたことがこの本ではっきりしました。
 また、著者が言っているように、人類が鳥類から学ぶべき点も非常に多いのかもしれません。著者は一言もその言葉を使っていませんが、私はこの本を読んで、鳥類は大変に「プラグマチック」なんだと認識しました。
 何とも、読み終えてすっきりすることの多い本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HBCハウス歩くスキー大会2019

 今日は白旗山競技場でHBCハウス歩くスキー大会でした。
 ドラカメの電源が入らず(メインスイッチがオフになっていただけでした)写真はありません。天気は曇りでした。
Sunp0354
 着くとすぐに山根あゆみさんがいたので挨拶しました。
 スタート前のアップで10kmほど走りました。今日はスキーはそこそこに滑るけれど、周囲の選手に比べて、私のスキーは滑っていませんでした。
 11時01分に5分スタート、11時07分に15kmスタート。スタートダッシュしましたが、20人くらい速い人たちがいます。この大会、参加料無料だし、他の大会と重なっていないので、意外にトップ選手も沢山来ているのかもしれません。
Sunp0355
 私のスキーは他の選手より滑らず、登り以外では少しずつ順位を落としました。
 それでも14.2kmを52分ほどでゴールしました。avgはキロ3分40秒でした。昨年よりはかなり速いです。
Hbc
 参加賞のハウス製品などを受け取り、ホットミルクとシチューを頂きました。
Sunp0352
 先日の大滝キャンプで一緒だった人やオリエンテーリングのS鳥さん、自転車系のK野さんに会えました。
 帰りは三井アウトレットモールに寄り、モンベルでダウンパーカー、ナイキでスパッツやウエストバッグなどを購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

『ラストラン』

810kakqbphl
『ラストラン』 あさのあつこ 著 幻冬舎2018☆☆☆京
 5000m走で14台でしのぎを削る二人の高校生。走る事そのものに単純に集中できる瞬間って、私にはあまりないけれど、自転車に乗っている時だと近い感覚はある気がします。順位だとかタイムだとか関係なく、ひたすらペダルを回す時。
 この作品、読み終わってから気づきましたが、シリーズの4作目だったのですね。道理で監督とのいざこざとか過去の話がよくわからなかったです。そして、最後、どこへいちゃうの?という感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

『7大陸を走る』『リベンジ』

51yvuqjvcql_sx341_bo1204203200_
『7大陸を走る』 竹田昭彦 著 光陽出版社2006☆☆余
 2006年の本なので、情報はかなり古いです。1984年にデンマークの大会に参加するところから、「世界を走る」が始まります。これを書いた時点で海外マラソン48回参加というのですから、凄い人です。参考になるようで、やはりちょっと古すぎるようで…。一番驚いたのは、北朝鮮も特別な地帯だけですが走れるということでした。
81nvc0lkqul_2  
『リベンジ』 柴田哲孝 著 双葉社2018☆☆☆☆倶
 IQ172でキックボクシングをしていて、PCX125というバイクに乗る反原発の女子高校生が主人公です。もんじゅ解体にからむ原子力村の隠された真実に気づいてしまったために父とともに命を狙われます。何故か北朝鮮の工作員と警察庁公安(サクラ)なのに性格の良い刑事も出てきて、面白いと言えば面白いですが、現実離れもかなり…。
 PCX125のエンジンは私の乗るリード125とほぼ同じものですから、そこは親近感を持って読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

倶知安で51km

 今日は休み。倶知安でも天気が良く、旭ヶ丘のお墓周り2.5kmのコースを20周しました。
 途中、おにぎりを食べたりしたときには時計を止めましたが、全部で3時間43分ほどでした。このコース正確には1周2.55kmほどあるようで、GPS時計では20周の合計51.4kmになっていました。avgは4分21秒/kmでした。札幌国際で3時間を切るためには、とんでもないペースで走らないと無理なのですね。(50kmはキロ4分で3時間20分…)
 1周11分15秒くらいでキロ4分半のペースになりますが、今日は雪の条件もよく、ずっとそのくらいのペースでした。1周一番速かったのが2回あり、キロ3分50秒(1周9分50秒くらい)ですが、それは3周目と19周目でした。最後までペースが落ちなかったの評価できます。しかし、走り終わった後は疲れて温泉で服を脱ぐのにとても時間がかかりました。
 2.5kmのコースは登りが2回あって、起伏が激しいコースです。札幌国際に向けての良いトレーニングになりました。以下、コースを写真で紹介します。
Sunp0317
スタートしてすぐに少し下り。
Sunp0320
右にカーブしてホテルようていの横を登ります。
Sunp0322
登りながら右にカーブし、さらに傾斜がきつくなります。今日はエゾリスの子供がいました。
Sunp0324
一度目の登りを終え、急な下りです。正面にワイスホルンが見えます。
Sunp0328
傾斜の緩いところ(1.5kmコースとの分岐付近)が続きます。
Sunp0329  
一度大きく左にカーブした後、右にカーブします。正面にニセコアンヌプリ。
Sunp0330
長く緩やかな上りと右カーブ後緩やかな下りが続きます。スーパーの練習に最適です。
Sunp0335
お墓に向けて二度目の急な登りです。若干片斜面なので、片足スケーティングすることもあります。
Sunp0339
登りきるとさらに登りながら右に大きくカーブします。正面は羊蹄山。
Sunp0342
松林の陰を通って、最後の登り。この後は長く下りが続くので、いつも全力を出して飛ぶように登ってしまいます。
Sunp0349
カーブしながらの長い下りを経て、最後の緩やかな下り。正面がスタート地点です。
Sunp0350
こんなに条件の良い日は滅多にありません。このコース、町が旭ヶ丘スキー場と一緒に圧接車で午前9時頃にコースを付けてくれますが、倶知安の場合、午前11頃でも新雪が15cm以上積もってしまう場合があります。夕方から夜に行くとアウトの事が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

大滝合宿二日目

大滝合宿二日目

 1日目の夕方は座学。クロカンのトレーニングや体幹トレーニング、阿部さんのツッパリ時代のビデオなども見ました。

大滝合宿二日目

 食事はバイキング。食べ過ぎない様に注意です…。

大滝合宿二日目

 その後は懇親会、2次会と日付が変わりそうになるくらまで飲みました。「K点越え」で盛り上がりました。

 二日目は6時半から早朝ランニングでしたが、私は少し寝坊して遅れてしまいました。

Sunp0300

 午前中、昨日の復讐トレーニングをします。私はやはり左足に完全に体重を乗せることが出来ていないようです。

 その後、下りの姿勢のトレーニングを行いました。

Sunp0307

 そして10時半ごろから10kmと5kmに分かれてタイムレース。

Sunp0309

 終了後、一人ひとり阿部さんから記録賞をもらいます。

Sunp0311

 私は10kmで1位でした。

Sunp0312

 一緒に記念写真も撮ってもらい、大満足でした。

8ec6a9c9f17f674d2b5aa83ddff080e1

0c7529948c1c1acb1ab8fcbc61445e52

 研修会終了後はちょうどトレーニングに来たSさんとかとも会い、さらに25kmほど走りました。とにかく天気が良く、気持ちの良いコースでした。

 湯本名水亭(名前が変わっていましたが)の無料券も参加賞に入っていたので入り、伊達の道の駅の買い物補助券も参加賞に入っていたので牧歌のチーズなどを買い、職場に戻って少し仕事をしてから帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

クロカンキャンプ大滝1日目

クロカンキャンプ大滝
今日と明日は大滝でクロカンスキーの講習会に参加しています。

クロカンキャンプ大滝

講師はリレハンメル金メダリストの阿部雅司さんです。

クロカンキャンプ大滝

大変ためになり楽しい1日目でした。このあとホロホロ山荘で座学と夕食、交流会です。

クロカンキャンプ大滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

『やくみつるの秘境漫遊記』『カラスの補習授業』

51tpmtn0oll_sx353_bo1204203200_
『やくみつるの秘境漫遊記』 やくみつる 著 文芸春秋2015☆☆☆☆余
 やくみつるの漫画です。クイズ番組で、随分地理分野に強いなと思っていたら、夫婦で100
か国以上旅をしているのですね。漫画ですが内容が濃く、面白かったです。
51fqoj49l7l_sx353_bo1204203200_
『カラスの補習授業』 松原 始 著 雷鳥社2015☆☆☆高
 『カラスの教科書』の続編です。というか、教科書に書ききれなかったことを溢れんばかりに書いています。その範囲はカラスを超え、鳥類から生物全般に及んでいます。科学的に検証することの難しさを、これはコントかという調子で書いていて苦労を笑いに出来る才能も凄いと思います。個人的にはカラスに特化した教科書の方が衝撃的で面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

小林陵侑ジャンプ週間完全優勝!

 ネットのライブ(動画ではなく、数字がどんどん更新されるもの)で見ていました。
 1本目終了時点で4位。
 2本目、最初にサッツのスピードが出て、ウインドが逆風でプラスと出て、そのあとに飛形点が出て、5人とも19点台でした。これは飛んだなと思ったら、飛距離が137.5mでランク1位。
 その後、1本目上位選手が誰も越えられず、優勝。すごい。
 早く動画で見たいです。特に2本目。誰よりも遠くへ飛んで着地もうまくいった筈。
 記録ずくめですが、ヨーロッパの人にとっては1971~72年に笠谷幸雄が3連勝した後4戦目を日本国内の大会のためと言って帰国してしまった時以来の衝撃ではないでしょうか。それにしても、日本での扱いが小さすぎます…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

『マトリョーシカ・ブラッド』

613lsyi9ell_sx336_bo1204203200_
『マトリョーシカ・ブラッド』 吾 勝浩 著 徳間書店2018☆☆☆京
 2つの殺人事件がマトリョーシカで繋がった警察ミステリーです。面白く読めましたが、最後の方で殺人の動機が明らかになると、ちょっと無理があるのではと思ってしまいました。人間関係も複雑すぎて、ちょっと混乱しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

『スウェーデン』『スウェーデンの挑戦』

514rwhhbcl_sx298_bo1204203200_
『ナショナルジオグラフィック スウェーデン』 ほるぷ出版2010☆☆高
 写真入りでスウェーデンの概観がつかめました。
51vdvrxmesl_sx298_bo1204203200_
『旅名人ブックス スウェーデン』 日経BP2001☆☆☆☆高
 旅行ガイドの様な装丁ですが、豊富な写真とともにしっかりとした文章でスウェーデン各地域や各都市の特徴がよくわかります。これで、スウェーデンの地域ごとの概観がわかりました。
4004301777
『スウェーデンの挑戦』 岡沢憲芙 著 岩波新書1991☆☆☆高
 1991年と古い本ですが、スウェーデンの社会民主主義について19世紀の末からの100年間の流れがわかりました。
 福祉国家になっていく過程で社会民主党が見事に資本主義的な発展と自由、平和、そして公平を実現してきたのかが1980年代までですがよくわかりました。やはり、この国の政治経済と福祉政策のバランスの取り方から、学ぶべき点は今でも大変多い気がします。妥協の産物と言えばそれまでかもしれませんが、この絶妙なバランスを選んだスウェーデン人がやはり素晴らしいのでしょうか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

2019年正月

Sunp0238
 今年もよろしくお願いいたします。
Sunp0245
 恒例の余市神社へ。
Sunp0249
 おみくじは大吉でした。
 
 今年の目標はまずはスキーオリエンテーリング世界選手権に向けて精進すること。
 その後は、足底の状況を見ながら、ラン系が厳しければ自転車系を中心に楽しみたいと考えています。
Sunp0276
 31日、1日、2日は、家の近くの空き地にクロカンコースを作ってトレーニングしました。
Sunp0272
 1周約300mのダブルポール用のコースと、その対角線上の約100mのスケーティング用コースです。
Sunp0279
 ダブルポールとスケーティング、片足スケーティングなどの練習は一応できますが、坂が無いのでどうしても負荷が小さい。負荷を付けようとすると相当の気合で走らないといけません…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »