« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

花園ヒルクラコース開通


花園ヒルクラコース開通

  昨日10時に倶知安から五色温泉の道道が開通したとラジオで言っていたので、今日は午後に休みを取って、Doveプラスで行ってみました。
花園ヒルクラコース開通

 ホテル羊蹄に車を置き、農高前からタイム計測しました。
花園ヒルクラコース開通

 ゲートまでの部分では、まだ何とかなったのですが、ゲートを超えて細くなると、かなりきつい。

 ペースが落ちます。頑張るとその後に反動でさらに遅くなります。絶えてシッティングで引き足重視で乗るのが、なんだかんだ言って一番持続的にスピードを維持できます。

 でも、時々、辛くなるとかなり頻繁にダンシングしないとスピード復活しません。

 ダンシングも、一番きつい左カーブの所では止まりそうでした。そして、急な上りでダンシングを続けると、腰が痛くなってきます。

 一番急な所はスピードが7km/hくらいまで落ちてしまいました。ここだけで30秒以上差を付けられてしまうのではないでしょうか?

 ゴールのニセコのカントリーサインまで、農高前から53分40秒もかかってしまいました。大会当日は、本番の雰囲気もあってもう2,3分は速くなるかもしれませんが、入賞は厳しそうです。

 本番はめげずにDove+で出ようと思っていますが、ブロンプトンの方がいいのかなあ?でも、今更なので、Doveで玉砕します。

 外装3速変速の付いた、DoveK3欲しいなあ…。

 がけ崩れの所は、土砂は取り除かれていましたが、重機が動いたためか少し舗装が傷ついていました。

花園ヒルクラコース開通

 また、電柱はまだ復旧しておらず、新しい電柱が道路わきに置かれていました。

花園ヒルクラコース開通

 走行には問題なさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

塩分補給に2つの新顔

Dscn5882
 こちらは京極温泉で売っていた、5gの塩5つセット。他にも色々な5g×5つセットが売られていました。きのこ王国の商品を京極温泉でも売っている様です。
Dscn5888
 沖縄の塩シリーズを購入しましたが、色が微妙に違います。
Dscn5883
 5gなので、ウエストバッグとかに入れて、マラソンなどの練習中とかに塩分補給で使えそうです。
Dscn5891
 もう一つが「梅ぼし純」。パノラマ昆布岳のスタッフ時にのむさんから紹介されました。
Dscn5894
 私は混ざりものの入った梅干しは嫌いなのですが、このタブレット、梅干しの単純なフリーズドライ。変な甘さとか一切無く、酸っぱいです。美味しいです。
 栄養成分表示で、写真切れてしまっていますが、10.8gあたり食塩相当量が4.6~9.1gだそうです。もともとの梅干しに入っている塩分ということでしょう。4粒ずつアルミのパックに入っていますので、こちらも携行しやすいと思いました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

パノラマ昆布岳通過チェック

パノラマ昆布岳通過チェック


 昨日はパノラマ昆布岳300のスタッフとして、スタート、神仙沼での通過チェック、ゴールを担当しました。

パノラマ昆布岳通過チェック

 雲一つない天気で、下界は30℃、神仙沼は24℃ほどでした。

パノラマ昆布岳通過チェック

 日差しは強く、日焼け対策を怠った部分がかなり焼けました。

 最終走者を確認するため?に神仙沼で少しだけDove+に乗りました。

 ずっとのむさんと一緒で色々お話出来て面白かったです。

 参加者は、暑さと坂と向かい風の部分にかなりやられている様でした。

 夕方からはゴールでHOさんとのむさんと3人で完走者を待ちましたが、皆さん想定より少しずつ遅かったです。

 それでも、スタート直後にメカトラでDNFされた方を除いて、全員が時間内完走したのは素晴らしいです。

 私は日付が変わるころ、自動車で逆走して走者を確認しながら、先に帰宅させてもらいました。

 早朝から深夜まで、長い一日でした。自動車の走行距離は354kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

『おかげさまで注文の多い笹餅屋です』

51jnvujvcgl__sx344_bo1204203200_


『おかげさまで、注文の多い笹餅屋です』 桑田ミサオ 著 小学館2018☆☆☆☆

 こんなすごい90歳のおばあさんが青森県津軽にいるのです。27kgの米袋が担げなくなったら笹餅屋を止めると言って今も現役。本格的に笹餅作りを始めたのが60歳、起業したのが75歳、以後も楽しく工夫し続ける人生、素晴らしいです。

 震災後に無料で笹餅を被災地に送ったあとの、生徒たちからのお礼の手紙に一番心が動きました。

 とにかく、元気になる本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

花園現場に向けて20kmラン

花園現場に向けて20kmラン

 今日は勤務時間終了とともに、一切の残業をせずに職場からニセコ花園ヒルクライムのコースをランニングで走ってみました。

 夕方でも気温は高かったのですが、標高が上がるのと日が傾くのが重なり、登りはどんどん涼しく(特に木陰)なっていきました。

 倶知安の道道の起点からいうと8km地点のワイスホテル入り口のところで通行止め。

花園現場に向けて20kmラン

 しかし、通行止めは自動車の話だと勝手に解釈し(本当はダメ?)もう少し走って現場まで行きました。現場は次の大きなカーブです。

花園現場に向けて20kmラン

 土砂はほぼ取り除かれていました。

花園現場に向けて20kmラン

 これが崩れた斜面のようです。

花園現場に向けて20kmラン

 道路わきには電柱の残骸みたいなのがまだあったりしましたので、もうしばらくかかるのでしょう。パノラマ昆布岳300には間に合わないけれど、ニセコ花園ヒルクライムには何が何でも間に合わせる様です。

 さて、トイレと自販機と思ってワイスホテルに行くと、何と解体工事中でした。無くなってしまうのでしょうか?それとも何かまた新しく建つのでしょうか。ここのお風呂密かに好きだったのですが。

 少し下には出来たばかりの超高級リゾートホテルがありますが、いきなり「Private」と書いてあり、庶民の入場すら拒否していました。

 トイレや自動販売機など無理。こういう所は嫌な雰囲気にニセコは変わってしまっています。

 さて、ランは続き、後半の下りです。登りは6分台で登ったところ、下りは5分を切りだします。

 最終的にはちょうど20km。1時間53分。avg5分41秒/kmでランを終えました。

 この3週間くらい、襟裳岬1000とパノラマ昆布岳300試走の関係で自転車中心の生活となり、ランはほとんど出来ていませんでした。

 今日、北海道マラソンのナンバーカード引換証がちょうど届いていました。今日の20kmLSDからランも復活です。北海道マラソンに向けて、ランモードに切り替えていきます。ただ、その前にニセコ花園ヒルクライムがあります。そこまでは小径自転車もトレーニングします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

パノラマ昆布岳300試走して

  昨日、BRM729パノラマ昆布岳300のスタッフ試走をしてきました。

 少し遅れて6時25分に前田森林公園を出発。HOさんが見送りに来てくださいました。

 バイクはDAHONのDOVEプラス。14インチの折り畳み自転車です。

パノラマ昆布岳300試走して

 旭川200の途中剣淵でスポークが5本折れてリタイアしましたので、この自転車としてもブルベリベンジです。

 札幌-朝里と順調に進みます。乗ってすぐに思ったのが、ロードレーサーよりも振動が少ないということ。タイヤが太いことやシートピラーが長くそこで振動を吸収するのか、乗り心地が悪くありません。

 毛無峠も何とか登ります。12km/hを維持するのがやっと。辛くなるとダンシングをします。

 毛無峠から赤井川にかけての下りは、道路脇のイタドリがかなり伸びて来て、路面も悪く、自動車とイタドリに挟まれてイタドリにぶつかる場面もありました。

 赤井川の道の駅からはいつもの通勤道で、私には新鮮味がありません。ただ、平地も登りも下りもずいぶん時間がかかっています。

 PC1の倶知安のセブンから、五色温泉の手前が崖崩れのためヒラフに向かいます。ヒラフ十字街のローソンとセイコマを過ぎると、コース上はPC2の豊浦までコンビニは無くなります。

 薄曇りですが気温は高く30℃くらいあったのではないでしょうか。

 補給なしで登り続けるとやられると思い、ニセコアンヌプリ手前のカフェ「メープル」で野菜カレーをいただきました。メニューに選択肢は少なかったです。

パノラマ昆布岳300試走して

 そこから1kmくらい先に、「タージマハル」とネパールカレーの店「ピスターレカナ」さらには湯ごごろ停でもランチは取れると思います。

 パノラマラインに入ってからは、標高200mくらいから800mくらいまでずっと登りです。途中雪秩父でも「ランチはじめました」という幟が見えました。PC1からPC2の間は、倶知安のコンビニでガッツリ食べておくか、どこかで食事を取るかしないと、補給が難しい区間です。

パノラマ昆布岳300試走して

 パノラマの頂上を越え、少し降りると神仙沼のセンター。本番ではここが通過チェックになり、私が張り付きます。

パノラマ昆布岳300試走して

 自販機はありませんが、中でペットボトルとか軽食を購入できます。岩内産イカリングを使用したシーフードカレー(800円)が唯一のがっしりしたメニューです。

 ここで食べておかないと、あとは昆布踏切の所で温泉施設に寄らなければ、豊浦まで補給できません。

 爽快なダウンヒルの後、昆布から豊浦に抜ける道へ。ここは洞爺湖トライアスロンのコースと一部かぶります。

 新幹線工事のため、ダンプの走行が多くなっています。それでも交通量は少なく、奥に行くにつれて誰とも出会わなくなります。

 国道37号に出てすぐにPC2のセイコマ。

 豊浦から真狩に向かう道、国道から左に折れてすぐにきつい登りが始まります。斜度が8%から10%と表示されています。さずがに10%のところでは、シングルギアのDoveではつらく、立ちごけしそうになりました。ギアがあってもきつい登りだと思います。

 真狩の川崎への登りの途中に、先日の豪雨で路肩崩壊したところがありましたが、通行は出来るようになっていました。

パノラマ昆布岳300試走して

 その先、御保内からの下りの先に、工事中で砂利道の部分が200mほどあります。

 PC3の京極ローソンの隣のそば屋で天丼でも食べようと楽しみにしていましたが、やっていませんでした。あえなくコンビニ食になってしまいました。

 倶知安で19時過ぎ。時刻も含めてそこからはいつもの通勤の道。違うのはDoveが遅いということ。軽く回してロードだったら25kmくらいかなと思ってメーターを見ると、19km程しか出ていません。トリップメーターの距離が増えるのが遅い遅い。

 家から数百メートルの所にあるPC4のローソンに寄り、国道5号線は交通量が多く怖いので付いているライトを全部付けて走りました。

 そして、午後11:40に、銭函のセブンに到着。

 実走時間15時間30分、認定ブルベ時間17時間40分(ただ、実際のスタートは6:25だったので、実際は17時間15分)。avgは20.2km/hでした。ここで306km地点。そこからさらにスタートの前田森林公園まで戻り、合計314km。

 Dove+は乗り心地は良いものの、遅すぎます。今回はPCのクローズ時刻を気にして走りました。今までのブルベでクローズ時刻を意識したことはほとんど無かったので、新鮮でした。

 走り方として、ビンディングペダルを付けたので、登りで(平地も)引き足を使うと速くなります。また、ダンシングの時も引き足を使ったダンシングをすると、かなりスピードが上がります。それをし続けることが出来ればヒルクラムもいけると思うのですが、一度ダメになるとすぐに10km/hを下回る情けない状況に陥ります。シングルギア、なかなか難しいです。

 14インチシングル折り畳みで300kmブルベを完走は一応出来ました。スポークも折れずに持ちました。でも、この自転車では300が限界かもしれません。400では夜中に寝てしまうとタイムオーヴァーの可能性があります。600以上は逆に可かもしれませんが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

ゴールしました

ゴールしました
 銭函のセブンです。何とか日付が変わらないうちにゴールしました。17時間台って、300なのに400と同じくらいのタイムと疲労です。サボっていた訳ではないのですが、シングルギアの14インチ、乗り心地は悪くなかったけれど、時間がかかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊浦

豊浦

 豊浦まで来ました。Dave+は、なかなか進みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神仙沼

神仙沼

神仙沼
 辛い、でも楽しい。遅い、暑い。タイムリミットギリギリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パノラマ昆布岳300試走

  来週行われるブルベ昆布岳300のスタッフ試走にDave+で行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

襟裳岬1000を振り返って

(これより前の10個ほどの記事に簡単に加筆しました。それ以外の部分中心に書いています)

1日目 札幌ー沼田―名寄ー興部ー紋別ー常呂 395km

襟裳岬1000を振り返って

 7:00組のスタート後の様子です。

 7:30スタート。すぐにピーターと一緒に走りましたが、雨でドラフティングが出来ず、ずっと平行か離れて走っていました。

Zah2dulunaq8bpiurvkzssboezgti0q7uo8

 平地ではピーターが速く上りになると若干私の方が速い感じでした。

 軽い向かい風でも30km/hオーヴァー。それを10時間以上続けました。これは私にはオーバーペースだったようです。

 下川で突然私の足が攣り、先に行ってもらいます。しばらく一人旅をしていたら、後ろから集団列車が。乗せてもらっているうちに回復し、天北峠の上りで一旦ピーターに追いつきました。

 そこから西興部へはハイスピ―ドの集団走行。しかし、ちょっとした上りでまた私の足が攣り一人旅。

 興部でラーメンを食べ、紋別で暗くなります。

 紋別の夜風の中を群馬のT所さんと一緒に走った時が一番幸せでした。

 湧別手前でピーターに追いつき、そこからはピーターに引かれるままに走りました。

 0時近くなり私が眠たくなって、ペースダウン、ピーターは先に行きました。

 常呂のコンビニで味噌汁などで暖まり、少し先で寝ました。

2日目 常呂ー網走ー美幌ー足寄ー浦幌ー帯広ー広尾(豊似) 320km

 朝は霧雨、十勝に入ると晴れて暑くなってきました。数人のランドネに会いましたが、基本一人旅でした。

 津別ー陸別ー足寄ー本別ー浦幌の部分が、暑くて向かい風で道路状況も悪く、きつかったです。実は1日目の終わりぐらいから、お尻と股がすれて痛くなっていました。それが、今回のブルベで最も辛かったことです。そこに道路の継ぎ目の振動。辛かったです。

 十勝川温泉を経由し帯広で夕食。

 19時ごろに帯広を出ますが、ペースは上がりません。霧。

 中札内の道の駅で休み、霧雨が服を濡らすほどになってきたので、無理をせず、豊似の防災ステーションで23時頃寝ました。当初は襟裳岬を回ったあたりまで行く予定でした。

3日目 広尾ー襟裳岬ー様似ーむかわー安平ー千歳ー北広島ー札幌 285km

 豊似を出のが7時前。長く滞在しすぎました。その割にペースは上がらず、襟裳岬までの緩い向かい風トンネル内、20km/hほどしか出ていませんでした。

 9年前の1200試走では、今ほどの長いトンネルは無く黄金道路はとてつもない暖かい大雨。HOさんと私が通過しましたが、その後通行止めになったとか。8年前の1200の時は、襟裳岬で激しい横風。走るのが危険と判断し、自転車を押して歩いた人がいたほどでした。耳の穴の中に雨粒が入り込んできた記憶があります。

 しかし、今回の襟裳岬はガスっているものの風がありません。なんだか拍子抜けしてしまいました。

 襟裳岬で午前10時。当初の予定よりはそうとう遅れています。

 様似のPCにyyyさんがいてくれました。9年前の試走1200の時は二人で先頭を走り向かい風の宗谷岬を回ったことを思い出します。

 様似から一人出発しました。私も追いかけましたが離されました。昨年の北見300でT口さんと一緒に走り、私がパンクしていた時にボンベを使ってくれた人でした。

 襟裳岬からは追い風です。その割には私のスピードは出ませんが、それでもだんだんペースが上がってきました。午後になって1日目の超回復が少し出てきたようです。

 静内でカレードリアを食べていると突然大雨。一旦カッパを着ましたが、すぐに雨は止んだので30分もしないでまた脱ぎました。

 門別の上りでM藤さんとK父さんが写真を撮ってくれました。

_d850050

 鵡川からも追い風。

 途中、馬の牧場が続く地帯を通ります。

襟裳岬1000を振り返って

 その時、突然初めて晴れました。ちょうど馬が沢山いる田舎の一本道。

襟裳岬1000を振り返って

 今回のブルベで一番印象に残った風景です。

 空はすぐにまた曇りました。そこからは、千歳、恵庭、北広島、札幌と交通量の多い苦行区間。60時間切りの19:30分にはちょっと間に合いませんでした。

 正式時間はまだ発表にはなっていませんが、60時間29分で完走です。多分11番目のゴールです。

 なんだかんだ言っても、終わってしまうと寂しいものです。

4日目 交流会

 翌日、札幌ビール園で参加者の交流会。参加者の半分以上が参加されたようです。 
襟裳岬1000を振り返って

 ビール園の肉は冷凍の丸いマトンから、薄切りの生ラム肉になっていました。
襟裳岬1000を振り返って

 とにかくあちらこちらで話が盛り上がり、肉はうまいし、楽しいひと時でした。

ちなみに エントリー191名 出走142名 DNF17名 完走 125名  (完走率88%)だったそうです。

 AJ北海道としても、スタッフも走るを基本とした新しい運営方法で行いましたが、結果としてHOさん中心に大変な業務をこなしていただき(この後のリザルト集計が一番大変そうですが)大成功となったと思います。

■課題と反省

・お尻のすれは雨模様だったことと、やはり、走り込み不足が原因と思われます。昨年の1200を走った頃の状態であれば、1日目400、2日目400、3日目200で走ることができたと思います。準備不足での1000は甘くありませんでした。

・衝撃吸収にはサスペンション付きのロードバイクが良い気がしてきました。スペシャライズドとかキャノンデールとかでも出しているようですが、高いです。特に、スぺシャのフロントサスシステムが良いと思います。

・コースは、今回もほぼすべて記憶していったので、Qシートを見ることはほとんどありませんでした。しかし、その準備が遅れ、前々日に睡眠不足となっていたのは失敗でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

ゴールしました

ゴールしました

 最後の札幌市内が長かったです。
ゴールしました
 疲れました。

 総時間60時間29分だと思います。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静内

静内
 本格的に降ってきました。

 襟裳岬からは追い風です。その割にスピードが出ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襟裳岬

襟裳岬

 岬までは向かい風。新しく長いトンネルが沢山できていて驚きました。

 襟裳岬はなぜがほとんど風がありません。こんなこともあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広尾手前

広尾手前

  A4判2枚分の銀マット、シュラフカバー、レスキューシートで快適とまではいきませんが、よく眠ることができます。
広尾手前
 豊似の防災ステーションに23時頃着き、朝の7時前に出発しました。8時間近くいたことになります。

 着いた時も霧雨でしたが、朝はさらに強い霧雨になっていました。

 あと285kmくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

帯広

帯広

帯広
 夕食の時間。インディアンでカレーをいただきました。おいしい。

 土曜日の晩の帯広中心繁華街をブルベ自転車で走るのはかなり場違いな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦幌

浦幌
 眠気、暑さ、向かい風、またずれ。辛いブルベになっています。

 陸別ー足寄間はとくに道路傷みがひどく、またずれしたお尻にダメージを与え続けます。しかも向かい風。ペースがあがりません。このあと、帯広方向に一旦北上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津別

津別

 二日目は起きたら弱い霧雨。網走に向かってサイクリングロードなども走りました。
津別
 美幌あたりから、今度は暑くなってきました。

 朝9時の津別で23℃を表示していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

常呂、寒い

常呂、寒い
 紋別のPCに着いた時、ピーターが出発するところでした。

 その後、群馬から参加のTさんと紋別市内をお話ししながら走りました。Tさん、8年前の初北海道1200にも出ていて、その時、遠軽の方(湧別)で私がバス停に泊まるのを記憶していらっしゃいました。

 湧別手前の自販機で何か買っていたピーターに追いつき、そこからまた二人でと走りました。しかし、時間は深夜になりかけて、しかもサロマウルトラマラソンのけっこう起伏のあるコース。ピーターと一緒だとゆっくりはしれません。

 私は眠くなって遅くなり、ピーターと離れ、常呂を過ぎたところで睡眠しました。(0

時過ぎ~6時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興部

興部
 西興部で足がつりピーターや先頭集団から離れてしまいました。塩分補給も兼ねて開きなおってラーメンをいただきます。

 ここまでのavg29.2kmでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名寄手前

名寄手前

 ピーターと一緒です。スタートから215km地点で8時間。速いです。

 8割はピーターが引いてくれています。2割くらいだけ私が引いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼田

沼田
 7:30スタートの、ピーターと一緒に走っています。  

 最初は雨でしたが、少しあがってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襟裳岬1000スタート前

襟裳岬1000スタート前

襟裳岬1000スタート前

 今回参加者は150名ほどです。

 モエレ沼公園がスタート地点です。

 スタートは7:00から7:10、7:20、7:30と4つに分けてスタートします。

 私たちスタッフは7:30スタートです。それまで、私は公園出口の誘導を担当しました。
襟裳岬1000スタート前
 ちょっと雨です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

襟裳岬1000マシン完成

襟裳岬1000マシン完成

 明後日から行われる、AJ北海道のブルベ712襟裳岬1000に参加します。
襟裳岬1000マシン完成

 今回はスタート時など一応スタッフのお手伝いもしますが、最後尾を確認するなどの業務は行わず、スタート後は一人の走者として走らせてもらおうと思っています。
襟裳岬1000マシン完成

 今日になってやっとマシンが完成しました。一瞬ダヴ+も考えましたが、BMCにしました。
襟裳岬1000マシン完成

 いつものように緩衝材で醜いハンドル回りとなりましたが、振動はほとんど来ないはずです。

 今年はほとんど自転車に乗っていませんでしたが、この2週間くらいで通勤を中心に乗りまくる予定でした。しかし、雨ばかりで、ほとんど通勤で乗ることもできんせんでした。

 まだ、足が出来ていません。こんな状態で1000や1200を迎えるのは初めてです。

 でも、西日本の豪雨の状況を考えると、大会が出来て、走ることができること自体が感謝です。

 今年度はBMCにも実はまだ一度も乗っていません。さすがに不安なので、これから試走に行ってきます。ライトのチェックにもなりますし…。

 それにしても、時間が足りません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽なると屋余市店

小樽なると屋余市店

 余市の昨年までR札幌のチェックポイントにもなっていたセブンイレブン黒川店が1kmほど離れた大川町の国道5号線沿いに移動し、元のセブンを改装して出来たお店です。
小樽なると屋余市店

 写真はザンギカレー。さすがに鶏肉は美味しいです。
小樽なると屋余市店

 とりかつ定食(560円?)。こちらもリーゾナブルですが美味しいです。

 夜20:30までやっているし安めなので、利用しやすいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

インコのそらちゃん逝く

 我が家のセキセイインコ、「そら」が今朝亡くなりました。

Img_e0053

 1週間くらい前から頭が濡れた様になって、何か化膿している様でかいたり頭を振ったりして気になっている様でした。
 それでも体は元気で、昨晩も扉を開けたままにしておいたら、5mくらい離れた私の肩まで飛んできて、それだけの力は残っていましたが、昨日の夜中に餌箱の中に入る普段とは違う行動があり、それでもエサは食べ続けていたので大丈夫かとは思っていました。
 何となく私にはいつもとは違い過ぎる予感はあったのですが、寝る前には上の止まり木に自力で上がっていたので、大丈夫かと思っていました。
 今朝起きると、目を開けたまま、かごの下に倒れていました。足は硬直していましたが、まだほのかに暖かい感じもしました。
 10年ほど生きました。とにかく私になついていて、肩に乗って耳をやさしくかじり続けたり、私が背中にほおずりするのに全く抵抗をせずにじっとしていました。言葉は少ししか話しませんでしたが、ずっと会は出来ている気がしていました。
 今は、「死んじゃったか」という感じですが、結構喪失感あるかもしれません。
 庭のオンコの木の下に埋めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

BL01ライト購入

BL01ライト購入

  また自転車のライトを購入してしまいました。yamamoto氏が推奨していたライトです。

BL01ライト購入

 重さはマウント無しで112gですから、ボルト400とほぼ同じくらい。他に、ボタン電池のリアライトと充電コード、ゴム製のマウントが立派な箱に入って1400円ほど。

 アマゾンで2000円以下だと送料がかかるので、このほかに600円くらいで赤と白のUSB充電式ライトも購入しました。

BL01ライト購入

 4つのライトと3本のUSBケーブルでトータル2000円ちょっと。安すぎます。

 さて、性能は?

 昨晩、自転車に付けて、ボルト400と比較をしながら近所を走ってみました。BL01の方は、300ルーメンと書いてありますが、強にするとボルト400の強より明るい感じです。光はほんの少し黄色いので、真っ白よりも見やすい感じです。

 中でボルト400の強と同じくらい、弱でボルト400の中=EL540の強=200ルーメンくらいの感じです。すなわち、弱でもとても明るいです。

 昨晩は、満充電した後、点けっぱなしにして寝ました。結果は弱で約10時間点いていました。すごい。これとボルト400があれば、1200も無充電で行けそうです。

 このライト、スイッチに不具合が多いとレビューにありましたが、それが起きずに、またゴムのマウントが変にずれたりしなければ、メインライトとしても使えそうです。

 充電式のリアライトもとても明るいものでした。これもこの後、点けっぱなしの実験をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

2018年6月のトータル

6月のトータルは、ラン207kmバイク890km

トータル563(ラン換算km)でした。
昨晩の0時を越えた豊浜トンネルから余市までの15kmくらいは、6月に入れてしまいました。
6月は前半ランばかり、後半バイクばかりという感じになってしまいました。バランス難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積丹400先回り227km

 昨日も今日も土日なのに終日お仕事。先週もそうでした。

 近くでは先週も今週も400kmのブルべが行われています。
 悔しいし、雨も何とかなりそうだったので、昨日は朝、余市から倶知安へ自転車で通勤し、業務終了の17時前から夜中まで走り、合計227kmになりました。
 倶知安からは、ニセコクラッシックのコースを一部逆走し(来週もお仕事でニセコクラッシックも参加できません)ニセコ方面経由で蘭越の港へ。この区間はニセコクラッシックのコースとしては平坦な部分にも関わらずかなりアップダウンがあり、ペースは上がりません。
Dscn4497
 海沿いはトンネルの中が路面は走りやすいけれど寒い。外は夜でももわっとした暖かさがありました。
Dscn4496
 20時前、岩内で積丹400のPCになっているローソン近くの「天富」というお店で天丼を頂きました。
Dscn4498
 店は20時には閉まってしまうのではと焦っていましたが、22時まで営業でした。
Dscn4495
 特にホタテの天婦羅が美味しかったです。
Dscn4494
 ここの「上カツ丼」は肉の厚さが5cmもあり、揚げるのに40分もかかるそうです。店長が自信たっぷりに言っていました。今回は時間が無かったので、次回挑戦したいと思いました。
 店の母さん、自転車でこれから積丹を回るという私を心配して、出発際に店の手ぬぐいを雨が降ったら拭いてとプレゼントしてくれました。嬉しかったです。
 近くにあるPC2のローソンで飲み物を補給します。20時過ぎですが、店の人に聞くと、私の様な自転車乗りはまだ誰も来ていないとのことでした。PCは400kmブルベの244km地点で、オープン時刻は18:15~翌日の3:16ですが、オロフレ越えのコース、まだ誰も着いてていない様でした。どなたかにお会いできるかと思っていたので、残念。
 20時過ぎに岩内を出発。積丹半島を回れは余市まで約100km、当丸峠経由で約80kmですが600mの登り、稲穂経由だと35kmくらい。迷いましたが、やはりブルべコースの積丹半島を行くことにしました。
 原発のある泊周辺は路面が悪い。しかし、神恵内あたりから路面はストレスなく走りやすくなりました。ただし、トンネル内は寒い。10℃近く違うのではないでしょうか。トンネルから出るともわっとしてメガネが曇ります。風は追い風基調で車もほとんどいなくなり快調に走ることが出来ました。
 珊内、川白、西の河原、神威岬の麓、余別を通過し、積丹町野塚は私の生まれた所。懐かしいです。半島を回ると気温が少し下がりました。
 そして23時頃通過チェックの「積丹幌武意」バス停。ブルべの様に写真を撮りました。
Dscn4500
 ここから婦美までは登りですが、真っ暗な道で気持ち良かったです。弱い向かい風で少し寒くなりました。
 そして、美国、古平と快調に進みます。例の豊浜トンネル内で丁度午前0時。日付が変わってしまいました。
 余市に着いたのは0時30分過ぎでした。
 朝からの合計で227km。サイコンのライドタイムは9時間18分、avg24.4km/hでした。
Dscn4504
 夕方17時前からだけでも174kmでした。その軌跡です。
Dscn4503
 夕方はニセコクラッシクコースを逆走したので試走しているyamamoto氏に会えるかと思いましたが、遅すぎた様です。後半は積丹400の人に会いるかと思いましたが早すぎた様です。
 でも、半島のナイトライドは、実際にブルべに参加している様な気持ちになる事が出来たので満足です。
 先週、今週と200km以上走ることができ、少しずつ自転車の足ができてきましたが、まだ遅いです。でも、まずはLSDが大切ですね。
 自転車を始めると、どうしてもランの練習がなおざりになってしまいます。しかも雨ばかり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »