« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月24日 (日)

地球岬追っかけ210

 昨日から今日にかけてAJ北海道のブルべ地球岬400が行われていますが、私は午前午後とお仕事。

 昨日は余市から自転車で職場に行き、午後3時半過ぎから、ニセコ方面へ走りました。

 ヒラフ道で6人ほどブルべライダーを抜き、曽我のセブンへ。

 トップのピーターさんはもう出てしまった後でしたが、2番手集団の4人に会う事ができました。

 それから昆布までコースを逆走しました。

 途中でM田さんとmugenさん奥さん、T口さん、Tottyさん、泥人形さんなどとすれ違ったり、少しだけ一緒に走ってお話したり出来ました。

地球岬追っかけ210

 昆布駅ではスタッフとしてyamamotoさんが通過チェック。そこにもどんどん人が来ます。先ほどニセコまでの道で抜いた方々も来ます。K父さん、記号士さんともお会い出来ました。

地球岬追っかけ210

 さて、再び曽我のセブンへ行き、少し皆さんとお話しして、また昆布へ。

地球岬追っかけ210

 途中うまかつさんとすれ違いました。

 2回目の昆布では丁度最終走者が出て撤収するところでした。

 もう一度曽我のセブンへ。今日3回目です。

 時間ギリギリで山口からご参加の最終走者が間に合いました。

 それから、ブルべコースを通って真狩、御保内、川崎へ。途中うまかつさんともう一度お会い出来ました。

 そのあたりで雨が降って来ました。雨具持っていないし、時間的にもそろそろ帰らないと日付が変わりそうだったので、戻りました。

 真狩の小川屋でカツ丼を頂き、走り出すと、歩道にブルべのライト。最終走者の方で、今日は無理せずに真狩のユースに宿をとったとの事でした。

 真っ暗中、京極-倶知安へ。先日購入した50gのライトは「強」にして点けっぱなしにしました。

 寒別の276号線は道が悪い。と思ったら舗装の穴にガン。しばらくして前輪がシュー。パンクです。

 10分くらいでパンクを直して、もうスペアチューブは無いので慎重に進みます。八幡からはいつも通勤で使っている道ですが、ペースは遅い。樺立登りいつも13分くらいのところ17分もかかっています。

 時折小雨。路面が濡れている所は見ずらくて怖いです。

 何とか日付が変わる前に帰宅しました。総走行距離(朝も入れて)210km。ライドタイムは8時間55分。avg23.5km。200kmでとても疲れました。今年は自転車の足はまだ全然出来ていません。

 ところでミニライト、20時30分ころから点け、23時20分頃に残り10%を示すスイッチの赤い光。その後も「強」のまま点け続け、家の中でも点けっぱなしにしていたら、明るいままで24時15分頃に突然消えました。

 「強」状態で3時間半以上持ちました。カタログでは2時間半だったので、驚きです。「弱」にすれば2晩持つということでしょうか?意外に使えそうです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

セカンドライト

  VOLT400の補助として、セカンドライトを交換購入しました。

セカンドライト

 サイクルライトEL-1106(2680円) 3ワットLEDで強320ルーメン(2.5時間)、弱5時間と書いてあります。

 実際に自転車に付けて少し走ってみましたが、強で200ルーメン、弱で100ルーメンくらいの感じです。

 これで本体の重量が54g(実際は50.5g)、マウント付でも63gでした。

セカンドライト

 このコンパクト感とそこそこの明るさ、最低限の持続時間は魅力です。充電は直接USBポートに差し込み2時間で完了するそうです。IPX-4の防水。

 取り付け方も簡単で、細いハンドルには小さいゴム輪、太いハンドルには大きいゴム輪を使うだけです。簡単に別なバイクに付け替えることもできます。

セカンドライト

 北海道1000に向けて、VOLT400とこのライトで2晩乗り切れるのではないでしょうか。もしかしたら、スペアとしてこのライトをもう一つ購入するかもしれません。バッグに入れておいても50gです。ジェントス閃とかよりずっと良い気がします(乾電池は使えませんが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

第一回富良野フォトロゲイニング

第一回富良野フォトロゲイニング

 今日は第1回の富良野フォトロゲイニングにyamamotoさんとチームマケドンスコとして参加しました。

Dscn4432

 3時間の部と5時間の部があり、私たちのエントリーした5時間の部には本州からの参加も含めて10チームがエントリーしていました。留萌のF田君と珍念さんのチームも参加していました。

第一回富良野フォトロゲイニング

 中には、全日本で活躍するF島君のチーム、M浦さんとA井さんのチームなど強豪チームがいて、ロゲイニング常勝のマケドンスコとしては厳しい戦いが予想されました。

 スタートは富良野マルシェから。素晴らしい施設です。

 スタート40分前に地図とポイントの写真が配布され、作戦タイムになります。

第一回富良野フォトロゲイニング

 いつもは10分で作戦をたてなければなりませんが、40分もあると、どうしていいかわかりませんでした。電卓を使って緻密に計画を立てる必要があったのだと、終了後に思いました。

 そして、なぜか突然記念写真を撮ったりして10時にスタートです。

 私たちは、多くのチームがそうするであろうスキー場の方から時計回りに回るのではなく、全く逆に最初南東の方に向かい、そこから反時計回りに回る計画を立てていました。

第一回富良野フォトロゲイニング

 こちらのコースを選択したチームは他にありませんでした。

 薄曇りですが気温はそれほど高くなく、快適に走ることが出来ました。私たちの選んだ方はほとんど平地です。作戦としては疲れないうちに平地を多く走り、距離を稼ごうというものでした。

 チェックポイントの番号はそのまま得点になっていて、主催者が撮影したのと同じアングルで撮影者以外のチームメイトが入るようにして写真を撮らなければなりません。

第一回富良野フォトロゲイニング

 富良野の中にこんな場所もあるのかと、発見の連続で面白かったです。やはり、新しい場所でのロゲイニングは楽しいです。

Cid_ii_jiis6d0o1_1640d9fa2016f042

Cid_ii_jiis6pr32_1640d9ff369af423

Cid_ii_jiis5z9b0_1640d9f56bff54e1

 さて、順調に25kmほど走ったところで、2時間半すぎ、逆から来たM浦・A井チームとすれ違います。さらに2時間45分頃にF島君のチームともう1チームとすれ違います。

 後で考えると、この時点で残り2時間15分ですから、元気な状態のF島君たちが2時間45分かかって取ってきたポイントを疲れてきている我々が取りきれる訳がないのに、何故か二人ともその時点では全ポイント制覇に少しこだわっていました。

 結果的に言えば、その後富良野温泉の方に一筆書きでない折り返し計約8kmを行ったのが大きなミスでした。

 折り返して戻って来た段階で、すでに時間はかなり少なくなり、中高得点の多いスキー場周辺をかなり取りこぼして、制限時間2分前にぎりぎりでゴールしました。富良野市内は一つも取れませんでした。

 走行距離は44.8kmでした。5時間ですから、我々としては驚異的な距離です。しかし、失敗した感は強く感じていました。

Dscn4434

 結果は、4位。1位はM浦A井チーム、2位はF島君チーム、3位も途中ですれ違ったチームで、この3チームはほぼ同じコースをたどっていました。

 優勝チームの走行距離は42km、準優勝チームは40kmですから、(山が少ないとはいえ)我々は距離では1番でした。しかし、得点する効率が結果的に悪くなってしまいました。

 マケドンスコでロゲイニングに参加すると、かなりの確率で優勝していましたので、表彰されない状態がイメージできず、大変悔しい思いをしました。実力といえば実力なのですが、yamamotoさんと反省しきりでした。でも、これがロゲイニングの面白さでもあります。

 なんだかんだ言っても、楽しかったです。また、45kmも走ることが出来たので、LSDトレにもなったと思います。また、今回のフォトロゲ、地元富良野と大阪のイベント企画が共催していますが、アクトレップという会社の運営方法スムーズで勉強になりました。

 




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

八雲ミルク  ハーフマラソン

  今日は八雲でミルクロードレース大会があり、参加しました。天気は八雲らしく?曇り。参加者名簿を見ると、圧倒的に函館からの参加者が多かったです。

八雲ミルキー ハーフマラソン

 種目はハーフマラソンです。北海道マラソンに向けてトレーニングの一環として入れましたが、苦しいレースとなりました。

 参加賞はスポーツタオル。参加者それほど多くありません。しかも年齢で男女を3つのカテゴリーに分けて、それぞれの種目で10位まで表彰するので、入賞はできるのではないかと思っていました。

 スタートして400mトラックを1周半し、道路に出ますが、200mくらい工事中で砂利道です。その情報があったので、シューズは軽いズームストリークにはせず、いつも履いている練習用のトライバル6にしました。それでも時折砂利が痛かったです。

 今日は行ける所までキロ4分で行って後はつぶれるか、少し抑えて行くか迷いましたが、入賞も目指し無理はしないことにしました。

 スタートしてからずっとキロ4分12秒くらいで行こうという作戦でした。ただ、どんなコースか全く予備知識が無かったので、スタートで集まっているときに他の選手に聞いてみると、結構アップダウンがあるとの事でした。

 スタートして3kmまでは快調にキロ4分10秒前後で走りましたが、4kmから5kmにかけての緩い登りで、4分30分代までペースが落ちました。ペースだけで無く、順位もどんどん落ちます。

 最初の下りでも思ったほどにペースは上がらず、その後の平地からまた長く緩い登りでも4分30秒以上かかっています。

 何だか今日は体も重く感じました。

 後半になっても下りでは少しペースをあげても4分15秒くらいまでしか上がらず、登りでは4分40秒台。順位もぽつりぽつりと落として行きます。

 結局最後までペースは上がらず、1時間32分53秒でゴールしました。ペースはキロ4分23秒まで落ちていました。その割に疲労感は強く残りました。

八雲ミルキー ハーフマラソン

 余市の平地練習で、20kmペース走をキロ4分25秒とかでもっともっと楽にできているのに、大会でこんな形になってしまったのは意外でした。

 ただ、周囲の話を聞いていると、このコースでタイムを出すのはやはり難しい様です。感じとしては伊達とニセコの中間くらいより少しニセコに近いです。

 終了後は全員がゴールしてから表彰式と抽選会を行うと言うことだったので、一旦町に出てラーメンを食べ、戻ってきました。

八雲ミルキー ハーフマラソン

 私はハーフ50歳以上で8位に入賞していました。表彰はカテゴリーが多いのでどんどんいきますが、それでも時間がかかります。賞品は八雲産ジンギスカンのたれで、これは1位も10位も全員同じでした。

八雲ミルキー ハーフマラソン

 抽選会では、町の花屋さん提供の小鉢が当たりましたが、私は「花より団子」系の人間なので、ちょっとがっかりでした。妻がどう思ってくれるでしょうか。

■1km毎の記録

348,412,410,429,435,409,407,414,434,444

447,424,409,409,420,420,448,420,423,447

432,036     トータル1:32:53(avg4:23)

Imga0538_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

VOLT400購入

VOLT400購入

  先日、謎の中華製?1200ルーメンというライトが2000円だったので二つ購入しました。一つは息子に送りました。

 そしてもう一つはDOVE+に付けて旭川200に出ましたが、例のPC1での一回転の時に取り付けブランケットが破損しました。

VOLT400購入

 ブランケットがキャッツアイとは違う形なので、重量は152gと割と軽いのですが、今はただの懐中電灯になっています。

 今回、思い切って使用者の多いVOLT400を購入しまいた。キャッツアイのブランケットは全て共通なので、今までのHL-EL540のが使えます。重さは110gです。

VOLT400購入

 HL-EL540は3年くらい前の釧路400で落とした時からビニールテープで補修したまま使っていました。1200もこれででたのだったかな?雨が降ったらヤバイと思っていました。

VOLT400購入

 重量は235gと重く、170ルーメンしかありません。いざとなったら乾電池が使用出来る点が良いのですが、1200でも乾電池は購入せずに済みました。

 さて、170ルーメン、1200ルーメン、400ルーメンの筈ですが、実際に比較してみると、ほとんど変わりません。持続性は実際に使ってみないとわかりませんが、170のローで9時間VOLT400のローで18時間と書いてあります。私の1200の走り方(夜中は寝てしまう)の場合、18時間あれば十分だと思います。

VOLT400購入

 それにしても、1200ルーメンはあり得ないと思いました。せいぜい600ルーメン?

 VOLT400は中心が明るいだけではなく、手元など周辺も少し明るく使いやすそうです。そしてローで18時間、重量も一番軽いのでこの中では一番ブルベに適していると思います。

 1200ルーメン中華とVOLT400のUSBケーブルは共通性がありました。今後1200kmとかに出る際には、2つ目のライトが必要です。中華1200をビニルテープでミニバーに付けるか、もう一つブランケットを使えるように何かを購入するか…。

 それにしても、ライトの進化はすごいです。10年前には考えられない技術進歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

食べて走っての北見

  北見出張が続きます。

 月曜日は味覚園で焼肉食べ放題

 火曜日の朝は30kmラン

 火曜日の夜はオホーツクビールで会食

食べて走っての北見

 私もほぼ全種類頂きました。

食べて走っての北見 

 それぞれ味が大きく違いましたが、エールろ過前が一番美味しかったです。

 水曜日の朝、ラン7km(うち5kmは全力20分43秒)

 水曜の夜は焼肉バイキングに行かざるを得ない状況になりました。そして、食べまくり…。

 木曜の朝は、15kmラン。

 木曜の夕方は、業務が少し早く終わったので、車に積んできたDOVE+でサイクリング。全部で61kmほどになりました。2時間45分ほど。

食べて走っての北見

 最初チミケップ湖に向かいましたが、途中からダート(砂利道)。

食べて走っての北見

 今後行われるかもしれないダートブルベに備えようかとも思いましたが、パンクは怖いし、キツネ、エゾシカが飛び回るし、暗くもなってきたので少し行って引き返しました。

食べて走っての北見

 その後、北見ー津別間の農道を見つけたのでそちらを走りましたが、車は来ないし、周囲はタマネギ畑だし、快適でした。そうこうしているうちに、かつての北見600のコース近くまで行きました。(北見600は参加者10名程度で、陸別で1.7℃とかで本当に寒かったです。)

 北見近くで常呂川右岸を山を巻いて行く道路発見。けっこう登って標高200m以上になりましたが、一瞬、北見を見下ろすことのできる場所がありました。北見に住んでいたら自転車のトレーニングに使えそうな道でした。若松の方に出ました。

 それにしてもDOVE PLUS、折り畳み小径とは思えない乗りやすさ。感覚はロードレーサーに近いです。ケイデンスの関係で平地追い風も24km/h平地向かい風も24km/hくらいで速度があまり変わりませんでした。

 木曜の夜は「たまねぎ食堂」でロースかつカレー

 タマネギを煮込んだカレー、独特でした。

 明日の朝も雨が降っていなければ少しだけランをしようと思います。

 朝はホテルでバイキングだし、昼は業務で出る弁当もある程度ボリュームがあるので、走っても走っても接種カロリーに追いつかない状況が続きます。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

北見出張、朝ラン30km

北見出張

北見出張

  昨日から北見に来ています。金曜日までの出張です。

 昨晩は焼肉でした。食べ過ぎました。

 今朝は、朝少し時間があったので、5時過ぎから30km走ることができました。トータルペースは5分18秒くらいでした。昨晩の焼肉の食べ過ぎは何とか消化したと思いますが、今日はこの後オホーツクビールでまた会食です…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

2018年5月のトータル

5月のトータルは
ラン252km、バイク134km
トータル305(ラン換算km)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »