« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月25日 (日)

湧別北大雪コース2018準優勝

 5時前にスキーを置きに行きますが、モービルの作業が終わっていませんでした。文化村ロッジに宿泊していたT中さん、F原さんなど、皆で第一列にスキーを置きました。

 スタートは7時半。気温は-12℃。小雪が降っていて風もけっこうあります。

 スタート直後の登りを終えて下りはじめた所で20位くらいでした。しかし、セーラが効いたのか下りで私のスキーは滑り、先頭に出そうな勢いでした。坂を下り終わり、川沿いに出たあたりで10位くらい。先頭とつながったままです。

 平地に出たあたりで、私の二人前で間が空き、先頭集団と離れたので、無理して一人で追いつきました。これはやはり無理だった様で、追いついた直後に離され、元自分がいた集団の後ろに吸収されました。T中さんや女子のトップもいました。

 新しいスーパーは快調で、13位くらいをキープしながら行きましたが、丸瀬布の手前で雪がきしむ感じになり、少し滑らなくなりました。T中さんらから遅れて、一人旅となりました。

 丸瀬布で一人抜かされ、その後の登りで一人抜き、一人抜かされ、その人にしばらくついて行きました。

 瀬戸瀬のあたりからはスキーは割と滑るようになりましたが、前後に選手はいなくなりました。

 そして遠軽の町が近づき、10時41分にゴール。

 3時間11分で2位でした。北大大雪コース1位は80kmでもトップ集団の16歳の選手でした。

湧別北大雪コース2018準優勝

 遠軽エイドには懐かしい人と偶然会うこともできました。遠軽高校のボランティアが一生懸命でした。

湧別北大雪コース2018準優勝

湧別北大雪コース2018準優勝

 表彰式では、大きな銀メダルと、賞品を頂きました。

湧別北大雪コース2018準優勝

 着替えたり、時折80kmの選手を応援したりしました。

湧別北大雪コース2018準優勝

 懐かしい「かくさん」にもお会い出来ました。

 スタート地点までのバスに乗り、途中深川のまあぶでお風呂に入って帰りました。

Dscn4143

 今回、タイムは昨年より落ちましたが、スキーの滑りの影響と思われます。80kmの選手の中では、昨年は20位くらいのところにいましたが、今年は15位くらいのところにいましたので、やはり新しいスーパーの効果は出ている気がします。

 賞品は魅力ですが、やはり日本最長の80kmを走るのがこの大会の醍醐味という気がしますので、来年出ることが出来れば、80kmかなあ?

 いずれにしても、こんなに気持ち良く走らせてもらって、感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湧別 56kmスタート前

湧別 56kmスタート前

湧別 56kmスタート前

湧別 56kmスタート前

湧別 56kmスタート前
  昨年に味をしめて今年も北大雪コースにエントリーしました。スタート地点は結構吹雪いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

『コンビニ人間』

715eqt0yzql_5

『コンビニ人間』 村田沙耶香 著 文芸春秋2016☆☆☆☆高
 最後の方までこれが芥川賞受賞の小説だとは知らず、一般の方の自伝的なエッセイだと思って読んでいたので、「こんな変な感覚を持っている人が、どうして自分の事を客観的に文章にできたりするのだろう」と思って読んでいました。
 小説だと分かると、ほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

20万キロ突破

Dscn4135

 愛車のマークXジオの走行距離が昨日20万kmを越えました。
 3年半くらい前に10万km弱で購入した中古車です。
 さすがに余市-倶知安間の通勤で使用すると、年間3万kmを越えている様です。
 でも、元々そこそこの高級車なので、距離数ほどのガタはきていない気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

宮様国際スキーマラソン8位入賞

宮様国際スキーマラソン8位入賞

 スタート地点まではバスで移動します。T中君やF原君、Y田さんが一緒のバスで、一列目にスキーを置きました。天塩の鉄人も息子たちが参加するということで、恵庭をやめてこちらに初参加していました。
宮様国際スキーマラソン8位入賞

 朝の気温は-17℃。寒いけれど、晴れ渡っていて気持ち良いです。

 スタートまで、新しく出来たインフォメーション小屋で待ちました。大滝で知り合ったS部さんご夫婦、チームニセコのSさん、懐かしい紋別のTさんにお会いすることができました。

 スタートは9時。

 私自身はちょうど10年前の2008年にこの大会に出てからずっと出ていませんでした。種目は38kmと20km、10kmの歩くスキーなどがありますが、38kmにエントリー。コースはだいたい覚えています。

 スタートして15人くらいの先頭集団に入ります。セーラを塗った分、最初の2kmくらいはよく滑りました。

 集団がいくつかに別れていき、第3集団の4人で9km地点まで快調に河川の土手を走りました。そこそこ滑りましたので新しいスーパーを気持ち良く出来ました。4人の一番後ろを走っていたので、自転車のドラフティングと同じ効果でほとんど疲れませんでした。

 10kmまで30分を切る勢いでした。10km過ぎから丘を登ったり下りたりが連続する区間が延々と続きます。この区間は私のスキー(他の人もそうだと思いますが)はあまり滑らず、緩やかな登りで新しいスーパーをし続けることは出来ませんでした。クイックにすると前の選手に離されてしまいます。

 そんな状態で、結局ゴールまでは二人に抜かされ一人を抜いただけの順位変動でした。

 天気は最高で、十勝連山が全部見えましたが、レースをしているので、どれがどの山か考える余裕はありませんでした。

 途中で20kmの選手と一緒になってからは、20kmの選手をどんどん抜きながら走りますが、38kmの選手とは絡みませんでした。

 そしてゴール。ゴール前は以前は市街地を走る無理なコースでしたが、河川の土手のコースに改善させていました。

 ゴールタイムは2時間18分台。avgはキロ3分39秒でした。

 10年前の記録を見てみると、気温-5℃で2時間29分台ですから、進化していると言って良いでしょう。

宮様国際スキーマラソン8位入賞

 ゴール後は甘酒、オニオンスープ、牛乳、バナナ、チョコなどを頂きました。
宮様国際スキーマラソン8位入賞
 寒かったけど、天気は最高でした。丘のところではスキーはあまり滑らなかったですが、風景は気持ち良かったです。この大会、アップダウンは多いけれど、コースは最高です。

 何とか年代別で8位に入り、盾を頂きました。 

 民宿わがやに戻り、シャワーを貸して頂き帰りました。

Dscn4141_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

美瑛 民宿わがや

美瑛 民宿わがや

  明日の宮様国際スキーマラソン出場のため、美瑛に来ています。

民宿わがやは個室を頂け快適です。
美瑛 民宿わがや

 夕食はもつ鍋食べ放題でした。
美瑛 民宿わがや

 ログハウスと民宿がつながった様な空間です。メインストーブは薪ストーブでした。
美瑛 民宿わがや

 わがやから受付会場まで歩いて行けるのが何より便利です。
美瑛 民宿わがや


 明日の朝は気温がマイナス20℃位まで下がるそうで、装備とか心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

創作ダイニング葛石

 倶知安の街中にある創作居酒屋です。

創作ダイニングかっせき

創作ダイニングかっせき

創作ダイニングかっせき

 この鶏肉は八角が効いていました。
創作ダイニングかっせき

 サクラマスの寿司
創作ダイニングかっせき

 そして、名物キャタピラーロール。アボガドとウナギの巻き寿司です。とろける美味しさでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

『東京―金沢69年目の殺人』

61m4t6lhnel_sx348_bo1204203200__2

『東京―金沢69年目の殺人』 西村京太郎 著 中公文庫2017☆☆☆
 新幹線の中で読むため、新函館北斗駅で購入し、新幹線で読みました。鉄道ミステリーかと思ったら、神風特攻隊の命令責任を追求する内容がほとんどになっていて、それはそれで面白かったです。さいごは無理やり終わった感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

全日本選手権ミドル中止

全日本選手権ミドル中止
 大変な大雪のため、残念ながら中止となってしまいました。

 大会は中止になりましたが、来週エストニアで開催される学生選手権参加者たちと吹雪の中、遭難しない様に1時間くらいトレーニングしました。優勝したI君にずっと付いて行ったのでレースと同じくらいきつかったです。

 大会会場に行くまでに、5台の自動車のスタックを押して救出しました。本州の人はなぜにあんなにエンジンをふかしてタイヤを空回りさせてしまうのでしょう?

全日本選手権ミドル中止

 上の写真はささき亭というパン屋さんで、本大会の協賛店です。コーヒー券を頂いたので、前日のトレーニングの時に頂きました。素敵なお店でした。

Dscn4125

 これが、幻となった選手権部門ミドルのマップです。県道を挟んだ反対側にもテレインがありました。走りたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

全日本選手権スプリント2018年4位

全日本選手権スプリント2018年4位 

  上は選手権部門ではなく、一般部門および初心者部門のスタートの様子です。
全日本選手権スプリント2018年4位

 

 スプリントは選手権部門4位でした。ミスはほぼありませんでした。若い世界選手権出場者達にはちょっとかないませんでした。でも、タイム差はあまり無くなってきています。

 2分後にスタートした優勝したI君に5番で抜かれた後は一人旅でした。

全日本選手権スプリント2018年4位

 唯一小さなミスかもと思ったのは、7-155から8番に行くルートで、モービル道からピステ道を素直に行ったのですが、7番から北西方向に新雪をショートカットすれば良かったかもしれません。でもその時点では誰も行っていなかったので、後ろの走者を有利にしてしまうだけかもとも思いました。

Dscn4123_4

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーオリエンテーリング全日本選手権スプリント

スキーオリエンテーリング全日本選手権スプリント
  吹雪のためスタート時刻がどんどん変更され、待機中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

ペンションとも

ペンションとも

ペンションとも

ペンションとも
  裏磐梯のペンションです。スキーオリエンテーリング全日本選手権の選手の多くが宿泊しているため、合宿の様です。フィンランド以来の懐かしい人々とも会えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代

猪苗代

猪苗代

猪苗代

猪苗代まで来ました。これから裏磐梯に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさで福島へ

はやぶさで福島へ
はやぶさで福島へ
新函館北斗から新幹線に乗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

『万引き女』

71cjq4zoyxl_3

『万引き女』 福永未来 著 太田出版2017☆☆☆京
 赤裸々な記述に驚きます。万引きを始めるきっかけも止めるきっかけも実は母親にあったのではないかと、書いている本人は気付いていない様ですが、私にはそう感じられました。
 女性独特の留置所や刑務所での生活の辛さも伝わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

『札幌のカラス』

09201612_59c214d4093c2

『札幌のカラス』 中村眞樹子 著 北海道新聞社2017☆☆☆☆☆京
 著者の女性は19年間もすすきのなど札幌のカラスの生態を追って来た素人です。でも、本当にカラス好きな方です。
 私もカラスがかなり好きで、ランニングをしながらいつも語りかけてしまいます。でも、この方のカラス愛には負けます。
 素人の書いた本ですが、東大名誉教授も目を通してくれている様で、カラスの生態についてかなり正確に記述されている様に思います。私も大変勉強になりました。
 素敵な本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOUNTAIN KIOSK COFFEE

Dscn4119

 ヒラフのウエルカムセンターのすぐ隣にあるコーヒー屋さん。
 以前、倶知安駅前でマニャーナというスペイン料理屋をやっていた人が、その後、お茶の「あずまや」に変え、さらに「あずまや」を倶知安町の三浦菓子舗の隣で経営する一方で、ヒラフにも店を出しています。
 ずっと存在は知っていあのですが、訪れたのは初めてです。
Dscn4121
 その場所が、あまりに人の集まる場所なのに驚きました。立地条件、最高です。
Dscn4122
 カフェラテを頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

札幌国際スキーマラソン2018

札幌国際スキーマラソン2018

  札幌国際スキーマラソン、今年は新しい走法を手に入れ、1月に月400kmという十分な練習を行い、ひょっとすると好記録が出るのではないかという淡い期待を持ってのぞみました。

 スタート前に、I原兄弟やルスツのN原さん、S田さん、S鳥さん、北大オリエンテーリング部の学生など、オリエンテーリング関係の人々にも多く会えました。

 スタートして最初の登りまでは順調です。焦らず遅れず、登りで選手を抜き、行けるかなと思いましたが、今ひとつスキーが滑りません。その後の緩い下りで抜かされる現実にいきなり気持ちが少し切れてしまいました。

 そこからはずるずると後退します。

 札幌国際のゼッケンは前年度までの成績順などを参考にして与えられますから、自分のゼッケンより小さい数の選手が周りにいれば、いつもの年よりも自分が速く、自分のゼッケンより大きい数字の選手に抜かれれば、自分の調子が悪いという大まかな目安になります。

 最初は二桁の速い選手達と一緒の集団で、恵庭のOさんに抜かれたりしていたのですが、ずるずる後退するうちに、自分より数字の大きいゼッケンを付けた選手に抜かれ続けました。余市のY山さんにも早くに抜かれました。しかも、10km付近からふくらはぎが軽く攣ってきました。

 出来るだけ水分を補給しながら、20km付近から少し気合いが入り(登りでは相変わらず私は強いです)、スキーも少しだけ滑る様になってきました。

 19km付近の緩い登りで前の選手を右から抜こうとした時に、コース横の雪にスキーが刺さり、転倒すると同時に右足が大きく攣りました。

 この時20人くらいに抜かれてしまいました。

 25km地点で1時間47分。これは3時間半以上かかると思いました。

 だましだまし走っていると攣りはなんとかなってきましたので、また登りで順位を上げ、緩やかな登りでは例の新しいスーパーをやっていきました。すると、どんどん選手を抜くことが出来ます。スキーも少し滑る様になってきました。余市のY山さんも抜き返せました。

 白幡競技場(31km地点)周辺でも、どんどん選手を抜き、差を広げることが出来ます。そうすると、だんだん前の集団が迫ってきて、また抜くということを繰り返しました。

 そこから沢の横のくねくね道も新しいスーパー中心に辛くなるとクイック走法を入れて走りました。順位どんどん上がります。

 最後の焼山の所は前後に選手がいなくなってしまいましたが、焼山は「もう終わり?」という感じで調子よく登る事ができました。

 最後の下り7kmは、ひたすら漕ぐのみ。コースに入った方が速そうな所はダブルポールで押しまくり、そうで無い所は新しいスーパーで漕ぎまくり。

 ドームの近くだけ向かい風でした。7kmの下りの区間、寂しいことに50kmの選手は一人も前後に現れませんでした。

 ゴールは3時間22分。密かに(雪の条件が良ければですが)3時間切りを狙っていたのに、昨年、一昨年とほぼ変わらずでした。

札幌国際スキーマラソン2018

 ゴール直後に表彰式。I原弟君が2時間40分代で9位に入賞していました。すごい。優勝タイムもかなり速かったので、雪の条件は皆さんにとってはそれほど悪くなかったのかもしれません。

札幌国際スキーマラソン2018

 ゴール後は余市のYさんや天塩の鉄人ともお話することができました。

■記録

10kmごと

44:31,39:54、42:51、39:35、35:51

前半の25km1時間47分、後半1時間35分

 ところで、GPS時計で測ったところでは、総距離51.1kmありました。実際よりも短い大会が多い中で、1km以上長いとは…。

■反省

・これほど練習してこの結果はけっこうショックです。

・後半の新しいスーパー走法は評価出来ます。

・最初からそれをやり続ける事ができませんでした。根性がありません。

・ワックスは、ハイフッ素にしたし、気温・雪温とも合っていたのに、何故滑らないのでしょうか? 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌国際スタート前

札幌国際スタート前
  前から三列目にスキーを置きました。どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

『日本人はどこから来たのか?』

411cjjedkhl_sx341_bo1204203200_

『日本人はどこから来たのか?』 海部陽介 著 文芸春秋2015☆☆☆仁
 ホモサピエンスがアフリカで誕生してからの移動の軌跡を、化石年代法とDNA解析によって新しく考え直した上で、日本人のルーツについて独自の説を提示しています。
 この方面に素人の私からは、大変分かりやすく驚くことも多かったです。ただ、ところどころに自分にとって都合の良いデータしか使用していないのではないかな?と感じる部分もありました。
 この海部さんの凄い所は、学者なのに実際に葦船で台湾から沖縄へ渡る冒険とも言える航海をしてみよう(本の段階では計画ですが、実際に実行した様です)という所かもしれません。単純な私はそれだけで尊敬してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

2018年1月のトータル

1月のトータルは

ラン19km、クロカン403km
トータル 261(ラン換算km)でした。
クロカンの400kmオーヴァーは初めてではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »