« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

2017年6月のトータル

6月のトータルは
ラン215km、バイク318km
トータル362(ラン換算km)でした。
自転車にはほとんど乗っておらず、ほぼランだけの記録となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

ウルトラオリエンテーリング分析と反省

 GPS時計のログです。けっこう起伏があるし、後半はずっと登り基調だったのですね。

 全体の行程です。

 ルスツ南部、洞爺湖北部の林道を中心とした部分。面白かったです。

 51kmの1km毎のペースは、低地が少ないので単純には言えませんが、やはり30km過ぎから落ちています。

10kmまで

419,418,419,428,434,429,426,429,459,606

20kmまで

444,536,535,522,449,429,445,416,453,430

30kmまで

517,630,509,535,556,603,620,519,739,454

40kmまで

617,549,548,810,533,637,611,609,701,635

51kmまで

702,547,619,804,611,650,635,647,652,634,620

振り返って

■トレラン20kmの3人が、トレランのダメージを引きずってくれたのはラッキーだったけれど、負けても同じ条件でやりたいと思いました。

■前日寝る前にカーボローディングをしていない事に気付き、ライ麦パンのトーストを3枚とか食べました。これが前半に活きたかも。

■当初は給水なしと言われていましたが、数日前に給水を行うという連絡があったので、ハイドロを背負うのは止め、ウエストバッグに最小限の食糧と270ccのペットボトル1本しか持ちませんでした。他の選手に比べて、荷物が軽い分、走りやすかったと思います。

■食事はレモンゼリー1パック、練乳1本、塩羊羹小3、チョコレート干しブドウ小一袋、塩飴、ソイジョイ1本のみ。それも早めから食べてしまい、軽くなる様に心がけました。攣りそうになったけれど、塩飴のおかげもあり攣りませんでした。

■地図読みは完璧。普通のオリエンテーリングに比べたら簡単すぎます。それでも間違って時間ロスした選手もいるので、密かに地図読みも大事な要素です。

■天気が曇り時々雨で、暑さにやられずに済みました。暑かったらもっと水の消費が多くなってペースも落ちていたと思います。

■使い古しのランシューズ。濡れてもようと思い捨てかけていたシューズを使用しましたが、足に馴染んでおり走りやすかったです。

■前半から4分半と攻めましたが、フルマラソンを走るつもりでした。そういう意味では30km過ぎのペースダウンはいただけません。ただ、50km走ったことは北海道マラソンのよいトレーニングにもなったのではないでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

地図と上位三人の成績

地図と上位三人の成績

 1枚目。
地図と上位三人の成績

 2枚目洞爺湖へ降りる林道が中心です。
地図と上位三人の成績

 3枚目。8番の場所がちょっとずれていました。
地図と上位三人の成績

 地図は全部で6枚ですが、これは6枚目。
地図と上位三人の成績
 私、M氏、O氏がゴールした後、しばらく時間が空いたので、3人だけの成績をS田さんが打ち出してくれました。18か所中、13カ所でトップをとっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回ウルトラオリエンテーリング優勝

  今日はルスツで北海道としては第一回目のウルトラオリエンテーリングが行われました。距離は50キロです。

 実は朝5時スタートの尻別岳を登るトレランが同日開催されており、そちらの方が参加者は多かったです。そして、この20kmのトレランと50kmのウルトラオリエンテーリングの両方に参加することも可能です。

第一回ウルトラオリエンテーリング優勝

 私はそんなことはしませんでしたが、3人の強者が、この両方にチャレンジしました。M浦さんとO西さんとA井さんです。M浦さん、O西さんはトレランを3位、2位でフィニッシュ。1時間ほどのレストの後、ウルトラオリエンテーリングに参加です。

 今回のウルトラオリエンテーリングは、長野県では行われているものの北海道では初開催。出場者はソロの部と男女混合チームの部。全部でも15名ほど。

 しかし、参加者名簿を見て、3位入賞も難しいと思っていました。北大生数名、北大OB2名、そして両方参加のスーパーマン3名。20km山を走ってきて疲れは当然あると思いますが、80kmのトレランレースとかで上位の人たちの力は底無しです。若者には長い距離だけに勝てる勝機はあるかもと思っていましたが、二人は無理と思っていました。

第一回ウルトラオリエンテーリング優勝

 スタートは9時。ルスツのセブン前から。スタートしてすぐに私はダッシュし、トップに立ちました。北大生追いかけてこない。追いかけてくるのはやはりM浦氏。

 国道沿いで下り基調ということもありますが、4分19秒くらいで最初の3kmを走ります。最初のチェックポイントに1位で通過。区間賞です!しかし、すぐ後ろからM氏が…。

 この後、9km地点の第一給水所までトップを守りますが、徐々に差は少なくなっていきます。給水所で一瞬一緒になりますが、コンデンスミルクを水で流し込み、すぐにスタート。

 「抜かれるな。でもここまでトップとは善戦したな」などと思っていましたが、舗装路の登りで差が拡大していきます。

第一回ウルトラオリエンテーリング優勝

 15km地点くらいからは、後ろの視界からM氏は消えました。そこは洞爺湖畔へ向かう林道です。ランシューズでしたが、あまり石が靴底で痛いということも無く、快調に飛ばしました。

第一回ウルトラオリエンテーリング優勝

 余裕が出て来て、写真も撮りました。私の装備は軽量でした。

第一回ウルトラオリエンテーリング優勝

 洞爺湖も見えて来ました。

 洞爺湖水の駅周辺はお祭りが行われていました。

 そこから国道への登り。ここも5分半から6分くらいで何とかペースをあまり落とさずに行けました。

 28kmの折り返し地点はサイロのドライブイン。北大生がスタッフであちこちの給水ポイントで待っていてくれます。スタッフ情報では2位と12分差とか。すぐ後ろに迫ってきていると思ったので意外でした。

 折り返しからは雨が激しくなって来ました。M氏とすれ違いましたが、足は少し重そうに見えました。

 しかし、30kmを過ぎると、いつものマラソン大会と同じで、私のペースも落ちてきました。どこかで追いつかれるなと思いながら、それでもとにかく歩くことだけはしない様に走り続けました。

 42km地点の最後のチェックポイントで3時間50分くらい。フルマラソンの距離ですが、食べ物を持ちながらマラソンとしてはかなり起伏のある道を走ったことを考えるとまあまあかもしれません。

 その後の長い直線で振り向くと、誰もいません。このあたりから勝利を確信しはじめました。あとは攣ったりしない様に気をつけながら、歩かない事です。

 ゴールは4時間53分。GPS時計の距離は51.3kmありました。

 M氏とは20分ほどの差、O氏とは1時間ほどの差。圧勝してしまいましたが、彼らは20kmのトレラン後ですから、別な競技と言っても過言ではありません。それでも、最後まで歩かなかった自分を褒めていいのかなと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

余市豊浦210km

  今日はチームニセコと羊蹄サイクリングクラブの練習会でした。

余市豊浦210km

 私は余市から倶知安を経由して集合場所の昆布へ。赤井川とか、とても気持ちの良い天気です。

 練習会そのものは昆布ー豊浦インディアン水車往復の66kmです。私は余市発が少し遅くなってしまい、集合時刻に5分ほど遅れて昆布に到着しました。

 あぶかわさんの奥さんなど、ゆっくり走って途中で引き返す人たちがいましたが、先発組はすでにスタートしたとのこと、慌てて後を追いました。

 本当は昆布で補給する予定が、余市からノンストップになってしまいました。

 昆布から豊浦の道も気持ちが良いです。

余市豊浦210km

 結局、インディアン水車まで追いつかず、付いたら5人の仲間がいました。

 いつもの練習会は20名くらいになる事も多いのですが、今回は定山渓でのレースと重なり、速いメンバーはそちらに行っています。

 残ったメンバーは私とほぼ同世代。これは帰りゆっくり一緒に走れると思ったのですが、どうしてどうしてペースが速い。というより、私の自転車の足が出来ておらず、付いて行くのがやっと。無理して坂を登っていたら塩吹き出しました。

 豊浦でも水道水しか補給出来ず、140km無補給。水分、糖分、塩分いずれも足りなかった様です。

余市豊浦210km

 頂上で小休止していると、先頭の3人ODさん、OGさん、私は同じ38年6月生まれであることが判明。OGさんと私は誕生日1日違いでした。

 そこからは下りなのに、その途中のちょっとした登りでなんと両足攣りました。デュアスロンとかで足が攣ったことはありますが、自転車単独で足が攣るというのは初めての経験です。

 皆さんから遅れてゆっくり昆布に戻り、温泉の売店でとりあえず水分などを補給し、数キロ離れた日の出ガーデンまでゆっくり登ります。

余市豊浦210km

 そして焼肉懇親会。いつもより人数が少なく、年齢も高めでしたが、楽しかったです。2時間以上焼肉を楽しみ、肉とコーラで十分に補給して余市に戻ります。

 足の攣りは復活していましたが、ペースはゆっくり目。樺立の登りも通勤で13分くらいなのに16分かかっていました。

 夕方余市到着。合計210km。ライド時間8時間41分、avg24.1km/h。ブルべ時間(グロス、焼肉含む)11時間14分。

余市豊浦210km

 今日は十勝200のブルべも行われていましたが、200kmで11時間って平均時速が遅いとそれほど楽でもないのですね。

 このコース、補給場所が少ないけれど、とても気持ちの良いコースでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

パークO荒井山緑地

パークO荒井山緑地

 今日は北海道オリエンテーリング協会、パークオリエンテーリング第1戦荒井山緑地でした。

パークO荒井山緑地

 スタート地点は  「SAPPORO EXPERIENCE BASE」という出来たばかりのアウトドアショップでした。

 新しいスクーターで行きましたが、余市から1時間ちょっと。受付をしたら、私のスタートは15分後。慌てて準備しましたが、アップとか出来ませんでした…。

 A井さんやしょうきちさん夫婦、スナフキンjrさん夫婦もいました。

パークO荒井山緑地

 1番スタートで、なおかつこの緑地は一度も来たことが無く、予備知識ゼロ。1番スタートはイタドリとかを一番先に倒したりして進む分、当然不利になります。しかもアップをしていなかったので、あっという間に心拍が上がってペースが落ちてしまいました。

 第3ポイントで既に後からスタートしたK本君に抜かれますが、その後付いて行くことすらできずにずるずる。

 極めつけは7→8で5分ほどはまってしまいました。戦意喪失です。

パークO荒井山緑地

 ゴール後は、店の2階の受付にカードを出すと、瞬時に読み込んで後ろの電光掲示板にリザルトが反映されます。かっこいい。

 結果は最下位に近いものでした。

パークO荒井山緑地

 このお店、サロモンを中心とした専門店です。トレラン用のシューズやザックがかなりの品ぞろえです。何故かマーヴィックのホイールなども置いてあります。

 終了後は銭湯に寄ってから帰りました。

 結果は散々でしたが、新しいスクーターで大会に参加するノウハウは手に入れることができました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車のリード125

新車のリード125

 新しいスクーターを購入しました。
新車のリード125

 ホンダリード125です。
新車のリード125

 ウインドシールド(正面のポリガラス)とナックルバイザー(手の保護、上の2枚の写真いにはまだ付いていません)、シート下に電源ソケットをオプションで付けました。
新車のリード125

 廃車となったシグナスから、リアのボックスは付け替えてもらいました。
新車のリード125
 まだ慣らし運転です。パワーと燃費と積載量で選びました。メットイン(シートの下)が37リットルで、クラス最大。しかもキーをはめ直さなくても開けることができ便利です。ヘルメットが2個入ります。ザックも背負わずに入れてしまえます。付け替えたリアボックスと合わせて二輪車としては驚くべき積載量です。その割に小さく見えるので、どこでも駐車できちゃいそうです。

 エンジンはPCXと同じeSPエンジンですから、パワーと燃費の両立がなされているそうです。出だしから時速50kmくらいまでは、速い感じはしないのに自動車より速いです。150km走っても燃料計は半分以上あるように表示されています(これは実際にガソリンをいれてみないとわかりませんが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

石見淳三ジャズコンサート

石見淳三ジャズコンサート

  ジャズのコンサートに主催者の友人から誘われました。
石見淳三ジャズコンサート
 コロッケ定食などが美味しい、キッチンなり田で行われました。

 友人らの前座のあと、岩見淳三さんと妻のYAYOIさんのギターとボーカルだけのジャズ。最初それだけ?と思いましたが、素晴らしいものでした。

 曲は、「星に願いを」「スイングしなけりゃ意味がない」「イェスタデイ」「第三の男」「シェルブールの雨傘」「ワンダフル」「イパネマの娘」「黒いオルフェ」「枯葉」「レフトアローン」などで、リクエストにも応じながら即興でアレンジしていくプロの技でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

だるまや

だるまや
  倶知安駅前十字街近くの焼肉屋さん。

だるまや

 4000円で食べ飲み放題。ジンギスカン(生ラム)、鳥、豚サガリ、ホルモンの4種ですが、特に生ラムが美味しくて食べまくってしまいました。昨日の焼肉バイキングとは後味が違います。

 この4日間で食べ放題状態の焼肉が3回、朝食バイキングが3回。

 同じく4日間で約50kmは走っていますが、距離的にはル―ティーンに近いものなので、カロリー消費がカロリー摂取に追いつかず。

 先ほど体重を測ってみたら、4日間で4kg近く増えていました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

ナマステネパール

ナマステネパール

  昨日行った旭川のネパールカレー屋さん。

ナマステネパール

 二人のネパール人がお店にいました。

ナマステネパール

 チキンカレー。辛すぎず、スパイスが効いているけれどやさしい感じで、インドに行っているような気分に少しなりました。ナンも大きくて美味しかったです。

ナマステネパール

 今日はファイブスターというバイキングレストランへ。一緒に行った子たちが、チョコレートフォンデュでこんなの作ってくれました。

 明日、旭川から帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

忠別川ランニング21km

忠別川ランニング21km

  出張で旭川に来ています。今日は朝10kmほど河川敷を走りましたが、ガスっていて寒かったです。
忠別川ランニング21km

 夕方少し時間があったので、忠別川沿いをずっと走ってみました。
忠別川ランニング21km

 旭川駅から10kmほど。たぶん東川町あたりまで行ったのではないでしょうか。

忠別川ランニング21km

 あまり人はいないけれども、とても素晴らしい舗装道路が続いていました。途中に「R5」や「R11」の数字がありました。何なのでしょう?

 夕方21kmで、今日合計31kmになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

のぼりべつロゲイニング2017

のぼりべつロゲイニング2017

 今日は登別でリゲイニングの大会が行われました。

 4時間の部と2時間の部があり、私はyamamotoさんと4時間の部に参加しました。

 4時間の参加者は男性チームは1チーム、男女混合チームが2チームの計3チームとさみしいものでした。2時間はソロでも参加できるので、そこそこの参加者がいました。
のぼりべつロゲイニング2017

 スタート10分前にマスター地図を渡され、ポイントを書いていない地図に自分達で赤ペンでポイント位置と点数を書き写すことからはじまります。書き写しに結構時間がかかり、作戦タイムを始めた頃にスタート時刻になってしまいましたが、作戦会議をもう少ししてからスタートしました。
のぼりべつロゲイニング2017

 エリアは結構広大で、4時間で全部回るのは無理でした。
のぼりべつロゲイニング2017

 しかも、天気は終始小雨。結構冷たい雨でした。

 私たちは36kmほど走り、ゴール閉鎖時間5分くらい前にゴールしました。4時間のロゲイニングとしては結構距離は走りました(山岳コースが無く平地中心だったのでということはありますが)。

 結果は1130点で優勝。男子チームは初めから優勝ですが。4時間の3チームの中でも一番高かったです。ただ、スナフキンjr夫婦のチームと差は100点ほどしかありませんでした。

のぼりべつロゲイニング2017

 2時間の部では、新潟大OBと北大OBの若者が800点台~700点台。倍にしたら完全に負けています…。

 でも、yamamotoさんと久々に色々な話をしながら走ることができたので、寒かったけれど楽しかったです。

 今年は北海道でロゲイニングだけで4戦行われそうです。常勝マケドンスコとしては全部出たいところですが、仕事の都合とかもありますので、いくつ出ることが出来るのか…。初めての場所でのロゲイニングは特に楽しいので、出てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

2017年5月のトータル

5月のトータルは

ラン308km、バイク93km
トータル345(ラン換算km)でした。
この10年で5月としてはランは最高記録、バイクは最低記録となりました。
洞爺湖マラソンに向けての意気込みがそうさせたのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »