« 『希望の資本論』 | トップページ | 『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』 »

2017年1月14日 (土)

『なぜフィンランドの子どもたちは「学力」が高いか』

412eg7cwxyl_sx345_bo1204203200_

『なぜフィンランドの子どもたちは「学力」が高いか』 教育科学研究会 編 国土社2005☆☆☆京
 フィンランドの教育の本は随分読んだので、その予備知識があったので面白く読めました。学者を中心に8人の方がそれぞれ書いているのですが、その統一性はあまりありません。最後の庄井先生の書いていることは、全くわかりませんでした。
 フィンランドで読解リテラーシーが高いのは、スウェーデンやロシアに長く占領されていた反動からフィンランド語を大切にしようとした伝統が良い影響(図書館の充実など)を与えていることや、普段シャイと言われているフィンランド人が、子供に対しては(自分の子供でなくても)真剣に行動的になる事などは新たな発見でした。
 今更ながら、教育費は全額国庫負担、大学も全額無料という部分だけ見ても、見習うべき事は多いと思います。 

|

« 『希望の資本論』 | トップページ | 『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/69245189

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜフィンランドの子どもたちは「学力」が高いか』:

« 『希望の資本論』 | トップページ | 『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』 »