« 1200のメダル届く | トップページ | 日本版メドックマラソンフォーラム »

2016年11月16日 (水)

『ユーコン川を筏で下る』

09366548

『ユーコン川を筏で下る』 野田知佑 著 小学館2016☆☆☆☆
 野田さんは、もうやることが無くなってしまって、ついにカヌーではなく筏でユーコン川を下っています。それにしてものんびり。魚は釣れまくって面白そう。それにしても肩に力が入っていない。若い人の書く、「冒険してやるぞー」みたいな無駄な気合が無く、ある意味達観しています。それは日本人に対してだけでなく、あらゆる国籍の川を下る人に対してもです。
 カヌーと違って筏は犬を少しは動かしながら乗せることができたり、本を読めたり、場合によっては筏上でたき火をしたりと、スピードは落ちる代わりに自由度は増す様です。
 今更私がユーコンに行くのはなんだなと思いますが、思いっきり釣りはしてみたいです。

|

« 1200のメダル届く | トップページ | 日本版メドックマラソンフォーラム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「おもいっきり釣り」いい言葉で、面白そうであり、切羽詰まっている感じがしました。
釣りって、生きるためでもあり、趣味でもありすよね。
その状況に身を置けるのは幸せかなーとも思います。
憧れとともに、その後どうするの?という疑問と、、、、
珍しく、酔っています。

投稿: yamamoto | 2016年11月16日 (水) 23時39分

yamamotoさんへ→
 ユーコンでは30cmオーバーが30匹くらい釣れてしまうとか。私は知床でヤマメ狙いなのにオショロコマが釣れまくり、針を飲んでしまったやつは仕方がないので途中の河原で昼食として全部食べたことがありました。
 考えてみると、妻が里帰り出産中で、本当に自由に一日中知床で釣りをすることが出来た時でした。一切人には会わず、熊に見られている様な気配だけ感じていました。

投稿: kiyatchi | 2016年11月17日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/68443712

この記事へのトラックバック一覧です: 『ユーコン川を筏で下る』:

« 1200のメダル届く | トップページ | 日本版メドックマラソンフォーラム »