« 『人はなんで生きるか』『下町ロケット2』 | トップページ | 20kmインターバルなど »

2016年8月18日 (木)

『くらべる東西』 『翻訳できない世界のことば』

20160531221602

『くらべる東西』 おかべたかし文、山出高士写真 東京書籍2016☆☆☆
 関東と関西で、比べてみると色々違います。それを写真と文で表現しています。いなり寿司だとか、コマだとか、七味だとか(これは知っていました)、座布団だとか。著者も書いていますが、以前は明確に違ったものがどんどん統一されている様で、そういう意味では意識しないと西の文化を含めて地方の文化が失われてしまうかもしれないという事に気付かされる写真集でした。
91kvmlku8ul
『翻訳できない世界のことば』 エラ・フランシス・サンダース著 創元社2016☆☆☆☆
 著者はモロッコ、イギリス、スイスなど様々な国に住んだ事がある20代の女性イラストレーターです。その感性で、世界の様々な言語で、他言語には訳すのは難しいけれど、独特の味を持っている言葉を彼女なりの綺麗なイラストで表現しています。
 日本語からは、「KOMOREBI」「BOKETTO」「WABI-SABI」「TSUNDOKU」の4つが取り上げられています。イディッシュ語とか、イヌイット語とか、ウルドゥ語とか、かなりマイナーな言語も多く取り上げられていて、とても不思議な、心が安らぐ本でした。

|

« 『人はなんで生きるか』『下町ロケット2』 | トップページ | 20kmインターバルなど »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/67065533

この記事へのトラックバック一覧です: 『くらべる東西』 『翻訳できない世界のことば』:

« 『人はなんで生きるか』『下町ロケット2』 | トップページ | 20kmインターバルなど »