« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

2016年8月のトータル

8月のトータルは

ラン 311km、バイク 34km
トータル324(ラン換算km)でした。
バイクはヒルクライム一日のみ。
ランの練習に集中しましたが、マラソン1週間前からほとんど走らず休養しました。
 それにしても、台風10号。南富良野の幾寅は、1200の時、日勝峠を2回行ったので、計3回も通ったところです。台湾人3人の道案内をしたり、時間切れを気にするフィリピン人を励ましたりしたところです。金山湖も被害が出ているのでしょうか。これ以上被害が大きくならず、一日も早く復興できますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

北海道マラソン2016

 北海道マラソン、天気良すぎでした。スタート前、留萌の姫吉の旦那、ニセコのN美さんとお会い出来ました。そしてスタート待ちで走るシェフと一緒になれました。

 スタート前の気温は18℃と風は涼しいのですが、とにかく雲一つない青空。出来る限り木陰などを選んで走りました。

 4km過ぎでトイレ(小)に寄ったあと、コースに戻ったら、しばらくして珍念さんに肩をたたかれました。先に行かせてもらいます。

 気温はどんどん上がっている様です。私は。落ち着いてからはキロ4分半のペースで進んでいきます。そのペースで特に無理をしている感じもしませんでした。

 札幌駅近くで留萌の若者S君に肩をたたかれました。先に行かせてもらいます。

 ペースは4分半くらいを保っているのですが、新しい時計の距離表示だと、1キロの区間距離が800~900mしかありません。最初は、北海道マラソンも短い区間と長い区間があるんだと思っていましたが、いつまでたっても短い区間ばかりでした。

 ちなみに、ゴールまでその状態は続き、ゴールした時点で、エプソンの時計の距離は38.5kmでした。これは、①北海道マラソンが38kmしかない、②時計の計測が正しくない、③その他の要因、の3つが考えられますが、どういうことなのでしょう?

 さて、20kmを過ぎてもペースは変わらず。途中、ニシシさんの私設エイドで水鉄砲みたいなものでシャワーをかけていただきました。

 ハーフで1時間37分。密かに目標としていた3時間15分にちょうど半分のペースで走れています。今のところ辛くないし行けるかも…。ただ、ペース走の練習は20kmまでしかしていないし、洞爺湖マラソンも25km過ぎで失速したことを思い出し、不安でもありました。

 今回は、スポンジを手にしたら一つはずっと持っていて、給水用の水をしみこませて体を冷やすのに使ったり、足に噴き出た塩分を拭いたりしていました。

 折り返しの26kmまでペースは変わらなかったのですが、ほんの僅かな登りで、一瞬右足の膝上が攣りました。そこからペースを少しセーブし、次のエイドで塩飴を2個もらって急いで食べたりしました。

 4分半のダメージは徐々に来ていた様で、そのあたりからペースが5分前後に落ちてしまいました。足の裏に豆っぽいものも出来始めていました。

 新琴似のコの字のあたりが一番きつかったです。

 37kmを過ぎても、第二エンジンは全くかからず、むしろペースが6分近くに落ちていきます。北大の中は木陰が涼しくて少し嬉しかったです。

 残り1km付近で留萌の姫吉旦那に追いつかれました。そこから気合が復活して、ペースを上げて抜き始めました。しかし、ゴール直前でまた抜かれました。最後は気持ちでダッシュし、ゴール直前に追い付き、ほぼ同時にゴールしました。

 タイムは3時間24分50秒(グロス)、3時間24分07秒(ネット)。また、いつもと同じ平凡なタイムになってしまいました。

北海道マラソン2016

 ゴール後は、かなりダメージがきていて、ゆっくりしか歩けませんでした。完走証をもらう前に水シャワーを思いっきり浴びて風呂替わりです。

 今回は125ccのスクーターで来ていたため、荷物預け場所から50mほどの所にスクーターを止めてありましたので、着替えたらすぐに乗って帰りました。

北海道マラソン2016

 途中、北18条の「時間」でカツカレーを食べました。学生時代3kgカレーに挑んで敢え無く敗退した店が移転改築されていました。

北海道マラソン2016

 Sサイズを頼んだのに、結構ボリューミーでした。

■1km毎のラップ

559,431,434,442,516,417,419,432,424,436,

440,442,430,423,434,437,427,430,426,438

446,438,428,435,441,456,443,449,444,457,

520,509,505,456,503,517,514,520,542,540

555,552(1.195km) 

■反省

 今回は北海道マラソンの自己ベストだけではなく、フルマラソンそのものの自己ベストも目指していましたが、どちらも果たせませんでした。北海道マラソンはこの3年間、3時間23分~25分と、ほぼ同じタイムで走っています。

 昨年は羊蹄山ばかり登っていてランの練習が遅れました。今年は北海道1200と北海道マラソンという2つの目標を両立させようと思っていましたが、4月から仕事が多忙になったり故障があったりで、洞爺湖マラソンまでに足を作れなかったのがやはり痛かったです。

 1200が終わってからのランの練習は、自分としてはかなり真摯に取り組んだのですが、走行ペースを上げるところまでは行けていませんでした。

 目標は倶知安のK﨑さん(私より年上でマラソン歴は数年)です。3時間一桁を出し、3時間切りも視野に入れています。そこに追いつくためには、キロ4分15秒くらいでも苦しくない体にしなければなりませんが、なかなか出来ません。悔しいです。もう年だし、限界かなとも思ってしまいそうになりますが、K﨑さんがいるので、夢を持つことが出来ます。

 この後、別海マラソンにでも申し込んでいれば、好タイムを出せたかもしれませんが、思いついた時にはもう締め切られていました。

 10月初めに倶知安で10kmの記録会があるので、とりあえずはそこで40分切りが出来るよう練習したいと思います。また、ルスツロゲイニング(実質7連覇がかかります)もありますので、トレイルの練習も入れたいと思います。

 北海道マラソンリベンジはもう1年かかることになりそうですね。

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

北海道マラソン2016スタート前

 昨晩はAJHの北海道1200のお疲れ様会に参加した後、くにむらに行きました。Y地は来ていなかったけれど、なぜかY地の息子と、I村さん、T塚と会えました。

北海道マラソン2016スタート前

 宿泊は白石にあるゲストハウスに泊まりました。1泊2900円です。スクーターで来ているので、場所を気にせず駐車できます。

北海道マラソン2016スタート前

 北海道マラソン、思っていたより天気良すぎです。

北海道マラソン2016スタート前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

新しい時計エプソン

新しい時計エプソン

 新しいGPS時計を入手しました。エプソンSF-510Fです。

 今まで使用していたピアンタは、時計そのものは機能しているのですが、パソコンに繋いでも充電は出来るけれどデバイスとして認識されず、地図に落として確認したりすることが出来なくなっていました。それでも、距離は測れるので、我慢して使用していました。ピアンタは重さ55gでした。

新しい時計エプソン

 このエプソンの時計、私には機能や表示方法が複雑すぎて、全く使いこなせそうにありませんが、先ほど、最低限の機能で9kmほど走ってきました。

 重さは49gとピアンタより少し軽いのですが、本体は大きく薄いので、結構気になります。でも、その分、ディスプレイは情報が多い割に見やすいです。

新しい時計エプソン 

 使ってみると、面白くて仕方がありません。GPS機能はかなり正確な様で、1m単位で表示されています。標高も1m単位で表示できます。

新しい時計エプソン

 パソコンのソフトはまだインストールしていないので、繋いでいないのですが、時計そのものの履歴表示方法だけでも、ラップタイムなどは勿論、平均歩幅とかまで出て来ています。

 この時計、選んだもう一つの理由が、機能時間の長さです。GPS稼働しながら、30時間!これだと、ブルべで200km、300km、400km、そしてギリギリ600kmまで行けそうです。

 GPS機能を消し忘れていても、24時間後に充電すれば良いのですから、やろうと思えばずっとGPSを使い続けることができそうです。

 また、GPSがキャッチ出来ないトンネルなどの場合でも、それまでの走行ピッチなどから走行距離を導き出す機能もあるようです。

 技術の進歩は凄いものですね。速くパソコンにも繋いでみたいです。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

共和町オリエンテーリング2016

 今日は共和町オリエンテーリングに下の息子と一緒に参加しました。

 大雨の中で行われることになるであろうとの予測に反して、晴れ。しかもかなり気温も湿度も高い条件となりました。受付は一番だったので、10時の一番スタートとなりました。

 しばらくすると、snufkinjrさんご夫妻やルスツのKさん、北大オリエンテーリング部の現役やOBなど顔見知りの人たちが集まって来ました。

 私はM21A、息子はM18Bのカテゴリーです。

 M21AにはルスツのKさんの他、北大の現役やOBが参加し、入賞は厳しいと思いました。M18Bは一人でした。

共和町オリエンテーリング2016

 スタート前に1kmほどアップしたら、遠近両用メガネが汗でずり落ちてきます。急きょコンタクトレンズを入れ、短パンのポケットに老眼鏡を入れました。29℃くらいになっていた様です。

 スタート。暑いけれどしっかり走ります。これは北海道マラソンのスピード練習も兼ねています。1番、2番、3番、…8番とほぼミスなく順調に取ります。8番から9番に向かうところで、後続の北大達とすれ違います。それほど差は詰まっていない感じがしました。老眼鏡は最初のうちは使っていましたが、2番からはずっとポケットの中。こうなるんだったら、コンタクトレンズの片側を度数の低いのにしておけばよかった…。

共和町オリエンテーリング2016

 9番も順調に取り、10番へ。ここで少し戻って池の横の小径路から南に延びる未舗装路を行こうとしたのですが、この時ミスをして、少し行き過ぎ、5番の真南くらいの所の農地にある道を小径路と勘違いして行ってしまいましたが、途中で崖で進めません。

 やはり、コンタクトで地図を読み切れていない事がミスを惹起したと思われます。

 これは迷うなと咄嗟に判断し、「ランの練習も兼ねているんだ」と開き直って、9番の前をもう一度通り(その途中でルスツのKさんとすれ違いました)、そのまま東に舗装路を走り、南東→西と全て舗装路で10番に回り道をして到着しました。その時Kさんの背中が微かに見える程の距離まで離されていました。

 あとはミスなくゴールしましたが、とにかく暑かったです。タイムは1時間06分32秒でした。ゴールしてすぐに麦茶とスイカ(大会事務局提供)を食べまくりました。

共和町オリエンテーリング2016

 直線で10kmということでしたが、ピアンタでは12.7kmほど走っており、Kさんの時計よりも1kmほど多くなっています。9→10のミスで3~4分くらい遅くなったと思います。

 他の選手も続々ゴールし、結果的には私のタイムは5位でした。息子もゴールしていましたが、暑さで途中走るのを少し控えて、熱中症防止のため?木陰で涼んだりしたそうです。

 ルスツのKさんが1時間1分台で優勝、2位も1分台、3位は4分台、4位は5分台でしたから、たらればの話になりますが、9→10のミスが無ければ3位にはなれていたと思います。

 自分としては暑くてペースが上がっていない(ピアンタの平均でキロ5分18秒:オリエンテーリングですから、止まって地図を見る時間も入っていますが)と思っていましたが、他の若者もやはり暑さにペースが上がらず、相対的に私は自分で思っていたほど遅くはなかったのかもしれません。

 閉会式まで、かかし祭り会場で買ってきた食事をとったり、参加者と情報交換をしたりして過ごしましたが、とにかく暑かったです。

 閉会式では恒例の抽選会。何故か全員に当たって、さらに上乗せがある参加費500円では考えられないありがたさ。

共和町オリエンテーリング2016

 私はメロン1箱、息子はメロンとジャガイモをそれぞれ1箱ゲットしました。

共和町オリエンテーリング2016  

 ミスをして悔いは残りましたが、終わってみれば大変楽しい大会でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

焼肉「金次郎」

焼肉金次郎

 余市にある焼肉屋。一階は寿司屋、2階が焼肉屋となっています。

 2階の中は結構広く、落ち着けます。

焼肉金次郎

 カルビーです。とろけるようで美味しかったです。生ラムも似た感じで美味しかったです。

焼肉金次郎

 豚ホルモンです。安かったです。

焼肉金次郎

 下の寿司屋から寿司も注文できます。5巻で480円。でも焼肉の匂いが強くて味が今一つわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

20kmインターバルなど

 日曜日から今日までに20kmのトレを3回行いました。

 14日…20kmインターバル走。5分半くらいと4分ちょっとを繰り返しました。ネットで1時間37分50秒、平均4:54
 15日…20kmペース走。4分半を目途に走りましたが、前日の疲れと暑さで、17kmくらいからペースが落ちました。ネットで1時間35分34秒、平均4:48
 16日…ジョギング8km
 17日…完全休養日
 18日…20kmインターバル。ネットで1時間35分22秒、平均4:45。3日間で一番速くはなっています。また、20km走ってもほとんど疲れなくなってきました。
 いずれの日も、10時とか11時から走り始め、暑い正午の時間を含んで走っています。その条件で、そこそこのペースで走ることが出来ているのは良いのですが、さらに上を目指すのは難しくなってきました。
 本当は20kmペース走と、もっと短い距離のインターバルトレーニングを別々に行いたいのですが、時間が無いために、20kmとインターバルを両方やってしまう練習になっています。幸いなことに、無理をしながらも今の所どこも故障はありません。
 トイレやコンビニで時計を止めるネットタイムだと結構速そうにみえますが、あまりに暑く、水道のある所ではタオルで足の塩などを拭いている時間がかなりあり、その間時計は止めています。塩を拭いた後は、足も少し涼しく軽くなり、ペースも上がる気がします。本当のマラソン大会では、そんなことは出来ないので回復することも出来ぬまま気温にやられて行くと思います。ネットではなくグロスでは2時間を超えて走っていますので、そちらの方が今の実力なのかもしれません。
 それから、一定のペースで走り続けるペース走よりも、1km毎に速くしたり遅くしたりするインターバルの方が楽に感じます。今日はゆっくり走っている時でも5分15秒前後で、一度も5分半まではいかなかったので、ジョグのペースは上がってきている気はします。
 しかし、北海道マラソンまであと1週間ほどしか無くなってしまいました。最低限の所まではもって来ることができましたが、目標としているK﨑さんには遠く及ばない状態です。
 明後日30kmペース走をしようと1週間前には考えていましたが、今の力でそれをすると、本番に疲れや故障を残しそうなので、やらないことにします。
 来週は、疲れを残さないように、でも少しでもスピードを上げられるように、しっかり調整をして北海道マラソンに臨みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『くらべる東西』 『翻訳できない世界のことば』

20160531221602

『くらべる東西』 おかべたかし文、山出高士写真 東京書籍2016☆☆☆
 関東と関西で、比べてみると色々違います。それを写真と文で表現しています。いなり寿司だとか、コマだとか、七味だとか(これは知っていました)、座布団だとか。著者も書いていますが、以前は明確に違ったものがどんどん統一されている様で、そういう意味では意識しないと西の文化を含めて地方の文化が失われてしまうかもしれないという事に気付かされる写真集でした。
91kvmlku8ul
『翻訳できない世界のことば』 エラ・フランシス・サンダース著 創元社2016☆☆☆☆
 著者はモロッコ、イギリス、スイスなど様々な国に住んだ事がある20代の女性イラストレーターです。その感性で、世界の様々な言語で、他言語には訳すのは難しいけれど、独特の味を持っている言葉を彼女なりの綺麗なイラストで表現しています。
 日本語からは、「KOMOREBI」「BOKETTO」「WABI-SABI」「TSUNDOKU」の4つが取り上げられています。イディッシュ語とか、イヌイット語とか、ウルドゥ語とか、かなりマイナーな言語も多く取り上げられていて、とても不思議な、心が安らぐ本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

『人はなんで生きるか』『下町ロケット2』

9784003261910

『人はなんで生きるか』 トルストイ 著 岩波文庫1932-2016☆☆☆
 トルストイの民話5編。キリスト教ヒューマニズムに基づいて書かれています。ともすればお説教となってしまう内容ですが、さすがにトルストイが書くと、一次元高い芸術性をもっている気がします。素直に読んで心が洗われます。
266
『下町ロケット2』 池井戸潤 著 小学館2015☆☆☆☆
 漫画的ですらありますが、やはり面白かったです。一気に読んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

余市川でカヌー

 姪が遊びに来ているので、余市川でカヌー遊びをしました。

余市川でカヌー

 インフレータブルのカヌーを2つ膨らませます。二人乗りの方は私と姪でシングルパドルで。

余市川でカヌー

 「ジュニア」の方は息子一人でダブルパドルで。 

余市川でカヌー

 水明閣の前から最初少しだけ上流に漕いで橋の手前まで行き、その後田川橋下まで下りました。

余市川でカヌー

 途中結構たくさんの鳥がいて、また魚のライズや魚雷の様な魚の軌跡、さらには30~50cmくらいの魚(ニジマスかウグイか?)が7,8匹並んでいるのが見えたり、想像以上に面白かったです。

余市川でカヌー

 カヌーが終わってからは一度水着に着替えて、海で少し泳ぎました。

 夏休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

新しいレースシューズ ZOOM STREAK LT2

 帯広から帰ると注文してあった新しいシューズが届いていました。

新しいレースシューズ

 ナイキ ZOOM STREAK LT2です。

新しいレースシューズ

 ナイキの位置づけとしては、トレーニング用シューズでレースも可ということの様ですが、このシューズ、重さが145gしかありません。あらゆるメーカーのトップレーシングシューズレベルです。これで送料込みで5千円台でした。

 大変似た名前のシューズに ZOOM STREAK LT3 というのがあり、巷には今そちらの方が多く出ていますが、スポーツ量販店で足を通してみたところ、LT3の方は中敷きの土踏まずの部分が盛り上がっていて、偏平足の私はすぐに足底を痛めてしまう気がしました。

 それに対してLT2は、履いた感じは、ぴったりです。感じはズームスピードライトなどのトレーニングシューズに似ていて違和感がありません。

 でも、軽いので、例えると航空会社の機内用スリッパを履いた様な感じでもあります。ヒールとかはふにゃふにゃな感じで、トレイルとかではとても無理ですが、ロードでは問題なさそうです。

 走ってみると、ソールはそこそこ厚く、柔らかく反発します。

 今、一番軽い161gのズームスピードレーサー4よりも軽いけれども、レーサー4よりずっと足底には柔らかく優しい感じです。

Dscn4100

 今日は帯広から帰った後、先ほどこの新しいシューズで9kmインターバルをやってみました。

 走り始めて軽くて反発するので、天まで飛んでいきそうな感じです。

 ゆっくり走ったのに最初の1kmで5分を切っています。さらに速く走った次の1kmは、何と3分42秒。走っている時は145gという数字ほど軽くは感じませんが、速いです。

1km毎の記録は

444,342,455,403,452,400,508,354,453 トータル9kmで40分15秒でした。

 このシューズ、新しいフルマラソン用のレースシューズにしようと思います。今まではズームカタナというのをフルマラソン用にしていましたが、もう10年以上使用し、ソールもほとんど無くなっていました。これで世代交代が可能な様です。

 ただ、少しふにゃふにゃする感じがあるので、それで42km走れるのかどうか少しだけ不安です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

平和園帯広緑丘店


平和園帯広緑丘店

 今日は業務地からホテルに戻る途中の道で、「平和園」を見つけました。駐車場が少しあいていたので(早い時間からけっこう埋まっていました)、寄ってみました。

平和園帯広緑丘店

 カルビとサガリです。

平和園帯広緑丘店

 牛塩ホルモンです。

平和園帯広緑丘店

 ハーフ石焼きビビンバです。
平和園帯広緑丘店

 肉はとても軟らかくて、味付けも絶妙でした。

 ハーフとはいえ、石焼きビビンバも本格的でした。そして、何よりもホルモン。とろける様で、足寄で30年くらい前に似たものを食べて以来、こういうのを食べたかったのです。

 ブログにコメントを頂いたので頭に残っていましたが、しっかり調べて行った訳ではありませんでした。帰って来てから調べてみると、帯広をはじめ、札幌にも支店があるのですね。たまたま緑丘店の前を通ったのも偶然です。

 宿に帰ってから、自分としては少し肉を食べ過ぎたので、軽く走りました。昨日の筋肉とだぶらないように、ソールの少し厚いシューズで10kmを1時間弱でのんびりと走りました。

 帯広では夕方か夜にばかり走って、朝は走っていません。4時頃から起きているのですが、オリンピックを見てしまいます…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

帯広ペース走20km


 今日は夕方少し時間がとれたので、帯広の河川敷を160gのハーフ用レースシューズで走ってみました。

 最初の2kmで市街地を抜け河川敷に出ますが、昨晩の暗くて霧雨の下見ではよく分からなかった部分がよく見えました。

帯広ペース走20km

 河川敷を少しペースアップして走ると、4分半を軽く切っていたので、そのままのペースで行ってみようと思いました。

 今日の目的は2つです。一つはソールの薄いレース用シューズに、自分の筋肉を少しずつ合わせること。本当はこれだけが目的でしたが、走り出しが結構良いペースだったので、2つ目の目的を加え、20kmのペース走をすることも目的に加えました。ただし、思いつきの目的なので途中で異変があったら無理はしない。

 帯広の河川敷は、めちゃくちゃ広々としていて走りやすいです。

帯広ペース走20km

 十勝毎日花火大会の準備で、中途半端に物が作られています。

 そのメイン会場から東側は、飛行機が着陸できるのではないかと思うほど広い土手が3km以上続きます。

 途中から十勝川温泉から続く自転車道に入りますが、ここも走りやすい。

帯広ペース走20km

 橋から4kmほど走ると、昨年走った河川敷に繋がりました。そのから引き返して戻りました。

 途中トイレに一回、セブンに2回寄りました。

 タイムは、10kmを越えたあたりから4分40~50秒に落ちてしまいましたが、トータルで1時間34分30秒。ちょうどキロ4分45秒くらいでしょうか。ハーフだと1時間40分、フルだと3時間20分のペースです。

 足は、左の股関節の前が途中でちょっと痛くなりましたが、走っているうちに直り、特にどこも異常は無いようです。急遽行った20kmペース走をこなせたのは大きいです。最近としてはとても涼しかったのもあるかもしれません。

 20km走っても、長く走った感じが全然しなくなってきました。でも、調子に乗ることなく、確実にトレーニングを積み重ねたいです。

 
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

帯広

帯広
今日から三泊四日で帯広出張です。はげ天で豚丼をいただきました。

夜、霧雨になってきた中、10km弱走りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

『キャパへの追走』『北緯43度からの死の予告』

Img_ff93c5e0ba03e5b56d1c9ceebf80623

『キャパへの追走』 沢木耕太郎 著 文芸春秋2015☆☆☆☆
 ロバート・キャパの「崩れ落ちる兵士」については『キャパの十字架』という本にまとめられていますが、この本はそれ以外のキャパの撮った写真について、沢木さんがその場所に行き、同じアングルの建物などを探し、特定出来たら同じアングルで現代の写真を撮りながら、それぞれの場所についてのキャパの回想をしていくという作品です。
 沢木さんのキャパへの思いが伝わってくると同時に、特にヨーロッパは石造りの建物が多く、キャパの時代の建物が結構残っていて驚かされます。
 私もキャパの写真集を持っていることもあり、この本に載せられていない他の写真のイメージもあったので、大変興味深く読むことができました。
『北緯四三度からの死の予告』 西村京太郎 著 徳間文庫1994-2012☆☆☆
 読みやすい十津川警部の娯楽ミステリーでしたが、最後は随分あっさりという感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセコ花園ヒルクライム2016を終えて

 私はS5のカテゴリーで参加です。スタートは第3スタート。チームニセコの面々の他、りゅうやまぱぱさんやK野さん、もう一人のK野さん、いとこさんなどなど、本当に多くの方々とお会い出来ましたが、宗谷岬600と重なっている関係で、ブルべ関係の人は少なかったです。

 スタートしてパレード走行。じゃが祭りの中を走ります。そして農高前から本当のスタート。

 私は10~20番くらいの所にいましたが、やはり最初からスピードが乗りません。少しずつ順位を落としていきます。小径のTotty君にも早々に抜かれました。

 登りがきつくなってからは、調子のいい時はトレーニングでも39-19で80回転を維持するのですが、すぐに39-23になってしまいました。ブルべ並みです…。

 自転車はブルべ1200が終わってから一回通勤で走ったのみで、この2週間は一度も乗っていません。さずがに無理です。

 しかも、暑い。コースではチームニセコや羊蹄サイクリングクラブの知り合いの方などがたくさんボランティアをしながら応援してくれているのですが、走れないものははしれません。

 ゲートを過ぎてからも順位は落とし気味です。最後は早く終わって欲しいとばかり考えていました。ただ、標高が高くなるにつれて少しだけ風が爽やかになっていきます。

 ゴール。45分もかかっています。今までのワースト記録を大きく更新してしまいました。S5のリザルトを後で見てみると、過去の一番速かった時だと3位入賞がギリギリできるかどうかというくらいでした。

ニセコ花園ヒルクライム2016を終えて

 ゴールでは、事務局からガリガリ君が全員に用意されていました。冷たくておいしい~。

 そしてゴール後は参加者同士で色々なお話タイム。私はでも、レースであまり頑張れなかった(頑張ったけど回せなかった。準備を頑張れなかったという意味)ので、どこか後ろめたい気持ちもありました。

ニセコ花園ヒルクライム2016を終えて

 また、ボランティアで参加している中にも沢山の知り合いがいて、本当に多くの方々とお会い出来る楽しい時間でした。

 コースが解放されてから、来た道を戻ります。途中、何人も知り合いの方がまだ誘導などをされているので、そのたびに少しずつ止まってお話したりしました。

 一旦、職場に戻って着替え、じゃが祭会場へ。ここも知り合いの嵐。久々に会えた知り合いもけっこういました。クロカン少年団のテントで焼き鳥やフライドポテトを食べて、表彰式。

ニセコ花園ヒルクライム2016を終えて

 小径・クロスバイク部門でtotty君が2位に入っていました。昨年の釧路湿原400でしばらく私と一緒に先頭交代をしたシングルギアの若者です。

 さて、余市に戻って来ましたが、気温は午後4時でも32℃。ふがいないヒルクライムの反省と自己正当化のため、ランの練習をすることにしました。

 暑い中でのインターバルトレです。気温は30℃。3キロ周回のコースを1km毎のインターバルをしながら3周、9kmです。

 最初の1kmは普通に走りましたが、次の1kmは速く走ります。昨日のオリエンテーリングで走っている感覚と同じくらいなので、頑張っているけど4分半くらいだろうなと思ったら4分を切っていました。意外に速い。1km毎のラップは

 523,354,453,412,512,411,505,409,512トータル9kmで42分15秒でした。

 一昨日40kmラン、昨日オリエンテーリング、今日午前中ヒルクライムをした後の、気温30℃の中でこんな走りが出来たのは意外です。ラン用の足は意外と早く出来てきているかもしれません。ヒルクライムで不甲斐なかった言い訳です…。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニセコ花園ヒルクライム2016

ニセコ花園ヒルクライム2016
  まもなく開会式です。暑くなりそうです。

ニセコ花園ヒルクライム2016

 8インチの自転車も。その後ろはtotty君の小径シングルですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

パークオリ真駒内

 今日は、真駒内公園で行われたパークオリエンテーリング第3戦に参加しました。

パークオリ真駒内

 会場に着いてみると、yamamotoさんやA井さんもいました。

パークオリ真駒内

 南区民センターの受付から、公園内のスタート地点に三々五々移動し、スタートを待ちます。

 私は14:40スタート。

 スタートして1番、2番と順調に取ります。3番の手前でちょっとだけ無駄な動きをしてしまいましたが、3番へ。

 今回はバタフライ方式になっており、この3番(140)を中心に別々のコースが3通りあります。

パークオリ真駒内

 私は私の地図の4番を見つけ、ダッシュします。そして無事に4番発見。しかし4番は145の筈なのに、番号は136になっています。

パークオリ真駒内

 よく見ると、私が4番と思ったのは14番で、4番は全く逆方向でした。痛恨のミスです。磁北線と十の位の「1」が重なって印刷されており、見落としました。

 距離にして500mほど無駄に走ります。

 その後は大きなミスなくゴール。ピアンタ途中で電池切れで正確にはわかりませんが、直線距離で4.7kmのコースですから6kmくらい走ったと思われます。タイムは31分台。

 区民センターに戻って、カードをコンピュータの読み取り機にかけると、「う~ん、17番不通過です」と言われました。

 17番は最後から2番目のポイントで、実はすぐ近くにトラップにもなる別カテゴリーのフラッグがあり、私はそれに引っかかってしまいました。

 言い訳をすれば、それまではきちんと番号をチェックしながら来たのに、ゴールが近くなって焦ったのか、最後の2つだけ番号確認をしていませんでした。私のミスです。

 という事で、失格となってしまいましたが、ミスればミスるほど、オリエンテーリングは悔しく、面白くなってしまうのです。

 また、ランのスピードも、感覚的には4分半以上では走っていたので、スピード練習にも少しなりました。

 ちなみに、4番と14番の見間違えは、若い大学生も含めて他にも二人以上いましたし、17番のトラップに引っかかった人も他にもいたそうです。

 今回は運営が北大生によって行わてており、コース設定や地図印刷 、当日運営などN原さんやK谷さん以外にも北海道で出来る人が増えていることは頼もしいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

ラン40km練習

 今日は一日休みをもらい、午前9時過ぎから40kmランニング練習をしました。

ラン40km練習

 コースは余市の海沿い+沢町の往復20kmコースを2回です。

 北海道マラソンと同じ時刻からスタートですが、気温はこのところとしては低めで24~26℃す。

 ウエアも北海道マラソン本番候補を着てみました。

ラン40km練習

 途中、海水浴場の横を通ります。水着姿と焼肉のにおいに刺激されます。

ラン40km練習

 海沿いの道は海上自衛隊のミサイル艇基地まで。ここで自宅から7kmです。いつもはミサイル艇がいるのですが、今日は出ていました。

 ここから余市神社の前を通ってコンビニのある沢町を通過し、ジャンプ台近くの余市紅志高校前で10km地点。折り返しです。

 ペースはずっと5分半前後。コンビニでオレンジジュースやコーヒー牛乳を補給し、時折塩飴を食べながら進みます。

 今日は小さなタオルを手に持って走りましたが、これはいい。自転車の時はグローブで汗を拭きますが、同じように手に持ったタオルで汗を拭いたり、水道のある所では腕や足に噴き出た塩分などを拭いてやると、結構気持ち良く再出発できました。

 一回目を終わって家でちょっと給水しすぐに2回目。日差しは強くなりますがペースは変わりません。

 30kmの折り返しで正午頃。今日は風が涼しいので何とかなりました。

 途中に燻製屋やかまぼこ屋があります。

ラン40km練習

 今日は4回目に前を通ったかまぼこ屋に寄りました。

ラン40km練習

 一枚150円ですが売り切れ。「1枚でいいのだけれど」と言ったら、「今から揚げればあるよ」と言われましたが、そこまで待てないので試食のやつだけ二切れほどいただきました。「全部食べていいのに」と言われましたが。

 今度は有名な薫製屋にも寄ってみようと思います。

 最後まで全くペースは変わらずで行けました。最後の2kmは余力があり、4分40秒、4分50秒で走ることが出来ました。

 時間はネットで3時間37分、グロスで4時間25分ほどでした。

 今回の目的は北海道マラソン前にLSDで40km(3時間半以上)走ることでした。いつもの年ならば、洞爺湖マラソンに向けてゴールデンウイークまでには行っているトレです。

 今年は北海道マラソン3週間前に行うこととなってしましました。これでLSDトレは終了です。明日からはスピードトレも入れていきますが、残り3週間でスピード系の筋肉がきちんと付くでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

4日間でラン102km

  新しいシューズも手に入ったし、北海道マラソンに向けてランの本格練習を開始しました。

 昨年はこの時期、羊蹄山に一日3回だとか4回だとかやっていたので、ランの練習には集中できていませんでした。
 今年も忙しくてあまり練習せずに洞爺湖マラソンを迎え、その後はブルべ北海道1200に向けて自転車中心になっていました。
 この4日間で
30日午前28km
31日朝10km、夕方14km
1日 午後24km
2日 夕方26km
計102kmとなりました。いずれも気温26℃~29℃。いずれもゆっくりペースのLSD。
 2日目の朝夕に分けて走ると計24kmでもとても楽なので、1回で長く走るように心がけました。
 普通の年だと、春にやっておくべきことを、大会1か月前になってやっています。
 ただし、1200の効果で体は絞れているので、自転車用の筋肉を徐々にマラソン用に作り変えていく感じです。無理をしてペースを上げると故障しますから、今はとにかくキロ5分半くらいでゆっくり走っています。今週末ヒルクライムとかもありますが、マラソンに集中し、自転車練習は封印です(今年はトライアスロンにも出ないし)。
 20kmを越えると体全体が辛くなってきます。考えてみると今年は洞爺湖マラソンでも20km過ぎて失速して歩くようなペースまで落ちていますから、30kmとかをしっかり走る力がまだ付いていないようです。少し焦りますが、焦っても仕方がないので、明日は少し休んでその後は時折距離を伸ばしながらも、スピード練習も少しずつ入れていく予定です。幸いな事に、1200で若干痛めた様に感じていた左ひざ裏も含めて、今の所怪我や故障している部位はありません。
 余市の海沿いのコースで往復20kmのコースを確定できました。4km地点と7km地点に無料の公共トイレを発見したのが大きいです。コンクリートの護岸は少し走りずらいですが、海や海水浴客を見ながら、ほとんど信号と起伏のない20kmコース。仁木方面に行くとトイレが少なくて、毎回コンビニを利用しなければならなかったので、このトイレのあるコース確定は助かりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »