« ハム肉離れ | トップページ | 『ラオスにいったい何があるというんですか?』 »

2015年12月23日 (水)

『そして父になる』

51mvttsysl__aa300_
『そして父になる』 是枝裕和・佐野晶 著 宝島文庫2013☆☆☆☆

 産みの親か育ての親か。主人公の父の自己本位なところが自分と似ていて、とても嫌な気持ちを持ちながら読みました。逆に言えば、大変共感を持ちました。

 結末の方向は、私もそうしてしまえばいいんじゃない?と内心思っていた方向に向かっていて面白かったです。

|

« ハム肉離れ | トップページ | 『ラオスにいったい何があるというんですか?』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/63118325

この記事へのトラックバック一覧です: 『そして父になる』:

« ハム肉離れ | トップページ | 『ラオスにいったい何があるというんですか?』 »