« 余市町内ラン30km | トップページ | 宗谷600スタート前 »

2015年8月20日 (木)

『親鸞 完結編』

141628542809468041178_img_0001

『親鸞 完結編』 五木寛之 著 講談社2014☆☆☆☆☆
 面白かったです。61歳から90歳で往生するまで京都で過ごした親鸞最後の時期。親鸞自身は京都から動かず、書き物をしたりして静に暮らしているのですが、その周辺の人物が面白い。それが最初の巻に出てきた人々との巡り巡っての因縁があったりして、そこに引き込まれてしまいました。そういう意味では、著者自身も断っていますが、これは小説です。そして、描かれている親鸞像も、五木寛之の思う親鸞です。でも、面白かったです。

|

« 余市町内ラン30km | トップページ | 宗谷600スタート前 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/61257712

この記事へのトラックバック一覧です: 『親鸞 完結編』:

« 余市町内ラン30km | トップページ | 宗谷600スタート前 »