« 羊蹄山2回目 | トップページ | パークオリ宮丘公園 »

2015年8月 8日 (土)

羊蹄山4往復、18時間47分で達成

 昨日は京極ふきざし湧水で車中泊し、朝5:20ごろから羊蹄山4往復に挑戦しました。

 前回の3往復の時より若干気温が低いものの、相変わらず暑いです。

 今回は登山用のザックにトレラン用のザックや簡易クーラーボックスなども含めて入れ、登ります。荷物は重量を測っていませんが、10kgは越えていたと思います。重いのと暑いので最初の登りは2時間15分かかりました。

 前回はザックの中から重い水分などだけをデポしたのですが、今回はザックごとデポし、山頂を基点に一往復するために必要最小限のものを持って走ることにしました。特に真狩コースの下りは、そうしないと走れず、時間も体力もロスしてしまうと考えたからです。

 山頂で6分ほど用意し、喜茂別コースを下ります。山頂から標高1600mくらいまでは晴れていて暑い。しかし、そこから下は雲の中で、なんとも湿気の多い感じでした。喜茂別コースは昨晩かなり雨が降ったようで、今まで経験した喜茂別コースとしては最も滑りやすい状態でした。何回か転びました。一度は倒木の上の足がすべり、笹薮の中にダイビングしてしまいました。

 喜茂別コースの下りは1時間14分。登山口に昨晩デポしておいた500mlのペットボトルとパック入りおかゆがあり食べました。

 喜茂別の登り、思っていた以上に暑い。先ほど曇っていた部分も晴れてしまい、強烈な日射と高温高湿度。水分も消耗が想像以上で、どうせデポするならもう一本加えておけばよかったと後悔しました。

 喜茂別の登りは2時間06分。2回目の頂上は良く晴れていました。ここでブログに投稿したけれど、どういうわけか写真機兼携帯のバッテリーがほとんど無くなっていました。クーラーボックスの凍った冷たいカルピスウォーターを飲み、真狩コースへ。

 真狩コースへは走りやすい時計周りのコースで降ります。前回は走ることが出来ませんでしたが、今回はザックが軽いので走ることが出来ます。9合目付近から雲の中。これはずっと登山口まで続きました。直射日光を避けることが出来たのは大変助かりました。

 昨日まで読んでいた親鸞を思い出し、阿弥陀様に報恩感謝しなければなどと思っていました。真狩コースが曇っていたのは、ラッキーでした。

 真狩の下りは1時間41分。ここで水を飲んだり作ったり、冷凍のハンバーグパックを食べたりして再び登ります。

 真狩の登りも雲の中。1合目から6合目まで気温が変わらない感じです。6合目付近から晴れてしまい直射日光。そうするとまた水分が不足しがちになってきます。

 稜線に出てもそれほど涼しくありません。16時過ぎに3度目の山頂。真狩からの登りは2時間38分。900mlのポカリスエットは、まだかなり凍っていました。山頂に冷たい飲み物があるのは「あそこまで行けば冷たい飲み物がある」という目標になります。

 倶知安コースの下りも、慎重に、でも軽快に降ります。軽快に降りているつもりでしたが、7合目付近でタイムを見るとけっこうかかっていたので、すでにダメージが出ていたようです。

 登山口に着くころには暗くなっていました。倶知安コースの下り1時間52分。

 登山口で水を作ろうと思ったら、水道が枯れていました。これは参りました。これでチャレンジは終わりかと少しパニックに。そうしたら、その様子を見ていたキャンパーの方々が、水を分けて下さいました。1リットルと少しでしたが、これでギリギリ続行できそうです。

 倶知安の登山口を登り始めたのは18時25分ごろ。倶知安コースも1合目から8合目くらいまでもわっとした霧の中。そのためか夜になって標高を上げても気温が下がりません。水分が少ないので、汗をかかない様に省エネ登り。もっとも、水があっても疲れていて同じ事になった気がします。

 とても時間がかかりました。脱水気味のためか、眠気まで襲ってきて、合目ごとに座り込んでちょっと寝る始末です。一般の方々の登山の苦しさが少し追体験出来た感じでした。

 8合目くらいから突然晴れてきました。空には満点の星。月は出ていないし、霧のため倶知安などの光もない。沈みかけのアンタレスとか射手座の南斗六星、カシオペア、北斗七星、夏の星座とあまりにはっきり分かる天の川、東にはペガサスまで出て来て今までの羊蹄山で一番の天体ショーでした。

 倶知安の登りは何と3時間18分。頂上はそよ風で気持ちの良い程度です。ポカリの氷はまだ少し残っていました。このまま頂上で眠ってしまいたい衝動にかられます。

 ザックに全てを詰め込んで、最後の下り。ちょうど22時ころに出発です。

 京極コースも変な霧の中。コースも湿っていて滑りやすい。ここで怪我をしたら元も子もありません。疲れていることもあり、相当慎重に降ります。ライトも、ハイビームにしたいのですが、そうするとあまりに多くの蛾や虫が寄ってくるため、見づらくなりますがロービームの弱い光で降ります。

 ゆっくりでも確実に標高は下がって来ます。2合目からは濃い霧と霧の晴れが交互に現れ、1合目からは完全に晴れました。と同時に、風が涼しい。天気が変わったのかもしれませんが、麓の風と2時間前にいた頂上の風の温度は同じくらいに感じました。自動車の温度計でも麓は18度でした。

 最後の下りは2時間10分。終了した時点で日付が変わり0時09分でした。

 総合時間18時間47分。最後の1往復に6時間近くかかってしまいました。

 終わった後は温泉は当然やっていないので京極の噴出し湧水へ。ここで7度くらいの冷たい水をしこたま飲んで、体を洗っているうちに衣服を全て脱いでしまいました。痛いほど冷たかったけれど気持ちよかったです。そうしていたら、こんな時間でもポリバケツに水を汲みに来る人が来て、少し焦りました。

■記録

京極コース登り   2時間15分、頂上6分

喜茂別コース下り 1時間14分、麓4分

喜茂別コース登り 2時間06分、頂上12分

真狩コース下り  1時間41分、麓22分

真狩コース登り  2時間38分、頂上15分

倶知安コース下り 1時間52分、麓12分

倶知安コース登り 3時間18分、頂上14分

京極コース下り  2時間10分

総合時間 18時間47分

 

 

|

« 羊蹄山2回目 | トップページ | パークオリ宮丘公園 »

登山・トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

あの羊蹄山を4回登るのは凄すぎる。
ぼくは1回できついです。

投稿: 普通の人 | 2015年8月 8日 (土) 13時24分

お疲れ様です。
とうとう、というか、予定通りというか、羊蹄山4往復を完成ですね。
おめでとうございます。
これで、ルスツ80㎞も楽勝では、、、

「携帯のバッテリーがほとんど無くなっていました」
私もトレランで何回か経験があります。
何故か、3~4時間でいきなり電池が無くなるのです。
リチウムイオン電池は振動に弱いから?とか、振動でボタンがおされてディスプレイが点灯?かなと、思っていますが、結局、長い距離のトレランでは予備バッテリーを持つようになりました。

投稿: yamamoto | 2015年8月 8日 (土) 20時40分

普通の人さんへ→
 どなたかちょっと判りかねますが、コメントありがとうございます。羊蹄山4回は、今年の最大の目標でした。

投稿: kiyatchi | 2015年8月 9日 (日) 07時53分

yamamotoさんへ→
 羊蹄山4回は、日が長くて涼しい6月か、北海道マラソンなども終わった秋にやるのだろうと漠然と思っていました。まさか暑い真っ盛りに実行するとは自分でも意外でした。倶知安から離れて、羊蹄山に対して「いつでも行ける訳ではないのだ」という焦りがあったのかもしれません。
 この後、2週間でブルべ600、3週間で北海道マラソンです。それに向けて体を作り直すので、トレランはもう終わりです。80kmとか考えられません。

投稿: kiyatchi | 2015年8月 9日 (日) 07時59分

やれやれ、もうなんと言ってよいやら。お疲れさまでした。平地30k LSDで音を上げる我が身が情けない。墓参りのとき、時間があれば寄ってください。

投稿: いとこ | 2015年8月 9日 (日) 10時30分

羊蹄山4回、おめでとうございます@@
 
宗谷600kmでお会いできますね^^

投稿: pen | 2015年8月 9日 (日) 18時17分

いとこさんへ→
 30kmLSD、なかなか普通の人は出来ない距離だと思います。
 真狩で何かあったら、ハイヤーを頼もうと思っていました…。

投稿: kiyatchi | 2015年8月 9日 (日) 20時36分

penさんへ→
 ありがとうございます。今年一番の目標を達成することが出来て、嬉しくほっとしています。 
 宗谷600、よろしくお願いします。天気と風が良いといいですね。熊はいないと思いますが…。

投稿: kiyatchi | 2015年8月 9日 (日) 20時40分

羊蹄山登山道のフルコンプリートおめでとうございます。
常人には全く理解されないであろう素晴らしい快挙ですね。
凄すぎます!
それにも増して夜中の湧水場でのヌードはかなり危ない行為でしたね。

投稿: ニシシ | 2015年8月 9日 (日) 21時43分

ニシシさんへ→
 ありがとうございます。今回の挑戦、一番似た感じだったのは、サロマ100キロマラソンでした。3度目の頂上は5/8(62.5km地点)ということで、サロマでいうと斉藤商店の手前くらい。
 4回目の倶知安の登りからが、ワッカのイメージで、サロマでふらふらになりながらエイドごとに止まって休む様に、羊蹄山の合目ごとに止まって休みました。
 達成後の高揚感とのどの渇きを十分にいやしてくれる吹き出し湧水でした。

投稿: kiyatchi | 2015年8月 9日 (日) 23時46分

おめでとうございます!
自分にとっては想像を超えた世界です。
噴出し湧水では危なかったですね(笑)

宗谷岬600、天候に恵まれると良いですね。頑張りましょう。

投稿: stakahashi | 2015年8月10日 (月) 08時31分

stakahashiさんへ
ありがとうございます。倶知安に住んでいるといつか挑戦したくなりましたが、多くの方には目的がよく分かっていただけない様です…。
三泊四日で出張中で、自転車のトレーニングが出来ません。宗谷600は厳しい状態で臨む事になります。

投稿: kiyatchi | 2015年8月11日 (火) 05時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/61080489

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄山4往復、18時間47分で達成:

« 羊蹄山2回目 | トップページ | パークオリ宮丘公園 »