« 2015年6月のトータル | トップページ | 『握る男』、『きみが微笑む時』 »

2015年7月 5日 (日)

羊蹄山京極コース

Ts3k1483

 今日は、午前中、京極コースから羊蹄山に登りました。
 余市を出た時には快晴だったのですが、赤井川は霧、倶知安は曇りでした。
 京極登山口に8時頃に着いたら、自動車を止める場所が無いくらいでした。
 引っ越しの関係もあり、登山やトレイル系は今年は完全に初めてです。
 足は全く出来ていないのだろうと思いながら、登り始めました。
 登っていくと 、意外と快調です。天気も時折晴れてきました。
 8合目過ぎに上からかなり速いトレイルランナーが下って来ました。セミプロのトップランナーかと思ったら、私の名前を呼びます。何とyamamotoさんでした。
 示し合わせた訳でもない(私が羊蹄山登山を思い立ったのは一昨日です)のに、考える事が同じなので笑ってしまいました。
Ts3k1485
 山頂には10時前に着きました。登り1時間48分。京極コースは登り切ってから頂上が近いので、比羅夫コースだと2時間ギリギリくらいのペースかなと思います。
Ts3k1488
 山頂はかなり人がいました。
 10分ほど頂上にいて、下りました。
 下りも、今年初めてなのだから慎重に下ったつもりですが、木を掴んで下りやすいこともあり、いつの間にかスピードが出ています。一か所、木を離したあと着地したところに笹が斜めにあったのか予想外に滑って転んでしまいました。
 どんどん下って、何人か抜かしましたが、yamamotoさんには追いつきませんでした。
 
 下りは1時間09分でした。
 今年初めてなのに、意外と良いペースで下って来ることができました。いつもはこの後筋肉痛になるのですが、あまりならないような気もします。
 
 本当は北見200を走りたかったのですが、天気の良い中、羊蹄山に登ることが出来て大満足です。京極温泉に入り、午後はお仕事でした。
 
 記録
登り 1時間48分
頂上    10分
下り 1時間09分
登り始めて降りてくるまで3時間08分

|

« 2015年6月のトータル | トップページ | 『握る男』、『きみが微笑む時』 »

登山・トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

セミプロのトップランナーではなく、トレイルウォーカーのyamamotoです。(^-^;
UTMFに向けてポールを封印して、登りはヘロヘロ、下りもイマイチ楽しみが半減中です。
私が下山してとき頂上から7合目まで登ってくる人は、私が登っているときに追い抜いた登山者が多くて、みなさん疲労困憊でした。その中、疲労感の無い、跳ねるようにリズム良く登ってくる変な人、、、kiyatchiさんでした。
私の時間はこんな感じです。kiyatchiさんの足元にもおよびませーん、が、また、よろしくです。
■登り
5:50 ふきだし公園(道の駅)
6:25 京極登山口
7:45 6合目(10分休憩、その後各駅停車)
9:00 頂上
■下り
9:25 頂上
10:40 京極登山口
11:00 ふきだし公園(道の駅)

投稿: yamamoto | 2015年7月 6日 (月) 10時05分

昨日は羊蹄山を見上げながらニセコの下のほうを自転車で走っていました。
また雲の上にいたのですねkiyatchiさん^^
以前ブログでご紹介いただいた洋蹄軒は満席でした、残念。

投稿: pen | 2015年7月 6日 (月) 14時57分

yamamotoさんへ→
 京極ふきだし公園から登ったのですね。下りは1時間15分で登山口まで降りていて、ほとんど私と同じタイムですね。
 私は今日になって筋肉痛が来て、階段は手すりなしで降りることが出来ないほどです…。最近羊蹄山では必ずこうなります。

投稿: kiyatchi | 2015年7月 6日 (月) 21時21分

penさんへ→
 ブログ読ませていただきましたが、ほぼ、私が勝手に「ニセコ山岳トレーニングコース」と名付けていたコースを走られたのですね。本当に気持ちの良いコースですよね。特に私は新見温泉手前の登りが谷が深くて好きです。
 洋蹄軒はたった一人で全てを切り盛りしているので、5人もお客さんがいたらもう大変そうでした。隣のホットケーキ屋もなかなかですよ。

投稿: kiyatchi | 2015年7月 6日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/60629016

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄山京極コース:

« 2015年6月のトータル | トップページ | 『握る男』、『きみが微笑む時』 »