« 『カツ丼わしづかみ食いの法則』 | トップページ | 『シンメトリー』 »

2015年7月28日 (火)

『土漠の花』

 Plt1410020024p2
『土漠の花』 月村了衛 著 幻冬社2014☆☆☆

 面白くて、350ページほどですが、昨晩一気に3時間くらいで読んでしまいました。日本の自衛隊がジプチ(ソマリアの隣)で戦闘に巻き込まれるという話です。次から次に続く戦闘シーンで、少しずつ自衛隊員も命を落としていきます。

 何だか、アクション映画を見終わった様な感じです。漫画と言ってもいいかもしれません。展開が早く、どんどん読み進んでしまったのですが、冷静に考えると矛盾する部分とか、非現実的な部分が多すぎて、あり得ないと思ってしまいます。

 集団的自衛権の議論に乗っているのかもしれませんが、ほとんどそれを意識せずに、エンターテイメントとして読んでしまいました。

 安保関連法案には、私は絶対反対ですが。

|

« 『カツ丼わしづかみ食いの法則』 | トップページ | 『シンメトリー』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/60932681

この記事へのトラックバック一覧です: 『土漠の花』:

« 『カツ丼わしづかみ食いの法則』 | トップページ | 『シンメトリー』 »