« ゴールしました | トップページ | くらパンのカード »

2015年6月28日 (日)

釧路湿原400を振り返って

 昨日はランドヌール札幌主催の2回目のブルベ、BRM627釧路湿原400でした。



Photo


 金曜日に普通に仕事を終えてから釧路に向かい、駅前のホテルに自転車とともに宿泊。夜中まで準備をしていました。

 朝6時から受け付け。今回の参加者は20名弱。スタッフのチコリンさん、ボンゴさんやR札幌のKさんTさんMさんなどの面々、yyyさんなどほのぼのした感じです。6,7年前のブルベに初めて参加した頃の雰囲気に似ています。代表のY田さんは一緒に走るそうです。
 それにしても寒いです。気温9℃。指切りグローブを止めて指の長い皮のに変更。替えのグローブありません。基本的に冬用装備にするべきでした。

 Dahonの小径車にシングルギアという参加者もいました。

Ts3k1462
 スタートは一番最後からにしました。釧路市内では信号待ちでKさんとかと少し話をする事ができました。郊外に出たら、車列を抜いていきます。Iさんも着いてきます。一瞬ですが、他の参加者の方々と言葉をかわしました。

 最初のPCは標茶。Iさんと一緒にどんどん参加者を抜いて行きますが、塘路湖の手前で、私の自転車から何かが落ちました。戻って探すと、メインライトのレンズが路肩に落ちていました。昨日自動車に積むときに落としてしまい、ダメージがあったようです。さらにライトの反射板も落ちて来ました。ライトそのものは点くのですが、このままでは使い物になりません。PCでビニールテープを購入し、応急処置をしました。標茶までは向かい風基調でした。

Ts3k1465

 PC1の標茶には私の前に3人の参加者がいました。そこから私も含めて4人で走り始めましたが、シングルギアの若者が登りでダンシングしながら飛ばしていきます。私は何とか付いていきましたが、他の2人は遅れます。

 そこからしばらく先頭をシングルギアの若者と走ります。ハブやホイールは良いものに変えているようです。登りは全てダンシング、下りはすごいケイデンズで回しながら私と先頭交代するのですから、普通の自転車だったらどんなに速くなるのでしょう。かつての恵庭600の9速固定の事を思い出していました。

 しかし、若者はだんだん私から離れて、ついに単独となってしまいました。厚岸まではペースが上がり、avgも28.3kmくらいまで上がってきました。

 しかし、厚岸から霧多布への道は、起伏が結構あり、向かい風。初めて通る道ですが、曇っていて何も見えません。ペースが落ちます。霧多布手前の琵琶何とか展望台のところで、スタッフのチコリンさんと何故かKさん。Kさんは途中で落車してしまったそうです。霧多布のPC2では、本当に寒くて、ウインドブレーカーを着ることにしました。

 PC2から私が出発する頃に、旭川から参加のSさんとシングルギアの若者が到着しました。

 霧多布から落石への道道142号線も細かいアップダウンの連続です。しかも全部完全な向かい風です。ペースが落ちます。天気はずっと曇り。でも初めて通る所なので、それだけで嬉しいです。

Ts3k1466
 通過チェックの落石岬入り口。写真を撮ります。冷たい向かい風は続きます。100km4時間のペースが守れなくなってきました。

 考えてみれば、オホーツク高気圧が張り出しているのですから東風になるのは当たり前です。しかし、気温が一桁というのは想定外。昨年1200の試走をした時には納沙布岬周辺は奇跡的に晴れていて暖かかったイメージが残っていました。

Ts3k1468

 根室の入り口のセブンで補給。嬉しいことにオランダせんべいが売られていました。

 根室から納沙布岬がまた遠い。向かい風の20km。時速も20kmを下回ります。

 納沙布岬からは追い風に変わります。しかし、けっこうやられた感があり、思ったほどはペースがあがりません。

 根室の街中の電光掲示板を見ると気温は8.6℃。追い風になって少し暖かくなったと感じていたのは錯覚でした。

 すき家で牛丼を食べてお腹を作り、PC3の厚床へ。厚床が19時頃。予定より1時間半ほど遅れています。厚床にはこのコースを企画したスタッフのKさんが来てくれました。PCを出発する時に、Iさんが到着しました。

 厚床から霧多布は追い風で35km/h以上で快調に飛ばせました。

 行きにも通った真っ暗な山道を厚岸に向けて走っていると雨が降ってきました。厚岸の入り口で、上下カッパとゴム手袋、コンビニ袋の完全雨装備に切り替えました。

Ts3k1475


 最後の落とし穴は厚岸から釧路の間。「オシャマップ」の看板写真を撮る通過チェックの手前は、このコース最大の登り。そこからは下るかと思いきや、細かなアップダウンが延々と続きます。疲れて眠たくなって来た身にはこたえます。あたりめを噛んでいる間は眠らずにペースが上がりますが、噛み終わると路肩に落ちそうになります。やばいパターンです。「昆布森まで15km」という看板が出てからが長い長い。昆布森の直前は急なカーブが連続する下りです。よりによってそこで鹿が飛び出して来ました。

 昆布森から釧路市内は傾斜が緩やかで明かりも見えてきて何とかなりました。

Ts3k1477

 1時09分に南大通りのローソン着。ブルベ時間18時間09分でした。avgは25.0km/hまで落ちていました。

 低温と向かい風と細かいアップダウン。厳しいブルベでした。ゴール受付ではちこりんさんとKさんが待っていてくれました。

 考えてみると今シーズンは200kmが最長距離で、400はけっこうダメージがありました。でも行ったことの無い土地を走るのは、たとえ夜中で曇っていてもわくわくしました。スタッフのみなさん、ありがとうございました。

 

 

|

« ゴールしました | トップページ | くらパンのカード »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お楽しみさまでした。
参加したかったのですが、今回は何となくパスしました。
道東は7月でも夜はストーブが必需品だったよね?
と思って、6月の夜は自転車で走りたくないなーと思ってました。
あと、道東に住んでいたとき、根室方面にはいかなかったのですね。私は、数回根室方面に行ったし、海岸沿いの通称「難読地名道路」もドライブを楽しんでました。
でもそれは20年以上前のことなので、どう変化したか走ってみたいコースです。

投稿: yamamoto | 2015年6月29日 (月) 12時51分

yamamotoさんへ→
 当日の最低気温は5℃台まで下がっていたそうです。オホーツク高気圧の霧が発生しても15℃近くになるという間違った記憶がありました…。
 弟子屈-釧路間や弟子屈-根室間は何度も行ったことがあるのですが、釧路-根室間はありませんでした。20年たっても、変わっていないのでは?とりあえず、何も無かったです。

投稿: kiyatchi | 2015年6月29日 (月) 20時55分

こんにちは、シングルダホンのtottyです。

ブロンプトンでブルベとうかがいましたので、検索してみたら
こちらを見つけました。

少しの間でしたが、ご一緒して楽しかったです。
あんな仕様なのでそもそも他の人にペースを合わせるのが難しいのですが、やはりkiyatchiさんにはついて行けませんでしたね…結局その後もほぼ単独走でした。

車がないので遠征ブルベは大抵ダホンで輪行となると思いますが、ロードも持ってますので、いつか(ペースが合う機体で)ご一緒する機会があればと思います。

お疲れさまでした。

投稿: totty | 2015年6月30日 (火) 00時34分

こんばんわ.第3PCでお合いできてとても嬉しかったです.
kiyatchさんでも,昆布森手前は厳しかったのですね.ちょっと安心しました.それと,納沙布岬の向かい風の中,初めて走るところが嬉しいとのことで,非常に同感です.
今度,眠気対策についてご教示下さい.宜しくお願いします.

投稿: イノウエ | 2015年6月30日 (火) 21時24分

tottyさんへ→
 お疲れさまでした。まず、チェーンがすばらしくきれいだったことが印象に残っています。
 標茶からの上り坂ダンシングは付いていくのが精一杯でした。あの激しい動きは大きく消耗するのではと思っていましたが、ゴールもかなり早かったですね。400を小径車であのタイムは、凄いです。また今度よろしくお願いします。

投稿: kiyatchi | 2015年6月30日 (火) 22時13分

イノウエさんへ→
 お疲れさまでした。レポも読ませていただきました。初400、初睡魔だったのですね。PC3でお会い出来た時には嬉しかったですが、その後抜かれるのではないかという気持ちも少しありました。
 私の睡魔対策は、寝てしまうことです…。あとはオランダ煎餅とあたりめです。
 また今度よろしくお願いします。
 

投稿: kiyatchi | 2015年6月30日 (火) 22時25分

ハードな400、お疲れ様でした。kiyatchiさんでも最後はキツかったというと、かなりの難コースですね。
寒さと風は身に堪えますね。。僕はきじひきを登ってきましたが、雨で上は冷えていました。エリート優勝のあのニセコの方ともお話ししましたが、ブルベにも出てくれたら面白いのになとか考えてしまいました(笑)

kiyatchiさんとは今年はまだご一緒出来ていませんが、新パノラマ300やHANAZONOでお会いできるのではと期待しております。

投稿: Stakahashi | 2015年6月30日 (火) 22時36分

Stakahashiさんへ→
 きじひきお疲れさまでした。ライアンは一度練習会で一緒に走ったけれど、彼が引くと全く付いて行けませんでした。ブルベ常連のアダムさんもかなり速く登っていますね。
 花園は出ますが遅いです。パノ3はスタッフです。宗谷の600でご一緒できるかな?

投稿: kiyatchi | 2015年6月30日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/60546345

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路湿原400を振り返って:

« ゴールしました | トップページ | くらパンのカード »