« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

薄野200を振り返って

 今日は北海道で2つ目のブルベ運営団体であるランドヌール札幌初のBRM薄野200でした。

Photo

 6時過ぎから大通り西11丁目付近にライダーが集まります。何人もの知り合いの方々と顔を合わせ、少しお話する事ができました。しかし、stakahasi氏はDNSとのこと。残念です。少し雨が降っています。yosidaさんやtakedaさんによるブリーフィングのあと、車検をして出発です。7時出発ですが、少し早く出発になりました。

Photo_2


 定山渓までは先頭。雨が激しい。南の沢の東海大学の近くなどは車でも走ったことが無かったので、面白かったです。ちなみに、今回も地図やグーグルマップで予習をしたため、コースはほとんど全部覚えていて、ブルベの最中には一度もQシートを見ませんでした。

 定山渓手前で、一人追いついて来ます。若いTさん。初参加ということですが、結構速いです。

 定山渓のセイコマートで5,6人と出たり入ったり。私は先頭でもう一人若いIさんという人(エリートだったけれど、レースは止めて今年からブルベに出ているそうです)と一緒に出発しましたが、登りですぐに単独になってしまいました。そこからはずっと単独で先頭でした。自分としてはstakahasyi氏の幻影を追いかけて登っているイメージでした。

 朝里峠は車も少なく走りやすいです。札幌側からだと、ほとんどの部分がフロントアウターで登ってしまえる緩い傾斜です。登りはじめは少し晴れてきたと思っていたのに、頂上手前からまた雨が降ってきました。

 頂上のトンネルを越えると下りですが、雨。気温9℃。私は短パンですから、結構寒いですが、樺立て峠の夜よりは寒くありません…。

 朝里峠は小樽側は傾斜がきつく、凍結防止の縦割れ目舗装や急カーブもあり、かじかんだ手ではうまくブレーキをかけることが出来ず、怖かったです。

 朝里に降りて5号線に出ると、少し暖かく、薄く晴れて来ました。しかし、5号線は交通量が多いので神経を使います。

 PC1の銭函のセブン(73km地点)には9:35着。後ろからは誰も来ません。

 銭函から石狩は斜め後ろからの追い風で快調です。avgも上がっていきます。石狩から厚田にかけて、また雨が結構激しく降り出しました。おまけに徐々に激しい横風になります。231号線に入ってからは、交通量が多いのに路肩は狭く、そこに激しい横風ですから、辛かった。

 PC2の厚田(117km地点)には11:13着。4人ほどの自転車乗りグループが出発するところでした。

 厚田からは道道11号線。結構アップダウンはあるものの、追い風基調です。でも登っているとまた雨。月形が近くなってやっと明るくなり暖かくなってきました。

 新篠津までの水田地帯を南下する部分は追い風。時速35km以上で飛ばせます。新篠津で完全に晴れ。自転車を降りると暑い。PC3新篠津(159km地点)は12:52。

 新篠津からは道道139号線をひたすら走ります。かなりジグザグになっていますが、道路標示はわかりやすい。南下すると追い風、西へ向かうと横風です。追い風は35km以上、横風は30km以上で走ることができました。

 江別の街に入ると、信号で止まることが多くなりました。

 そして一旦275に出た後、豊平川のサイクリングロードへ。ここも快調に飛ばしますが、他の自転車や子供、ランナーなど色々な人がいるので、ベルをかなり鳴らしました。

 最後は札幌のススキノを通って石山通のローソンでゴール。14:29着です。そこから少し離れたランドヌール札幌のマンションまで移動。、落ち着いた部屋の中でyosidaさんが待っていてくれました。ブルベカードに時間などを記入し終了です。

 私から30分くらい遅れて、定山渓で一度追いついて来たTさんがゴールしました。初めてのブルベでこの速さはすごいです。

 私のゴールタイムは7時間29分ですが、実際にはプラス20分くらいかかっています。サイコンのavgは28.3km/hでした。朝里峠や信号の多いコースとしては、良い方ではないでしょうか。

 ランドヌール札幌初のブルベで、コースレコードを残すことが出来、素直にうれしいです。yosidaさんをはじめ、スタッフの皆さんありがとうございました。

 考えてみると、速い人に付いて行く必要が無かったのだから、一番最後からスタートして、少しでも参加者の皆さんと絡みながら走れば良かったと後で思いました。

 200kmの最後までペースが落ちなかったのは、通勤の効果が少しは出ているのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゴールしました

ゴールした
 新篠津からは晴れていました。7時間28分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚田

厚田
 風と雨けっこうあります。ずっと単独です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルベ薄野200

ブルベ薄野200
  朝は少し雨です。ファットバイクも5台ほどあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

毎日は難しい

 今週は日曜日から金曜日まで毎日自転車通勤をしました。火曜の帰りに少しだけ雨があった他は天気は良かったです。6日間で550km以上走ったことになりますが、考えてみれば1回のブルベで走ることが出来る距離でしかありません。

 朝は、とても気持ちよく走ることが出来ます。殊に赤井川村の朝の美しさはなかなかのものです。しかし、夜に帰るのは暗いし、なにより寒くて苦痛です。出来るだけ早く、18時頃には倶知安を出ると、家に帰ってから少しは時間があります。しかし、週の半ばから、早く帰っても早く寝てしまうようになってきました。疲れが溜まっているのかもしれません。

 毎日自転車で通い続けることは、身体的には何とかなりそうですが、仕事が少しずつたまってしまいます。また、ランの練習がほとんど出来なくなります。家で本を読むことも出来ません。

 また、自転車も単にだらだら乗っているだけで、時間の割にトレーニング効果は薄い気がします。もっと短時間でも集中して追い込んだ方が効率的です。最短記録も、十勝200の後に出た1時間50分を2分縮めたに過ぎません。毎日走っていたら楽に速く走れる様になると思っていたのですが、登りは遅いままです。

 根性の無い私は、毎日の自転車通勤は止めて、来週からは週に2,3回にしようと思います。

 明日は倶知安に行く必要が無いので、朝ランをするだけにします。

 明後日はランドヌール札幌の船出、ブルベ「薄野200」に参加します。stakahashi氏と初めて一緒に走ることが出来そうです。(スタート直後にディレーラーが折れるとか起こらなければですが…)彼に何とか少しでも付いて行きたいと思っていますが、こんな調子では朝里峠に入る前にちぎれてしまいそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

『職業は武装解除』

Syokugyouhabusoukaijo
『職業は武装解除』 瀬谷ルミ子 朝日新聞社2011 ☆☆☆☆

 この日本人女性もすごいです。自分は何も出来いない人間だから、他の人がやらないことをやろうという発想で生きてきた感じです。謙遜していますが、世界の中で「武装解除」を指導できる数少ないコーディネーターになっておられる様です。活躍された地域は、ルワンダ、シエラレオネ、アフガニスタン、コートジボワール、旧ユーゴ、ケニア、南スーダンやソマリア等と多岐にわたります。

 先日読んだ、「本当の戦争の話しをしよう」の著者と同じ時期に同じアフガニスタンで立場は少し違うけれども武装解除をしています。その難しさ(武装解除時に過去の罪は問わすに職業訓練や手当を与えるため、結果として被害者よりも加害者を優遇してしまう矛盾点)に疑問を感じ、それを克服するために今は現時点で彼女が最もやりやすいNPO法人日本紛争予防センターの事務局長となり活躍しています。

 国連PKO職員、外務省二等書記官として働いていた時期もありますが、彼女の特殊能力が必要とされたためにその仕事に就いたようです。

 彼女は一貫して、援助はその地の人たち自身が自立するためのもので、お金や物を安易には与えないという姿勢は全くぶれません。この点は日本中の人が、「援助」を考える際の最も押さえておかなければならない点ではないでしょうか。

 また、紛争解決の段階を4つに分けるのも彼女独自の発想だと思います。ステップ1が治安の改善(武装解除)、ステップ2が最低限の生活保障、ステップ3が経済的・社会的自立、ステップ4が民族間の和解です。大変ためになりました。

 ソマリアについても、首都のある南部ソマリアと民主的な北部ソマリランド、海賊の多い中部プントランドに分かれていることもしっかり書かれています。その南部ソマリアでも(だからこそ)NGOの活動を軌道に乗せようとするチャレンジ精神と公平性への配慮は、なかなか凄いものです。

 彼女は、自覚はしていないかもしれませんが、世界から認められ、世界で必要とされる数少ない日本人女性になっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

『ブルネイでバドミントンばかりしていたらなぜか王様と知り合いになった』

514pqyxg7hl_sy344_bo1204203200_

『ブルネイでバドミントンばかりしていたらなぜか王様と知り合いになった。』
大河内博 著 集英社インターナショナル2014 ☆☆☆☆☆
 これ、面白かったです。漫画じゃあるまいし、こんな大使館員いるわけがないだろうと思ってしまいましたが、事実です。
 大河内さんは通産省から出向の形で2005年にブルネイ日本大使館の二等書記官として派遣されます。仕事が全然うまくいかない中、ふとしたきっかけで中学生以来だったバドミントンを始めると、国でバドミントンが盛んなこともあり、どんどん友人が増え、徐々に政府高官や王族とも知り合いになっていきます。
 その一方で各地の村のバドミントンクラブにも武者修行へ。王族から一般庶民、出稼ぎ労働者まで、ありとあらゆるブルネイの人たちと友達になっていきます。
 高官と様々なコネクションが出来てからは仕事もうまく進み、2年の任期が異例の5年になり、役職も一等書記官に上がります。でも、彼と結びついているブルネイの人々は、役職で結びついている訳ではありません。
 一方で妻と幼い娘のいる家庭は顧みず、溝が出来てしまう部分も出てきます。
 それにしても、ここまで純粋に一つの事に打ち込める人というのも珍しいのではないでしょうか。ましてやそれが大使館員だなんて…。
 彼の生き様も魅力ですが、小国ブルネイの事も大変良く分かる本です。王様に会うまでには、彼でも5年かかっていますから、小国とは言え、そんなに気安く会えるローヤルファミリーではありません。
 2010年に帰国後、3年間通産省で仕事をした後、ついに仕事を辞めて2013年から家族とともにブルネイに住んでいるそうです。
 久々にサムライのような日本人の本を読ませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『いちえふ』

51dx2o7iwwl_sy344_bo1204203200_

『いちえふ』 竜田 一人 著 講談社2014 ☆☆☆
 福島第一原発のことを「いちえふ」というそうです。著者が実際に労働者として体験したことをもとに書かれたマンガです。彼がその目で見てきた「福島の現実」を描いているけれど、「フクシマの真実」を暴く漫画ではないそうです。
 第一巻ではおもにフクシマにたどり着くまでが描かれています。実体験した人でないと分からないことがいろいろ出てきます。続編も発刊されているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

洞爺湖マラソン2015,30kmでペースダウン

 朝、留萌走ろう会の人達が集まってきました。yamamotoさんも来て、久々に色々お話しました。それにしても寒い。私は今日は短パンと半袖しか持ってきていません…。

 そうこうしているうちに雨が降ってきました。スタート時も小雨。後ろにニシシさんがワラーチでいました。
 しかし、10kmほど走ると雨はほとんど無くなりました。
 私は走り出しで人がばらける2km地点くらいからキロ4分15秒~4分30秒くらいで走ります。自分としてはけっこうハイペースですが、行けるところまで(あわよくば最後まで)行きます。
 それだけ速く走っているにも関わらず、昨年9秒負けてしまったK﨑さんに10キロ地点手前で抜かれました。
 20km過ぎから左足ふくらはぎが痛くなってきました。シューズを160gのものにしたので、ヒラメ筋に負担がかかったのかもしれません。
 財田の登りで、周囲の選手から遅れ始めました。折り返しでは、自分より速い知り合いとも、遅い知り合いとも一瞬ですが声を掛け合うことができます。留萌のFさん、K﨑さん、留萌のS石君、S藤君、珍念さん、yamamotoさん、恵庭のOさん。
 28km付近はかなり強い向かい風です。
 30kmのエイドを過ぎたあたりから力が入らずキロ5分になってしまいます。さらに35km付近からはキロ5分半に落ちます。左右のふくらはぎと、右の太もも外側が特に痛いです。
 最後は苦しんで苦しんでゴールしました。
 ゴールタイムは3時間21分54秒(グロス)、3時間20分39秒(ネット)でした。
 K﨑さんはなんと3時間6分台。もう張り合えないほど差が付いてしまいました。

 ゴール後は、かなりのダメージです。すぐに温泉で温まりました。

 1kmごとのラップは、

559,414,419,418,424,429,430,437,432,416

428,421,434,431,434,420,430,435,433,447

411,435,451,500,459,439,429,421,452,439

455,452,500,455,503,526,528,531,529,534

544,513,057(0.195km)

でした。30kmからあきらかに落ちています。

そういえば、この作戦、富士山マラソンで失敗しているのを忘れていました。

北海道マラソンでリベンジです。

PS ネット、光で繫がるようになりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

洞爺湖マラソンの朝

洞爺湖マラソンの朝
車中泊しましたが、寝袋ではなく布団を積んで来たので、全く寒くなく完璧な睡眠でした。デッキーと会う事ができました。

洞爺湖マラソンの朝
自転車通勤を始めてからランの練習時間がかなり少なくなってしまいましたが、今日は最初から行けるところまでいくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

『本当の戦争の話をしよう』

51mvszbttl__sy344_bo1204203200_
『本当の戦争の話をしよう』 伊勢崎賢治 著 朝日出版社2015☆☆☆☆☆

 今は東京外語大の教授ですが国連幹部として東チモールやシエラレオネ、アフガニスタンで武装解除の当事者として携わった著者が、福島県の福島高校の高校生たちに行った講演をまとめたものです。

 好きか嫌いかと言われれば、私は著者のことを好きになれないかもしれません。しかし、彼がある意味命もかけて行ってきた紛争地での公務員的活動は、きれい事ではいかない現実の話ばかりです。そこにイデオロギーや誇張、嘘が入り込む余地は無く、様々な場面で経験した現実を突きつけてくる凄さがあります。

 この本で新しく知った言葉に「セキュリタイゼーション」というものがあります。大衆煽動のことだと思いますが、その実体と危険性、さらには対処方法まで高校生と一緒に考えている部分は新鮮でした。

 「もしもビンラディンが歌舞伎町で殺害されたら」とか「もしも自衛隊が海外で人を殺してしまったら」など、講話の設定も工夫されていて面白いです。福島の高校生がそれに対して予想以上に深く返してくるのもすごいです。

 アフガニスタンの武装解除は彼が主導してカルザイ政権を後押しし、「日本人」としての良い意味での誤解を最大限に利用して行ったそうです。しかし、それがアメリカの選挙の影響もあり、権力の空白を生んで再びタリバンが復活する原因を作ってしまったという下りは迫力があります。著者自身は、それが結局アメリカの手のひらの中で動かされたことになってしまったと分析しています。

 主義だとか主張とかがほとんど出てこないけれど、全体として大きなメッセージが伝わってきます。なかなか読み応えのある面白い本でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『「トップランナー」の言葉』

T02200314_0350050010198049066
『「トップランナー」の言葉』 NHK製作班 三笠書房2008☆☆

 北島康介、劇団ひとりなど、28名の「トップランナー」にインタービューした番組を本にしたものです。インタービューした時期が2000年前後のものが多く、少し古い感じがします。しかし、共通して訴えてくるものがあり、少し刺激になりました。ただ、映画やCM関係の人にかたよっている感じがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『波の音が消えるまで』上下

Naminooto1
『波の音が消えるまで』 沢木耕太郎 著 新潮社2014☆☆☆☆

 マカオを舞台にカジノでバカラという賭博にはまった男の物語。こんな人いるわけないと思いながらも、ぐんぐん引き込まれて読んでしまいました。娯楽小説としておもしろいです。またマカオに行きたくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『主夫になろうよ!』

51skwaznfhl__sy344_bo1204203200_
『主夫になろうよ!』 佐川光晴 著 左右社2015☆☆☆☆

 ネットが繋がらず、最近読んだ本をまとめてアップします。

 佐川君の主夫生活の日常と考えをさりげなく描いた本です。一番驚いたのは、母親ではなく父親に子供がなつくようになっていることです。子供にとっては共有する時間の多い親の方がかけがえのないものになるのですね。自分の生活が恥ずかしくなりましたが、自分にはやはり出来ないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

2015十勝200ゴールしました


ゴールしました
 スタート・ゴールが帯広の森アイスアリーナになった十勝200。100人以上のエントリーがあり、実際にも90名以上が走りましたが、この施設のおかげもあり混乱無く運営されていたようです。特にスタッフのこうたんさん、なおみさんありがとうございました。

ゴールしました

 

 心配されていた雨もあがり、施設の中でブリーフィング。懐かしい面々に多数お会いする事ができました。

 スタートして帯広市内の信号地獄も回避して幕別に抜けるコースとなっため、走りやすかったです。

 PC1前後はのりさん、函館から来たピーター、私、旭川Tさん、T谷さんらで列車を作りました。そのうちに私とピーターの2人で先頭を走ることになりました。特にナウマン国道の部分は自動車もほとんど通らず、景色もきれいで、風向はめまぐるしく変わりましたが、気持ちよく走ることができました。

 広尾の手前で別な2人に追いつかれ、4人の先頭集団となりました。

 広尾からの折り返しは、風が向かい風基調。ピーターは後ろが15くらいのギアでぐんぐん進みます。時折私も前に出ますが、2,3km/h時速が遅くなってしまいます。

 大樹のあたりから爆風と砂(土)嵐。何年か前に似た感じです。土の煙幕の中に入ると、呼吸困難になるのではないかと思うほどです。一瞬対向車も見えなくなります。なんだか気持ちも切れてきて、先頭集団から遅れてしまいました。

 中札内のPCからは少し追い風もありましたが、最後の帯広の森に向かう道も向かい風でした。

 爆風で耳の中まで泥だらけです。ゴールした人は皆顔の左半分が泥です。

 正式タイムは7時間18分。先頭集団の3人は5分前に着いていました。サイコンはスピードと距離表示が、何故か2.5倍くらいになっていて訳が分かりませんでしたが、ライドタイムは6時間51分。205kmで計算すると、avgは29.9km/hでした。

 ピーターとずっとからめたのは楽しかったです。私は迷惑をかけただけと思っていましたが、ほんのわずかな時間でも私が前に出て一生懸命引いたことは、彼にとっても少しはアシストになった様です。彼は今年PBPを目指しているそうですので検討を祈ります。

 前半は快適、後半は泥嵐のブルベでしたが、久々の十勝200、楽しませてもらいました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PC1

PC1
  十勝200PC1浦幌。追い風に乗り先頭集団早く着きすぎました。オープン前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

十勝200前夜祭


十勝200前夜祭
  恒例のふじもりで前夜祭です。

十勝200前夜祭

十勝200は久しぶりの参加になります。朝方の雨が少し気がかりですが、久しぶりに楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

2015年4月のトータル

4月のトータルは

ラン256km、バイク614km

トータル501.6(ラン換算km)

でした。引っ越しがあった割にはよく走れました。

バイクは自転車通勤で急激に伸びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »