« 『非除染地帯』 | トップページ | 『奇跡のむらの物語』 »

2015年3月 7日 (土)

『愛しのはんかくさい人物語』

51ecasro1bl__sy344_bo1204203200_
『愛しのはんかくさい人物語』 長谷川圭介 著 エイトエス2014☆☆☆☆

 北海道在住の「はんかくさい」人10人を紹介する本です。はんかくさい人とは、一言で言ってしまえば損得勘定を無視して自分のやりたいことを生業としてやっている人。ソムリエ、ラーメン屋、犬ぞりマッシャー、絵本屋、飼育員、バルーンアーティスト、家庭医、靴職人、絵本セラピスト、米屋と職種は様々ですが、いずれも大変面白い人ばかり。読んでいて、私自身も自分の人生も今のままじゃいけないかもという気持ちにも少しなりました。とても元気が出る本です。この中の一人だけお話を聴いたことがありました。お会いしてみたいなと思う方もいました。

 今日は午前中、下の子とクロカンの練習を旭ヶ丘でしました。湿った新雪が10cmほど積もっていて、下りも滑らず、結構疲れました。私は15km、息子は10km走りました。

|

« 『非除染地帯』 | トップページ | 『奇跡のむらの物語』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/59183119

この記事へのトラックバック一覧です: 『愛しのはんかくさい人物語』:

« 『非除染地帯』 | トップページ | 『奇跡のむらの物語』 »