« ローラーブルベ終了 | トップページ | 千歳 »

2015年2月15日 (日)

『西南シルクロードは密林に消える』

51q2vs9l7bl__sy344_bo1204203200_
『西南シルクロードは密林に消える』 高野秀行 著 講談社文庫2009☆☆☆☆☆

 高野氏のビルマ三部作をこれで全部読みましたが、圧倒的にアヘン王国潜入記が面白く、次かこれです。アヘン王国はワ州に7ヶ月も滞在したのですが、こちらは4ヶ月の移動。滞在と移動では当然滞在の方が住民と親密になれます。

 しかし、移動の方は、国境越えのスリルがたまりません。中国からミャンマーにカチン軍を頼って密入国し、最後はナガ人によってインドへ密入国。最終的には強制送還と言う形でインドから無事?日本に帰ってきています。

 途中からジャングルを歩く羽目になったりゾウに乗ったり船や自動車で移動させられたり。自分の意志とは無関係に、次から次へと別の人に託されて移動は続きます。西南シルクロードを運ばれた物が実は「高野秀幸」という商品であったというのは最後の最後に納得しました。

 この本も、あまり評価されなかった様ですが(アヘンもあるし、密入国だからか)、こんなことができる人は世界中探してもなかなかいないでしょう。さりげなく書かれていますが、高野氏の語学力はかなりのものだと思います。

 なお、旅は2002年に行われ、単行本は2003年に出版されています。文庫本の関野吉晴氏の解説はなかなか的を射ていると思いました。
 

|

« ローラーブルベ終了 | トップページ | 千歳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/58946971

この記事へのトラックバック一覧です: 『西南シルクロードは密林に消える』:

« ローラーブルベ終了 | トップページ | 千歳 »