« ヤンゴンへ | トップページ | 関空に到着 »

2015年2月24日 (火)

ミャンマー最終日

  今朝はまだ暗い6時から早朝ラン12km走りました。大都会は走りづらいです。途中でヤンゴンというより世界最高?のお寺シエダゴンパゴダに寄りました。だから長いスパッツです。

Dscn53921

ランの時iパッドは持っていかなかったので、写真は関空で少しアップします。
ここは上座仏教の総合テーマパークみたいな所です。観光客もいますが、とにかくミャンマーの人達が熱心に祈ります。南口から入って正面に目がルビーの仏陀がいて、参道で買ったお花を私は供えました。

Dscn54111

 本当は、自分の産まれた日の曜日毎に仏像があり、そこにお参りすればよいのですが分かりません。信仰心を少しだけ持って私も来ているのですが、ミャンマー女性のロンジン姿がセクシーでカッコ良く、お寺に来てかえって邪念や煩悩に冒される情けない私です。珍念さん、何とかして下さい•••。

Dscn54281 

Dscn54341

 お寺を回っていたら、おじいさんが色々話しかけてきました。直感的にお金払うことになると思いましたが、そのまま任せました。私の誕生日を調べてくれ、水曜日だそうです。水曜日午後産まれの仏像の所に行き、計8回水をかけました。その後、おじいさんは英語で念仏みたいな事を称えてくれました。相応のお礼をしました。

Dscn54461

そこは、7km地点だったので残り5kmを走りましたが、日は高くなるし人と車がごった返していて大変でした。
宿にはパンとコーヒーの朝食が付いています。 日本人大学生も数名いたのですが、私が話しかけるまで全く日本人だと思っていなかった様です…。パアンの事は誰も知りませんでした。歩き方には載っていないのでそうなるのでしょう。
さて、残された時間はわずかです。なりふり構わずタクシーを多用しますが、渋滞が酷い。結局ナショナル博物館とアウンサンマーケットのみになりました。
国立博物館では時間が無いので五階の少数民族展示のみを見ましたが、良かったです。カメラ持ち込み禁止でまたも写真無しですが、特に民族衣装が美しい。カチン族だけは見た瞬間に判りました。ワ族やアカ族、リス族などマイノリティの中のマイノリティも全部あるようです。
アウンサンマーケットでは入って直ぐにしつこいガイドに捕まりましたが、自分の店でスタールビーを扱っているというので付いて行くと、二階の作業所みたいな所で見せてくれました。一度は宝石バイヤーになろうと思ったこともある私なので、一切の時間の無駄を省き5カラットのスタールビーに絞って10分あまりで20ドルで購入しました。スリランカならもっと安いし、粘れば他の展開があったかもしれませんが、自分では満足です。でも、その後も他にも買わないかと言ってきたので、彼にとっては十分な利益があがったのでしょう。
Image_13
それからとにかく時間が無いので彼に「何か食べるところへ連れていけ」と言って食堂へ。
豚肉麺とオレンジジュースを頼みましたが、量もあり日本のラーメンを食べてる感覚でした。250円。

Image_14
またオレンジジュースは生を搾ったものでしたが、砂糖を加えたのではないかと思うほど甘かったです。100円。

Image_15
それから市場でロンジンやタナカを見て、一軒はっきりアカ族の店とうたっている店があったので小バッグを買いました。

Dscn54671

急いで宿に戻り、タクシーで空港に向かいました。凄い渋滞でした。
そして今はクアラルンプールの空港でブログを書いています。

Image_16
となりの席のミャンマー人は、クアラからアムステルダムに向かいそこからケミカルタンカーに乗るそうです。オランダからイギリスに行き、そこから世界を九ヶ月、ヤンゴンに家族をおいたままだそうです。大学では心理学を学んだそうで、とても知的な会話になりました。ニュースとかで「ミャンマー人の船員」とか出てきた時に日本人はどこか優越感を感じてしまう気がしますが、非常に優秀な人達なのですね。

クアラルンプール空港内のアイスコーヒー頼んだら、4ドルほどでこんなの来ました。フライドポテトも揚げたてで美味しかったです。
Image_17

 

|

« ヤンゴンへ | トップページ | 関空に到着 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/59050435

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー最終日:

« ヤンゴンへ | トップページ | 関空に到着 »