« 『山本美香が伝えたかったこと』 | トップページ | 『日本はイギリスより50年進んでいる』 »

2015年1月 8日 (木)

『ミャンマー いま、いちばん知りたい国』

51uxnuesz0l__sy344_bo1204203200_
『ミャンマー いま、いちばん知りたい国』 中村羊一郎 著 東京新聞2013 ☆☆☆

 著者は1990年代の軍事政権時代から、ミャンマーの西部や北部の少数民族が多く住む辺境に何度も入っています。そんな事が可能だったのは、「お茶の研究のため」という名目があったからです。

 もちろん、お茶の事もたくさん書いていますが、それ以上に各民族の特徴を綺麗な写真とともに紹介しているので、多民族国家ミヤンマーの状況がだんだんつかめてきました。

 お茶の文化は、中国からビルマ北部そしてインドへと繫がっていることが実証されていますが、同時にそのルートは、現在、中国側とインド側から市場を求めて商品が入りやすい様々な環境変化にさらされているルートにもなっている様です。茶とけし栽培についての関連も何度も出てきます。

|

« 『山本美香が伝えたかったこと』 | トップページ | 『日本はイギリスより50年進んでいる』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/58519766

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミャンマー いま、いちばん知りたい国』:

« 『山本美香が伝えたかったこと』 | トップページ | 『日本はイギリスより50年進んでいる』 »