« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

ゴールしました

ゴールしました
ゴールしました
ゴールしました。タイムは3:33くらいです。前半は飛ばし過ぎ、後半はがた落ちでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタート前


スタート前
けっこうな人です。15000人参加だそうです。

スタート前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

河口湖


河口湖
スタート地点です。明日は河口湖と西湖を回るフルマラソンです。

河口湖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マラソン受付

マラソン受付

マラソンの参加賞を受け取りました。参加賞はTシャツとスワンのサングラスです!富士山マラソンのロゴも入っています。嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田へ

成田へ
富士山マラソンに参加するため、山梨へ向けて出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

『恋する台湾移住』

16139
『恋する台湾移住』 歩りえこ 著 朝日新聞社2014☆☆☆

 こんな恥ずかしい本も少ないと思います。面白かったです。世界94か国を旅した末に台湾移住を決意した32歳のりえこさん。そこで24歳の台湾人男性と恋に落ちます。

 今まで台湾の本は随分読んだし、実際に10日間ほど滞在もしましたが、こういう恋愛行動の視点で書かれた本は無く、私にとっては台湾の人々についての新しい発見が沢山ありました。

 それにしても、32歳と24歳の恋愛とは到底思えぬ二人の純愛?をあからさまに本に書くことができる著者は凄い人だと思いました。普通、恥ずかしくて書けないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

『神坐す山の物語』『社会企業家』

512lilgial__sx230_
『神坐す山の物語』 新田次郎 著 双葉社2014☆☆☆

 東京の奥、御岳山(みたけさん)にある御岳神社に代々続く神官の血を引く者が、山で出会う色々な形の神様との不思議な物語です。神官の家の中にも、それが見える者と見えない者がいて、それぞれが役割分担をしてきたそうです。おばや祖父の話として語られますが、何とも言えない不思議ないくつかの物語です。

 舞台はハセツネカップのコースにも近い(コースの一部?)のではないでしょうか。日本の山岳信仰を考えることにもなる本です。

S900
『社会企業家』 斎藤槙 著 岩波新書2004☆☆

 仕事の必要で読みましたが、少し古い本です。ただ、企業の社会化(CSRなど)と企業の様にマネージメント感覚を備えたNPO、それらを支える消費者や投資家が次の時代の中心になるのかもしれません。無意識に私たちはこういった社会企業家の存在を認め応援してきていた様な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

洞爺湖1周バイク+20kmラン

 今日は洞爺湖に行き、今シーズン最後と思われるロードバイクに乗りました。

 倶知安ではまだ雪が残り3℃でしたが、洞爺湖では6℃。寝坊したのもありますが、自転車が辛くならないように昼近くなってから行きました。

Ts3k1198
 水の駅近くの駐車場に車を止め、まずは時計回りに自転車で洞爺湖一周。途中で昭和新山にも寄りました。

Ts3k1203

 サイコンが何故かすぐに働かなくなり、スピードが分かりませんが、久々のロードは速く感じます。何せ、アイアンマン終了から一度もロードには乗っていませんでしたので…。

Ts3k1204

 温泉街で13時になったので昼食。松前屋のオムカツカレー。
Ts3k1207

 カツの厚いこと。美味しかったのですが、朝食が少し遅かったこともあり、お腹きつくなってしまいました。

Ts3k1208
 それから、残りを自転車で戻ります。

Ts3k1213

 アイアンマンのランコースですが、木の葉が全て落ちていて、また印象が少し違います。

 自転車を終えランに切り替えます。自転車は41km位で1時間39分もかかっていました。

 シューズなどを取り替えて、ランに入ります。自転車で下見した状況ではほとんどのトイレが冬ごもりに入っていたため、水の駅を起点にまずはアイアンマンランコース方面に向かって走ります。

 アイアンマンの事を思い出しながら、気持ちの良いランでした。ただし、昼食のカツの胸焼けがなかなか治まりませんでした。

 6km地点で折り返し、水の駅まで戻ってきてトイレなどを済ませ、今度は財田方面へ。財田にある環境省の施設は開いていてきれいなトイレが使えました。

 さらに洞爺湖マラソンで山に入る所と並行して川沿いに細い遊歩道があったので、そこを上流に走りました。

 戻ってくる頃には日が沈み寒くなってきました。

 ランは20.5km。1時間47分でした。ズームスピードレースをはいたので、自分の意図よりも速く走ってしまいますが、特に舗装路での衝撃は大きいので、キロ4分半以内で走る時でないとこのシューズはダメだと思いました。

 丘の上の温泉に入って帰ってきました。洞爺湖はこの時期でも走ることが出来るので良いですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

ワインと創作料理を楽しむ会

 今日は木村食堂でMポケット主催のワインを楽しむ会がありました。

Ts3k1192

 ほぼ満席の状態でした。

Ts3k1193

 ワインは色々あり、全部で8種類も飲みました。

Ts3k1194

 珍しいワインもありました。

Ts3k1196

 料理も美味しかったです。

Ts3k1195

 ラムフライです。

 その後、自転車仲間と、遅くまで楽しい談義をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『氷結の岩』

513m00wuhal__sl500_aa300_
『氷結の岩』 溝口徹 著 響文社2014☆☆☆☆

 豊浜トンネル事故の事を題材にした小説です。著者は当時の道新の記者。トンネルが崩落しあり得ないタイミングでたまたま通りかかった古平から小樽方面に向かうバスと乗用車一台が巻き込まれ、高校生らを中心に20名が亡くなったあの事故です。本当に1秒でもずれていればと誰もが思ったあの事故です。

 読んでいて最初、「どうしてノンフィクションにしないのだろう。無理して小説にしなくてよいのに」と思っていましたが、後半はぐいぐい引き込まれました。開発局などの関係機関、そして何より遺族の気持ちを考えると、ノンフィクションでは書けなかったのだと解ってきました。

 遺族感情を無視した国の責任回避の行動なども勿論描かれていますが、この小説の主人公は実は新聞記者である著者自身なのかもしれません。著者はその後、道新から読売新聞に転職し、横浜支局などを経て現在は新潟支局にいるそうですが、20年たって駆け出しの記者だったころの自分を振り返っている気がします。

 そこに描かれている新聞記者の姿、殊に遺族との本心からの心の触れ合いにとても暖かい感動を覚えました。そして開発局の中にも、人間の心を失わずに人知れず立ち回った人がいたことにも。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

旭ヶ丘でミニスキー

 昨日は1日オフ。衣服の入れ替えをしたりしてまったり過ごしていましたが、昼前にトレランシューズやスパッツの汚れを落とすことも兼ねて、旭ヶ丘に登りました。デイパックの横にミニスキーを付けます。軽いです。

 ホテル羊蹄から登ります。湿った新雪が20cmくらい積もっているでしょうか。

Ts3k1182

 頂上で先月購入したミニスキーをはいてみます。

Ts3k1185
 

 つま先の方が短く、かかとの後ろが長く、バランスが悪いです。さらに、トレランシューズのソールが平らではないタイプなので、なおさら不安定。

 重い新雪ということもありますが、この状態で急斜面は不可能。緩斜面も誰かが少し滑った跡ならば何とか滑れる感じでした。スネの表側の筋肉が悲鳴をあげていました。

Ts3k1186

 下の方では家族連れがそり遊びをしたりしていました。その跡を滑ると、少し楽しいけれども、ちょっとしたことでつまずき、前のめりに転びました。

 春山で、ツボ足で登り、これで滑って帰るというのは、ちょっと不安かもしれません。軽さは抜群なのですが…。

 ミニスキー遊びは早々に切り上げ、旭ヶ丘の周りを5kmほど走って羊蹄閣に浸かりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『世界遺産にされて富士山は泣いている』

Img_1_2

『世界遺産にされて富士山は泣いている』 野口健 著 PHP新書2014☆☆☆☆

 大変共感を持って読みました。野口さんが清掃登山をしていたのは以前に読んだ本で知っていました。彼の場合は、世界遺産になる事が清掃の目的ではなかったので(そう短絡的に捉えてしまっている人は多いようですが)、本当に今回は世界遺産に選ばれてしまったために、「どうして選ばれなかったんだろう」と反省する機会を日本が失ってしまったことに危機感を感じこの本を書いたようです。

 富士山の問題点や経緯が大変わかりやすく書かれています。トイレの問題や山梨と静岡の温度差。世界遺産が2016年までに対策を立てる条件付きで認められたのに、そのことをマスコミも報道せず、誰も音頭を取らない状況であること。などなど。

 世界遺産そのものについても、結果的に大変良い解釈書になっている気がします。

 他の世界遺産についても、小笠原の事、熊野古道の事、世界遺産を取り消されたドレスデンのことや危ういリバプールの事などが、富士山との比較で大変よくその特徴や優位点、さらには問題点もわかります。

 富士山の5合目まで自動車のスバルラインの替わりに登山電車を走らせるという具体的で素晴らしい提案も出ています。富士山に関わるすべての人が読むべき本かもしれません。

 再来週は富士山マラソンですが、そんなことも考えながらの参加になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

伊達水泳大会

 今日は午前中はお仕事。午後から伊達に向かい、中3の下の息子の最後になるかもしれない水泳大会の応援に行きました。伊達のプールと体育館は出来たばかりで新しい。

Ts3k1171

 倶知安は町営プールは冬季休業、アルペンプールも11月の1ヶ月間だけメンテナンスで休みのため、11月は練習が出来ません。ぶっつけ本番の大会でしたが、本人としてはそこそこのタイムを出していました。

 終了後は伊達の焼肉屋さんに行きました。美味しかったです。

Ts3k1175


Ts3k1178


Ts3k1176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌ラーメン「太心」

Ts3k1170
 倶知安のラーメンマウントの後に入ったラーメン屋さん。札幌清田が本店だそうです。

 塩ラーメン700円。オーソドックスな感じでした。バラチャーシュー麺とか美味しそうでした。麺は細麺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

『銀翼のイカロス』

51we5u9hvxl__aa300_
『銀翼のイカロス』 池井戸 潤 著 ダイヤモンド社2014☆☆☆☆

 大変面白く、熱中して読んでしまいました。ただ、相手が大臣にまで及んでいるのに、あまりにも賢くなさすぎて、リアリティに欠けます。そういう大臣もいるかもしれないけれど、もう少し敵として歯ごたえがないと…。でも単純に面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

『ブータン王室はなぜこんなに愛されるのか』

51dnvomel__sl500_aa300_
『ブータン王室はなぜこんなに愛されるのか』 田中敏恵 著 小学館2012☆☆☆☆

 震災後、2011年11月のワンチュク国王の国会演説には私も感動していました。また、民放番組で嵐の相葉君が訪問したテレビを見て大変興味を持っていました。

 この本を読んで、強烈にブータンに行きたくなりました。ブータン王室の心の美しさが国民を変えて、97%の人が幸せと答える国になった様子が感動とともによく理解できました。

 ブータン王国は国民が統一のために王を選んで出来た王室で、その歴史は100年ちょっとしかないそうです。そこからの5代の王がいずれも素晴らしい。そして、一歩ずつ平和で独自性を持った真の独立国へと国造りをしてきたのですね。

 イギリスとブータンの関係、インドとブータンの関係も今一つ解っていなかったことがはっきりしました。また、日本の皇室とのお互いが尊敬し合う深い関係もよく分かりました。 

 本とは別に、2015年2月23日に第2回ブータンマラソンというのがあることを発見しました。仕事の関係もあり、難しいとは思いますが、出来ることならば行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイアンマンコース崩落

Dscn4843_2
 アイアンマンジャパン北海道のバイクコースで、最初の急で長い下り(復路では最後の長い登り)と思われる場所の橋が崩落した様です。

 苦労してコース設定をしたKEIさんらの事を思うと、何とも言えない気持ちです。何とか来年の大会前に復旧して欲しいと切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

『フィンランドの森と街に出会う旅』

511bdvcjwpl_sl500_aa300_

『フィンランドの森と街に出会う旅』 鈴木緑 著 東京書籍2006☆☆☆
 写真がとてもきれいです。フィンランドの魅力を、ステレオタイプな森と湖の国から解放してくれます。フィンランドの事が本当によくわかります。でも、何か少し読みずらいというか、もう少しポジティブにとらえてもらってもいいのになと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

富士山マラソンからの案内

Dscn4798
 随分前ですが、富士山マラソンにエントリーしていました。昨日案内が届きました。

 案内と同時に、ゼッケンやチップも届きましたので、受付も完了したことになるそうです。スタートカテゴリーがA~Eまであるのに、Bで5桁ってどれだけ人が参加しているのでしょう?それだけで怖くなってきました。

 この大会は、秋に目標を失いがちになるのを防ぐことと、スタート地点の近くに住む息子に会いに行くことが目的です。もっとも息子は別に来てほしくないようですが…。

 早くに申し込みをしたので、バニラエアーも片道3000円台で予約してあります。

 あまり気合いは入れていないのですが、今日は午前中休みが取れたので、ニセコ往復31kmほど走りました。体重も2~3kgこの2週間で増えていて、ペースも遅く、キロ5分45秒くらいかかっていました。天気は曇りでしたが11月としては暖かく、久々の長距離は気持ちよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

『ジンリキシャングリラ』

61yzyjiph2l__sl500_aa300_
『ジンリキシャングリラ』 山本幸久 著 PHP2014☆☆☆

 単純に青春小説として面白かったです。高校生の頃の胸がきゅんとなるような感じも少し思い起こしました。1年生4人で東京に行く過程で仲が深まるところとか、微笑ましく、羨ましい感じさえしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

R札幌納会

R札幌納会

 ランドヌール札幌のニセコ走行会と納会です。昆布温泉の鯉川温泉で行われました。私は日中は仕事のため、宴会から参加しました。

R札幌納会

 部屋での2次会では、Kさんのご好意でカニがすごいことに!様々な自転車談義が夜中まで続きました。楽しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

ロカンダのタルト

Dscn4772
 下の子が、水泳少年団のコーチが休みの日に、臨時にコーチ代わりをもう一人の中学生と一緒に少しやっていました。昨日、そのお礼にと小学生たちからフルーツタルトをいただきました。

 比羅夫山田のロカンダというイタリア料理とパステリアが一緒になったお店のものの様です。リンゴ、イチゴ、ブドウ、グレープフルーツに色んなベリー。凄かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月のトータル

10月のトータルは

ラン238km、バイク15km、スイム0.8km

トータル247(ラン換算km)でした。

黒松内駅伝に向けて、ランだけを行ったという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »