« 『本気で5アンペア』 | トップページ | 『おれたちの故郷』 »

2014年9月22日 (月)

『学年ビリのギャルが・・・慶應大学に現役合格した話』

9784048919838


『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』

坪田信貴 著 KADOKAWA2013☆☆☆☆☆

 以前から、何か抵抗があって読んでいませんでしたが、読んでみたら次の様な点で面白かったです。

 まず、この子のサクセスストーリーがもちろん面白い。高2の夏で「strong」を「日よう日」と答えていた子が、1年で慶応、明治、関学に合格するまでになる努力は並大抵のものではなかったと思います。

 2つ目に、家族関係がすごい。はっきり言って父と母はうまくいっていなかったのだけれど、母親の徹底的に娘を守る(かばう?)育て方がゆっくり花開き、最後は父も協力しています。多かれ少なかれ家庭に問題はあるのが当たり前と著者は書いています。

 3つ目は、著者の心理学的なアプローチの分かりやすさです。私自身も大変参考になりました。巻末にまとめて心理学的なテクニックが載っています。

 4つ目は受験テクニック。英語の長文やリスニングは、なるほど確かにと思いましたし、小論の書き方も、パターン化されていました。

 一応受験生である、下の子にも読んでもらいたいと少し思いました。

|

« 『本気で5アンペア』 | トップページ | 『おれたちの故郷』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/57460436

この記事へのトラックバック一覧です: 『学年ビリのギャルが・・・慶應大学に現役合格した話』:

« 『本気で5アンペア』 | トップページ | 『おれたちの故郷』 »