« 携帯電話、復活!! | トップページ | フジケンが凄い! »

2014年9月 3日 (水)

『イベリコ豚を買いに』

31irvbvio0l__sl500_aa300_


『イベリコ豚を買いに』 野地秩嘉 著 小学館2014☆☆☆☆

 なんか、不思議な本でした。イベリコ豚を求めて、わざわざスペインまで行って、色々調べてそれをまとめた本だと思って読み始めました。途中まではそうなのですが、途中から自分自身がイベリコ豚を仕入れ、知人の力を借りながら加工して販売することになって行き、経営学の本かもしれないと思うようなところがありました。

 著者や著者に関わるスペインや日本の人々が、心からイベリコ豚やきちんとした食材が好きでたまらないことも明確に伝わって来ます。

 私もスペインで生ハムを食べてから、その虜になった一人ですが、イベリコ豚のベジョータの生ハムはたぶん食べていないことがこの本を読んでわかりました。

 私はさらにイベリコ豚はバスク地方にいるような勘違いをしていました。イベリコ豚はスペイン南西部、トレドより南の方にしかいないのです。

 そして、読後には筆者が開発した「マルティグラハム」を是非食べてみたいと思うようになりました。

|

« 携帯電話、復活!! | トップページ | フジケンが凄い! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/57269617

この記事へのトラックバック一覧です: 『イベリコ豚を買いに』:

« 携帯電話、復活!! | トップページ | フジケンが凄い! »