« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

北海道マラソン2014終了

 今日は北海道マラソン。先週のアイアンマンの疲れも取れた様な気がしていました。

 写真はほとんどありません。参加賞のTシャツです。

Dscn4409


 宿は前日なってカプセルホテルが取れました。昨晩は東京から参加した大学時代の友人らと「くにむら」でワインを飲みながら懐かしく楽しい一時を過ごせました。

 朝食は松屋で朝定食。宿からC組の荷物置き場は真っ直ぐで便利でした。今回はスタート前、あまり知り合いに会いません。直前にトイレに行きたくなり地下街のトイレへ。Nさんにトイレでお会いしました。何とか20分前にC組の中に入れてもらいました。

 スタートは9時。C組は1分たたずに本当のスタートラインを超えます。しかし、小便がしたい。さっきトイレに行ったばかりなのに。2km手前の中島公園のトイレに寄りました。

 3kmからは順調にペースを刻みます。しかし、4分半で走ると少しきつい感じがします。実は、今回は最初から4分半で走り通し、3時間15分くらいを目標にしていました。それだけランの練習も積んで来ました。ただ、速いペース走がアイアンマンの関係で少し足りなかったかなという気はしていました。

 「アイアンマンで42km走ったことはロングの良い練習になっている」、「沢山練習したのだから自分を信じよう」と自分に言い聞かせて走りました。

 しかし、洞爺湖の時と同じ4分半くらいのつもりで走っても4分40秒くらいになっています。日差しは強いのですが、気温はそれほどでも無く風は気持ちよいので暑さの影響は無い気がします。筋肉の強化が不足している感じです。

 武蔵の手前で留萌アスリートクラブの旗を発見。珍念さんとWファミリーを発見。どおりでランナーの中に珍念さんを探してもいない筈です。

 暑いと思ってスポーツドリンクを飲み過ぎたのか、18kmくらいでトイレに行きたくなってしまいました。その頃、ブルベで一緒の若いF島君が私に気づいた後、抜いていきました。彼はF組からスタートし、どんどん抜いて来たようです。若い!

 20km手前のガソリンスタンドでトイレを借りて、巻き直しです。でもペースは4分40秒台であまり上がりません。24km付近から、左大腿四頭筋が痛み出しました。

 しかし、体全体はつらい感じはありません。折り返しを過ぎて、少しペースが落ち出しますが、5分になることはありません。

 32kmからは、「これからショートトライアスロンのランパートが始まると考えよう」と自分に言い聞かせます。ショートのランパートが始まるときには、筋肉痛は付き物ですが、それでも10kmを45分で走れたのだから大丈夫と思うようにしたのです。

 その効果か少し周囲のランナーを抜かし出しましたが、長続きはしませんでした。押さえペースの時には第2エンジンがかかる37km地点でついにキロ5分オーバーしてしまいます。

 とにかく記録を目指していたので、沿道の人の応援にもほとんど答えずにまっすぐ前を向いて走っていたのですが、武蔵短大の前だけはハイタッチをしました。おやじです…。

 その直後に留萌アスリートクラブの応援。珍念さんやWファミリーの応援を受け北大構内へ。

 ここからは動かなくなりつつある筋肉との戦い。少し走法を変えると速くなったりするのですが、長続きしません。20分切りが厳しくなってきました。

 北大医学部前でpenさんの応援、その直後、yamamotoさんと風船さんの応援を受け、残り2kmです。

 ゴール前だけはダッシュをする力が残っていましたが、その力をもっと前で使えない私は根性なしです。

 結果はグロスで3時間23分44秒。(ネットでは3時間22分48秒)

Dscn4410


 ゴールにウィンターアトライアスロンの時にボランティアをしていて偶然会った知り合いの子が、ここでもボランティアをしていて偶然会えました。

 F島君は私よりもグロスで4分ほど先にゴールしていました。

 アイシングをして荷物を取りに3丁目まで戻ると、歌うシェフがいました。ほぼ同じくらいのタイムでゴールしたようです。

 歩いてカプセルホテルまで行き、風呂に入ってから帰りました。

■1kmごとの記録

10kmまで(最初の10km48分25秒)

610,520,434,439,442,434,426,434,435,443

  20kmまで(47分04秒)19kmの547はトイレ

444,444,438,420,434,441,433,430,547,430

  30kmまで(47分15秒)

438,446,434,441,446,448,439,449,444,444

  40kmまで(49分47秒)

455,459,450,435,451,456,503,512,511,513

  最後の2km

512,600(1,195km)

■振り返り

・暑さについては風が冷たく感じたので、最後までそれほど影響は無かったと思います。

・アイアンマンの疲れは正直、少しだけ残ってしまっていたかもしれません。

・それ以上にアイアンマン前後にインターバルやペース走が少なくなったのが痛かったです。

・右足首の腫瘍は、アイアンマン以来大きいままでしたが、痛さはさほど無かったので、影響はあまりありませんでした。ただ、洞爺湖マラソンも、アイアンマンのランも北海道マラソンも、左の四頭筋が最初に痛くなったので、無意識にかばっていたのかもしれません。(腫瘍については明後日の9月2日に手術予定です。写真は今日の腫瘍です。)

Dscn4408

・今年のメインレースを実は北海道マラソンと考えていたので、大会自己ベストは達成できたものの、フルマラソン自己ベストを更新できなかったのは大変残念です。リベンジしたいです。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北海道マラソンスタート前

北海道マラソンスタート前
暑くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

通り雨

Dscn44041
 山の天気は読めません。突然激しく降ってきました。でも、登り終えたライダーには少し気持ちよいようです。



通り雨

 40名ほどですが、全員の通過を確認しました。

 この後、札幌に向かい、北海道マラソンの受付をする予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五色温泉で通過チェック

 今日はブルベ新生パノラマ300が行われています。倶知安を通過した選手を応援品柄五色温泉へ。

Dscn43971

 のりさんと2人の外人が先頭を走っていました。

五色温泉で通過チェック

   ブルベのお手伝いで五色温泉で通過チェックです。iwanさんとM川さんと一緒です。天気が良かったので気持ちよく高原の風を受けながらやっています。でも見ていたら走りたくなってきます。

五色温泉で通過チェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

小樽「なると」

Ts3k1047

 小樽の「なると」。上の子が本州から帰省してきましたので、小樽まで迎えに行き家族で。


Ts3k1049


 

 鶏の半身上げ定食(1200円)は、本店でいただくと、なるほど美味しいし、ボリュームもあります。
Ts3k1046


 他にも色々なメニューがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

アイアンマンジャパン2014を振り返って

 昨年に引き続き出場させてもらったアイアンマンジャパン北海道を振り返ります。文章ばかりで、写真は競技前と競技後のもの以外ありません。

 前日夜にもう一度倶知安から来て、車中泊をしました。

 4時半過ぎにyamamotoさんと会場へ。最終セッティングをしてから少し離れたスイム会場へ向かう予定が、タイヤに空気を入れることができません。yamamotoさんに先に行ってもらい、自動車まで戻って空気入れを取ってきて入れました。後輪は5気圧くらいしか入っていませんでした。

<スイム>

 この行き来も含めて、ランでウォーミングアップになりました。スイム会場に着いたときにはすでにトップ選手がスタートする直前。スプラウトのyossyさんが応援に来てくれていました。

Ts3k1013


 ウェットを着ていて、首のすれ防止のテーピングを自動車に忘れたことに気づきます。慌てて周囲にいる選手にテーピングが無いかどうか尋ねますが、もうほとんどの選手は荷物を預けてスタートに向かっています。困っていたら、応援に来てくれていたりゅうやまパパさんを発見。ガムテープを貼ってくれました。助かりました。

 スイムはウォーミングアップも無しで6時19分に第5グループとしてスタート。

 水は冷たくなく、気持ちいい。波も無し。ただ、足に巻いているチップ内蔵のアンクルバンドが外れそう。呼吸が苦しく少しパニックになり、手をあげてカヌーを呼びます。カヌーにつかまり、バンドを締め直そうとしてもうまくできなかったら、カヌーの方が締め直してウェットの中に入れて下さいました。

 これで落ち着いて泳ぐことができました。しかし、3.8kmは長いです。1周目の終わりぐらいから波も出てきました。波に頭を突っ込むような気持ちで泳ぎました。

 スイムを終えた時点でちょうど8時頃。着替えてバイクを取ると、もうほとんどバイクは残っていません。

<バイク>

 バイクでは無理をしないようにしながらどんどん抜いていきます。同時に食べることが出来る場面ではどんどん食べます。今回は急に妻にお願いして作ってもらった小振りのおにぎりが多数あり、これが一番食べやすく胃にももたれないので助かりました(最近、コンビニおにぎりの海苔が食後になぜがムカムカの原因になります)。

 上り坂では、他の選手が止まっているように見えます。洞爺湖外輪山で40人、三の原に向かう急登で40人というペースでゴボウ抜きです。平地や特に下りでは、むしろ他の選手の方が早いのですが(私は食べていることが多いのもありますが)、登りになった瞬間に皆さん極端に遅くなります。永遠に登りが続けば、どんどん順位を上げることが出来るのにと思いました。

 京極過ぎでアルペンプールでお会いしたKさんに話しかけられました。スタートしてすぐにパンクしてしまったそうです。京極過ぎに一時集中豪雨に会いましたが、すぐに止みました。真狩に入ったところでいとこさんがボランティアスタッフをしていました。

 昆布から立川の道、いつもここは向かい風なのに、今日は弱い追い風です。さらにチームニセコの応援もありました。うれしくなってどんどん回すと、他の選手には緩やかな登りがきついようで、16km先の大きく左折するところまでで67名抜きました。

 その後も登りで多数抜いて下りで少し抜かれるを繰り返し、最後の平地は少し力つきてバイクを終えました。

<ラン>

 ランは昨年は捻挫の後遺症があった状態で最初からスローペースでしたが、今年は普通に走ることができました。ランコースにはりゅうやまパパさん、ニセコのyossyさん、Kenさん、事務局のKEIさんと奥さんなど多くの方が応援してくれました。チームニセコのジャージを着ていたので、実は珍しい地元選手という事で応援してくださった方も結構いました。

 4km過ぎから距離表示があり、キロ5分ちょうどくらいで走っていました。キロ5分だと2周目に入っている自分より1周速いランナーも含めて、誰にも抜かれることはありません。

 ランコースではゴール間際のジェス、1周早いUさん、少し早いTさん、Kさん、クッシー、私より少し遅く入ったOさん、Yさん、さらに遅く入ったyamamotoさん、Mさん、Nさんなど多くの方々とすれ違った時にお互い合図をしたり声をかけたりして、それが励みになります。

 折り返しの12kmが随分近く、早く感じました。「これは、ひょっとしたら行けるのでは。ランで3時間半も可能なのでは。」などど考えていましたが、15km過ぎに急にペースが落ちました。キロ5分半、さらに6分、6分半から最後は7分近くまで落ちることもありました。だたし、給水所以外では一度も歩きませんでしたので、最後までレースをしている感覚ではありました。

 バイクで十分食べていたので、ランでは固形物は全く取りませんでした。最初のうちは水、後半はコーラばかりを飲んでいました。

 40km過ぎ、国道から公園に入るところでキロ5分さんがスタッフを始めたところにお会いできました。

 そしてゴール。最後の花道には知人も結構いて嬉しかったです。ゴールがちょうど19時過ぎだったので、昨年よりは1時間近く短縮されましたが、ニセコの知人が皆早すぎて、置いて行かれた感じがありました。ゴール後に白戸さんがガッツリ握手をしてくれました。

 私の直後に恵庭のOさんもゴールしました。ランは最初キロ4分で10kmまで走ったそうです…。

Ts3k1019

 その後は風呂に入ってyamamotoさんを待ちました。それほどダメージを受けていない様子でyamamotoさんもゴールしました。

Ts3k1021

Ts3k1023





 私のタイムは、

スイム 1:40:33(昨年1:37:29)

T1   0:12:18(0:10:24)

バイク 6:33:09(6:37:12)

T2   0:09:42(0:17:46)

ラン  4:09:22(4:50:50)

トータル 12:45:04(13:33:41)

でした。スイムは昨年より遅くなっています。

年代別(50-54才)でエントリー204名、完走165人中

スイム142位、バイク34位(その時点で59位)、ラン30位、トータル40位

全体で、スイム終了時点で1041位、バイク終了時点で500位、最終で356位とリザルトが出ていました。バイクで541人、ランで144人抜いた計算になります。

 ランは途中でダメになってしまったと思いましたが、他の方も皆、普段のフルマラソンよりは当然遅いわけで、順当な結果と言えるかもしれません。

<閉会式>

 今日は、自転車のピックアップと、閉会式がありました。道端カレンさんです。

Ts3k1029

Ts3k1028

 ジェスが年代別と北海道選手権の両方で優勝していました。くっしーが年代別で2位に入っていましたが、ハワイの権利は無理だったそうです。

Ts3k1026

 閉会式では恵庭のOさんと一緒に健闘を讃え合いました。料理は昨年とほとんど一緒で、この他ジンギスカンもありました。

 2年続けてアイアンマンに出場させてもらいましたが、今年は万全の状態で臨み、自分としては最後までレースをした感じで満足して終えることが出来ました。多くのスタッフとボランティア、家族と職場の関係者に感謝です。

 来年も8月23日に洞爺で開催することが決まったと発表されていましたが、参加料金があまりに高額なため、私は今年限りで選手としては終了にしたいと思っています。でもこの大会、やはり国際スタンダードなので、素晴らしい大会だと改めて思います。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

ゴールしました

ゴールしました
ゴールしました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

もうすぐスタート

もうすぐスタート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

ナンバータトゥーシール

 今日はバイクのセッティングと試泳がありました。

Ts3k1003

 バイクチェックイン会場では、キロ5分さん、ニセコのSさん、留萌のAさんがオフィシャルやボランティアをしており、お会いできました。

Ts3k1005

 私は試泳は行いませんでした。しかし、スイムコース長いなあ。温泉ホテル街のすぐ近くのブイまでまずまっすく1km泳ぎます。写真ではブイが見えませんね。

 ニセコのNさん、yamamotoさんやN田さん、オロロン時代にお会いした謝さんにお会いできました。また会場周辺ではニセコのUさん、Aさんにもお会いできました。スプラウトでコーヒーもいただきました。

 今日は車中泊の予定ですが、あまりに時間が長いので、一端家に帰り、少し横になってから、ナンバータトゥーシールを付けました。

Ts3k1006

 昨年はマジックで朝書かれていたのですが、今年は前の晩に自分で付けて下さいとのことです。

Ts3k1007

 薄いシートをはがして番号を腕にあて、濡れたティッシュで押さえるとけっこうきれいに腕に貼れました。

 何か、かっこいいですね。でも、青いバンドといい、このタトゥといい、どんどん囚人に近づいていく感じも…。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

アイアンマン開会式

 アイアンマンの競技説明会。1400人近くいるので、6回に分けて行われます。yamamotoさん、恵庭のOさん、ニセコのUさんとお会いできました。

アイアンマン開会式

 選手登録をして競技説明会に出ると、青いバンドが腕に巻かれます。これは一度はめると外せません。4日間外さずにいてくださいとの事です。

Ts3k1001

 参加賞はバッグ。昨年はウエットスーツの入る大きな物でしたが、今年は斜めに肩からかけるバッグ。ロゴはちゃんとアイアンマン北海道になっていました。

Ts3k1002

 アワードパーティーです。天気は雨です。降ったり止んだりです。昨年よりパーティーに参加している人は少ない感じがしました。今年は34カ国から1352名の参加だそうです。

アイアンマン開会式

 料理は昨年とあまり変わらない感じでした。牛肉を煮込んだカレーは美味しかったです。

Ts3k0999

 私たちも少し早めに切り上げました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

脂肪腫瘍のふくらみ

 右足首の脂肪の腫瘍、また膨らんできました。8月7日頃にも膨らみましたから、2週間くらいの周期なのかもしれません。膨らむと痛いです。

 2,3日経つと全体に広がって膨らみは小さくなり痛さはほとんど感じなくなります。アイアンマンまであと3日、何とか痛くなくなってほしいです。

 今日はスイムを1000m後にラン10km。スイムのトレは8月に入り一昨日まで2回だけ。慌てて3日間連続して泳ぎましたが、大丈夫なのでしょうか?スイムが一番心配です。

 明日は選手登録と競技説明会。いよいよアイアンマンジャパン北海道が始まります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

レストラン「SOGA」

 お盆に親戚一同で行きました。前から行きたかったお店ではあります。

 場所はニセコ町曽我のセブンの隣です。

Ts3k0980

Ts3k0981

豚肉とニンニクの丼定食(950円)正式名は忘れてしまいました。

Ts3k0979_2

日替わり定食(ほっけフライと唐揚げ)1000円。写真では少し小さく見えますが、ボリュームがあります。

 どのメニューも、基本的に量が多めです。焼き肉ベースのレストラン、石焼きビビンバ(860円)が一番コストパフォーマンスが良い気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

『正しくランニングシューズを選びなさい』『奇界遺産2』『ディズニーのホスピタリティ』

Book1401
『正しくランニングシューズを選びなさい』 野村憲男 著 日東書院本社2013☆☆☆

 少し大きめのシューズが良いとか、靴は夕方に選んだ方が良いとか、世の中にまかり通っている間違いを正してくれます。新しく解ったこともいくつかあるけれども、経験的に解っていることも多かったです。一通り読んでおくと良いかもしれません。

76781705


『奇界遺産』 佐藤健寿 著 エクスナレッジ2014 ☆☆☆☆
 世界中の変なものを集めた写真集です。1カ所だけでも結構すごいというのが、次から次に出てきて飽きません。このうち行ったことがあるのはマレーシアの洞窟だけでした。特に行きたいと思わない場所も多いのですが、何カ所かは行ってみたくなりました。

51puwtmyenl__aa278_pikin4bottomrigh


『9割がバイトでも最高の感動が生まれるディズニーのホスピタリティ』 福島文二郎 著

中経出版2011 ☆☆☆☆

 大変読みやすく、ディズニーランドの凄さが分かる本ですが、それ以上に自分自身が人と接するときの参考にもなります。こんな本に影響されてたまるかという思いもありますが、たとえば第1印象をよくする4つのポイントは「挨拶」「笑顔」「アイコンタクト」「身だしなみ」だそうで、しかも笑顔は作り笑顔でも大きな効果があるそうです。読み終わった直後には、何となく明日から明るく生きていけそうな気になります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

勝手にミニデュアスロン10km+20km+10km

 今日は美幌デュアスロンの日。私は自分でミニデュアスロンをしてみました。

 まず、10kmのラン。朝9時過ぎから走り出します。昨日の疲れも少しあるのかもしれませんが、レース用シューズで飛ばします。しかし、キロ4分で走ることが出来たのは最初の2kmだけで、あとはキロ4分半近くに落ちてしまいました。

 第1ラン10kmは43分18秒で終了。トランジッションは5分。

 バイクは80kmではなく、時間の制約もあったので20kmだけ。花園ヒルクライムコースをゲートまで行って帰ってきました。しかし、ペースは最初からがた落ち。普段リアのギア21で登るところも全て1番軽い25です。ゲートまで33分もかかりました。自転車は風を切って涼しいし、登っていくとさらに涼しくなるので頑張らないと快適です。景色も最高でした。

 バイク20kmは49分02秒で終了。トランジッションは3分34秒。

 第2ランは、時刻が11時を過ぎ、追い風ではかなりの暑さです。シューズは練習用にして、無理はせずに行きます。美幌ならば第2ランもかなり追い込むのでしょうが、それを今一人でする根性は無いし、1週間後に影響が出ても仕方がありません。7km過ぎから本当に暑くて辛くなりましたが、何とかキロ5分台前半を維持。

 第2ラン10kmは52分39秒で終了。合計2時間33分ほどのトレーニングでした。

 暑い中でペースがさほど落ちなかったのは収穫ですが、第2ランはキロ4分50秒くらいで行きたかったところです。北海道マラソンのスタート時刻も9時ですから、暑くなった時にはやはり苦戦を強いられるのでしょう。

 なんだかんだ言っても、お盆は時間があり、結構トレーニングできました。明日からまた時間を確保するのが難しい生活になります。何とかペースを維持したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

バイク156km+ラン10km

 最近疲れがたまっているのか、朝、起きることができません。夜も早く寝て、朝は遅い。老化現象の反対だから良いのでしょうか?

 今朝も8時過ぎに起きました。5時に出れば自転車なら80km終わっている時間です。

<バイク156km>

 午前中パソコンで作業をして10時半前に出発。ニセコ山岳トレーニングコースを行きます。こんなお盆でも、山岳コースとアイアンマンコースを合わせると、ほとんど自動車が通らないコースで日中100km以上走れそうです。

 しかし、なんだかだるくてペースがあがりません。標高の低いところは暑い。上がるにつれて少し涼しくなります。いつもよりペースが遅いのに汗が沢山出ます。何か体が変な感じです。

 五色の登り、ゲートまで32分、頂上まで54分もかかりました。それでも4人ほど自転車乗りを抜かしました。

 五色の駐車場は満車状態。すごいです。

 下って新見の登り。ここは自動車がほとんど通りません。開き直ってゆっくり登ります。新見温泉で何か食べようかとも思いましたが、ここはペットボトルが200円なのを思い出しスルー。

Ts3k0987


 新見温泉より上は曇ってきて寒いくらいです。この登りでは下から上までで自動車2台とバイク1台しか出会いませんでした。パノ3のコースになっていますが、2週間後、皆さんにこのコースの素晴らしさ堪能して欲しいです。

Ts3k0990

 パノラマラインに出て、神仙沼のレストハウスで昼食。滅多にこういうところには寄りませんが、今日は何か食べなければだめな感じです。

Ts3k0993

 カレーを頼みましたが、残念ながらレトルトでは?しかし、少し体は落ち着きました。

 パノラマの頂上を通過し、一気に昆布までダウンヒルです。

 そこから、アイアンマンコースに入ります。立川のあたりはいつものように向かい風。淡々と進みます。車はほとんど通らす。寂しいくらい。バッタがやたら多いです。

Ts3k0994

 ループ橋からは真狩に向かいます。このあたりから足が回り始めました。100km越えないとダメな不思議な体です。

 真狩からは軍人山の方に抜ける道を通ります。これまた車が全く通りません。アイアンマンコースに出て、京極からそのまま帰って来ました。最後の方は向かい風平地でも30km近く出ていました。

 バイクは156kmで、ライドタイム(ネット)6時間25分、avg24.2km/h。グロスで6時間48分でした。獲得標高は2496m。特に前半はサイクリングに近いのんびりバイクでした。

<ラン10km>

 帰って靴だけ履き替えて、すぐにランに出ました。1日のノルマ10kmだけ走っておこうと思ったのです。

 家を出て信号を渡り、歩道を走っていると少し前にママチャリのおばさん。少しずつ追いついて追い越してしまったら、すごい顔をしていました。私の服装はバイクのままですから北海道1200のジャージとパールイズミの3Dレーパン。

 「一生懸命走っているので、自転車追い越しても許して」という感じで抜き去りましたが、抜いた以上ペースを落とせません。そのままハイペースで進んで行くと、1km地点で4分半です。

 走る前は今日も5分半くらいで走ることになるだろうと思っていたので、自分でもびっくり。そのまま行けるところまでペースを落とさずに行きます。夕方になり風も冷たく気持いいです。

 途中尻別川河川敷のテニスコートで知人がテニスをしていて、誘われるまま3球ほど打ちましたが、クロスから逆クロスに全力で走っても、キロ4分半で走るよりも呼吸は乱れないのだと思いました。この時だけ時計を止めました。

 富士見橋で折り返し、同じコースを戻ってそのまま10kmのランを終えました。ペースは最後まで落ちず。10kmを45分12秒でした。

 さて、朝はあんなに体調が悪かったのに、どこで調子が変わったのでしょう?

 バイク156kmの後、ラン10kmを4分半で走ることができた理由として考えられるのは、

・夕方になり涼しくなった。

・バイクがのんびりペースだったので、あまりランに影響が出なかった。

・実はランの力が付いてきた?(42kmランの超回復が来た?)

さて、どれでしょう。あまり、ぬか喜びはしないことにします。だいたい今日の前半は、「何でこんなに遅いんだ。どうして早く起きれなかったんだ。俺はもうダメだ。年だ。」とか考えていたのですから。

 そういえば明日は美幌デュアスロンの日。私は結局申し込みませでしたが、明日出ているとしたらもっと速いペースのランをしている筈ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

快適なバイクコース、ラン42km

 今朝は自転車で五色を登り、旭台を回って甘露の森からモイワスキー場前を通り、アンヌプリスキー場の下を通ってミルク工房に抜ける道を通りました。

Ts3k0975

 途中10%の登りはありますが、このお盆の時期でも車はほとんど通らず、舗装状態も良く快適な道です。まるでサイクリングロード。

Ts3k0978

 ニセコ山岳トレーニングコースの最後の方は、どうしても自動車が少し多いところを通ったのですが、ここを走ればさらに登りのトレーニングにもなり、ストレスのほとんどない1周80kmのバイクコースが完成します。

Ts3k0977


 今日は、朝少し寒かったので長袖にしてみましたが、上ではちょうどよかったものの下ではさすがに少し暑かったです。

 昨日はランをしていてバイクのボブさんに2回も会いましたが、今日はベンとマッドに会いました。ベンに「暑くないの?」と言われてしまいました。

 バイクは山岳コース48kmを2時間ほどで。

 その後午前中は家で仕事をして14時過ぎにランを始めました。アイアンマンのランスタート時刻に近い感じです。

 コースは倶知安ー比羅夫ーニセコ蘇我ー有島農場の往復コースです。とにかく、お盆のニセコは自家用車が多く、裏道や有島農場の中以外は少しストレスです。逆に言えば有島農場は本当に素晴らしいロケーションです。

 ペースは5分半くらいで行っていましたが、25km過ぎから登りでペースが落ちて来ました。

 セブンで買ったクーリッシュを1kmほど溶かして食べた(飲んだ)のが美味しかったです。

 最後の5kmくらいは、下り基調であるにも関わらず辛くなってきました。それでも平地では5分半を何とか維持していました。最後の3kmくらいは歩きたくなっていました。

 そうしたら自動車が止まって、帰省で札幌から帰っていた知人が話しかけてくれました。懐かしく、嬉しかったです。立ち止まった分休めたし…。

 ランは42kmで3時間55分(ネット)。グロスでは4時間半でした。

 洞爺湖マラソンの前よりはパフォーマンスが落ちているようです。しかし、アイアンマン10日前、北海道マラソン17日前に長距離を走ることが出来たのは良かったと思います。10日あれば回復すると思います。

 体全体に結構ダメージがあります。別な言い方をすると今月はあと2回、こんな苦しい思いをしなければならないのですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

『植村直己・夢の軌跡』

416csrnqv0l__sl500_aa300_


『植村直己・夢の軌跡』 湯川豊 著 文芸春秋2014 ☆☆☆☆

 植村直己と親交のあった元編集者が、彼独自の情報で植村直己の生涯の断片をまとめた本です。植村直己本人が書いた本の方が断然面白いのは当然ですが、この本では、初めて知る植村直己の一面も随所に描かれていて、結構興味深かったです。

 歴史にifは無いけれど、もしフォークランド紛争が起きていなかったら、彼は南極を単独で極めていたのだろうなと私は確信しました。

 そして、私も私なりの冒険をしたくなりましたが、結局は夕方河川敷を24kmランをしたにとどまりました。もう秋なのか、涼しいを通り越して寒いくらいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

アイアンマンのスタートリスト発表

 昨日、アイアンマンジャパン事務局からメールが入り、スタートリスト等がHPで公開されているとのことでした。

 参加者は今年も1400人以上。スイムのスタートは6つのエイジグループに分かれます。私は第5グループ。その3分後に最終第6グループがスタートします。第6グループは、高齢者+一般女子全選手ですから、女子のトップクラスの選手が後ろから抜いていくことになります。

 昨年の洞爺湖は波も無く良かったです。さらにスイムコースは、まず真っ直ぐに沖に出るので、バトルが無く意外に安全でした。風向きによって息継ぎをする方向から波が来ることだけが恐怖です。

 1400人という数はやはり少なくはありません。楽しみでもあり、恐れでもあり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

帯広、雨


 出張で帯広に来ています。「新橋」で豚丼をいただきました。少ししょっぱかったです。

 雨で今晩も明日の朝も走れそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

ニセコ花園ヒルクライム2014


 今日はニセコ花園ヒルクライムでした。BMCから余分な物を取り、イーストンのホイールを付けて7.5kgだそうです。

 出走サインをしに公民館へ行こうと家を出ると、ちょうどyamamotoさんが合流しました。公民館では、stakahasi君やチームニセコのK崎さんら多くの面々にお会いできました。ST君がGOKISOの試乗をしてしまいました。彼が付けたらどんな事になってしまうのでしょう。

 アップの後、一旦家に戻って少し休養。日焼け止めは塗りましたが、やはり腕カバーを付けることにしました。

 10:30にエリートからS3がスタート。5分後にS4スタートです。

 今年は一番前の方には行かず、農高前までにもどんどん抜かさせます。農高前で本当のスタート。あれっ、時計のラップ忘れていました。

 いつもの年は最初からトップ集団で頑張り、登りで大きく順位を落としていくというパターンが多かったのですが、今年は無理に前には出ずに、調子の良さそうな選手の後ろをどんどん走らせてもらいます。

 前後の選手と抜きつ抜かれつを繰り返しながら残り5km地点へ。このあたりからはむしろ抜かすことの方が多くなってきます。

 激坂の手前でキーランを抜いて、激坂でも7,8人抜いた気がします。

 ゴール近くの最後の登りでも少し抜いて、K崎さんの背中が見えるところまで追いつきましたが、そこでゴール。

 記録は、後で判ったのですが、42分19秒。S4で42位でした。

 ゴール後は、高揚した選手たちの社交場となります。この時間がとても面白いです。ブルベ関係ではのりさん、iwanさん、うめちゃん、ふじこちゃん、速かったM田さんとST君。ニセコ関係は本当に大勢とお会いできました。中でもいつも夕方私がランの練習をしているとも五色にバイクで登って行ったI君がS3で2位と大健闘していました。

 いとこさんを待っているとK野さんやもう一人のK野さん(昨年苫小牧8時間耐久で一緒に走った)、penさんにもお会いできました。penさんは奥様を待っておられた様ですが、ゴールしたらすぐに駆け寄っていって、いい雰囲気だなあと思いました。

 いとこさんもゴール。足が攣ったそうです。他にも熱中症と思われる方が2名ほど出て、気温の高いこの大会の過酷さを象徴していました。

 一方で、こんなミーハーなこともしてしまいました。

 ややあってから、チームニセコの大集団と白戸太郎氏が一緒になってパノラマラインを下って帰りました。私はディープリムのホイールでの下りが楽しくてしかたがありませんでした。途中甘露の水に寄り、比羅夫あたりをニセコ集団が他の集団を抜いて行きましたが、そこに北大のS野君やF島君がいたので、話をしながら帰りました。

 S野君は、昨年優勝したため、かなりマークされて、終始集団を引くことになってしまったそうです。最後にかわされて悔しそうでした。そういえば、3年前の大雪600はこの3人で暑い中足寄あたりと遠軽あたりで先頭を走っていたことを思い出しました。

 家でシャワーを浴び、記録証をもらってから表彰式会場へ。その横で、「あずまや」さんがかき氷を出していたので思わず注文。イチゴミルクですが、このイチゴ、シロップではなく、生のイチゴを搾ったもので、大変美味しかったです。

 表彰式では、何人かの知り合いが表彰台にのり、少しお話も出来て嬉しかったです。Y君が倶知安に住んでいることも初めてしりました。

 三々五々退散しましたが、本当に多くの方々とお会いでき、私の中ではお祭りの様な大会でした。

<20kmラン>

 帰宅後、私はランの練習に出ました。気温30℃近い中でペースアップ出来るのか。はじめは「さっきのヒルクライムに比べれば楽だ」という勢いで4分30秒くらいで尻別川河川敷を走り始めましたが4分50秒になり5分になり5分10秒になりと、どんどんペースが落ちていきます。特に追い風では暑くてぼーっとしてペースが落ち気味になります。でも、ヒルクライムも終わったし、当面レースは無いのだから思いっきり走って良いのだよと頭では指令を出します。

 吸水に注意しながら20km走りました。最後の方は17時を回って少しだけ涼しくなってペースも少し回復しました。5分10~5分20秒台で何とか20km走り切れました。1時間42分52秒(ネット)でした。ヒルクライムで疲れたのと日焼けした後の30℃近い気温の中としてはまあまあなのかなあ。

 気温の高い時にランのペースをどうすれば上げることができるのでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

ニセコヒルクラ前夜祭

ニセコヒルクラ前夜祭

 ニセコヒルクライムの前日受け付け。外では車検やGOKISOの試乗会、農高のモンテバーブースなどもあります。名簿を見ると、とにかく参加者が増えました。S4だけで160名、S5だけで151名もいます。

ニセコヒルクラ前夜祭

 夕方には、トークショーが行われました。鶴見辰吾さん、砂田弓弦さん、白戸太郎さん、ロス・フィンドレーによるトークショー。なかなか面白かったです。抽選会も行われましたが、何も当たりませんでした。

 会場では事務局関係も含めての倶知安・ニセコの知り合いはもとより、iwanさん、M田さんにもお会いできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

2014年7月のトータル

7月のトータルは

ラン186km

バイク1657km×0.4

スイム7.3km×4

トータル878(ラン換算km)

でした。バイクは1200試走が効いています。それの×0.4はランで480kmですが、それよりは遙かに楽だと思うのですが一応の目安として。

 今日は朝ワイスゲートまで自転車で登り、午後からは休みをいただいて炎天下24kmのランをしました。暑くてキロ5分45秒くらいのゆっくりしたペースでしか走れませんでした。

 ヒルクライムで使う筋肉と、ゆっくりランで使う筋肉はあまり重ならないと思いますので、今日のランがヒルクライムに影響を与えることはほとんど無いと思います。明日は色々な事があるけれど、体力的には休養日にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »