« 中山峠帰り | トップページ | フライトデッキ限界 »

2014年6月22日 (日)

倶知安-札幌往復182km



 今日は朝5時50分ごろアンタレスで家を出ました。会議に出席するための着替えやシューズをザックに入れ、リアキャリアに固定しました。

 倶知安は曇っていましたが、喜茂別あたりから晴れてきて、気持ちのよい朝でした。中山峠の登りもやはりあまり傾斜を感じずに登ることができました。39-24で80回転維持できました。

 下りは速い。所々舗装が痛んでいるので神経を使いました。シェルターの中では事故が起きていて警察が片側交互通行にしていました。

 札幌に入ってからも、向かい風ですが扇状地をゆっくり下るのでスピードは出ます。大通りに9時10分に付きました。文字通り、朝飯前でした。

 行きはライドタイム3時間10分(avg28.6km)、グロスで3時間20分でした。

 セブンでおにぎりなどを食べ、レーパンの上からズボンをはいたりして9時半からの会議に間に合いました。

 会議の後、急いで中島公園に向かいました。15時少し前に着きましたが、もうすぐ最初の選手がスタートするところ。本当は受付時刻を過ぎているのですが、欠席した選手のカードを暫定的に使って、スタートさせて下さいました。

 15:32分スタート。1分前に女子の第一人者S井さんがスタートしていました。この大会、北大オリエンテーリング部の新入生も上級生も多数参加していました。参加者は全部で30人くらいでしょうか?

 何より驚いたのは、札幌の女性S鳥さんが、出産して1ヶ月のお子さんを連れてきていたのですが、なんとまだ首もすわらない赤ん坊をかかえたまま、スタート地点へ。手にはEカード。ゆっくり歩きですがオリエンテーリングスタートして行ってしまいました…

 私は、大きなミスは無く、小さなミスは多数して29分20秒で帰ってきました。かなりの全力疾走を何度もしたので、汗が止まりません。

 結果は6位。1位は24分台。私は9→10と14→15の2カ所の移動で1位を取っていました。途中、川の中を走った方が速い部分がありましたが、帰りの事を考えると躊躇し、S井さんと遠回りしてしまいました。北大生の女の子は川の中を走っていきました。

 終了後、また上だけ着替えて自転車モードに。帰りは17時少し前に出発。

 途中、中山の登りで、下ってくるりゅうやまパパさんと遭遇しました。札幌から自走でアイアンマンコースを走って戻ってきたところとのこと。合計350km?あのアップダウンのコースに中山峠2回。何というタフな体力と精神力でしょう。

 パパさんと出会ったあとは、刺激されてしばらくはギアを1枚上げていましたが、また39-27になる場面も多々ありました。しかし、80回転はなんとか維持。留萌300の日に霧の中を登った時に比べるとかなり速くなっています。

 下って喜茂別で食事と思いましたが、どこも閉まっています。そのまま倶知安まで走って戻りました。

 中島公園からの帰りはライドタイム3:18、gros3:39。

 トータルで182kmライドタイム6時間40分。avg27.3kmでした。2回の中山峠、札幌市内の信号、中島公園内のたらたら走りを入れての数字ですから、結構優秀だと思います。やっと自転車長距離の足が出来てきました。

 300kmや400kmを走った後では、90kmは近く感じるようになります。

 

|

« 中山峠帰り | トップページ | フライトデッキ限界 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ローディーが昇ってくるな~と思いながら、すれ違いざまkiyatchiさんとわかってビックリしました!
お話できて楽しかったです、お互い無事帰路に着け何よりです

投稿: りゅうやまパパ | 2014年6月23日 (月) 06時30分

りゅうやまパパさんへ→
 ジャージを見てもしやと思いましたが、下っているのにわざわざ止まって上り返して下さりありがとうございました。
 それにしても朝3時間らのトレーニングは凄いです。刺激を受けました。

投稿: kiyatchi | 2014年6月23日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/56581496

この記事へのトラックバック一覧です: 倶知安-札幌往復182km:

« 中山峠帰り | トップページ | フライトデッキ限界 »