« カーボンフレーム修理3日目 | トップページ | 深川出張 »

2014年6月 8日 (日)

BMC何とか復活

 今日は日中ずっと仕事でした。帰ってからカーボンを触ってみると、まだ生乾きです。どうやら最終日のエポキシの調合、少量にしたため配分割合が若干不正確になってしまったためと思われます。

 しかし、作業ができないほどではないので、自転車を組むことにしました。

 まずはホイールからスプロケット外し、灯油を使って洗浄。スプロケットを付けたあと、タイヤも取り替えます。

Dscn4044

 次はリヤエンドの取り付け。左が新品、右が折れた部品です。2mmのアーレンキーで簡単に付きました。

 次にリアディレーラーの取り付け。これも5mmのアーレンキーで簡単に付きました。ケーブルも取り替えようと思っていましたが、時間があまり無いことと、自転車本体の中を通すのが難しそうだったので、傷がついていたリアディレーラー近くのワイヤーカバーだけ交換しました。

Dscn4050


 そしてチェーンの取り付け。今回は新しくデュラのチェーンとMissing Linkというチェーンをチェーンカッターなしで取り外しできる金具を取り付けてみました。

 古いチェーンを参考にして長すぎる部分をチェーンカッターで切り、チェーンをディレーラーなどに通して、コネクトピンで繋いでみました。簡単に繋げるのかと思ったら、結構力が必要です。逆に言えば、走行中にはずれるということは無いのでしょう。

 さあ、自転車を立ててホイールを取り付けようとしました。すると、チェーンを通すところを間違っていました。コネクトピンで良かった。でも外すのも結構力が必要です。

 チェーンを通し直し、ホイールを付けて動かすと、何とか動きましたが、ここでホイールに振れが出ていることを発見。リアブレーキを一番閉じた状態にすると擦ります。スポークにもダメージがあったことを忘れていました。

Dscn4053


Dscn4055


 それでも、ディレーラーを調整したら、何とか1速から10速まで入る様になりました。一応完成です。

 この後は、もう一度正確に計ったエポキシを塗り直すのと、ホイールの振れ取りをあぶかわさんにお願いしようと思います。振れ取り間に合わなければ、雄武400はこのまま参加するかもしれません。

 とりあえず、BMC復活して良かったです。

|

« カーボンフレーム修理3日目 | トップページ | 深川出張 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

意外と簡単に復活したようですね。
Missing Linkを使っていますが、ぜんぜん問題ありません。
付け外しの時には、結合部分に余裕を持たせると楽にできます。
私は針金ハンガーを利用(加工)してチェーンを引っ張り、
作業してます。
楽にできますよ。

投稿: K父 | 2014年6月 9日 (月) 06時31分

K父さんへ→
 お陰様で何とか直りました。朝少し乗ってみましたが、不安は感じませんでした。変速もほぼ確実に入りました。チェーンはずすのハンガーを使うと良いのですね。アドバイスありがとうございます。

投稿: kiyatchi | 2014年6月10日 (火) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/56442740

この記事へのトラックバック一覧です: BMC何とか復活:

« カーボンフレーム修理3日目 | トップページ | 深川出張 »