« 筋肉痛 | トップページ | 洞爺湖マラソン2014、フル自己ベスト »

2014年5月17日 (土)

『刑務所わず』

Img_974a42e005851626db466782551b61a

『刑務所わず。』 堀江貴文 著 文芸春秋2014☆☆☆☆

 ほりえもんの獄中記です。刑務所ナウが現在形ならばwas(わず)は過去形。

 思っていたよりもずっと面白かったです。体重が97kgから65kgに減ったことに象徴されるような、結構大変なある意味健康的な生活を送っていたのですね。懲役の内容が受刑者の介護に近い仕事で、お年寄りの排泄物を素手で掴めるようになったというのはそれだけでも凄いと思います。

 ナウでは検閲があり書けなかったことも書いてあるそうです。一部漫画もあり、刑務所の中の様子がイメージしやすくなっています。 もともとそういう人だったのか、刑務所での体験を通じて本人が変わったのかわかりませんが、かなり好感をもって読んでしまいました。

|

« 筋肉痛 | トップページ | 洞爺湖マラソン2014、フル自己ベスト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/56227813

この記事へのトラックバック一覧です: 『刑務所わず』:

« 筋肉痛 | トップページ | 洞爺湖マラソン2014、フル自己ベスト »