« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

小樽まで138km

 今日は午後から小樽で研修会。家から五色温泉、パノラマライン、岩内、当丸峠、古平を通ってアンタレスで来ました。

 五色温泉への登りは昨日開通。新見温泉の峠も通れます。

小樽まで138km

 パノラマラインも晴れていて気持ちのよい風景でした。

小樽まで138km

 当丸峠はシェルターの中もけっこうな登りでした。しかも凍結防止舗装で走りづらい。それでも逆から走るより下りはスピードを出すことができます。新々パノラマ300のコースです。

 最後は塩谷の五助沢からおこばち山荘に登りました。初めて通りましたが、けっこうな登りです。山荘への登りの入り口に沢山の自転車が待っていて、そのうち一人が私に追いついて来ました。北大自転車部だそうです。S野君やF島君、anraku君のことも知っていた3年生のH君という学生でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

MTBとアンタレスで217km


 さて、昨日はBMCの修理注文などをした後、時間が空いてしまいました。心と体は300km走るつもりでしたので、やはり自転車に乗ることにしました。しかし、アンタレスは実家の余市にあります。そこで、余市まではジャイアントのMTBで行くことにしました。

 15時過ぎに出発。樺立てトンネルを通って行きましたが、追い風ということもあり、50kmを2時間3分で走ることができました。

 実家でライト類やフェンダーを取り替えて、アンタレスに乗り換えます。積丹方面から雨が降ってきました。急いで小樽方面へ。MTBに比べるとアンタレスの何と速いことか。

 小樽市内は信号にかなり捕まります。銭函からはひたすら337を通ります。この道は札幌近郊としては信号が極端に少なく、走りやすかったです。19時を過ぎると日が落ち、急速に寒くなって来ました。

 20時ちょうどにブルベ留萌300のスタート・ゴール地点の札幌さとらんど。ちょうどyamamoto氏がゴールした直後でした。

 スタッフのoverさんの作ってくれた豚汁とおにぎりを私も頂きました。本当に美味しかったです。

 留萌300は小樽のTさんが10時間半という考えられない記録でゴールしていました。ちょっと誰も付いていけそうにないスピードです。

 少し話をして、帰路につきます。しかし、札幌市内を抜けるのに大変時間がかかります。大通りの石山通でちょうど21時。当日帰宅は絶望的です。

 気温も下がり、中山の登りは風も向かい風ぎみ。でも登り初めて南東の空を見ると、蠍座のα星アンタレスが見えて来ました。自分の上にも自分の下にもアンタレス…。

 しかし、トンネルを出たあたりから霧に包まれます。それもかなり濃い霧です。

 中山峠の頂上でちょうど夜中の12時。下りは霧でほとんど白い光しか見えず、スピードを出すことができませんでした。こんな時間に自転車を漕いでいる人間がいると思わない自動車ドライバーの驚いた行動も怖かったです。

 最後は眠さと戦いながら家に着いたのは1時30分。ブルベ300のクローズ時間に何とか間に合いました。しかし、アンタレスで167km、ライドタイム7時間17分。MTBとトータルで217kmしか走っていません。家を出てから帰るまで10時間30分でした。これってトップのT君の300kmと同じ…

 なのに体は結構なダメージを受けています。まだまだ自転車の体は出来ていません。

 今日は日中ずっと仕事でしたが、ずっとぼーっとした反応になってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BMC修理できそう

 BMCの故障個所をよく見ると、いわゆるリアエンドが折れていて、フレームそのものは大丈夫の様です。

Dscn3957

 あさひでBMC PRO MACHINE SLC01 に対応したエンドも売っていたので、早速注文しました。他にチェーン、リアディレーラー(アルテが欠品で105になりました)ワイヤー類も一緒にたのみました。

Dscn3969

 リアエンドは2mmのアーレンキーで取り外すことができました。素材はカーボンでは無くジュラルミンみたいな物の様な気がします。

Dscn3971

 ディレーラーはプーリーを支えるアームが曲がってしまっています。

Dscn3959

 フレームのリアステーの部分の損傷は、確実に剛性が低くなっています。名古屋に出した方が良いのかもしれませんが、ビニールテープを巻くとか、FRPを塗るとか出来ないものでしょうか。

Dscn3964

 しかし、何とか復活できそうなので、ほっとしています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

留萌300、50mでリタイア、BMCフレーム終わりか

 今日はブルベ留萌300でした。車中泊をして5時前にスタート会場の札幌さとらんどへ。久しぶりのブルベなので、たくさんの懐かしい面々にお会いでき、魔人さんや今最速のTさんと一緒に走ることができるのが楽しみでした。

 ブリーフィング、車検が終わり、Tさんを追いかけてスタートした直後、リアディレーラーからとんでもない異音が…。リアディレーラーがあり得ない位置にあります。最初、ディレ-ラーがはずれてチェーンに絡まったと思いましたが、フレームの付け根付近から折れています。

 ショック…。…。…。

 参加者の方々を呆然と見送り、途方に暮れてしまいました。50mでリタイアです。駐車場から会場まで乗ってきたときは特に異常は感じなかったのですが、車に乗せたりしたときにぶつけていたのでしょうか?

 

 思えばこのバイクは前回の北海道1200の直後に届きましたから、購入してまだ4年経っていません。

 スタッフのOさんやHOさん、K父さん、naomiさんに慰めてもらいながら、悲しい気持ちで札幌を後にしました。

 バイクをよく見ると、フレームそのものではなく、フレームに小さな釘みたいなもので繋げたカーボン素材らしいエンドを固定する部分が折れています。また、右リアステーの部分も内側がディレーラーが当たったことで損傷しています。知人に相談したところ、ひょっとすると名古屋の業者あたりだったら修理可能かもしれないということでしたが、まずはメーカーに問い合わせてみてはというアドバイスをいただきました。

 フレームを修理できるのか、だめだったらアンタレスで我慢か、中華カーボン等に移植するか、どうしましょう。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

余市「いっ徳」

 余市の実家からそう遠くない所にある居酒屋です。昼はラーメン屋としても認識されているようです。

 黒醤油ラーメン886円。少ししょっぱかったですが、自転車で行った体にはちょうど良かったです。

 仕事が終わってから倶知安をアンタレスで出発し、余市に着いた時には寒くてラーメンを食べに飛び込みました。実家に置いてあったBMCに乗り換えて、再び樺立てトンネルを通って倶知安に帰って来ました。行き1時間53分、帰り2時間10分。まだまだ自転車の調子はあがりません。でもBMCはやはり乗りやすい。夜の樺立ては暗くて寒かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

新しい中古車

Dscn3912

 今まで乗っていたエディックスの車検が近づき、12万kmを越えてあちこちほころびが出てきたため、新しい車に買い換えました。と言っても9万4千kmも走っている中古車です。

 ただ、今回の札幌の中古車屋さんは、今まで接したどの中古車屋よりも対応が良く、納車までには時間がかかりましたがその分、本当に丁寧に整備してくれたようです。ちょうど事故に巻き込まれて安い車を探していた弟にも紹介したら、弟もこの業者の中古車に決めました。長くお付き合いしたいと業者に対して思ったのは初めてかもしれません。 若い社長が一人で何役もこなしながら精力的に、でも丁寧に仕事をしています。

 車は2400ccになったので余裕があります。燃費は今までと同じくリッター10km程度だと思いますがそこは我慢します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

『ヴェトナム颱風』『DON'T STOP!』

51apxwt4aml_sl500_aa300_

『ヴェトナム颱風』 外山ひとみ 著 新潮社2003☆☆☆
 1994年から2003年までのベトナムの変化を、スーパーカブで縦断した経験なども含めて写真集にまとめた本です。もう古い本になってしまいますが、写真が美しかったので図書館から借りてきました。かなり人々の中に入っていかないと撮れない写真が多い。アオザイの女性の写真も多いけれど、女性が女性を撮っているので深く入っていってる感じがします。また、数年後に再開して成長したり堕落したりしている人々の変化を通じてヴェトナムの変化も実感できます。
214
『DON'T STOP!』 文 高橋歩 写真 中川宗典 サンクチュアリ・パブリッシング2011☆☆☆
 アメリカ大陸のルート66が好きでたまらない元暴走族の46歳は26歳で事故を起こし車椅子生活。アメリカの夢はあきらめていたけれども、高橋歩との出会いで、キャンピングカーとハーレーによる夢のアメリカ旅行が実現します。
 15人による10日間ほどの旅ですが、内容は濃い。写真も大変素晴らしいです。見方によっては「障害者を差別しない面白い仲間とその家族の旅」です。けっこうドラマや感動があります。でも、私はこの人たちの感覚に、どこか付いていけないものを感じました。
 映画にもしたようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

洞爺湖マラソン2014、フル自己ベスト

洞爺湖マラソン

 今日は洞爺湖マラソンでした。早朝に家を出て、5時45分頃に会場に着きましたが、何とかいつもの場所近くに車を止めることができました。

 受付でTシャツとナップサックをもらいます。今年は40回記念大会だそうです。

 しばらくして留萌走ろう会の面々も集合してきます。珍念会長、A部さん、デッキー、Wファミリー、母になったひめきちと旦那、若いSさん、Sさん、Fさん。yamamoto氏もやってきました。

 スタート地点へ向かうと、さらにマルトラさん、恵庭のOさんにもお会いできました。

 風は冷たかったのですが、今回は短パンにTシャツです。手袋だけ会場で購入しました。

 9時半スタート。キロ4分40くらいで行こうと思っていたのに、珍念さんに「コスタリカがそんなつまらないレースをするの?」と言われ、スタート直前に4分30秒で行けるところまで行ってやろうという気持ちになってしまいました。

 スタートして順調に走ります。20kmまではほぼ4分30秒ペースです。21kmからの折り返しコースの登りで、周囲の選手よりペースがあがります。筋肉痛がほぼ消えた登りトレーニングの効果?

 折り返してからの下りも快調。ここで留萌のSさんを抜き返し、恵庭のOさんも抜いたようです。反対側車線で、何人かの知り合いの方とすれ違います。ニセコのYさんやニシンさんも声をかけて下さいました。

 さて、4分半のペースはどこまで続くのか。30kmでガクンと落ちてしまうのではないかと思っていましたが、まだ大丈夫。しかし、34km過ぎで左の四頭筋と右の足首が痛くなってきました。ペースダウンです。

 そこからはキロ5分以上になっていきます。いつも第2エンジンを点火する37kmでも全く加速できず、とにかく後はキロ5分を何とか維持しようと努めます。

 そしてゴール直前だけダッシュしてゴール。手元の時計で3時間17分4秒。フルマラソンでの自己ベストを50歳にして更新です。ネットでは3時間16分30秒前後でしょうか。

 ゴール後、かなりのダメージがありました。ゴールにチームニセコのKさんがいました。昨年初マラソンで36分、今年は2回目で16分台だそうです。自転車はともかく、ランでまさか負けるとは…。驚きました。しかも私よりも年上です。

 ゴール後はかなりダメージがありました。走ろう会の面々も続々ゴールします。Shihoさんにも会えました。

 それからは風呂に入りましたが(出口で倶知安のYさんにお会いできました)水風呂で足は少し回復しました。、yamamoto氏と会場でカレーを食べて帰りました。

■記録

最初の10km

531,408,437,437,432,431,435,450(トイレ),439,425

20kmまで

424,429,434,437,435,425,430,429,438,456

30kmまで

412,442,445,443,504,413,420,427,427,410

40kmまで

457,432,429,441,452,457,456,509,500,517

最後

513,449,046(0.195km)

トータル3時間17分04秒

公式記録を確認したところ、グロス3時間17分6秒、ネット3時間16分28秒でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

『刑務所わず』

Img_974a42e005851626db466782551b61a

『刑務所わず。』 堀江貴文 著 文芸春秋2014☆☆☆☆

 ほりえもんの獄中記です。刑務所ナウが現在形ならばwas(わず)は過去形。

 思っていたよりもずっと面白かったです。体重が97kgから65kgに減ったことに象徴されるような、結構大変なある意味健康的な生活を送っていたのですね。懲役の内容が受刑者の介護に近い仕事で、お年寄りの排泄物を素手で掴めるようになったというのはそれだけでも凄いと思います。

 ナウでは検閲があり書けなかったことも書いてあるそうです。一部漫画もあり、刑務所の中の様子がイメージしやすくなっています。 もともとそういう人だったのか、刑務所での体験を通じて本人が変わったのかわかりませんが、かなり好感をもって読んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

筋肉痛

 土曜日の朝、ランのインターバルトレーニング(1kmゆっくり、1km速く)のコースに、旭ヶ丘スキー場の登りを入れてしまいました。今年初めてのスキー場登り、頑張って5分を切ったのですが、その日の夕方からふくらはぎの裏が強烈な筋肉痛になってしまいました。
 日曜日はペース走を予定していましたが、ランは軽く6km走るだけにしました。
 月曜日になっても筋肉痛は変わりませんでしたが、ペース走をしておきたかったので、朝5時から20km走りました。ペースは4分30秒を目指しましたが、無理でした。登りはそうでもなかったのですが、下りで筋肉の痛さが気になりました。1時間35分40秒でした。4分47秒くらいのペースということになるでしょうか。ちょうどハーフで1時間40分、フルで3時間20分のペースです。
 走っている途中、自転車に乗ったチームNISEKOのKEN君に会いました。ニューバイクにディープリム、鬼に金棒です。
 洞爺湖マラソン前に、今年は十分なトレーニングが出来ていますが、スキー場登りはちょっと無理してしまった様です。でも大きな故障ではなく筋肉痛ですから、あと5日で何とかなってくれるのではないかと思っています。ただ、年をとると回復が遅くて…。
 今日は雨も降っているし、休養日にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

今後の大会予定

 この夏までの大会予定は

5月18日 洞爺湖マラソン(フルマラソン)

5月24日 ブルベ留萌300

6月8日 八雲ミルクロード(ハーフマラソン)

(6月14日 ブルベ雄武400)

(7月2日~ ブルベ北海道1200試走?)

(7月20日 大雪山ウルトラトレイル82km)

(7月27日 ハスカップトライアスロンorビッグスイム洞爺)

(8月3日 ニセコ花園ヒルクライム)

(8月17日 美幌100kmデュアスロン)

8月24日 アイアンマンジャパン北海道

8月31日 北海道マラソン

 を予定しています。(  )はまだ申し込みをしていません。勿論仕事などで出ることが出来なくなるものも出てくると思いますが、参加する大会はほとんどアイアンマンと北海道マラソンのトレーニングを兼ねています。美幌からの3週連続は可能なのでしょうか?

 大雪トレイルだけは、UTMFの資格取得のために出たいと思っています。レースはせずに、捻挫しないようにして完走を目指します。

 さて、今日は朝8kmインターバル、昼過ぎまで仕事、15時半から岩内までワイスのアップダウンを通って自転車で往復しました。行きにお仕事中のK崎さんにお会い出来ました。

 帰りに羊蹄山と柳の木とお月様がきれいでした。

 ニセコアンヌプリとイワオも夕日が当たってきれいでした。

 65kmを2時間48分。avgは何と23.2km。山道とはいえ、遅すぎます。留萌300、厳しいことになりそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「満足食堂」

 カツカレー850円。普通盛りですが、大盛りと言われても納得するくらいの量です。倶知安ブルーチェロの向かいにあります。晩の時間だけやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

アイアンマン申し込む

 本日、アイアンマンジャパン北海道2014の申し込みをしました。一般枠で申し込みましたが、まだ一杯ではない様です。それにしても、振り込み?手数料を加えて8万5千円あまりというのは、高すぎます。昨年足の状態が悪い中での大会でしたので、今年はきちんと走りたいと思っています。

 GWが終わってしまいまいたが、4日を除いて全日仕事が入っていて、あまり走ることはできませんでした。4日の日だけ朝から休みだったので、自転車で真狩のジンのパン屋さんに行ったら、近くの道路に20台くらい自動車が路上駐車しています。午前10時で、既に店の前には20人くらいの行列が出来ていまいた。待っていたら1時間くらいかかりそうだったので、そのまま自転車を走らせました。

 その後、真狩市街から軍人山の方にぬける道路を初めて走りましたが、全く自動車の通らない快適な道でした。羊蹄山も綺麗に見えてきました。

 京極近くで自転車を降りて休んでるあぶかわさん夫婦にお会いできました。風が強い日でした。60kmほど走りましたが、avgはなんと25km/hを下回っていました。自転車の足が全く出来ていません。このままではいつまでも自転車の練習をさぼりそうなので、5月24日のブルベ留萌300に申し込みをしました。

 ランの方は、45km走の後は毎日10km程度走っているだけで、連休としては距離はほとんど稼げませんでした。ただし、ペースは少し上がってきています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

『教場』

Img_0

『教場』 長岡弘樹 著 小学館2013☆☆☆

 警察学校が舞台の小説。私は警察が嫌いなので、警察学校なんてこんな変な奴ばかりだったんだと変に納得しました。登場人物が多すぎて、メモしながら読めばよかったです。しかし、本の帯に「すべてが伏線」と書いてありますが、何が伏線だったのかよくわかりませんでした。最後に何か起きるのかと期待して読んでいましたが、何も起こらずに終わってしまった感じです。

 教官の風間の観察力と洞察力は凄い。そこだけは感心します。名探偵みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

LSDラン45km

 今日は午前中休みが取れたので、早朝からLSDランをしました。倶知安から比羅夫樺山方面を通り、ニセコの街から有島方面への往復コースです。

 有島農場では今まで知らなかった小川の横を走る2kmほどの小道を見つけました。ここに住みたいと思うような気持ちのよいランコースです。

 有島を行ったり来たりしているうちに雨が降ってきました。実に久しぶりの雨です。でもそれほど苦にはなりませんでした。

 ペースはキロ6分を切るくらいでした。40kmを過ぎてから最後の5kmは下り基調とはいえキロ5分ペース、さらに最後の2kmはキロ4分半で走ることができました。40kmをすぎてのスピードアップはフルマラソンでの37kmからのダッシュに繋がる気がします。

 練習はウソをつきません。4月に300km以上走った効果が出ています。洞爺湖に向けて長距離のベースを作ることが出来ました。この調子で故障せずに、もう少し体重を落とせば自己ベストも出せる気がします。

 タイムは45kmで4時間16分(ネット)、グロスでは4時間40分ほどでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »