« 『レルヒ 知られざる生涯』 | トップページ | 冬の大会予定 »

2014年2月 5日 (水)

『海賊と呼ばれた男』

Img_230614_10158448_1

『海賊と呼ばれた男』 百田尚樹 著 講談社2012年 ☆☆☆☆

 東京都知事選の応援演説で、「南京大虐殺は無かった」などと、とんでもない事を言っている百田氏ですが、この本も面白かったです。

 モデルになっているのは出光の創始者だそうです。こんな人の下で働いてみたいと思いました。脚色がどれくらいあるのかわかりませんが、こんな人が実在したとすると驚きです。感動しました。

 イランとの関係が一番うれしくなりました。今でも、実はイラン人が親日である背景に、出光の与えた影響は小さくなっかたのかもしれません。

 アメリカ人の中にも日本人の中にも、信念をもった人とそうでない人がいるのも面白いです。何度か涙しました。日石でなく、出光のカードに変えようかと思いました…。


|

« 『レルヒ 知られざる生涯』 | トップページ | 冬の大会予定 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/54876578

この記事へのトラックバック一覧です: 『海賊と呼ばれた男』:

« 『レルヒ 知られざる生涯』 | トップページ | 冬の大会予定 »