« 積雪161cm | トップページ | 積雪203cm、大滝でクロカン55km »

2014年1月12日 (日)

積雪198cm、葛西優勝!

 12日18時時点の倶知安の積雪は198cmで全国6位、全道2位。24時間の降雪量が42cmで全国1位。

 今日はさすがに倶知安と言えども、雪に驚かされました。雪に慣れている倶知安でも、町内で車がはまっていたり、町内で正面衝突事故があったり。朝、駐車場に入れたと思われる車は、夕方には1週間くらい放置していた様に雪に埋もれています。

 雪かきも何回やってもまた積もっています。いつまで続くのでしょうか?パウダースノーを楽しみたい人には最高かもしれませんね。

 

<カミカゼカサイ優勝!!>

 ところで、今朝、嬉しいニュース。ジャンプの葛西紀明選手(土屋ホーム)が、41歳7カ月のW杯最年長優勝。かつて、まだV字になる前に(ニッカネン全盛期、ボークレフが初めてV字ジャンプを見せた頃)大倉山で高校生の頃の葛西を応援したことがあります。

 葛西選手は、かつて深い前傾で欧州ジャンプ週間で活躍し、「カミカゼ」と言われた男です。私も、彼のV字というよりH字に近いスキーの先端に、頭が入ってしまうほどの深く美しい前傾ジャンプが大好きでした。今回のフライングのランディングバーン近くでの地を這う様なジャンプは、当時の前傾を思い起こさせるものでした。

 その後、船木や原田が大活躍しているのに、葛西選手が低迷してマスコミからもほとんど無視されていた10年ほど前に、名寄のピヤシリで夏に練習してる葛西選手に声をかけた事があります。本当に応援していたので「応援していますよ」と。葛西選手ははにかんで答えてくれました。

 多分ヨーロッパで有名なのは、KASAIとKASAYAがかぶる部分もあるのではないでしょうか。笠谷選手はジャンプ週間4戦のうち3勝しながら、4戦目は日本の国内大会があるからと帰国してしまった男。

 今回の優勝は、笠谷選手のレジェンドに勝るとも劣らない強烈な印象を欧州の人たちに与えたのではないでしょうか。間違いなく、日本国内よりも欧州の方で有名な選手だと思います。ニュースを読むと、各国のコーチが葛西の勝利に対して派手なガッツポーズをしていたそうです。かつての戦友たちですね。

 正直、オリンピックでの優勝は難しいと思いますが、長野の無念を何とか晴らしてほしいと思っています。クロカンの石田正子選手とともに、一番応援しています。

|

« 積雪161cm | トップページ | 積雪203cm、大滝でクロカン55km »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/54583218

この記事へのトラックバック一覧です: 積雪198cm、葛西優勝!:

« 積雪161cm | トップページ | 積雪203cm、大滝でクロカン55km »