« 『やらなきゃゼロ!』 | トップページ | 積雪161cm »

2014年1月10日 (金)

『マラソン中毒者』

Img_fee72a5197b640531da5bb3cdcc6fdd

『マラソン中毒者』 小野裕史 著 文芸春秋2013年 ☆☆☆☆

 これはすごい本というか、すごい人です。2009年8月に初めて走り始めた著者。それまでは、完璧なインドア派。Wii Fitがきっかけで走り始めたそうです。

 その後の経緯は、2009年10月に初ハーフ、11月に初フルマラソン完走。2010年7月には初ウルトラマラソン完走。2011年6月ゴビ砂漠マラソン(250km)完走、10月サハラ砂漠マラソン(250km)完走、8位。2012年4月北極マラソン(42km、4位)、11月南極マラソン(100km、2位)、2013年3月アタカマ砂漠250kmチームで完走し世界1位。

 この本は、主に北極マラソン、南極マラソン、アタカマ砂漠マラソンの最新の3つについて書かれています。特にアタカママラソンではサプライズがあり、ちょっとほろっときてしまいました。

 あまりにもハイペースすぎて、信じられません。その他にもいくつもマラソンやトライアスロン、ハセツネなどにも出ていて、洞爺湖マラソンや北海道マラソンでは私と同じ大会にも出ていました。

 自分で走りながら、どんどん仲間を増やしていくバイタリティーもすごいです

 ただ、同じような指向性を持っている人間としては、素直に賞賛ばかりもできないのはなぜでしょう?チャレンジする気持ちが凄いとは思うけれど、時間とお金と家族の協力がなければ出来ない筈です。それが出来る立場(ベンチャー投資家)であるという事(それも自分で築いたので文句はいえませんが)が無ければ、気持ちと体力があっても出来ない事です。

 多くのランナーは、限られた時間とお金など制約の中で地道に努力を続けています。私も含めてそういった人々を一気に追い越してしまって、何だか悔しいです。これはやっかみ?負け惜しみ?

 とにかく、どこか羨ましく思わない自分がいます。もっとゆっくり目標設定した方が楽しいのではないでしょうか?大きなお世話ですが、その年でここまでやってしまって、今後の目標をどう定めていくのでしょうか?

 この本から強く刺激を受けすぎ、私は自分を整理できないでいます。凄い本ですが素晴らしい本とはちょっと言えません。著者に会って話してみたいとも思います。ブログも見てみたいような見たくないような…。それから、自分もコスプレマラソンをしてみようかなとも思いました。

 

|

« 『やらなきゃゼロ!』 | トップページ | 積雪161cm »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/54562793

この記事へのトラックバック一覧です: 『マラソン中毒者』:

« 『やらなきゃゼロ!』 | トップページ | 積雪161cm »