« 『チロ物語』 | トップページ | 『原発出前授業①~③』 »

2013年12月 4日 (水)

『パン屋の手紙』

51hpfes0vdl_sl500_aa300_

『パン屋の手紙 往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで』
中村好文・神幸紀 著  筑摩書房2013年 ☆☆☆☆
 大変面白かったです。真狩にあるジンのパン屋さん。私も何度も行ったことがありますが、始めは狭いお店だったのが、少ししゃれた感じに増築されていました。と思ったら、裏でこんな手紙のやりとりがあったのですね。神さんと東京の中村さんが、パン職人と設計士の仕事上の関係を越えて、お互いがお互いを尊敬していくのが手紙の行間からびしばし伝わってきます。
 このパン屋さん、私は羊蹄山麓で一番美味しいと思っています。その秘密もこの本を読んで少し判った気がしました。
 でも、この本で一番面白いというか、うらやましく思ったのは、4歳の少年のリクエストに大人が真面目にこたえて、木の上にツリーハウスを造ってしまった事です。前面には羊蹄山。私もツリーハウスに登ってみたい…。
 さらにもう一つ羨ましかったのが、設計料の支払いの半分をパンで支払うというユニークな契約のため、東京の中村さんの所に、毎月2回箱でJINのパンが届けられるということ。この契約は、中村さんの事務所が無くなるまで(半永久的に)続くそうです。
 

|

« 『チロ物語』 | トップページ | 『原発出前授業①~③』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今度、読んでみます。このパン屋さんにも行ってみたい。

投稿: ひーら | 2013年12月 5日 (木) 05時02分

ひーらさんへ→
 お久しぶりです。パン屋さんは札幌あたりからも多くの人が来てけっこう早くに売り切れてしまいます。噛みごたえがあって美味しいです。

投稿: kiyatchi | 2013年12月 5日 (木) 23時19分

読みました。あっという間に読み終えました。とても良かった。なかなか訪れる機会はありませんが、いつか食べに行きます(^^)

投稿: ひーら | 2014年9月26日 (金) 23時02分

ひーらさんへ→
 なかなか良い本でしょう!ジンのパン屋さんは、冬場になると夕方でもけっこうパンが残るようになります。観光シーズンは行列が出来ていました。

投稿: kiyatchi | 2014年9月28日 (日) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/54150163

この記事へのトラックバック一覧です: 『パン屋の手紙』:

« 『チロ物語』 | トップページ | 『原発出前授業①~③』 »