« ひらふの「IKEUCH」と「東急ハンズ」 | トップページ | 『15歳のお遍路』 »

2013年12月22日 (日)

電波時計、京極の図書館

 今まで仕事も含めて日常的に使用していたsomaが壊れてしまったため、新たに時計を購入しました。

時計

 カシオのPHYS フィズ タフソーラー 電波時計 MULTIBAND 6 STW-1000-1BJFです。

 クロノグラフ付きの電波時計を探していましたが、5000円くらいでもラップをとれるものはなかなか無く、amazonで定価14000円以上のこれが、8千円台で売られていたので決めました。

 ラップを120個も保存できます。タフソーラーも初めてですが、どれくらい持つのかわかりません。しかし、めんどくさがり屋の私には合っている気がします。

時計

 ディスプレイが大きい割に、重さも45gと軽く、気に入りました。距離をしっかり測る時はピアンタ、普段の生活や距離がわかっているときはフィズです。

 今日も午前、午後とも仕事でした。

 17時過ぎに京極に向かい、図書館(湧学館)へ。日曜でも18時までやっているので、急いで本を借ります。2週間前に比べ、新刊が20冊くらい入っていました。この図書館は、人口4千人の町の図書館とはとても思えないほど充実しています。前に住んでいた留萌市図書館とあまり規模は変わりません。

 最近はどうしても買わなければ手に入らないもの以外は、本はほとんど購入せずに、この図書館か倶知安町の図書館、職場の図書館で借りています。中でも京極図書館はかなりの頻度で利用しています。雑誌も充実しており、ナショナルジオグラフィックとDaysJapanをよく借りてきます。

 図書館のあとは、京極町のクロスカントリーコースでクロカンスキー。倶知安よりもしっかり圧雪されていて走りやすい。ライトを点けながら1周1kmのコースを10周しました。気温は-7℃ですが、オリオンが上って来るのがはっきり判るので放射冷却が進みます。右足で踏ん張るとやはり少し痛い。10km45分で終了。

 昨日は朝と夜合わせて20kmアスファルトでランをしましたし、体が少し運動モードになってきました。

 寒ーいクロカンの後は、京極温泉へ。冷え切った体を湯船に入れた瞬間が天国です。風呂から上がると気温は-10℃まで下がっていました。

|

« ひらふの「IKEUCH」と「東急ハンズ」 | トップページ | 『15歳のお遍路』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/54345909

この記事へのトラックバック一覧です: 電波時計、京極の図書館:

« ひらふの「IKEUCH」と「東急ハンズ」 | トップページ | 『15歳のお遍路』 »