« 『名画と読むイエス・キリストの物語』 | トップページ | 寿司「日本橋」 »

2013年10月14日 (月)

登別オリエンテーリング、徳舜瞥山

Dscn3198
 

 今日は登別で市民オリエンテーリング大会が行われました。私と下の子が参加しました。行く途中の留産からの羊蹄山、雪をかぶっていました。

Dscn3206

 同僚の親子も誘ったら、初心者の部に出ていました。初心者の部はロゲイニングみたいな競技が行われた様です。

 私はMAのロング(10.7km)下の子はMAのショート(4.7km)に出ました。MAロングは、北大生6,7人と一般の方5,6人が出ていました。しょーきちさんの奥さんにもお会いできました。

Dscn3230

 10:45スタート。地図を見ると、前半は道路沿いの簡単なポイントばかりで、距離が長い。学生に有利だなと思いましたが、今出来る範囲で一生懸命走りました。

 順調にチェックポイントをクリアし、10,11,12の沢の中のポイントへ。ここは送電線の下のトレイルを使って急な崖に梯子があるのを利用しましたが、学生は気付かないで苦労するかもしれないなと思いました。川の中のポイントもあり、水がほとんど枯れてるとは言え面白かったです。

 一つ一つが遠いので、走りながらしっかり確認することも出来たため、ほとんどノーミスでゴールしました。その後も学生はゴールしてこないので勝ったかなと思ったら、すごい勢いで事務局の留寿都オリエンテーリング協会のK君がゴールしました。出ること自体反則でしょうと思いましたが、私より4分ほど早かった様です。

 表彰式。下の子はショートの部で3人中1位。道路の簡単なポイントばかりで少々物足りなかった様です。同僚の親子も、初心者の部で大きくタイムオーバーした以上にポイントを稼ぎ、なぜか優勝していました。

Dscn3222

 私はロングの部で2位。K君にはかないませんでしたが、北大オリエンテーリングの学生には全て勝つことが出来ました。時間は1時間26分。ピアンタで計った距離は14.4kmほどになっていました。

 昼食は白老まで行ってマザーズで玉子かけご飯定食を頂きました。

Dscn3226

 生玉子は私にとってはドリンクになってしまうので、5分間ほどの間に10個食べて(飲んで)しまいました。息子は4個でした。

 急いで食べたのは、その後、徳舜瞥山に登りたかったからです。できればホロホロ山も。しかし、三段の滝から登山口に着いたのは14時45分ごろ。急いで登り始めましたが、700m付近まで車で登れるのだから楽勝と思っていたほど楽ではなく、結構時間がかかります。

Dscn3228
 下の子は、登り結構早くなっています。私が遅くなっているのかもしれません。9合目過ぎから雲の中。しかもかなり寒くなってきました。

Ts3k0486
 そして頂上。登りは1時間03分。寒い。ホロホロ山さえ全く見えません。登って来た方と逆の崖は切り立っていて怖い。5分ほど頂上にいてすぐに下山。

 どんどん暗くなっていきます。下りは私の足を気遣ってくれたようで、かなりゆっくり。私もここで更なる怪我をしたら、大変な事になると思い慎重に下りました。

 下りは何と1時間07分。登りより遅いとは。最後は17時近くなってほとんど見えないほど暗くなっていました。ホロホロ山まで行っていたら大変な事になっていました。

 その後は大滝で温泉に入って帰って来ました。今日は息子と2人充実した時間を過ごすことが出来ました。

|

« 『名画と読むイエス・キリストの物語』 | トップページ | 寿司「日本橋」 »

アドベンチャー・トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

今日はお疲れ様でした。
楽しい大会に誘っていただきありがとうございましたhappy01
制限時間オーバーしてしまいましたが、それによってオリエンテーリング競技の一面を感じることができましたsign01
息子にとっては初の10kmオーバーのランは少々キツかったようですcoldsweats01

あの後に登山とはさすがですねgood
私たち家族も、登別で買い物して、その後、数年前まで住んでいた白老によっていました。

投稿: sawada | 2013年10月14日 (月) 23時23分

オリエンテーリング&登山、お疲れ様です。K谷くんとの一騎討ちだったのですね。結果、4分差、いや~さすがです。
私の今年は、いろいろスケジュールが合わなくて、濃昼のみになりそうです。そいうことで暇なので、ルスツロゲイニングのデータ解析中です。週末、地図借りに伺います。よろしくー

投稿: yamamoto | 2013年10月15日 (火) 12時47分

sawadaさんへ→
 小学校低学年に16kmも走らせるとは、驚愕でした。オリエンテーリングの一番の面白さは、迷った時にあります。迷おうと思って迷う人はいませんが、自分がどこにいるのか判らなくなった時の焦りは後で思い返すと最高です。

投稿: kiyatchi | 2013年10月15日 (火) 20時09分

yamamotoさんへ→
 今回はオリエンテーリングにしては距離が長く、後半はトラップも強烈で面白かったです。
 フォトロゲと百合が原に出ようと思っています。ごきびるは申し込みましたがまたパスかも。
 地図は何年分必要でしょうか?!

投稿: kiyatchi | 2013年10月15日 (火) 20時13分

ロゲイニングの地図は今年分です。
今年は大きく変化したので、ルート検索のプログラムを修正し、再検索しようと思っています。

投稿: yamamoto | 2013年10月16日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/53601656

この記事へのトラックバック一覧です: 登別オリエンテーリング、徳舜瞥山:

« 『名画と読むイエス・キリストの物語』 | トップページ | 寿司「日本橋」 »