« 中学校定期演奏会 | トップページ | 雑誌『WILDERNESS』 »

2013年10月 6日 (日)

ラン、ほぼ復活

 羊蹄山での滑落以来、ずっと足首の痛みに苦しめられて来ました。最近はキロ5分半くらいでは何とか走れるようにはなって来ていたのですが、長距離になると、右足をかばっていました。

 一昨日、朝、旭ヶ丘の頂上までテーピングもせずに気まぐれで登ってみましたが、なぜかリフト下から頂上まで5分を切っていました。しかし、ふくらはぎの部分が結構筋肉痛になりました。

 筋肉痛を押して、昨日も旭ヶ丘頂上まで登ると、5分07秒でした。

 そして今朝も筋肉痛を押して登ると、4分56秒でした。3日間連続です。下りは4分半くらいで決して早くはないけれども、登りで5分を切るのは、昨年の好調時とあまり変わりません。どうしてそんなことが出来るようになったのか不思議でした。

 今日はその後、午前中の業務はダッシュを何回もする体を使う内容でした。昼過ぎの、下の子の定期演奏会の後、夕方でも暖かいし時間も少し空いたので、また走ってみました。

 ちなみに、テーピングは一昨日から付けていません。

 走り出してキロ5分くらいでどんどん走ることが出来ます。旭ヶ丘4段目の登りなど、ある程度の起伏のあるコースなのですが、10km地点でキロ5分をちょっと切れないくらいのペースで走れていました。

 旭ヶ丘のスキー場前で、トレーニングしていた農業高校の野球部と思われる集団がいました。彼らを追い越す時に、かっこ悪い走りは出来ないと思い、少し力んだら、その1kmは4分20秒台でした。10km過ぎてからこのタイム?まだまだ行けそう。

 なんと、そこからビルドアップが出来ました。13kmから14kmは初めてインターバルをやってみました。4分05秒でした。すごい。復活です。

 結局、15kmを1時間13分台で走り終えることが出来ました。avgは4:52です。朝の旭ヶ丘登り、午前中の体を使った業務の後ですから、実質20km分はあると思います。

 足首はまだ少し痛みますが、速く走っている時には気づきません。遅く走ったり、テーピングを巻いたりすると、左右のバランスが崩れて右足を庇う走りになってしまう様です。むしろ、テーピングをせずに思いっきり走った方が良かったのかもしれません。

 随分スタートが遅れましたが、これからインターバルを取り入れたトレーニングを開始します。黒松内駅伝も古平マラソンも申し込んでいませんが、10月から11月にオリエンテーリング2本(登別、パーク)、トレラン1本(ごきびる)、ロゲイン1本(札幌フォト)に参加する予定です。俄然、やる気が出てきました。

 まだ痛みは残っていますが(昨日のMTBでも少し痛かった)、思いっきり走れることに感謝です。でも、今まで速く走る練習をしていなかったから、明日は筋肉痛がひどいでしょう。ハンガリー関係で、足を使う仕事が明日の午前中にあるのが心配です…。

|

« 中学校定期演奏会 | トップページ | 雑誌『WILDERNESS』 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

50過ぎて、トランシルバニアですか、、、頭が下がります。

投稿: yamamoto | 2013年10月 7日 (月) 08時45分

yamammotoさんへ→
 ポントゾーでした。カウントがずれているのに足が動かず、マラソンとは違って心拍も大変上がりました。

投稿: kiyatchi | 2013年10月 7日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/53511516

この記事へのトラックバック一覧です: ラン、ほぼ復活:

« 中学校定期演奏会 | トップページ | 雑誌『WILDERNESS』 »