« 旭川食のマルシェ | トップページ | 韓国屋台料理「トモネポチャ」 »

2013年9月16日 (月)

『オレたちバブル入行組』

9784167728021

『オレたちバブル入行組』 池井戸 潤  著  文春文庫
 ずっと前から家にあったのですが、こんなに流行ってしまって、読むきっかけを逸していました。今回雨で待機している間に読みました。
 実は著者と私は同い年。この小説に出てくるまさに同じ年に、私も経済学部の学生として就職活動をしていました。ゼミの同期から2人銀行に入行していますし、そういう意味では親近感を持って読みました。
 単純に面白かったです。テーマは単純すぎる感じもしましたが。そして、私はやはり銀行員にはなれなかっただろうし、やってもいけなかったんだろうなと実感しました(銀行は一行も受けませんでしたが)。
 以前に読んだ同じ著者の『空飛ぶタイヤ』の方がより面白かった気がします。M自動車の実体もよくわかりましたし。

|

« 旭川食のマルシェ | トップページ | 韓国屋台料理「トモネポチャ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/53279379

この記事へのトラックバック一覧です: 『オレたちバブル入行組』:

« 旭川食のマルシェ | トップページ | 韓国屋台料理「トモネポチャ」 »