« ニセコトレーニングコース | トップページ | アイアンマン、スタートリスト発表 »

2013年8月16日 (金)

「アンジュ・ド・フロマージュ」

 先日のニセコマーケットで購入した黒松内のチーズ屋さん。実際に行ってはいませんが、食べてみると、なかなか本格的なチーズでした。

Dscn3150


 こちらは「朱太」。味見したらコンテに似ていたので、「コンテみたいですね」と言ったら、「コンテやグリュエールの製法で作っています」と答えてくれました。

Dscn3154


Dscn3152


 ハードタイプですが、独特のコクがあって美味しいです。

 そしてこちらが、「アンジュ・フレ」。ヤギのミルクが50%入っています。

Dscn3155


 買った時、「これ、いきますか」と言っていましたが、思っていたよりも臭いは強烈で、私でもちょっと厳しかったです。もうちょっと熟成する前ならば行ける気もするのですが…。

 黒松内のチーズといえば、道の駅と提携している「トワヴェール」が有名ですが、ここはもう一軒新しく出来たチーズ屋さんの様です。

http://ange-seiko.com/fromage/?page_id=199

 考えてみると、黒松内の気候って、所謂ヨーロッパの「西岸海洋性」気候に日本の中で一番近い気がします。そこを選ぶこと自体が、センスある気がします。

|

« ニセコトレーニングコース | トップページ | アイアンマン、スタートリスト発表 »

グルメ・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/52906923

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンジュ・ド・フロマージュ」:

« ニセコトレーニングコース | トップページ | アイアンマン、スタートリスト発表 »