« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

島牧往復220km

 今日は仕事がなくなったので、自転車に乗りました。

 倶知安―岩内―寿都―島牧―モッタ往復です。海岸平地中心のコースです。

Ts3k0114 

 天気は良かったけれど、海岸沿いは当然風がありました。遠くに狩場山が見えます。

 行きは向い風基調でしたが、向い風でも30km近いスピードで回すことができました。帰りは追い風基調。ただし、帰りの寿都町内(150km付近)は向い風でお腹も減って遅くなりました。

Ts3k0116

 たまらず170km地点の「日本海食堂」で昼食。

Ts3k0115

 ホタテ丼1000円。少し観光地価格です。島牧の賀老食堂で食べた方が良かったかな。でも、注文してから、外から生のホタテ貝を持ってきていました。 

 お腹も膨れ、残りも順調に走ります。最後の倶知安峠で少し平均が落ちましたが、トータルのavgは29.5km/hでした。220kmでライドタイム7時間28分、グロスタイム8時間20分。最後まで疲れず思いの外、調子が良かったようです。

 そして、何より、膝がほとんど痛くありません。最後の倶知安峠も結構回したのに影響はないようです。油断は禁物ですが、ひょっとするとジャンパー膝というより、高尿酸値症だったのでは。最近は朝晩2回、ユリノームとウラリットを服用しているので、尿酸値が下がってきたのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

夕方ラン30km

親戚の不幸があり昨晩から朝、昼と、弁当やらお菓子やらとにかく食べてばかりでした。夕方4時半から河川敷を走りました。最初の8kmまではお腹が重くスローペースでしたが、その後はほぼ5分ちょうどのペースで30kmまで行けました。タイムは2時間35分(トイレなどは時計を止めて)でした。洞爺湖を走っているので、体はある程度出来ているようです。それより、走り終わっても膝がほとんど痛くありません。少し良くなってきたのでしょうか?
今日は30km走ることが出来て良かったけれど、明日はサロマ湖を100km走る人もいるのですね。また、今まさにブルべで朱鞠内湖あたりを走っている皆さんも楽しんでもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

新谷さん講演会

 昨晩は、「バトルオブアリューシャン」の著者で、三浦雄一郎氏の80歳エベレスト登頂にガイド兼友人としてベースキャンプにずっといた新谷暁生さんの講演会がニセコでありました。

 恥じらいながら普通のおじさんを演じていたけれども、冒険家やガイドとしてより、むしろ文化人類学者ではないのかと思わせるほど、ネパールやチベットの部族についての知識が豊富でした。それをさりげなく出していて大変面白かったです。また、途中で止めてしまったけれど、1969年に農業研修でネパールにずっと暮らしていたころの話はもっと聴きたかったです。

Dscn2969_2

 今度、じっくり話をうかがってみたいと思いましたし、残りの著作も読みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

ヤマメ20cm、倶登山川

 今日は、朝走らずに、年に一度の釣りのため、川に行きました。

 家から車で3分。しかし、河畔は6月1日に比べて、イタドリの成長がすごく、背丈をはるかに超えています。踏み跡も無く川まで遠い。


Dscn2957

 途中、道糸がからまり取り替えたので、実質は30分ちょっとの釣り。ポイントは2か所のみ。

Dscn2966

Dscn2963

 ヤマメ20cm、ヤマメ14cm、ニジマス10cm。あとはウグイが7,8匹かかりました。魚影は濃くなく、ヤマメは深めの瀬に出ていました。深みはウグイばかり。

Dscn2967

 クーラーボックスに水ごと入れて持ってきました。14cmのは生きていましたが、20cmとニジマスは酸素不足か昇天してしまいました。14cmは川に返しましたが、2匹は夕方頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

喜茂別、中華「かたくり」

 昨日寄った喜茂別の中華料理屋さん。

Ts3k0107

 中山峠から街に入る直前の左側にあります。

Ts3k0111

 五目焼きそば730円。リーズナブルなお値段。ただ、店名にこだわったのか、片栗粉が少し多めな気がしました。麺は細目でした。

Ts3k0109

 いつもは混んでいるのだけれど、昨日は空いていて、すると、料理の出てくるスピードは吉野屋に近いものがありました。

 定食も食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

自転車で札幌往復183km

 今日は9時半から札幌で会議。5時半にBMCで家を出て、中山峠経由で行きました。倶知安は霧13℃。膝の状態は良くないし、会議なのであまり汗をかいて周囲の人に嫌な臭いで不快にさせてはいけないと思い、スローペースで走りました。

 それでも中山峠頂上には2時間10分ほどで到着。中山峠ってニセコや藻岩山に比べると本当に緩やかな登りですね。

Ts3k0101


Ts3k0103

 中山峠も霧の中でしたが、札幌側に出ると晴れてきました。

 中山峠の下りは、やはり路面が良くありません。明るいからまだよいけれど、ナイトランでは危険だと思いました。

 覆道のあたりで恐怖から走りに火が付いてしまいました。そこからは下りでペダルを回しまくり。

 小金井温泉のところで車から声をかけられました。yyyさんとK父さんでした。これからニセコへ(自転車乗りに)行くという事です。私と逆の行動ですね。

 札幌市内も追い風で飛ばせます。信号アタックでほとんどの自動車に勝利し、3時間30分ちょうどで大通りに到着しました。91kmでライドタイムは3時間15分、avg27.5km/hでした。

 15時過ぎに会議が終了し、すぐに帰路につきます。風が逆になっていて、定山渓までは追い風。しかし、車が多いし路面もひどい。

 中山の登りまでは暑かったのですが、頂上付近はひんやりします。

Ts3k0105_2


Ts3k0106

 帰りも羊蹄山は見ることが出来ませんでした。

 下って途中喜茂別の「かたくり」で食事をとり、19時半に倶知安到着。帰りは4時間15分。ライドタイム3時間41分。

Ts3k0110

 往復のトータルは183kmで、ライドタイム5時間56分、avg26.4km/hでした。

 膝をいたわりながら、2度の中山越えと札幌の信号を考慮すれば上出来です。今回はBMCで行ったため、アンタレスよりも2~3kmくらいavgが良くなったのかもしれません。

 膝は相変わらず痛いけれど、自転車で回したからと言って痛みが特に増す感じもありません。

 180kmの自転車は、昨年ならば朝飯前だったと思いますが、今年は結構ダメージがあります。アイアンマンでは180kmの自転車の後に42kmのランがあります。はたしてそれを乗り切れるのでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

平地ラン24km

 ここのところ、右膝の調子が悪く、右足首も少し痛く、仕事も忙しいという状況で、あまりトレーニング出来ていません。
 ランは普段は花園ヒルクライムのコースを途中まで行くか、少し長い距離は比羅夫樺山方面に行っていました。コンビニがあり、トイレが確保出来るからです。
 しかし、膝を痛めたため最近は尻別川沿いの起伏の少ないコースに変更しています。
 今日は、一日予定の仕事が早く終わったため、夕方4時半頃から走りはじめました。河川敷をずっと行くと、家から片道12km地点まで行けることがわかりました。
Ts3k0099
 そこから国道に出ると、12.5km地点の会館のトイレが使える事を発見。河川敷を行かずに直線的に道路で行けば8km地点です。寒別方面にトイレを発見したのは大きいです。
 帰りは道路を中心に走り、トータル24km。膝は少し痛みますが、それほど悪化してはいません。朝7km走ったので、今日の合計は31km。久々に距離を走りました。こんな事をブログに書くくらい最近は走れていません。
 さて、帰ってシャワーを浴びようかと思いましたが、プールへ行きました。今月はまだ1回しか泳いでいません。アルペンプールに行って1000mだけ泳ぎました。約21分。一昨日は23分くらいかかっていたので、走った後だということも考慮すると今日は上出来です。
 明日は札幌で会議ですが、9時半からなので自転車で行こうかな・・。でも中山峠でまた膝を痛めてしまうのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

久々の自転車ロング

 昨日は午後1時半から自転車に乗りました。アンタレスのホイールが壊れたので、BMCです。

Ts3k0092

 パノラマラインもやっと開いたので、ニセコ山岳トレーニングコースを行きたい所ですが、膝の負担軽減のため、平地中心のコースにしました。倶知安から蘭越、尻別川河口、海沿いに黒松内、帰りは内陸を通って帰ってきました。

Ts3k0091

 天気は良かったのですが、日本海に出ると所々海霧が出ていました。

Ts3k0094

 晴れている所の1kmほど向こうは霧の中です。霧の中は日焼けせずに朝靄の様な感じでむしろ気持ちよかったです。

Ts3k0095

 何となく目的地にしていたのは、黒松内歌才自然の家にあるレストラン「きりか」。走るシェフにお会いできました。

Ts3k0096

 帰り道、蘭越でかなりお腹が減ってきたので、ラーメン「勝二」でこってり塩を頂きました。

Ts3k0097

 宮田のビューポイントからの羊蹄山です。午後7時頃。

 

 家に着いたのは7時半前。総行程145kmを6時間弱。ライドタイムは5時間12分、avgは27.7km/hでした。BMCは少し回すと向かい風でも30kmを超えるので、速いと思いました。膝に負担をかけないように、登りは軽いギヤで回すか、ダンシングにしました。

 しかし、久々のロングライドで、かなり疲労したようで、珍しく8時間も眠りました。

 今朝は、20kmほどランをしました。日中はお仕事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

スポーク折れる

スポーク折れる
先日、朝羊蹄山を一周していたら、突然激しい衝撃と音が。チェーンが切れたのかと思いましたが、アンタレスのリアのスポークが一本折れていました。
さらに、折れたスポークが一瞬タイヤに刺さりスローパンクを起こしていました。残り8km程でしたが、何とかぺちゃんこになる前に家にたどり着き、仕事に間に合いました。
ホイールはシマノの7700系です。考えてみると、北海道1200だとか、随分沢山走ったホイールです。とりあえず、あぶかわさんに持っていって、修理をお願いしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

出張ラン苫小牧

出張ラン苫小牧
  苫小牧に来ています。朝10kmほど走りましたが、霧雨。道内では真夏日もあったようですが、苫小牧はけっこう寒いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

藻岩ヒルクライム



 昨日は藻岩ヒルクライムでした。チームニセコの人達と、K村さんのつてで札幌の山小屋に泊まり、早朝に近くの五天山公園で行われているブルベ留萌300の出発準備の人達に少しだけお会いできました。良い天気になりそうです。

藻岩ヒルクライム

 それから、すぐに藻岩山に向かい、受付をして出走準備をします。試走してみましたが、やたらギアが重い。昨年のニセコヒルクライムの状態のまま実家に置いてあったBMCを一昨日持ってきて臨みましたが、カーボンホイールに付いているスプロケットは、25ではなく、23だった様です。39-23では、藻岩はきつかった。回せずにすぐにダンシング。心拍もあがらないままゴール。18分半くらいかかって、自分としては全く満足できない結果となってしまいました。

藻岩ヒルクライム

 チームニセコからは2人の優勝者が出たのでそれは嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

広瀬隆講演会

広瀬隆講演会
広瀬隆講演会
熱かった!今日、倶知安で広瀬隆さんの講演会がありました。私は、『東京に原発を』とか、『ジョンウエインはなぜ死んだのか』の頃から好きな人だったので、大変感激して聴いていましたが、すごく熱い!本で読んでも解りやすいけれど、話はもっと良い。福祉センターの閉まる21時を過ぎても終わりませんでした。
明日は余市、明後日は小樽で講演があります。是非聴きに行って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンパー膝

 昨日、高尿酸値症の定期検査があり、右膝の症状を遠山先生にみてもらいました。大腿四頭筋を膝のさらの上で支えている腱の部分が炎症を起こしているそうです。

 今後は、ヒルクライムやトレランなど登りの練習は避けて、トラックを走るなど平地中心のトレーニングとストレッチ、ロキソニンテープの湿布使用を勧められました。

 「運動は避けて下さい」とおっしゃらないところが、自身も東川などに出ておられる先生。ありがたいです。明後日のモイワのヒルクライムは無理せずに出ようと思いますが、その後は膝の治療とアイアンマンのトレーニングに専念しようと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

「後方羊蹄山登攀記」

Dscn2938

 「後方羊蹄山登攀記」 早川禎治 著  北の野鳥社

 凄い本です。著者は1970年代に倶知安に住み、羊蹄山に数多く登っています。しかも、そのほとんどが、羊蹄山の浸食谷。

Dscn2943


 羊蹄山には数え方によって多少かわりますが、21本~25本の浸食谷があるそうです。倶知安から見て羊蹄右側に「く」の字に2回曲がっている宗助沢をはじめ、雪崩の沢、青木の沢・・・と20本以上の沢があります。

 この本は、その1本1本をガイドブックも何もない時代に一つ一つ登っていった記録です。雪崩や岩石崩落の危険を常に抱えながらの登攀。これは立派な冒険だと思います。

 私がなんとなくわかるのは、冬に近くを登った真狩側の墓地の沢と神社の沢くらいです。

Dscn2941


 この本は倶知安町の図書館から借りてきました。残念ながら300部限定出版で、当然絶版です。ネットで探すと、札幌の古本屋で7000円の値が付いていました。

 そもそも題名もすごい。「後方羊蹄山」と書いて「しりべしやま」と読むのは、阿倍比羅夫以来のもっとも由緒ある羊蹄山の表現方法ですが、それを通しています。

 読んでいるうちに、一本くらい沢を登ってみたくなりましたが、中途半端な技術と知識ではだめですね。でも、この本を読んで、毎日見ていた羊蹄山が、また違って見えるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

前田森林公園オリエンテーリング12

 今朝は、早朝ヤマメ釣りに行ってみましたが、川はまるで4月の様に増水していて別の川。ポイントも何もありません。それでも30分ほどやってみましたが、完全にボウズでした。もう半月くらい後かな?

Ts3k0055

 昼に前田森林公園でパークオリ。下の子も出る予定でしたが、熱を出してしまい、私一人。北大オリエンテーリング部に新入生が結構入ったようです。武蔵短大のハイキング姿の初心者もいました。

Ts3k0054

 13:12分 スタート。平地でスピードコースなので、ひたすら飛ばします。今回は遠近両用メガネで参戦。地図も読めたし、それほど邪魔にも感じませんでした。

 北大の新入生などをどんどん抜いていきます。誰にも抜かれた覚えはありません。迷うこともなくほぼノーミスでゴールしました。

Ts3k0056

 結果はタイムは26分台。23分台一人と24分台が2人いて4位。3か所で区間1位を取ることができました。新入生はだいたい30分から40分の間が多かった様です。

 帰ってからピアンタでトレースを見てみると、順位が悪い区間はやはり遠回りをしています。大きなミスではなく、小さなミスです。スピードが一緒でも一区間で40秒もロスしているところもありました。やっている最中はほぼ最短で行っているつもりなのですが、道路に惑わされたり、斜行して突っ切っていった方向が少しずれていたり。逆に1位を取った区間はほぼ最短距離で行っています。

 やはりオリエンテーリングは奥が深いです。遠近両用メガネのおかげで、地図の見落としがなかったのは収穫です。

Ts3k0057

 ところで、スタート・ゴール地点では、モデルを使ったおっさんカメラマンの撮影会がオリエンテーリングをやっている間中、炎天下の中行われていました。オリエンテーリングの私たちも公園の中で変だったと思うけれど、撮影会も異様な雰囲気でした。

Ts3k0059

 ゴール後、私もまぎれて一枚だけ携帯で撮ってみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »