« 2013年2月のトータル | トップページ | 雪中ロゲイン真駒内 »

2013年3月 1日 (金)

『世界のどこかで居候』

489815283x


『世界のどこかで居候』 中山茂大・坂口克 著 リトルモア(2010)

 

 中山さんと写真家の坂口さんの二人が1週間という期間をめどに世界各地で居候し、観察風景、人間関係、食事内容などをまとめた本です。滞在先は、モンゴル、イエメン、パプアニューギニア、インド・ラダック地方(中国・パキスタン国境付近)、モロッコ・アトラス山麓、モロッコ・サハラ砂漠、カンボジア、ネパールの8カ所で、場所の選び方からして、なかなかです。

 

 一番衝撃的だったのはパプアかな。イリアンジャヤかパプアには行ってみたいような怖いような・・。

 

 一週間の居候というのは旅人とも居住者とも違う絶妙な距離感で各地の家族と接することが出来るようです。どこに行っても、時々大変なこともあるけど、二人楽しそう。なかなか面白い本でした。

|

« 2013年2月のトータル | トップページ | 雪中ロゲイン真駒内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/49751798

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界のどこかで居候』:

« 2013年2月のトータル | トップページ | 雪中ロゲイン真駒内 »