« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

盤渓山岳スキーレース2013第4戦

 昨晩、急遽山岳スキーレースに申し込み、今日出場しました。

Ts3k0998_2


 

 盤渓での山岳スキーは4戦行われますが、私は第1戦と第4戦に出たことになります。今回はシールを付けて登り→シールを外して下り(モーグル斜面)→シールを付けて登り→スキーを外しバッグにくくりつけてつぼ足で登り→シールを付けて登り→シールを外して下り(イーストAコース)→シールを付けて登り→シールを外してGSコースを下ってゴールというコースです。

http://www.bankei.co.jp/school/others/14th.pdf

 受付には、いつものM浦さん、I橋さん、しょうきちさん、N川さん、A井さんなど、上位独占の面々がいました。

Ts3k0995


 しょうきちさんの最新スキーとビンディング。めちゃくちゃ軽いです。

Ts3k1001


 対して私はいつものサロモンアドベンチャースキーにシールを付けます。登りはともかく、下りでは踵が固定されていないし短いのでハンディキャップとなります。

 10時スタート。今回は30名弱の参加者がいました。

39_1

 スタートして最初の登りは6位で行きますが、下りで8位に。次の登りで再び6位に。しかし、次の下りはこぶがアイスバーンになっていたイーストAコースで、横滑りで転がっていく感じで、4人抜かれて10位に。最後の登りで一人かわし、9位でゴールとなりました。

Ts3k1004

 下りでは、外したシールをビニールに付けずに自分のウエアの隙間(またはバッグ)にしまいます。今回初めてそんなことをやってみましたが、意外にベトベトしないものでした。

 しかし、下りはこの条件ではお話になりません。この斜面で怖いということは、実際の山でも不利ということになるので、山スキーを更新するつもりで購入してもいいかななどとも思いましたが、思い直しました。一体何本スキーを持っているのか・・。

 ゴール後は、表彰式まで時間があったので、M浦さん、A井さんと頂上まで登りました。頂上にはN川さんやしょうきちさんもいました。下って参加賞に入っているロッジの食事をとりコーヒーを飲んでいたら、なぜかK父さんが声をかけてくださりました。

 

 M浦さんとしょうきちさんは来週全国大会に行くそうですが、全国ベスト3と北海道ベスト3はほぼ同じなのです・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

東京出張ラン

東京出張ラン
東京出張ラン
南千住から東大、上野、隅田川など18kmぐらい。アスファルトの上は走りやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

東京の桜

東京の桜
東京出張です。夜桜満開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどん「銀嶺」


うどん銀嶺
山田に出来たうどん屋さん。ぶっかけ美味しいです(650円)。うどん銀嶺

比羅夫地区としては、価格も良心的だと思います。エビとあげもちのぶっかけ(950円)も美味しそうでした。

窓からは、羊蹄山もニセコアンヌプリもよく見る事が出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

『メルトダウン』

517ubolvgil__aa300_


『ドキュメント福島第一原発事故 メルトダウン』 大鹿靖明 著 講談社

 福島原発事故の舞台裏ではこんなことが起こっていたのか。特に第一部は面白く、一気に読んでしまいます。どうやってこのような情報を取材できたのかが不思議です。それにしても、東電をはじめとする原子力に関連者達の被災者のことを全く意識もしていない発想には怒りを感じます。

<トレーニング>

日中ラン13km(ほぼアスファルト)

夜スイム2200m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

『オジいサン』

51ik2iyx7l__sl500_aa300_


 『オジいサン』  京極夏彦 著  中央公論新社

 年をとるとこういう思考回路になるのか?ずっとイライラしながら読みました。不思議な本。でも、自分も少しずつそうなりかけている部分もあるなと、ほんの少しだけ共感しました。京極さんは、私と同年代なのだけれど、お年寄りの気持ち本当に分かるのかな?

<トレーニング>

町体バイク1時間、ラン12km。3月下旬だというのに、真冬の様な雪が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

グラウビュンデン

 ひらふ山田にあるケーキとサンドイッチのお店。ニセコでは老舗の部類。先日妻と行きました。 

 実は、ケーキは買いに来たことはあったのですが、サンドイッチは初めてです。

Dscn2824_2

Dscn2825_2
 少し小さめのソフトフランスパンがベースと、四角いライ麦パンがベースのを頼みました。

Dscn2826

Dscn2828_2

 ベーコンはカリッと、オムレツはふわふわです。

<トレーニング>

今日はスイム1800m。

昨日はアスファルトが出ていたので、朝6km走りましたが、重いシューズにもかかわらず、キロ5分ちょうどくらいで走ることができました。冬も走っていたのでけっこうランの足は出来てきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

『県庁おもてなし課』『日本へのありがとう』『漂流少女』

Img_78088_28628571_0

 『県庁おもてなし課』 有川浩 著 角川書店

 ライトノベルとして読むと大変面白い、小説として読むと少し軽いという感じでした。最後に付いている対談は大変面白く、私も高知に行きたくなりましたので、そういう意味ではやはり優れた本なのかもしれません。地域起こしとか、観光とか公務員の発想転換とか参考になります。実際に高知県のHPを見ると「おもてなし課」や「おもてなしトイレ」が実在していて驚きました。

51gfy322xdl__sl500_aa300_


 『世界の偉人たちから届いた10の言葉 日本への「ありがとう」』 波田野毅 著 ごま書房新社

 日本の事が好きで好きでたまらなかった外国人の、日本についての言葉。アインシュタイン、ヘレンケラー、チャップリン、エジソン、ジョンレノン、ゴッホ、ザビエル、ガリレオ、杉原千畝、エルトゥールル号が登場します。途中で何度か涙が出てきました。日本ってやっぱり美しい国なのかも(だったのかも)しれません。

9784811807393

 『漂流少女-夜の街に居場所を求めて』 橘ジュン 著 太郎次郎社エディタス

 夜回り先生の女性版みたいな話です。橘さんは元女子暴走族リーダーですが、今は少女たちの言葉を聞きたくて街に出る。そんな彼女のおかげで自殺を思い留まった子もいたようです。現実を突きつけられたような感じです。著者は現在NPO法人bond-PROJECTを設立し、活動の輪を広げています。

http://bondproject.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

ワイス一周

 昨日新雪が降ったので、今日は午前中、ワイスホルンに登りました。アドベンチャースキーにシールです。でもスタートが遅くなり、下の方はべた雪になっていました。

Dscn2811

 NACの雪上車が何往復かしてお客さんを運んでいます。自分一人だけの山ではなくなってしまった感じがあります。

 頂上(倶知安ピーク)からの景色です。

Dscn2813
 

 ニトヌプリ、チセヌプリ、シャクナゲ岳。
Dscn2812

ニセコアンヌプリ、イワオヌプリ。
Dscn2818

羊蹄山と倶知安の街。

 下の方は暖かかったのですが、800mくらいから風が強く冷たくなります。頂上付近はかなり激しい西風に雪が舞って寒い。

Dscn2823

 リフトの方から登って、頂上直下でシールをはずし、向かって右の尾根から降りて来ました。標高800m付近は気持ちよく滑ることが出来ました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

「やきとり太郎」


焼き鳥太郎
 倶知安にある焼き鳥屋で一番おいしく安いと思われる太郎さん。とにかくネタが大きくてジューシーです。でも、いつも必ずやっている訳ではないし、ネタもすぐに無くなるので、行っても食べることができないこともあります。

焼き鳥太郎 

 今日はチームニセコの日本人だけの小さな飲み会。6人集まりましたが、日本人だけでもエリート3人、S2が1人、S4が2人。ただし、私でないS4はすぐにエリートまで行ってしまいそうなポテンシャルを持っていますので、大変刺激的な会でした。

<トレーニング>

 町体バイク1時間、ラン10km。昨年の今頃は結構アスファルトを走れていたのに、今年は3月になってからよく降ります。今日も-5℃で結構雪が降り、真冬の様相です。春は何時やってくるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

『残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ』

31749589_th

『残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ』 リヒテルズ直子 著 光文社

 オランダ人男性と結婚した日本人女性がオランダについて様々な角度から書いています。総じて、オランダ人は人に指示されるのではなく自分で考えて行動する自由の国だという事がよくわかります。議論してそういう国を創ってきたのだということも。でも、何故か読みづらい本でした。

<トレーニング>

町体エアロバイク1時間、町体ラン10km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

北海道1200試走

 AJ北海道が企画運営する1200kmブルべが2014年に開催されますが、その試走会が今年7月4日~8日に行なわれます。残念ながら私は間違いなくはずせない仕事が入りますので、ほとんど関わることが出来ない見込みです。

http://sappwind.sakura.ne.jp/nsp12k.html

79e140c7s

 今回のコースはワンウエイ往復ですし、3カ所の宿も確保しているので、ライダー同士の触れ合いを多く持つことができ大変楽しそうです。AJ北海道のスタッフの皆さんの努力の結果です。

<トレーニング>

 9日は猛吹雪のため、町体育館のバイク2時間+体育館ラン8km。バイクは新しい機械が2台入っていて、消費カロリーが増えるごとにバナナ→ビール→ラーメン・・などがディスプレイに表示され面白かった(でもすぐに飽きそう)です。ランではチームニセコのKさんも走っていて、一緒におしゃべりしながら走ったらいつの間にか時間が経っていました。一人で走るよりもずっと楽しいです。

岩内の集会は猛吹雪のため中止となってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

『原発をつくった私が原発に反対する』

4048851012


 『原発をつくった私が原発に反対する』 菊地洋一 著  角川書店

 元GEのエンジニアとして原発建設に関わった著者は、途中から原発の危険性に気付き反原発運動を行うようになります。

 この本を読むと、原子炉の周りにある配管がいかに多く複雑で、尚かつ地震に対して無策であるかがよくわかります。また、福島第一原発はMARK1型のGEの中でも古く問題のあった原子炉であることもわかります。また、原発が労働者の被曝なしには運転できないことも改めてよくわかります。

 改めて、「安全な原発なんて一つも無い」ということを再認識しました。

 ところで、もうすぐ震災から2年になりますが、明後日岩内で反原発の集会があります。私も参加する予定です。大間原発でがんばっているあの小笠原さんも来ます。

Dscn2805

<「トレーニング>

固定ローラー1時間、町体育館ラン9km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

『シャインロード』

51os11kstl__aa300_


 『シャインロード』 升井純子 著  講談社

 新聞に取り上げられたと京極図書館で紹介されていました。舞台が小樽の女子高校生の就活物語。この高校のモデルはどこなのだろうなどと考えながら読みましたが、なんだかとても爽やかな感じでした。

<トレーニング>

固定ローラー1時間、ナイトラン6km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

『永遠のゼロ』

Img_1049077_43878507_0
『永遠の0ゼロ』 百田尚樹 著 講談社文庫

 

 ゼロ戦に乗って特攻で死んだ実の祖父の真実を証言をもとに探す姉と弟。面白かったし、最後の方は感動して涙が沢山出てきました。今年読んだ中で一番です。

 

 知り合いが読んでいたのでちょっと読み始めましたが、本屋に行くと映画化ということもあり今かなり売れている本でした。

 あまりにもうまく話が出来過ぎているなとも思いましたが、そこは小説。でも、太平洋戦争や飛行機乗り、特攻隊員についての取材はしっかりしていて、かなりリアルに伝わって来ます。そこには右とか左とかを超越した緻密さがある気がします。映画化するとどうなっているのかわかりませんが・・。

<トレーニング>

今日はナイトラン10km。なかなかバイクのトレーニングが出来ません。

洞爺湖マラソンと伊達ハーフに申し込みましたが、伊達は昨日でハーフ満員打ち切り。仕方がないので10kmにエントリーしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

雪中ロゲイン真駒内


雪中ロゲイン真駒内
  今日はヒャッカムさん主催の「雪中熱中ロゲイン2013」が真駒内公園で行われました。

雪中ロゲイン真駒内

 セキスイハイムスタジアムがスタート・ゴール。吹雪の予報でしたが、なぜか始めは晴れていました。受付でyamamotoさん、A井さん、そしてなぜかスキーオリの練習に来ていたS女史とお会いできました。

 レースは2ステージそれぞれ1時間。最初のステージは晴れていて途中まで気持ちよく走ることが出来ました。地図にあるポイントをみつけ、写真を撮っていくフォトロゲインです。

Dscn2767


 第1ステージ後半はyamamotoさんと前後して走りましたが、その頃から突然吹雪になってきました。全ポイントを取り、yamamotoさんに遅れること2分で計45分でゴール。ただ、一箇所写真を撮り間違えていました。

Dscn2798_2


 第2ステージのときには激しい猛吹雪。小さなトレイルは消えてしまっています。今回は途中からカメラが動かなくなってしまいました。しかし、そのまま回り、大きなミスもなく48分でゴール。まだ誰もゴールしていませんでした。

Dscn2803


 上が、地図と、ポイントの説明書です。地図の番号の所に行き、説明書と同じアングルで写真を撮って来なくてはなりません。番号がそのまま得点になります。

 厳密な大会ではありませんが2つのステージの合計で優勝してしまいました。2位はyamamotoさんで、ロゲイニングではマケドンスコ強いです。商品に陸前高田の醤油を頂きました。

 その後、真駒内の中華料理屋さんで簡単な交流会がありました。集っていた参加者が凄い人が多くて驚きました。オリエンテーリングの「森を走ろう!」を主宰していることが判明した横浜から来た方、月間1040km走った女性、同じく800km走ったのにマラソン大会に出たことのない男性、ジムのトレーニングだけでサロマを10時間で完走した男性、フィギアケートの元選手が2名などなど・・新しい知り合いが増えて楽しかったです。

コメント

昨日はありがとうございました。
ロゲイン初参加でしたが、とてもおもしろかったです。
ランチは知らない方ばかりで初めは緊張してましたが、
みなさんの楽しいお話で緊張もほぐれ、ステキナな時間をすごせました(^^)

またロゲインに参加しますので、
今後ともよろしくお願いします♪

投稿: べりぃ | 2013年3月 3日 (日) 07時36分

べりぃさんへ→
 昨日はお疲れさまでした。吹雪の中の大会にもかかわらず、キャンセルする人がいないという時点で凄かったのかもしれませんね。
 私も昨日は初めての方と知り合いになることが出来て、とても嬉しかったです。また、刺激も受けました。月1000km・・・。
 どこかの大会でまたお会いできるのを楽しみにしています。こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: kiyatchi | 2013年3月 3日 (日) 20時03分

お疲れ様でした。

ブログ見てビックリしました。
(゚0゚;)あ!

実は、たまに拝見させてもらってました。
(^^;
また何処かの大会でお会いした時は、よろしくお願いします。
m(_ _ ;)m

投稿: izumi | 2013年3月 4日 (月) 09時35分

izumiさんへ→
 お疲れさまでした。また、コメントありがとうございます。
私はもう年ですが、楽しみつつも、少しでもスピードも上げられるよう努力はしたいと思います。
また、よろしくお願いします。

投稿: kiyatchi | 2013年3月 4日 (月) 21時14分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

『世界のどこかで居候』

489815283x


『世界のどこかで居候』 中山茂大・坂口克 著 リトルモア(2010)

 

 中山さんと写真家の坂口さんの二人が1週間という期間をめどに世界各地で居候し、観察風景、人間関係、食事内容などをまとめた本です。滞在先は、モンゴル、イエメン、パプアニューギニア、インド・ラダック地方(中国・パキスタン国境付近)、モロッコ・アトラス山麓、モロッコ・サハラ砂漠、カンボジア、ネパールの8カ所で、場所の選び方からして、なかなかです。

 

 一番衝撃的だったのはパプアかな。イリアンジャヤかパプアには行ってみたいような怖いような・・。

 

 一週間の居候というのは旅人とも居住者とも違う絶妙な距離感で各地の家族と接することが出来るようです。どこに行っても、時々大変なこともあるけど、二人楽しそう。なかなか面白い本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »