« 『ナニワ・モンスター』 | トップページ | 大滝50kmトレ »

2013年2月14日 (木)

『インパラの朝』

126701606669616131476_inpara


 『インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日』 中村安希 著 集英社

 『食べる』を書いた著者のデビュー的作品です。一貫してクールな文体で47カ国を巡った旅の中で、印象的な断面だけを綴っています。エピソードは各国一つ程度ですが、いずれも濃い。通常の貧乏旅行で起きることは全て割愛し、かなり特異な体験だけが描かれているので、引き込まれます。時折、自分の心の中の醜い部分までさらけ出す勇気も凄い。世界はまだまだ広いし、お金を求めずに尽くしてくれる人々もたくさんいるのだなあと安心します(決して著者はそんなケチなことを求めて旅をしている訳ではありませんが)。

 記述の中に少しですがトルクメニスタンが出てきました。また、イランでの体験がとても豊かで、著者自身もそうだったようですが、イラン観が少し変わりました。

 

 題名は少し違うのではと思いました。動物のことはそれこそインパラくらいしか出てきません。ほとんどは人間という動物の記述です。

|

« 『ナニワ・モンスター』 | トップページ | 大滝50kmトレ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/49407232

この記事へのトラックバック一覧です: 『インパラの朝』:

« 『ナニワ・モンスター』 | トップページ | 大滝50kmトレ »