« 大滝練習 | トップページ | 2013年1月のトータル »

2013年1月30日 (水)

『ウズベキスタンの桜』

61fgj00m72l__sl500_aa300_  

   
 『ウズベキスタンの桜』 中山恭子 著 KTC中央出版 

 ウズベキスタンに全権大使として赴任していた中山さんの書いた本です。ウズベキスタンに対して大変暖かい視点で書かれています。また、赴任してすぐにキルギスの日本人人質事件に遭遇し、大使館員やウズベキスタンの人々と協力しあいながら何とか解決していく所は、当事者にしかわからない緊迫感がありました。

 東大卒で大蔵省に入り、大臣官房審議官から大使、内閣官房参与、そして夫は衆議院議員というエリートが見る世界は鼻持ちならないものがあるのではないかと思って読んでいましたが、中山さんはなかなか素晴らしい人柄かもしれないと思いました。また、参考文献を見ても学術的な面でもウズベキスタンの紹介書とて優れていると思います。

 日本人墓地の話も出てきて、ウズベクの人々がその頃の日本人を大変尊敬していたこともかかれていますが、私もかつてソビエト時代にモスクワの外人墓地で、ドイツ人墓地の中にある数個の日本人墓地だけが立派でしっかりと管理されていた事を見ているので、納得できました。ブハラやサマルカンド、ドゥシャンベなど、行ったことのある街も出てきて懐かしかったです。

 ただ、全体を通して善い人しか出てこないのは、外交辞令が身についてしまっているためかもしれないとも思いました。

<トレーニング>

 昨日は極寒の中クロカン23kmにスイム2800m。スイムは体が重くペースがあがりませんでした。さらにスイムの途中で右足ふくらはぎが攣ってしまいました。札幌国際に影響しないか心配です。

 今日は先ほど8kmナイトランをしました。-1℃で雪が降っていないと、大変暖かく感じます。

|

« 大滝練習 | トップページ | 2013年1月のトータル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/49063658

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウズベキスタンの桜』:

« 大滝練習 | トップページ | 2013年1月のトータル »