« 雪ほとんど降らず | トップページ | 『桐島、部活やめるってよ』 »

2013年1月24日 (木)

『放射能時代を生きる3つのアクション』

41ebgoj4oxl__sl500_aa300_


 『放射能時代を生きる3つのアクション』 辛 淑玉 著 七つ森書館

 

 大変薄くパンフレットみたいな本ですぐに読めてしまいますが、被爆量の計算が大変わかりやすいです。

 日本では年間の規定値1ミリシーベルト以下とされていますが、でそれは外部被ばくと内部被ばくの合計。外部被ばくの空間線量は毎時0.6マイクロシーベルト以下、内部被爆の食べ物のセシウム137の汚染値ベクレルをシーベルトに直す方法もわかりやすく書かれています。私自身も、年間のシーベルトと毎時のシーベルトを混同していたりしたので、ある意味、大変すっきりしました。

 暫定基準値の500ベクレルのものばかり食べたとすると当然内部被ばくだけで1年間の規定値を超えてしまいます。新基準の100ベクレルだと、それほどでもないけれど、ほんの少しでも影響が出るのはチェルノブイリハートでも明らかでした。

 <トレーニング>

 今夜は先ほどまでクロカン。堅い雪の上にうっすらと湿った新雪が積もって滑りやすく、気温も-1℃だと暑く感じます。1時間弱で15kmほど滑りましたが、最後の方は猛烈な雪になってきました。明日の朝はかなり積もっているかもしれませんね。

|

« 雪ほとんど降らず | トップページ | 『桐島、部活やめるってよ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/48937983

この記事へのトラックバック一覧です: 『放射能時代を生きる3つのアクション』:

« 雪ほとんど降らず | トップページ | 『桐島、部活やめるってよ』 »