« この冬の大会予定 | トップページ | 『第二のフクシマ、日本滅亡』 »

2013年1月13日 (日)

大滝でクロカン70km

 今日は終日の休み。大滝で思いっきりクロカンスキーをしました。

 大滝のクロカンコースは、2月上旬に行われる大会の下の方が常に整備されています。素晴らしいコースです。

 天気も、倶知安では雪だったのに、大滝に入ったら晴れました。ただし、気温は-8℃くらいで、風も少しあり寒かったです。

大滝でクロカン70km

 コースは3.5km、5km、8kmが常設されているようですが、今日は8kmは圧雪されていませんでした。その代わり、FIS公認の5kmコース(山登りコース)もきれいに整備されていました。

大滝でクロカン70km

 公認5kmコースの登りは上の写真の通りかなりの傾斜です。普通の5kmコースと公認5kmを組み合わせると、7kmのコースになります。今日は前半でこれを5周しましたが、かなり足に来てペースが落ちました。

 休憩後は新しいアトミックの靴をフィッシャーのスキー板と組み合わせて初使用しました。起伏が大きすぎる公認コースは外して、通常の5kmコースを7周しました。

 合計70km。ネットタイムで5時間11分。昼食とか含めると5時間54分。これで長距離クロカンのベースが出来ました。

 スタート地点には小屋があって、暖かく、お湯やトイレが完備。さらに管理人さん?達が大変親切で、コースの整備状況も良く最高です。日暮れで止めましたが、小屋は17時まで。近くに安い温泉が無いか聞いたら、伊達市大滝地区の無料温泉を教えてくれました。大滝にスキーに来た人も無料で入れる事になっているそうです。

 名水亭の高い温泉を覚悟していましたが、村民温泉素晴らしかったです。クロカンの後の温泉は天国です。

 

|

« この冬の大会予定 | トップページ | 『第二のフクシマ、日本滅亡』 »

クロカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179562/48732159

この記事へのトラックバック一覧です: 大滝でクロカン70km:

« この冬の大会予定 | トップページ | 『第二のフクシマ、日本滅亡』 »